『Edward Gorey: His Book Cover Art & Design』

『Edward Gorey:
His Book Cover Art & Design』

Essay by Steven Heller

Pomegranate Communications, Inc., 2015
132pp, 26x21.2cm, hardcover, dust jacket
Designed by Patrice Morris
Printed in China



本書はもっていなかったのですがアマゾンマケプレで新品が送料込で3,000円以下でうられていたので(定価は40ドル)注文しておいたのが届いたのでよんでみました。


gorey - book cover 01


Contents:

Edward Gorey's Cover Story by Steven Heller
Index of Book Titles



gorey - book cover 02


これはどういう本かというと、エドワード・ゴーリーが1950年代に出版社に就職して手がけた本の表紙(カバー)絵を中心に、絵本作家として認知されて以降も続けられた自著以外のブックカバーの仕事を概観した画集(書影集)であります。
ふだんはあまり見られないゴーリーのハイセンスな色彩感覚が存分に堪能できるであります。
同じ著者・編者によるものはデザインに統一感を持たせているであります。
本書の巻頭論文を書いているスティーヴン・ヘラーは同じタイトル(「Edward Gorey's Cover Story」)で生前のゴーリーにブックカバーの仕事についてインタビューしているので(ゴーリーのインタビュー集『Ascending Peculiarity(邦題: どんどん変に)』に収録されています)、併読されるとよいです。


gorey - book cover 03


アラン=フルニエ『グラン・モーヌ』表紙絵。


本書に掲載されている本(1ページ1点、裏表紙も描いているものは見開きでカラー印刷されています)は、
①表紙(カバー)のみを担当しているもの
②表紙(カバー)と本文挿絵(イラスト)を担当しているもの
③共作絵本(ゴーリー以外の人が文章を書いている絵本)
の三つに分けられます(他にブックデザインの仕事用のビジネスカード(業務用名刺)と、ゴーリー自身による児童書デザイン講習会のパンフレット(ブックカバーを模したデザインになっています)の図版も掲載されています)。②と③のうち主要なものはゴーリー没後に復刊されて現在も入手可能ですが、これらは表紙絵だけを見せられても隔靴掻痒感が否めないので、本書では①に徹底して欲しかったと思わずにいられませんが、それはそれでよいです。

本書掲載図版を上記ジャンル別に分類すると以下のようになります(「PB」はペーパーバック、「HC」はハードカバーの略号)。

①表紙(カバー)のみを担当しているもの
The Wanderer by Alain-Fournier (Doubleday Anchor, 1953, PB)
Lafcadio's Adventures by André Gide (Doubleday Anchor, 1953, PB)
Shakespeare by Mark Van Doren (Doubleday Anchor, 1953, PB)
Loving by Henry Green (Doubleday Anchor, 1953, PB)
The Romance of Tristan and Iseult by Joseph Bédier (Doubleday Anchor, 1953, PB)
The Secret Agent by Joseph Conrad (Doubleday Anchor, 1953, PB)
No Vacation for Maigret by Georges Simenon (Doubleday (Crime Club), 1953, HC)
Greek Tragedy: A Literary Study by H. D. F. Kitto (Doubleday Anchor, 1954, PB)
What Maisie Knew by Henry James (Doubleday Anchor, 1954, PB)
Hamlet and Oedipus: A Classic Study in the Psychoanalysis of Literature by Ernest Jones (Doubleday Anchor, 1954, PB)
The Garden to the Sea by Phillip Toynbee (Doubleday, 1954, HC)
It Isn't This Time of Year at All! An Unpremeditated Autobiography by Oliver St. John Gogarty (Doubleday, 1954, HC)
Lucky Jim by Kingsley Amis (Doubleday, 1954, HC)
America by Franz Kafka (Doubleday Anchor, 1955, PB)
The Ancient City: A Classic Study of the Religious and Civil Institutions of Ancient Greece and Rome by Numa Denis Fustel De Coulanges (Doubleday Anchor, 1955, PB)
An Elizabethan Song Book: Lute Songs: Madrigals & Rounds edited by Noah Greenberg, W. H. Auden, and Chester Kallman (Doubleday Anchor, 1955, PB)
The Perfect Joy of St. Francis by Felix Timmermans (Doubleday Image, 1955, PB)
Start from Somewhere Else: An Exposition of Wit and Humor Polite and Perilous by Oliver St. John Gogarty (Doubleday, 1955, HC)
The American Puritans: Their Prose and Poetry edited by Perry Miller (Doubleday Anchor, 1956, PB)
A Hero of Our Time by Mihail Lermontov (Doubleday Anchor, 1956, PB)
Pleasures and Days and Other Writings by Marcel Proust (Doubleday Anchor, 1957, PB)
Chance by Joseph Conrad (Doubleday Anchor, 1957, PB)
Stendhal: On Love (Doubleday Anchor, 1957, PB)
The American Transcendentalists: Their Prose and Poetry edited by Perry Miller (Doubleday Anchor, 1957, PB)
Tales of Good and Evil by Nikolai V. Gogol (Doubleday Anchor, 1957, PB)
True Tales from the Annals of Crime and Rascality by St. Clair McKelway (Vintage Books, 1957, PB)
The Awkward Age by Henry James (Doubleday Anchor, 1958, PB)
The Autobiography of William Butler Yeats (Doubleday Anchor, 1958, PB)
The Masters by C. P. Snow (Doubleday Anchor, 1959, PB)
Nineteenth Century German Tales edited by Angel Flores (Doubleday Anchor, 1959, PB)
The Black Girl in Search of God by George Bernard Shaw (Putnam Capricorn, 1959, PB)
St. Peter's Day and Other Tales by Anton Chekhov (Putnam Capricorn, 1959, PB)
The Web and the Rock by Thomas Wolfe (Grossett & Dunlap (Universal Library), c. 1950s, HC)
You Can't Go Home Again by Thomas Wolfe (Grosset & Dunlap (Universal Library), c. 1950s, HC)
The Sot-Weed Factor by John Barth (Doubleday, 1960, HC)
From Beowulf to Virginia Woolf by Robert Manson Myers (Charter Books, 1963, PB)
The Innocent Curate by Paris Leary (Doubleday, 1963, HC)
Adders on the Heath by Gladys Mitchell (London House and Maxwell, 1963, HC)
Things: Stories of Terror and Shock by Six Science-Fiction Greats edited by Ivan Howard (Belmont Books, 1964, PB)
The Dark Beasts and Eight Other Stories from the Hounds of Tindalos by Frank Belknap Long (Belmont Books, 1964, PB)
Mr. Christopoulos by Charity Blackstock (London House and Maxwell, 1964, HC)
Death in the Wasteland by George Bellairs (London House and Maxwell, 1964, HC)
Come Back, Dr. Caligari by Donald Barthelme (Doubleday Anchor, 1965, PB)
Death of a Delft Blue by Gladys Mitchell (London House and Maxwell, 1965, HC)
The Duke of Palermo and Other Plays by Edmund Wilson (Farrar, Straus and Giroux, 1969, HC)
A Finger to Her Lips by Evelyn Berckman (Doubleday, 1971, HC)
The Age of Madness edited by Thomas Szasz (Doubleday Anchor, 1973, PB)
A Song and a Diary for A by Richard Elliott (Adventures in Poetry, 1973, PB)
Grande Dames of Detection: Two Centuries of Sleuthing Stories by the Gentle Sex selected by Seon Manley and Gogo Lewis (Lothrop, Lee & Shepard, 1973, HC)
Mistresses of Mystery: Two Centuries of Suspense Stories by the Gentle Sex selected by Seon Manley and Gogo Lewis (Lothrop, Lee & Shepard, 1973, HC)
Other People's Mail: Letters of Men & Women of Letters edited by Lola Szladits (New York Public Library, 1973, HC)
The Second Sin by Thomas Szasz (Doubleday Anchor, 1974, PB)
Devils & Demons: A Treasury of Fiendish Tales Old & New selected by Marvin Kaye (Doubleday, 1987, HC)
Witches & Warlocks: Tales of Black Magic, Old & New selected by Marvin Kaye (Guild America Books, 1989, HC)
Haunted America: Star-Spangled Supernatural Stories selected by Marvin Kaye (Doubleday, 1990, HC)
13 Plays of Ghosts & the Supernatural selected by Marvin Kaye (Guild America Books, 1990, HC)

②表紙(カバー)と本文挿絵(イラスト)を担当しているもの
Bleak House by Charles Dickens (Doubleday, 1953, HC, text illus.)
Thèrése by François Mauriac (Doubleday Anchor, 1956, PB, text illus.)
The Middle of the Journey by Lionel Trilling (Doubleday Anchor, 1957, PB, text illus.)
Victory by Joseph Conrad (Doubleday Anchor, 1957, PB, text illus.)
Men and Gods by Rex Warner (Looking Glass Library, 1959, HC, text illus.)
The Haunted Looking Glass: Ghost Stories Chosen by Edward Gorey (Looking Glass Library, 1959, HC, text illus.)
The War of the Worlds by H. G. Wells (Looking Glass Library, 1960, HC, text illus.)
The Comic Looking Glass edited by Hart Day Leavitt (Looking Glass Library, 1961, HC, text illus.)
The Man Who Sang the Sillies by John Ciardi (J. B. Lippincott, 1961, HC, text illus.)
You Read to Me, I'll Read to You by John Ciardi (J. B. Lippincott, 1962, HC, text illus.)
The Dream World of Dion McGregor by Dion McGregor (Bernard Geis Associates, 1964, HC. text illus.)
The Christmas Bower by Polly Redford (E. P. Dutton, 1967, HC, text illus.)
Cobweb Castle by Jan Wahl (Holt, Rinehart and Winston, 1968, HC, text illus.)
Hauntings: Tales of the Supernatural edited by Henry Mazzeo (Doubleday, 1968, HC, text illus.)
Merry, Rose, and Christmas-Tree June by Doris Orgel (Alfred A. Knopf, 1969, HC, text illus.)
Someone Could Win a Polar Bear by John Ciardi (J. B. Lippincott, 1970, HC, text illus.)
Miss Clafooty and the Demon by J. David Townsend (Lothrop, Lee & Shepard, 1971, HC, text illus.)
Lions and Lobsters and Foxes and Frogs: Fables from Aesop by Ennis Rees (Young Scott Books, 1971, HC, text illus.)
Limericks edited by Betty Jane Wagner (includes limerick by Edward Gorey) (Houghton Mifflin, 1973, PB, text illus.)
The House with a Clock in Its Walls by John Bellairs (Dial Press, 1973, HC, text illus.)
Instant Lives by Howard Moss (Saturday Review Press, 1974, HC, text illus.)
The Rats of Rutland Grange by Edmund Wilson (Gotham Book Mart, 1974, PB, text illus.)
What Nigel Knew by Evan Field (Clarkson N. Potter, 1981, HC, text illus.)
Old Possum's Book of Practical Cats by T.S. Eliot (Harcourt Brace Jovanovich, 1982, HC, text illus.)
Cautionary Tales for Children by Hilaire Belloc (Harcourt, 2002 (illustrations c. 1989-1999), HC, text illus.)
The Sibyl in Her Grave by Sarah Caudwell (Delacorte Press, 2000, HC)

③共作絵本(ゴーリー以外の人が文章を書いている絵本)
Three Ladies beside the Sea by Rhoda Levine (Atheneum, 1963, HC, text illus.)
The Jumblies by Edward Lear (Young Scott Books, 1968, HC, text illus.)
The Dong with a Luminous Nose by Edward Lear (Young Scott Books, 1969, HC, text illus.)
Donald and the . . . by Peter Neumeyer (Addison-Wesley, 1969, HC, text illus.)
Why We Have Day and Night by Peter F. Neumeyer (Young Scott Books, 1970, HC, text illus.)
The Shrinking of Treehorn by Florence Parry Heide (Holiday House, 1971, HC, text illus.)
Sam and Emma by Donald Nelsen (Parents' Magazine Press, 1971, HC, text illus.)
Rumpelstiltskin by Edith Tarcov (Scholastic Book Services, 1973, PB, text illus.)
The Twelve Terrors of Christmas by John Updike (Gotham Book Mart, 1993, HC, text illus.)

④その他
Phantasmagorey by Clifford Ross (Yale University Library, 1974, PB, text illus.)
Edward Gorey's Dracula (Unpublished, 1979, text illus.)
Advanced Children's Book Illustration course brochure, 1965


gorey - book cover 05


本書 p. 30、ディケンズ『荒涼館(Bleak House)』(1953年刊)表紙より。


gorey - book cover 04


本書 p. 31、ヘンリー・グリーン『愛する(Loving)』(1953年刊)表紙より。






























































































スポンサーサイト

モーリス・メーテルリンク 『蜜蜂の生活』 山下知夫+橋本綱 訳

「しかも、どんなによく知っている行為も未知な行為も、どんな卑しい行為も偉大な行為も、どんな身近な行為も疎遠な行為も、私たちのすることはみな深い闇夜の中でしか成し遂げられることはないのだ。結局、私たち自身、蜜蜂がそうだと考えられているのとおなじくらい盲目的な存在なのである。」
(モーリス・メーテルリンク 『蜜蜂の生活』 より)


モーリス・メーテルリンク 
『蜜蜂の生活』 
山下知夫+橋本綱 訳
 
プラネタリー・クラシクス

工作舎
1981年2月25日 初版発行
1987年2月1日 改訂版第1刷発行
iv 291p 
21.6×13.6cm
丸背紙装上製本 カバー
定価2,000円
エディトリアル・デザイン: 海野幸裕+西山孝司



Maurice Maeterlink: La Vie des Abeilles

わたしは社会性が欠落しているのでミツバチやアリやヒトのような社会的な動物は苦手です。しかしビクトル・エリセの映画『ミツバチのささやき』がすきなので本書をよもうとおもって購入しておいたもののまだよんでいなかったのでよんでみました。やはり苦手でした。ミツバチの巣の精神であるホリズム(全体論)とファシズム(全体主義)はコインの両面でありまして、『ミツバチのささやき』のフランコ政権下スペインの少女アナが毒キノコや脱走兵やフランケンシュタインの怪物のような人間社会から排除され抹殺されるアウトサイダーたちに共感するのも尤もであるなとおもいました。そういう意味ではアナ・トレント主演の反社会的映画『エル・ニド』(=対幻想としての「巣」)は『ミツバチのささやき』の続編であるといってよいですが、それはどうでもよいです。


メーテルリンク 蜜蜂の生活 01


帯文:

「「青い鳥」の作家
メーテルリンクが綴る
献身の
博物誌」



帯裏:

「メーテルリンクの未来的な古典が復活!

メーテルリンクも学問的野人であった。生命観の揺らぐ今日、彼の未来的古典が復活する意義は測りしれない。とくにその特異な進化論に瞠目する。
今西錦司(生態学)

シュタイナーにも蜜蜂の研究があって、神秘家の相似た魂をみる思いだ。生命現象を神秘学の観点から考えようとする読者にひろくすすめたい。
高橋巌(神秘学)

『モンナ・ヴァンナ』と『ペレアスとメリザンド』の作者メーテルリンクの描いた蜜蜂の世界には人間の魂の原風景も染めこまれている。
馬場喜敬(哲学)」



カバー裏「著者紹介」より:

「『蜜蜂の生活』は1901年の作であり、ノーベル文学賞受賞に導いた代表作といわれる。流麗なフランス語で綴られた、その文学性の高さもさることながら、「博物神秘学者メーテルリンク」の広範で深遠な観相力をあますところなく示している。「蜜蜂」と名づけた別荘に住み、古代ギリシャ以来の蜜蜂に関する文献を読み、毎日、その巣に通いつづける有能な養蜂家であったという。彼の観察眼は、つきることのない想像力の海と文学的才能と相俟って、未知の生命形態を克明に描出することとなった。それから30年後、昆虫をあつかった第2弾『白蟻の生活』が著され、第3弾『蟻の生活』がつづく。」


目次:

1章 巣箱の前に立って
 勤勉な蜜蜂たちの、香り高い精神や神秘にふれるために、
 私たちはその巣をこじあけなければならなかった。
2章 分封(巣別れ)
 抗しがたい魅惑の時、分封、それは蜜の祭典、
 種族と未来の勝利、そして犠牲への熱狂である。
3章 都市の建設
 この街は地表から突き立つ人間の街のようではなく、
 空から下に降りてゆく逆円錐形の逆立ちした街だ。
4章 若い女王蜂たち
 彼女は自分の競争相手の挑戦を耳にするや、
 自らの運命と女王の義務を知って勇敢に応酬する。
5章 結婚飛翔
 太陽が光きらめくとき、一万匹以上の求婚者の行列から選ばれた
 たった一匹だけが女王と合体し、同時に死とも合体する。
6章 雄蜂殺戮
 ある朝、待たれていた合言葉が巣箱中にひろまると、
 おとなしかった働蜂は裁判官と死刑執行者に変貌する。
7章 種の進化
 蜜蜂は自分たちが集めた蜜を誰が食べるのか知らない。
 同様に、私たちが宇宙に導き入れる精神の力を
 誰が利用することになるのか、私たちは知らない。

訳者あとがき 
 蜜蜂が、花が、光が語ってくれたら (橋本綱)
 有機と無機のあいだに (山下知夫)
訳者紹介



メーテルリンク 蜜蜂の生活 02



◆本書より◆


「巣箱の前に立って」より:

「それは蜜蜂がまずなによりも、たとえばあの蟻と較べてさえ、群れの生き物だということである。蜜蜂は集団でなければ生きてゆくことができない。その巣はあまりに混雑していて周囲を取り巻いている生きた壁のあいだに頭を割りこませて通り道を切り拓かねばならないほどだが、巣から一歩外に出るとき、彼女は自分の必要成分そのものから足を踏み出していることになるのだ。ちょうど海女が真珠の埋蔵されている大海に潜るように、彼女はすこしのあいだ花でいっぱいの空間にとび出す。しかし死を免れるためには、ちょうど海女が空気を吸いに海面にもどるように、密集の息吹を吸いに規則的な間隔をおいてもどってこなければならない。一匹だけ隔離されると、どんなに大量の食物と適温を用意しても、蜜蜂は、飢えや寒さのためではなく、孤独のために数日をまたずに息をひきとってしまう。集団と都会は蜜蜂にとって、蜜とおなじくらいなくてはならない栄養源になっているのだ。巣の法則の精神を見定めるためには、この不可欠な要素にまで遡らなければならない。巣の中においても個はなにものでもない、(中略)個体の全生涯は、その所属している無数の永続的存在への完全な犠牲となるのだ。」


「分封(巣別れ)」より:

「女王蜂はけっして人間的な意味での女王ではない。命令をくだすわけではなく、むしろ仮面にかくれたみごとなまでに賢いひとつの力に、一介の臣下と同じように、仕えているにすぎない。その力がどこにあるかはこれから見ていくことにして、それまではそれを「巣の精神」と呼ぶことにしよう。」

「「巣の精神」は、容赦することはないが同時に控え目なやり方で、ちょうど偉大な義務に従っているとでもいうように、この翅をもった民族全員(中略)を、自由自在に導いてゆく。それは毎日のように出産の数を調整し、(中略)またそれは女王蜂に廃位や出発の必要性を告げ、競争相手を産むよう強制する。そしてその競争相手たちを女王蜂になるにふさわしく育て、(中略)そしてそのうちの最年長のものが、(中略)他の妹たちを、ゆりかごの中で殺してよいかどうかを決定する。」
「この巣の精神は用心深く倹約精神に富んでいるが、けっして吝嗇というわけではない。(中略)だからこそ、夏の豊かな日々のあいだ、(中略)三百から四百にものぼるあの雄蜂の足手まといな存在を許しておけるのだ。というのも、これから生まれてくる女王蜂はそんな中から自分の愛人を選ばなければならないからだ。ところがそれも女王蜂が受胎をすませ、花の開くのがおそくなり閉じるのがはやくなるころになると巣の精神は、ある朝平然と彼らのいっせい皆殺しを宣告する。」

「そして最後に、種の守護神に対する一年の大犠牲――つまり分封のことである――をとりおこなう時期を定めるのも巣の精神なのである。このとき、一族全体は繁栄と力の頂点に達しているにもかかわらず、突然、未来の世代のためにそのあらゆる富、宮殿、住居、苦しみの成果をなげうち、どこか遠くの新しい祖国であえて不安定な窮乏生活を送ろうとするのである。これこそ、意識的であるかどうかにかかわりなく、人間的道徳を超えた行為というべきである。巣の精神は、都市の繁栄よりも貴い掟に従うために、しばしばしあわせな街をばらばらに壊したり、貧困化させてしまう。そればかりかその街を荒廃しつくしてしまうことすらある。」

「別の都会に属している蜜蜂同士は、互いにけっして知り合おうとしないし、助け合うこともまったくない。」

「彼女たちはなぜ、兄弟にあたる蝶なら知っているだろう安眠や蜜の歓びや愛や、すばらしい余暇を断念してしまうのだろう。蝶のようには生きられないのだろうか。この場合彼女たちをせきたてているのは飢えではない。身を養うためだけなら、ふたつか三つの花があれば充分なのに、彼女たちは自分自身けっしてその甘さを味わうことのない宝を蓄積するために、毎時間二、三百もの花を訪れる。こんな苦しい思いをして、いったいなにになるのだろう。(中略)それに、おまえたちがそのために死のうとしている次の世代とは、本当にこれだけの犠牲に価する存在なのだろうか。その世代はまちがいなく、おまえたちより美しく幸福になれるだろうか。あるいはおまえたちが果せなかったなにかを、つぎの世代がやってくれるだろうか。」



「都市の建設」より:

「蜜蜂にはきわめて奇妙な二重性格がみられる。巣の中で、たしかに全員が愛し合い、助け合う。(中略)そのうちの一匹でも傷つけられれば、他の千匹はその侮辱に復讐しようと、みずからを犠牲にするのも厭わないことだろう。ところが巣を一歩でも外に出ると、互いに知らないふりをしだすのである。ためしに巣からほんの数歩の距離に、蜜の入ったひとつの巣板を置いておき、その上で同じ巣から出てきた蜜蜂を一〇匹、二〇匹、あるいは三〇匹、その肢を切断するか踏みつぶすかしてみるのだ――いやそれを実行するならいたずらに残酷さをひけらかすだけなので、ここではやめておこう。というのも結果は目に見えているようなものだからである――ともかく、そのようにしたと仮定してみよう。すると無傷でそれをやりすごした他の蜜蜂は、傷ついた者たちに顔をふり向けようともせずに、(中略)命よりも大事な液を汲みつづけ、瀕死の者が最期の身ぶりで躰をすり寄せてこようが、まわりで悲嘆の叫びをあげていようが、いっこうに無頓着でいるだろう。そして蜜入りの巣板が空になってしまうと、なにものも無駄にしないよう、今度は犠牲者たちに付着している蜜を採るため、他の者がいることなどお構いなしに、また他の犠牲者を救おうともせず、無傷の採集蜂は平然と死傷者の上にのしかかっていくのだ。」

「たしかに蜜蜂の巣は、はじめの頃の大きな歓びに湧きかえっていたようにみえたし、美しい日々のきらめくような思い出がそこに満ちあふれ、巣を幸福を表現している花々や流水や蒼空とかのあれほど平和的な豊饒さとつながっているようにおもわれたものだ。ところが、これらすべての外面的な歓喜の下には、人が目にすることができるもっとも悲惨な光景が匿されていたのである。」




メーテルリンク 蜜蜂の生活 03


そしてこちらがリーヴルドポッシュ版原書ペーパーバックであります。
























































































モーリス・メーテルリンク 『ガラス蜘蛛』 高尾歩 訳

「というわけで、このちっぽけな蜘蛛は、私たちより以前に、たくさんのことを知っていたのである。それらを蜘蛛に教えたのは経験だろうか、それとも、記憶にないほど遠い昔から重ねられてきた、先祖代々のさまざまな試みの成果としての、何らかの先天的な知恵だろうか。」
(モーリス・メーテルリンク 『ガラス蜘蛛』 より)


モーリス・メーテルリンク 
『ガラス蜘蛛』 
高尾歩 訳


工作舎 
2008年7月10日 発行
138p 口絵(カラー)2p
著者紹介・訳者紹介1p
四六判 丸背紙装上製本 カバー 
定価1,800円+税
エディトリアル・デザイン: 宮城安総・佐藤ちひろ



Maurice Maeterlinck: L'Araignée de verre, 1932 / Bulles bleues - souvenirs heureux, 1948
花の知恵』に続くメーテルリンクの博物誌エッセイ。「ガラス蜘蛛」は「ミズグモ」のこと。日本語版には原著にはない図版(カラー2点/モノクロ10点)と、晩年の回想記『青い泡』から5篇が追加収録されています。


メーテルリンク ガラス蜘蛛 01


帯文:

「『青い鳥』のメーテルリンクが綴る
ミズグモの驚異
本邦初訳
クリスタルの潜水服をまとい、釣鐘型の水中の部屋を建設する
蜜蜂・白蟻・蟻の昆虫三部作と
『花の知恵』につづく珠玉の博物文学
解説・杉本秀太郎(フランス文学)/宮下直(クモ学)」



帯裏:

「●今でも、祖父の「博物誌の小部屋」の机の上に、ガラスの容器、ごくふつうのジャムの瓶が置いてあって、その中で、祖父がギリシア語源にしたがって「私の銀色の蜘蛛たち」と呼んでいたものが、元気に跳ね回っているのを見るような気がする。私の心はすっかり彼らのとりこになった。(本文より)」


カバーそで文:

「空気を呼吸するミズグモ。
にもかかわらず、栄養源である甲殻類の幼虫や
マツモムシは池などの水底に暮らす。
窒息か、飢え死にか、だが突如、ミズグモは天才的なひらめきを得る。
先史時代の闇夜に、いついかにしてなのか……!
今日のエンジニアたちが、橋脚や桟橋、海や河の水中建造物の基礎を
築くために不可欠な釣鐘型潜水器あるいは防水潜函を、
どうやら発明したらしいのだ。」

「モーリス・メーテルリンク
一八六二年八月二九日、ベルギー北部の河港都市、商工業が盛んなゲントに生まれる。ゲント大学で法律を学び、弁護士としての修業を目的にパリに赴くが、パリの文壇に輝く詩人たちとの出会いが、文学の道を決意させた。霧の国ベルギーの幻想的な雰囲気を漂わせた、詩集『温室』や戯曲『マレーヌ姫』『ペレアスとメリザンド』などにより十九世紀末の文壇に躍り出た後、一九〇六年作の『青い鳥』が世界的に知られるようになり、一九一一年にはノーベル文学賞を受賞。
最後の作品となったエッセイ『青い泡―幸福な思い出』には、こうした文学遍歴と並んで、博物誌好きの祖父や園芸好きの父の影響を強く受けた少年時代の思い出が語られている。ゲント郊外の水辺の大きな別荘や祖父の家は虫や花でいっぱいで、そこで過ごした日々は、楽しい驚きに満ちあふれていた。本書『ガラス蜘蛛』で扱われる水蜘蛛たちとの出会いも、ここに始まる。その後、自らもノルマンディー地方の田園や南仏ニースの郊外に館をかまえて昆虫たちや野の花々に囲まれて暮らしたメーテルリンクは、独自の神秘主義的世界観を反映させた昆虫三部作(略)や『花の知恵』など、博物文学の名品を残すことになる。『ガラス蜘蛛』は、これらに続いて一九三二年、七十歳のときに刊行された。」



目次:

ガラス蜘蛛(1932)
 I 水中のドラマ
 II 虫たちの発明
 III クモ形類
 IV さまざまな工夫を凝らして
 V ミズグモの仲間たち
 VI ミズグモ、その分類学的描写
 VII 昆虫学者の仕事
 VIII 銀色の蜘蛛たちとの出会いと再会
 IX 発見とその後
 X 自然の悪戯
 XI クリスタルの潜水服
 XII 潜水服の形成
 XIII 潜水服の正体
 XIV 釣鐘、この快適な住い
 XV 釣鐘の建設方法
 XVI プラトーの実験
 XVII ダイヤモンドの釣鐘、結婚、子育て
 XVIII 釣鐘呼吸器
 XIX どのように知るのか
 XX 虫の知性
 XXI 仮説
 XXII 生命の記憶
 XXIII 最も奥深い秘密
 XXIV 謎の源泉をめぐって

青い泡――幸福な思い出(1948)より
 オスタカー/溺死/たらい/ミツバチ/桃の木

解説
 メーテルリンクの「美しい人生」 (杉本秀太郎)
 「ガラス蜘蛛」雑感 (宮下直)

訳者あとがき
著者・訳者紹介



メーテルリンク ガラス蜘蛛 02



◆本書より◆


「そもそも、われわれが下級と決めつけている他の動物たちでも、何らかの点で間違いなく人間の先を行っている。たとえば、シビレエイが備えている不思議な帯電装置や、ある種の深海魚が持つ眩いばかりのサーチライトについて、われわれはどう説明できるだろうか。しかし、何といっても、不安にさせられるほどまでに、われわれを遥かに凌いでいるのが、虫たちだ。虫たちのものに比べたら、人間の筋肉や、感覚や、神経の強度や、生物学的知識や、生命力なんて、何だというのだろう。さらに、とくに人間のものとされる領域、今しがた話題にした魚たちと人間とが競い合っている技術者たちの領域に目を向けてみれば、ツチボタルの幼虫やホタル、そしてとりわけあのすばらしいビワハゴロモの放つ冷たい光に比べて、人間の照明装置はどれほどの価値を持っているというのだろう。」

「今でも、祖父の「博物誌の小部屋」の机の上に、ガラスの容器、ごくふつうのジャムの瓶が置いてあって、その中で、祖父がギリシア語源にしたがって「私の銀色の蜘蛛たち」と呼んでいたものが、元気に跳ね回っているのを見るような気がする。私の心はすっかり彼らのとりこになった。それから六十二年間、蜘蛛たちのことはまったく忘れてしまっていたのだが、数ヵ月前、ベルギーから、子供の頃目にしたものと見事なまでによく似たジャムの瓶が私の手元に届き、中に、やはり、半ダースほどの水銀の玉が、まさに予想していたとおりの水銀の玉たちが、現実のものとして動き回っていたのである。私は目を疑い、時間の観念を失い、このささやかな巡り合わせのなかで、運命の途方もない神秘の一端に、じかに触れたような気がした。」

「したがって、ミズグモは、ゲントの、ヴェニスとほとんど同じくらい水に浸されたこの町の、周囲の水辺には、かなりたくさんいたのである。発見されたのは一七四四年、ル・マンの近くで、オラトリオ修道会の神父、ジョゼフ=アドリアン・ル・ラルジュ・ドゥ・リニャックによってである。神父が川で水浴びをしていたときのこと、水の中を勝手気ままに進んでゆく泡があるのを目にしてびっくりしてしまったのだが、その泡が空気に包まれた蜘蛛であることが分かると、彼は、大いなる畏怖の念を抱いたのだった。」

「どうやら、虫の知性は、われわれ人間の知性のように個別なものではなく、有機的に、集団が共有しているものであるらしい。多細胞的ではあっても、全員が一体となって営む、こうした生のあり方は、ミツバチの巣やシロアリの巣、アリの巣において、とくにはっきりと現れる。が、同じ一つの種であれば、そのすべての虫の間に、空間的に、でなければ、少なくとも時間的に、同様に見られるのである。(中略)自然は、虫たちのことを知っており、虫たちを、まるで、全員がたった一つの個体でしかないかのように、扱っているのだ。われわれ人間は、それぞれ自分を、大きな有機体の全体であると思っているが、一匹の虫が死んでも、それは、一つの大きな有機体の、一つの細胞が変化することにすぎない。虫は、われわれより、ずっと死なない、いや、おそらく、まったく死ぬことがないのである。われわれ人間にとって、死とは、漠然とした宗教的信念を除いては、完全な終わりである。が、虫にとっては、ありふれた一つの変容なのであり、永遠にくり返されるサイクルの環なのだ。(中略)人間の誕生と死とは、互いに接しておらず、人生によって分け隔てられ、二つの違った世界で起こることのように思われる。けれども、虫の世界においては、誕生と死は、ぴたりとはまり合い、同じ次元を動いてゆくのだ。どこからかは分からないが、この地球上に姿を現すとき、われわれは、(中略)すべてを忘れてしまっていて、すべてを始め直し、すべてを学び直さざるを得ない。けれども、虫は、自分に先行していたものたちの存在を、静かに引き継いでゆく。あたかも、こうした存在が、これまで一度も中断されたことがなかったかのように。」
「こうした集団的存続、種の生命は、われわれ人間のものとは、あまりに大きく異なる。いったい、これは、出発点なのだろうか、到達点なのだろうか。一見、われわれは、そこから出てきたように思われる。そして、文明化するにつれて、そこから遠ざかるのだが、われわれがどうやらそこにいるらしい最高点に達すると、また、そこに戻りたがるのだ。
 だが、答えを出すには、われわれ人間は若過ぎる。虫たちは人間に何千年、いや何百万年も先行しているのだ、ということを忘れてはならない。(中略)虫たちは古生代に属しているのであり、われわれ人間は、虫たちに遅れること数十万年の地質時代最後紀に、やっと出現するにすぎない。死というものは存在しないのだ、それは期待を秘めた一つの下手な言葉、大いなる眠り、あるいは、われわれが失ってしまうと思っているのとは別の生命にすぎないのだと、われわれが虫たち同様知るようになるとき、はじめて、われわれは虫たちと対等になれるのかもしれない。」





















































プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本