エットーレ・カメザスカ  『マンテーニャ』 塚本博 訳 (イタリア・ルネサンスの巨匠たち)

エットーレ・カメザスカ 
『マンテーニャ』 
塚本博 訳
 
イタリア・ルネサンスの巨匠たち 17 独自な芸術の探求者

東京書籍
1993年11月27日 第1版第1刷発行
80p
28×21cm 並装 カバー
定価2,000円(本体1,942円)



Ettore Camesasca: MANTEGNA, 1992 (I grandi maestri dell'arte)
図版106点。


マンテーニャ 01


カバーそで文:

「マンテーニャ(イーゾラ・ディ・カルトゥーロ、パドヴァ1430/31―マントヴァ1506年)
マンテーニャは15世紀北イタリア美術最大の画家である。彼はパドヴァに長く滞在していたドナテッロを通してフィレンツェ美術を吸収し、堅牢な造形性、緻密な描写という独特の様式を確立してパドヴァ派の創始者となった。《死せるキリスト》に見られる驚嘆すべき短縮法、《聖セバスティアヌスの殉教》の古代ローマの遺跡に対するペダンティックなまでの考古学趣味、《カメラ・デリ・スポージ(夫婦の間)》の壁画の壮大なイリュージョニズムなど、彼の作品はつねに独創性にあふれている。義弟ジョヴァンニ・ベッリーニをはじめとするヴェネツィア派、およびコスメ・トゥーラなどのフェラーラ派の形成に寄与するとともに、ドイツの画家デューラーにも多大な影響を及ぼした。」



目次:

青年期
パドヴァからマントヴァへ
《カメラ・デリ・スポージ(夫婦の間)》
ローマ滞在
《カエサルの凱旋》
晩年の作品

主要文献




◆本書より◆


マンテーニャ 02


「聖セバスティアヌス」(パリ、ルーヴル美術館)。


マンテーニャ 03


「カメラ・デリ・スポージの西壁、馬と犬を連れた馬丁」。


マンテーニャ 04


「死せるキリスト」(ミラノ、ブレラ美術館)。





















































































スポンサーサイト

E・M・レッタ/R・P・チャルディ  『ポントルモ/ロッソ・フィオレンティーノ』 甲斐教行 訳 (イタリア・ルネサンスの巨匠たち)

エリザベッタ・マルケッティ・レッタ
ロベルト・パオロ・チャルディ 
『ポントルモ
ロッソ・フィオレンティーノ』 
甲斐教行 訳
 
イタリア・ルネサンスの巨匠たち 21 神聖な構図と運動の表現

東京書籍
1995年11月28日 第1版第1刷発行
80p
28×21cm 並装 カバー
定価2,000円(本体1,942円)



Elisabetta Marchetti Letta, Roberto Paolo Ciardi: PONTORMO, ROSSO FIORENTINO, 1994 (I grandi maestri dell'arte)
図版104点。


ポントルモほか 01


カバーそで文:

「ポントルモ(ポントルメ、エンポリ1494―フィレンツェ1556年)
ロッソ・フィオレンティーノ(フィレンツェ1495―フォンテヌブロー1540年)
ともにアンドレア・デル・サルトの弟子で、フィンレンツェのマニエリスム様式を担う重要な画家。ポントルモはミケランジェロ、デューラーから影響を受け、ルネサンス様式に反旗を翻すような独創的な作品を制作する。サンタ・フェリチタ聖堂の《十字架降架》やカルミニャーノの《聖母のエリサベツ訪問》に見られるように、心理学的な人物描写、人工的な色彩、奇抜な構図を特徴とする。
ロッソはローマで活動した後フランスへ渡り、フランソワ1世の宮廷画家としてフォンテヌブロー宮殿を装飾。フランス・マニエリスムの形成に大きな寄与をなす。代表作はヴォルテッラ美術館の《十字架降架》、ルーヴル美術館の《ピエタ》など。」



目次:


ポントルモとロッソ・フィオレンティーノ――「危機」の時代の画家
2人の初期作品
異なる道を歩む2人の画家――最初の個性の現れ
ポッジョ・ア・カイアーノにおけるポントルモの活動
ガルッツォのカルトジオ会修道院のための作品
形態の極限までの探究
ミケランジェロに対する省察
ポントルモのいくつかの肖像画
宗教画の伝統的図像とロッソ
ロッソの末期の芸術活動
ロッソの3点の肖像画

主要文献




◆本書より◆


ポントルモほか 02


ポントルモ「エマウスの晩餐」(フィレンツェ、ウフィツィ美術館)。


ポントルモほか 05


ポントルモ「十字架降架」(フィレンツェ、サンタ・フェリチタ聖堂)。


ポントルモほか 03


ロッソ・フィオレンティーノ「十字架降架(部分)」(ヴォルテッラ、市立美術館)。


ポントルモほか 04


ロッソ・フィオレンティーノ「若い女性の肖像」(フィレンツェ、ウフィツィ美術館)。




こちらもご参照ください:

『ルネサンスの画家 ポントルモの日記』 中嶋浩郎 訳 (新装版)























































































































フランチェスコ・ヴァルカノーヴァ  『カルパッチョ』  篠塚二三男 訳 (イタリア・ルネサンスの巨匠たち)

フランチェスコ・ヴァルカノーヴァ 
『カルパッチョ』 
篠塚二三男 訳
 
イタリア・ルネサンスの巨匠たち 23 ヴェネツィアの画家

東京書籍
1995年5月25日 第1版第1刷発行
80p
28×21cm 並装 カバー
定価2,000円(本体1,942円)



Francesco Valcanover: CARPACCIO, 1989 (I grandi maestri dell'arte)
図版78点。


カルパッチョ 01


カバーそで文:

「ヴィットーレ・カルパッチョ(ヴェネツィア1465頃―1525/26年)
長いあいだ美術史家は、カルパッチョを薄っぺらな物語画家、風俗画家としてしか認めてこなかったが、近年になってようやく、このかたくなな画家のすばらしい独創的な創造力が評価されるようになった。
本書の著者フランチェスコ・ヴァルカノーヴァは、カルパッチョのもっとも有名な連作画である《聖女ウルスラ伝》や《スキアヴォーニ同信会の連作画》を分析しながら、この画家の芸術が「ヴェネツィア絵画の伝統のなかではきわめて独創的」であること、それと同時に「15世紀末の文化に深く根ざしたもの」であることを指摘している。」



目次:

15世紀末のヴェネツィア
《聖女ウルスラ伝》連作と同時期の作品
《スキアヴォーニ同信会の連作画》と16世紀初頭の作品
《聖ステパノ伝》連作と晩年の作品

主要文献
カルパッチョとスクオーラ




◆本書より◆


カルパッチョ 03


カルパッチョ 06


「聖ゲオルギウスと竜」(ヴェネツィア、スクオーラ・ディ・サン・ジョルジョ・デリ・スキアヴォーニ)。


カルパッチョ 05


カルパッチョ 07


「聖母の誕生」(ベルガモ、アカデミア・カッラーラ)。


カルパッチョ 04


「サン・マルコのライオン(部分)」(パラッツオ・ドゥカーレとサン・マルコ大聖堂)。


カルパッチョ 02


「ブルターニュ王の宮廷に到着したイングランドの使節たち(部分)」(ヴェネツィア、アカデミア美術館)より。







































































プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本