『James Ensor』 (MoMA 2009)

「Initially I very much liked Rembrandt, but much later I became attracted to Goya and Turner. I was fascinated by the discovery of two masters who were obsessed with light and ferocity. The extravagant inventions of Hieronymus Bosh and Pieter Bruegel also pleased me tremendously. I thought their works were better than those of other masters from the Flemish School.」
(James Ensor)


『James Ensor』
MoMA


The Museum of Modern Art, New York, 2009
208pp, 28.6x22.3cm, clothbound, dust jacket

Published in conjunction with the exhibition James Ensor, June 28-September 21, 2009, at The Museum of Modern Art, New York, organized by Anna Swinbourne, Assistant Curator, Department of Painting and Sculpture

162 color and 7 black-and-white illustrations



2009年、ニューヨーク近代美術館(MoMA)で開催されたアンソール展のカタログ。
角背布装上製本、カバー。
出品作カラー図版(Plates)97点。その他参考図版(カラー/モノクロ)多数。

アンソールの代表作というべき大作「キリストのブリュッセル入城」(油彩、ゲッティ・ミュージアム所蔵)は出品されなかったようで、本カタログには解説ページに小さい参考図版(カラー)で掲載されています。


ensor moma 1


Contents:

Foreword (Glenn D. Lowry)
Acknowledgments (Anna Swinbourne)

ESSAYS
Meeting James Ensor (Anna Swinbourne)
James Ensor: Carnival of the Modern (Susan M. Canning)

PLATES
 1. The Rainbow (After the Storm), 1880, oil on canvas
 2. Chinoiseries with Fans, 1880, oil on canvas
 3. The Lamp-Lighter, 1880, oil on canvas
 4. Rue de Flandre in the Snow, 1880, oil on canvas
 5. Boulevard Van Iseghem in the Rain, 1880, oil on canvas
 6. A Colorist, 1880, oil on canvas
 7. Portrait of the Artist's Father, 1881, oil on canvas
 8. Portrait of the Artist's Sister, Marie, 1881, charcoal on wove paper
 9. Afternoon in Ostend, 1881, oil on canvas
 10. The Lady in Distress, 1882, oil on canvas
 11. Portrait of Willy Finch, 1882, oil on canvas
 12. Still Life with Vegetables, 1882, oil on canvas
 13. The Oyster Eater, 1882, oil on canvas
 14. The Drunkards, 1883, oil on canvas
 15. The Scandalized Masks, 1883, oil on canvas
 16. Sketchbook, 1883-96, India ink, pen, conte crayon, graphite, and black chalk on paper
 17. Self-Portrait with a Flowered Hat, 1883/88, oil on canvas
 18. My Portrait, 1884, charcoal and white chalk on paper
 19. Child with Doll, 1884/1886-89(?), oil on canvas
 20. Rooftops of Ostend (Grand View of Ostend), 1884, oil on canvas
 21. Skeleton Looking at Chinoiseries, 1885/1888, oil on canvas
 22. The Mystic Death of a Theologian (Elated Monks Claim the Body of the Theologian Sus Ovis, in Spite of the Resisting Bishop Friton or Friston), 1880/1885-86(?), pencil, charcoal, and black crayon on paper
 23. Brussels Town Hall, 1885, oil on canvas
 24. Christ Shown to the People and the Entry of Christ into Jersalem, 1887, black chalk on paper
 25. Christ's Entry into Jerusalem (recto), 1885, graphite and conte crayon on wove paper
 26. The Rising: Christ Shown to the People, 1885, black crayon and watercolor on paper
 27. The Lively and Radiant: The Entry of Christ into Jerusalem, 1885, black and brown crayon, with collaged paper mounted on canvas
 28. Christ Watched Over by Angels, 1886, black chalk on panel
 29. Calvary, 1886, pencil, crayon, and oil on paper
 30. The Devils Dzitts and Hihahox, Led by Crazon, Riding a Wild Cat, Leading Christ into Hell, 1886, pencil, conte crayon, black chalk, brown India ink, pen, and white gouache on Japan paper
 31. The Cathedral, plate I, state III, 1886, etching on Japan paper
 32. Hippogriff, 1880-83, black chalk on two sheets of paper, mounted on board
 33. Nude with Curtain, 1880-85, pencil and black chalk on paper
 34. The Flea, 1880-83/1888, black crayon on paper

ESSAYS
A View from Ostend (Jane Panetta)
Ensor: A Theater of Matter (Michel Draguet)
James Ensor's Vision of Nature (Robert Hoozee)
Ensor Is Eternal: The Painter and His Image (Laurence Madeline)
"Make Way for the Old Ones! Respect Defunct Schools!" Ensor and the Art-Historical Canon (Herwig Todts)

PLATES
 35. Children Dressing, 1886, oil on canvas
 36. Fireworks, 1887, oil and encaustic on canvas
 37. Tribulations of Saint Anthony, 1887, oil on canvas
 38. Adam and Eve Expelled from Paradise, 1887, oil on canvas
 39. My Portrait in 1960, state II, 1888, etching on wove paper
 40. Self-Portrait, c. 1888, pencil on panel
 41. Peculiar Insects, state III, proof no,8, 1888, drypoint on laid Japan paper
 42. The Pisser, only state, 1887, etching on simili-Japan paper
 43. The Strike (The Slaughter of the Ostend Fishermen [August 1887], 1888, pencil and colored pencil on paper
 44. Plague Above, Plague below, Plague All Around!, 1888, conte crayon and colored pencil on paper
 45. Death Pursuing the Human Flock (Triumph of Death), 1887, black crayon, ink, and colored pencil on paper
 46. Fight of the Down-and-Outs, 1887, black pencil on paper
 47. The Fight of the Angels and the Demons, 1888, colored crayon on paper
 48. The Haunted Fireplace, 1888, crayon and colored pencil on paper
 49. Demons Tormenting Me, 1888, graphite and black chalk on wove paper
 50. Skeleton Musicians, 1888, black pencil and brown chalk on paper
 51. Doctrinaire Nourishment, plate I, state II, 1889, etching heightened with watercolor and gouache on Japan paper
 52. Belgium in the Nineteenth Century, 1889, pencil and colored pencil on paper
 53. Masks Mocking Death (Masks Confronting Death), 1888. oil on canvas
 54. Skeletons Trying to Warm Themselves, 1889, oil on canvas
 55. The Tower of Lissewege, 1890, oil on canvas
 56. The Astonishment of the Mask Wouse, 1889, oil on canvas
 57. My Skeletonized Portrait, state I, unique impression, 1889, etching on wove paper
 58. My Skeletonized Portrait, state II, 1889, etching and drypoint on wove paper
 59. My Aunt Asleep Dreaming of Monsters, c. 1888, pencil, conte crayon, and colored pencil on paper
 60. Series of Small Masks, c. 1890(/), conte crayon on paper
 61. Skeleton Drawing Fine Pranks, c. 1889, black chalk, colored pencil, and gold paint on paper
 62. Skeleton in the Mirror, 1890, black crayon on paper
 63. White and Red Clowns Evolving, 1890, pencil, ink, and gouache on paper
 64. The Baths at Ostend, 1890, black crayon, colored pencil, and oil on panel
 65. The Assassination, 1890, oil on canvas
 66. The Intrigue, 1890, oil on canvas
 67. The Domain of Arnheim, 1890, oil on canvas
 68. Christ Calming the Storm, 1891, oil on canvas
 69. Self-Portrait at the Easel, 1890, oil on canvas
 70. Surly Countenance, 1890, oil on canvas
 71. Ensor and Leman Discussing Painting, 1890, oil on panel
 72. Skeletons Fighting Over a Pickled Herring, 1891, oil on panel
 73. The Grotesque Singers, 1891, oil on panel
 74. The Frightful Musicians, 1891, oil on panel
 75. Monsieur and Madame Rousseau Speaking with Sophie Yoteko, 1892, oil on panel
 76. The Man of Sorrows, 1891, oil on panel
 77. The Cuirassiers at Waterloo, 1891, India ink, crayon, colored pencil, and pastel on three sheets of paper, mounted on board
 78. The Wise Judges, 1891, oil on panel
 79. The Bad Doctors, 1892, oil on panel
 80. The Call of the Siren, 1891 or 1893, oil on panel
 81. The Virgin of Consolation, 1892, oil on panel
 82. The Skate, 1892, oil on canvas
 83. The Strange Masks, 1892, oil on canvas 
 84. The Melancholy Fishwives, 1892, oil on canvas
 85. The Despair of Pierrot, 1892, oil on canvas
 86. Icon (Portrait of Eugene Demolder), 1893, oil, pencil, and gouache on panel
 87. Pierrot and Skeleton in a Yellow Robe, 1893, oil on panel
 88. The Dangerous Cooks, 1896, pencil, gouache, and oil on board
 89. The Skeleton Painter, 1895 or 1896(?), oil on panel
 90. The Entry of Christ into Brussels, state III, 1898, etching heightened with watercolor on Arches laid paper
 91. Self-Portrait with Masks, 1899, oil on canvas
 92. Skeletons in the Studio, 1900, oil on canvas
 93. View of Mariakerke, 1901, oil on canvas
 94. At the Conservatory, 1902, oil on canvas
 95. The Banquet of the Starved, 1915, oil on canvas
 96. Moses and the Birds (The Finding of Moses), 1924, oil on canvas
 97. Self-Portrait with Masks, 1937, oil on canvas

Catalogue of the Exhibition (compiled by Blair Hartzell)
Chronology (compiled by Jane Panetta)
Bibliography (compiled by Blair Hartzell)
Lenders to the Exhibition
Photograph Credits
Trustees of the Museum of Modern Art



ensor moma 4



◆本書より◆


「Meeting James Ensor」(Anna Swinbourne)より:

「Many scholars have seen Ensor's later habits of recycling as evidence of his artistic decline, for which they offer a variety of reasons. One of the most charitable, Libby Tannenbaum, suggests that after communicating so eloquently during the tumultuous and adversarial years of his youth, the artist consciously decided to develop another voice. He did in fact explore other art forms: taking an almost childlike delight in words and phonetic sounds, he did a great deal of writing, in the form of correspondence, speeches, or essays. He also used the black keys of his harmonium - he was superstitiously afraid of the white ones - to compose a ballet, La Gamme d'amour, for which he also created costumes and scenery.」

(多くの学者は後年のアンソールの画題の使いまわしを芸術的衰退のしるしとみなし、それについてさまざまな理由をあげているが、思いやり深いリビー・タンネンバウムは、若き日の混乱と対立のうちで意思疎通のための饒舌を弄したあとで、それとは違ったしゃべり方を開発しようと心に決めたのだろうと示唆している。実際にアンソールは別の芸術様式を試みており、言葉と音響に子どものような喜びを見出しつつたくさんの手紙や演説やエッセーを書いたり、ハーモニウムの黒鍵を使って(白鍵を弾くのはこわかったので)バレー(「愛の調べ」)を作曲し、そのための衣裳や背景もデザインしている。)


ensor moma 2


ensor moma 3





























































































































































































スポンサーサイト

『没後50年 アンソール版画展』 (名古屋市美術館 1999年)

「アンソールの銅版画には、彼の芸術のあらゆるテーマと要素とがその最大の振幅において含まれている。短い時期に集中して制作されたアンソールの銅版画は、アンソール芸術の最も実り豊かな時期を特徴づける、混沌とした精神のダイナミズムを、凝縮したかたちで、また、より一層直接的に私たちの目の前に展開してくれるのである。」
(中島徳博 「ジェームズ・アンソールの銅版画」 より)


『没後50年 アンソール版画展』
兵庫県立近代美術館所蔵旧ボーガルツ・コレクションより

発行: 名古屋市美術館/中日新聞社/中部日本放送 1999年4月24日
79p
26×18cm 並装
編集: 名古屋市美術館
デザイン: 與語秀樹
制作: 長苗印刷


1999年4月24日(土)―6月6日(日)
名古屋市美術館



本書「ごあいさつ」より:

「今回出品の版画作品は、アンソールの生涯の恋人であり友人であったオーギュスタ・ボーガルツが所蔵していたもので、アンソールの代表的な版画作品をほとんど含んでいます。」


アンソール版画展(1999)1


内容:

ごあいさつ (名古屋市美術館/中日新聞社/中部日本放送)
ジェームズ・アンソールの銅版画 (兵庫県立近代美術館学芸課長 中島徳博)

図版 (カラー1点/モノクロ100点)

ジェームズ・アンソール資料
 ジェームズ・アンソール年譜
 出品目録



アンソール版画展(1999)2


出品目録:

 特別出品
  キリストの誘惑 (1913 油彩 伊丹市立美術館)
 兵庫県立近代美術館所蔵 旧ボーガルツ・コレクション
  1 スウェーデンの植物学者フリーゼの肖像 (1886)
  2 自画像 (1886)
  3 ダリウス王の便を検査するイストン・プファマトゥスたち (1886)
  4 カテドラル(大聖堂) (1886)
  5 立小便 (1887)
  6 マリアケルケの大きな眺望 (1887)
  7 防波堤 (1887)
  8 ブリュッセルのボン・スクル通り (1887)
  9 胸像 (1887)
  10 悪党たちの争い (1888)
  11 ブリュッセルのアンスパク大通りの家 (1888)
  12 街灯 (1888)
  13 幽霊の現れる家具 (1888)
  14 天使と大天使たちをむち打つ悪魔 (1888)
  15 アカシア (1888)
  16 キメラ (1888)
  17 地下室 (1888)
  18 アウデネルデの市庁舎 (1888)
  19 頭蓋骨と仮面 (1888)
  20 ニューポートの眺望 (1888)
  21 燭台と花びん (1888)
  22 異邦都市の占拠 (1888)
  23 1960年の自画像 (1888)
  24 死んだ父親 (1888)
  25 恐ろしい射手 (1888)
  26 大洪水 (1888)
  27 暗殺 (1888)
  28 オステンド港の眺望 (1888)
  29 オステンド東部の眺望 (1888)
  30 木立ち (1888)
  31 フランダースの農場 (1888)
  32 異常な音楽家たち (1888)
  33 森のはずれの突風 (1888)
  34 グレネンデルの小道 (1888)
  35 陸あげされたボート (1888)
  36 小屋 (1888)
  37 象のいたずら (1888)
  38 突風の中の魔法使い (1888)
  39 小さな怪奇な人物たち (1888)
  40 マリアケルケの小さな家 (1888)
  41 憲兵 (1888)
  42 罪人の皮をはぐ (1888)
  43 肉欲 (1888)
  44 キリストの誘惑 (1888)
  45 愛の庭 (1888)
  46 カエサルの金貨 (1888)
  47 グレネンデルの森 (1888)
  48 蒸汽船 (1889)
  49 スケートをする人々 (1889)
  50 オステンドのヴァン・イセゲム大通り (1889)
  51 骸骨としての自画像 (1889)
  52 レフェンゲの農場 (1889)
  53 オステンドの森の橋 (1889)
  54 雷あらし (1889)
  55 風車の下での村の定期市 (1889)
  56 幽霊 (1889)
  57 ポプラの小池 (1889)
  58 いなかの橋 (1889)
  59 破壊の天使 (1889)
  60 ローマの凱旋式 (1889)
  61 エクトール・ドニの肖像 (1890)
  62 オステンドのフランドル通りの音楽隊 (1890)
  63 スリケンスの風車 (1891)
  64 キリスト、魚をふやし給う (1891)
  65 アウトダフェ(異端者の火刑) (1893)
  66 善き裁判官たち (1894)
  67 小さなボート (1894)
  68 キリストを地獄へ連れていく悪魔たち (1895)
  69 体を暖めている病んだ男 (1895)
  70 私をからかう悪魔たち (1895)
  71 賭博者 (1895)
  72 悪魔によって苦しめられるキリスト (1895)
  73 イペルダムのフリドランとグラガパンサ (1895)
  74 騎士の戦い (1895)
  75 悪い医者 (1895)
  76 暖をとる骸骨たち (1895)
  77 不面目な仮面 (1895)
  78 悪らつな老人たち (1895)
  79 地獄へ降りるキリスト (1895)
  80 人間の群れを狩り出す死 (1896)
  81 道路掃除人 (1896)
  82 争い (1896)
  83 悪党たち (1896)
  84 エルネスト・ルソーのための献立表 (1896)
  85 シャルル・ヴォスのための献立表 (1896)
  86 ナポレオンの別れ (1897)
  87 ホップフロッグの復讐 (1898)
  88 マリアケルケ小景 (1900)
  89 オステンドの漁師 (1900)
  90 怠惰 (1902)
  91 オステンドの屋根 (1903)
  92 怒り (1904)
  93 誇り (1904)
  94 貪欲 (1904)
  95 大食 (1904)
  96 ねたみ (1904)
  97 死によって支配されている恐るべき罪 (1904)
  98 上も下もいたるところ汚染だらけ (1904)
  99 困惑した仮面 (1904)
  100 ラ・パンネの海岸 (1904)



アンソール版画展(1999)3



◆本書より◆


「ジェームズ・アンソールの銅版画」(中島徳博)より:

「兵庫県立近代美術館の所蔵するアンソールの銅版画100点は、アンソールの生涯を通して最も親密な女性であったオーギュスタ・ボーガルツ Mlle Augusta Boogaerts (1870-1950) の所蔵したものである。」
「オーギュスタ・ボーガルツはオステンデの旅館の娘で、アンソールと出会った時は土産物店の店員として働いていた。二人が最初に出会ったのは、1888年アンソールが28歳、ボーガルツが18歳の時のことであった。アンソールは彼女を「シレーヌ」(Sirène)という愛称で呼び、二人は同居することはなかったが、彼女はアンソールの死の間際まで、最も親しいうちとけた友人であり続けたという。
 ボーガルツはアンソールとの結婚を熱望したが、彼の家族の反対によってこの夢は実現できなかったらしい。ギゼール・オランジェ=ザンクは、アンソールはボーガルツを深く愛していながらも、彼自身は彼女との結婚を望んでいなかったのではないかと推察している。(中略)アンソールには強度の女性恐怖症的な傾向があり、二人の愛はあくまでもプラトニックなものにとどまったと考えられるからである。」



アンソール版画展(1999)4












































































『アンソール展』 (1983年)

「1860年4月13日金曜日、ヴィーナスの日に私はオステンドの町に生まれた。ヴィーナスは、私が生を享けたその朝から、私に微笑を投げかけ、私の目をじっとみつめ、私も彼女の目をみつめた。青みがかったというか、緑がかったというか、なんと不思議な目であった事か。(中略)美のヴィーナスは海の泡で体を包み、その体からは芳しき海の香りがただよっていた。」


『仮面と幻想の巨匠
― アンソール展』


制作: 美術出版デザインセンター
発行: 日本テレビ放送網 1983年
226p 
27×23cm 並装
監修: 植村鷹千代/本間正義/松尾隆和
編集: 有川幾夫/中村誠

「追加出品」(投込) 6p


1983年12月10日―1984年1月16日
兵庫県立近代美術館
1984年1月21日―2月19日
神奈川県立近代美術館
1984年2月28日―4月1日
宮城県美術館
1984年4月7日―5月6日
埼玉県立近代美術館



アンソール展(1983)1


ジェームズ・アンソール展図録(1983年)。
出品作227点(うちカラー図版136点/モノクロ図版91点)。
参考図版(モノクロ/カラー)多数。


アンソール展(1983)2


内容:

あいさつ
Ten Geleide

メッセージ (ベルギー・フラマン共同体文化大臣 カレル・ポーマ)
Boodschap (Karel Poma)
メッセージ (フラマン共同体文化省文化交流局局長 ディアーヌ・ヴェルストラーテン)
Boodschap (Diane Verstraeten)
あいさつ (日本テレビ放送網取締役会長/読売新聞社代表取締役社長 小林與三次)
Ter Inleiding (Yosoji Kobayashi)

オステンド市街図

ジェームズ・アンソール (フランク・P・エドボー)
アンソールとその時代 (高階秀爾)
画家アンソール (リディア・M・A・スクーンバルト)
仮面劇の誕生 (西澤信彌)
アンソール――その人生と作品 (末永照和)
19世紀のアンソールと20世紀のアンソール (フランツ・アーツ)
十字架にかけられたアンソールもしくは《栄光》の連作から《キリストのブリュッセル入城》へ (ジゼル・オランジェ=ザンク)
ジェームズ・アンソール――光と自我のおりなす版画 (サビーヌ・バウン=タヴェルニール)
 
カタログ
 油彩
  1 凱旋する馬車 (1877) 
  2 海浜の脱衣小屋 (1877) 
  3 年老いた男の肖像 (1877) 
  4 オステンドの防波堤 (1878) 
  5 裸の少年 (1878) 
  6 小さな家並のある風景 (1878) 
  7 腕を負傷した男 (1878-79) 
  8 画架を前にした自画像 (1879) 
  9 自画像 (1879) 
  10 鼻がそりかえっている女 (1879)
  11 黒人曲芸師を眺める仮面 (1879-89) 
  12 沼地 (1880)
  13 雨のフランドル通り (1880) 
  14 シノワズリーのある静物 (1880)
  15 居酒屋 (1880) 
  16 小さな海景 (1880)
  17 扇を持てる婦人 (1880)
  18 静物 (1880)
  19 嵐のあと (1880) 
  20 《ブルジョワのサロン》のためのエスキース (1880)
  21 青い壜のある静物 (1880)
  22 ウィリー・フィンチの肖像 
  23 雪のヴァン・イゼゲム通り (1881) 
  24 ブルジョワのサロン (1881)
  25 羊毛を梳く人 (1881)
  26 青いショールを掛けた婦人 (1881)
  27 静かなる海 (1881) 
  28 画家ウィリー・フィンチの肖像 (1882)
  29 海辺に憩う3人の人物 (1882) 
  30 牡蠣を食べる女 (1882)
  31 静物 (1882)
  32 牡蠣のある静物 (1882)
  33 酒を飲む人 (1883)
  34 花飾りの帽子をかぶった自画像 (1883)
  35 ブリュッセル市庁舎 (1885)
  36 十字架からの降下 (1886)
  37 オステンドの船だまり (1888)
  38 愛の園 (1888)
  39 森のはずれ (1888-90)
  40 仮面の人ウーズの驚き (1889)
  41 花と蝶 (1889)
  42 仮面にかこまれた老婦人 (1889)
  43 雷に撃たれて墜落する反逆天使 (1889)
  44 刺繍する人 (1890)
  45 タナグラの薔薇 (1890)
  46 壺のある静物 (1890)
  47 画架を前にしたアンソール (1890頃)
  48 嵐を鎮めるキリスト (1891)
  49 善き裁判官たち (1891)
  50 甲殻類を眺める仮面 (1891)
  51 首吊り人の死体を奪い合う骸骨たち (1891)
  52 憲兵たち (1892)
  53 ソフィー・ヨテコと話すエルネスト・ルソー夫妻 (1892)
  54 慰めの聖母マリア (1892)
  55 セイレーンの呼び声 (1893)
  56 亀を眺める仮面 (1894)
  57 鱏
  58 危険な料理人 (1896)
  59 花と野菜 (1896)
  60 アトリエの骸骨画家 (1896)
  61 仮面と死神 (1897)
  62 仮面の中の自画像 (1899)
  63 逮捕されるピエロ (1900)
  64 つつじ (1900頃)
  65 マリアケルクの聖母教会 (1901)
  66 過ぎし日の香り、萎れし花 
  67 オーギュスタ・ボーガルツの肖像(セイレーン) (1905)
  68 シノワズリーのある静物 (1906-07)
  69 ピエロと骸骨 (1907)
  70 花 (1909)
  71 キリストの誘惑 (1913)
  72 死せる母の肖像 (1915)
  73 人形たち (1916)
  74 花と貝殻 (1917)
  75 奇跡の漁 (1917)
  76 青のハーモニー (1917)
  77 花と小像 
  78 幻想的な踊り (1918)
  79 オステンドのカーニヴァル 
  80 フランドルのカーニヴァル (1920)
  81 アンドロメダの掠奪 (1925)
  82 赤キャベツ (1925)
  83 オレンジ・薔薇・シノワズリー 
  84 ニンフの振舞い (1926)
  85 ワルプルギスの夜 (1928)
  86 愚者の粉挽き場 (1931)
  87 ニンフの振舞い (1931)
  88 流れに身を浸す女たち (1931)
  89 愛撫されるプリアポス (1932)
  90 オルガンに向かうアンソール (1933)
  91 フランソワ・ガイヤールの肖像 (1934)
  92 果実と花 (1935)
  93 仮面のある自画像 (1936)
  94 3つの肖像画のある室内 (1938)
  95 オーギュスタ・ボーガルツの肖像 (1938)
 水彩・素描
  96 騎手たち (1877) 
  97 ドーミエの模写 (1878頃) 
  98 カロの模写《馬鹿》 (1878頃) 
  99 食事するひとり者 (1878頃) 
  100 老いた漁師 (1880)
  101 画家ウィリー・フィンチと壜の習作 (1880)
  102 時計 (1880-85)
  103 シルエット (1880)
  104 四気質 (1880)
  105 雲 (1880)
  106 ターナーの模写《日の出》 (1882頃) 
  107 鼻がそりかえっている女 (1882)
  108 身体を暖める病める放浪者 (1882頃)
  109 打ち負かされた賭博師 (1883)
  110 シノワズリー(情景) (1884)
  111 シノワズリー (1885)
  112 ドーミエの模写《水に落ちる釣人》 (1885) 
  113 キリストの死を悼む天使たち (1886)
  114 寺院から商人たちを追い払うキリスト (1886)
  115 死せる父 (1887)
  116 嵐のあと(あるいは)光の創造 (1887)
  117 上もペスト、下もペスト、いたるところペストだらけ (1888)
  118 フルートを吹く骸骨 (1888)
  119 5人のこっけいな人物 (1888)
  120 縫物をする女 (1888)
  121 叔母の像 (1890)
  122 ワーテルローの騎兵たち (1891)
  123 大洪水 (1895頃)
  124 磔刑 (1900)
  125 玉突きをするウェイターとコックたち (1903)
  136 玉突きをするナポレオン (1903)
  127 不運な玉突き (1903)
  128 玉突きをする酔っ払いたち (1903)
  129 玉突きをするルイ14世 (1903)
  130 玉突きをする骸骨たち (1903)
  131 十字架のキリスト (1910)
  132 流れる水 (1913)
  133 死せる母 (1915)
  134 聖母の出現 (1924)
  135 舌 (1928)
  136 壜 (1929)
  137 ドン・キホーテ 
  138 ドン・キホーテ
  139 自画像
  140 兵士と馬 
  141 ドーミエの模写 
  142 マネの模写《アブサンを飲む人》
  143 コンポジション 
  144 模写《2人のアラブ人》 
  145 模写《仮面の女》 
  146 模写《世俗的な集まり》 
  147 模写《提燈》 
  148 自画像
  149 妹ミッチェと人形
  150 装飾--怪獣の頭 
  151 暖をもとめる骸骨
  152 画家の母
  153 オステンドのヴァン・イゼゲム通り
  154 シルエットとグロテスクな人物像 
  155 仮面の配列 
  156 ドン・キホーテ
  157 ふたつの仮面
  158 ふたつの仮面
  159 皿、壜とろうそく立て
  160 2つの頭と紡ぎ車 
  161 馬車とシルエット
  162 二重自画像
  163 つばを吐く男
  164 ドン・キホーテの冒険
  165 シルエット
  166 眠る老婦人
  167 断末魔のキリスト
  168 小屋と砂丘 
 版画
  169 辱めをうけるキリスト (1886)
  170 自画像 (1886)
  171 嵐を鎮めるキリスト (1886)
  172 嵐を鎮めるキリスト (1886)
  173 ダリウス王の便器を検査するイストンとプファマトゥス (1886)
  174 大聖堂(第1作) (1886)
  175 むち打ち (1886)
  176 地獄の行列 (1887)
  177 エルネスト・ルソー (1887)
  178 立小便 (1887)
  179 マリアケルクの遠望 (1887)
  180 街燈 (1888)
  181 幽霊の現われる家具 (1888)
  182 天使と大天使たちをむち打つ悪魔たち (1888)
  183 頭蓋骨と仮面 (1888)
  184 異邦都市の占拠 (1888)
  185 1960年の自画像 (1888)
  186 死せる父 (1888)
  187 恐ろしい射手 (1888)
  188 大洪水 (1888)
  189 暗殺 (1888)
  190 オステンドの船だまり (1888)
  191 奇妙な昆虫 (1888)
  192 森のはずれの突風 (1888)
  193 陸あげされた船 (1888)
  194 突風の中の魔法使いたち (1888)
  195 突風の中の魔法使いたち (1888)
  196 憲兵たち (1888)
  197 淫蕩 (1888)
  198 キリストの誘惑 (1888)
  199 愛の園 (1888)
  200 スケートをする人々 (1889)
  201 オステンドのヴァン・イゼゲム通り (1889)
  202 骸骨としての自画像 (1889)
  203 空理空論の食物 (1889)
  204 オステンドのフランドル通りの音楽隊 (1890)
  205 キリスト、魚をふやし給う (1891)
  206 善き裁判官たち (1894)
  207 小さなボート (1894)
  208 キリストを地獄へ連れていく悪魔たち (1895)
  209 悪魔たちによって苦しめられるキリスト (1895)
  210 イペルダムのグラガパンサとフリドリン (1895)
  211 騎士の戦い (1895)
  212 悪い医者 (1895)
  213 人間の群を狩り出す死 (1896)
  214 ホップ・フロッグの復讐 (1898)
  215 キリストのブリュッセル入城 (1898)
  216 キリストのブリュッセル入城 (1898)
  217 キリストのブリュッセル入城 (1898)
  218 オステンドの海水浴 (1899)
  219 怠惰(《大罪》シリーズ) (1902)
  220 怒り(《大罪》シリーズ) (1904)
  221 高慢(《大罪》シリーズ) (1904)
  222 貪欲(《大罪》シリーズ) (1904)
  223 大食(《大罪》シリーズ) (1904)
  224 妬み (《大罪》シリーズ) (1904)
  225 死によって支配されている恐るべき罪(《大罪》シリーズ) (1904)
  226 上もペスト、下もペスト、いたるところペストだらけ (1904)
 特別出品
  キリストのブリュッセル入城 (1888) 
主要文献
ジェイムズ・アンソール略年譜


アンソール展(1983)6


追加出品 (投込)
 油彩
  1 雪のフランドル通り (1880)
  2 愛の園 (1891) 
  3 物想いにしずむ魚売りの女たち (1892)
  4 オステンドの海岸 (1920)
 素描・水彩
  5 シノワズリー(悪鬼) (1885)
  6 シノワズリー(2人の人物) (1885)
  7 シノワズリー(老婆) 
  8 装飾――ライオンの頭
  9 ストライキ (1888)
  10 パンネの海岸 (1904頃)
  11 天使と大天使たちをむち打つ悪魔たち (1888)


「本展カタログNo. 30《牡蠣を食べる女》及びNo. 62《仮面の中の自画像》は、出品者の都合により展示されません。ご諒承下さい。(主催者)」
「cat. no. 138, 150及び226は所蔵家の都合により不出品となりました。御諒承下さい。」



アンソール展(1983)3



◆本書より◆


「ジェームズ・アンソール」(フランク・P・エドボー)より:

「アンソールの生まれ育ったこの土地の変り易い気候、頻繁に生ずる濃霧、そして波のざわめきは、アンソールの絵画に大きな影響を及ぼしたのである。育った環境という点で忘れていけない事は、不安定な家庭環境と、母の営んでいた骨董品店であろう。店を飾っていた奇妙な品の群。動物の剥製、貝殻、珊瑚、枯れた海洋植物などに加え、海辺用の玩具や、数限りない異国の品物が所狭しと並んでいた。オステンドのカーニヴァルの時期ともなると、仮面も陳列台に置かれた。こうした諸々の物すべてが、アンソールに深い感銘を与え、年老いても、その印象は消え去らなかったのである。」

「ルソー(引用者注: エルネスト・ルソー)の姪、ブランシュ・ルソーは、彼女の幼児期の強い思い出として次のように語っている。
 「アンソールはピアノに向かっていました。それは不思議な曲でした。他のどんな曲にも似ていない変った曲でした。こもったような、又、鈍いような音でした。でも、そのくせ風のように速く、軽い音で、突然強く弾け、騒音となり、悪魔の如くなるのです。少女の私にとって、その音楽は天使の群のようでもあったし、天と地の間に渦を巻く悪魔のようでもあったのです。そして、突然演奏を中断し、ミゼレーレの祈りを、震える声で讃えるのです。大ろうそくに囲まれた棺を前にした、キニク学派の僧の貪欲な声と全く同じ調子で唱えるアンソールの祈りは、暗がりの中、不気味なものでした。私の心は恐怖で凍ってしまい、13歳にして、老婆の心地となってしまいました」。
 オステンドに戻り、彼は屋根裏部屋にアトリエを構えた。屋根裏部屋の小さな窓からは、一方に町全体を臨み、一方に北海を臨む事が出来た。
 アカデミーで負った精神的な傷に加え、やがて、家庭内の問題が彼を苛む事となる。家の中では、けんかが絶えず、時には嵐のような大騒ぎを引き起していた。母親は絶えず夫をののしり、そのつど、アンソールを巻き込み悩ました。叔母は体調がすぐれず、また、妹は好き勝手な行動で家族全員の悩みの種となっていたのである。」

「半世紀にわたり、無理解、冷笑、侮辱の犠牲者であり、いやしい人の群になじられ続けたアンソールは、彼の絵の中で、顰蹙を買う喜びを、しばしば表わしている。」
「アンソールはいう。
 「我々人類は動物に比べて、天使により近い所にいる。しかし神は動物により多くの善を与えたのだ」。
 ミシェル・ド・ゲルデロードは、アンソールの言葉を良く理解し、次のように加えている。
 「アンソールは、人間を決定的に軽蔑し、人間の顔に対して嫌悪感を持ち続けたので、獣以外に愛する対象が見出されなかったのだ」。」



アンソール展(1983)4


「19世紀のアンソールと20世紀のアンソール」(フランツ・アーツ)より:

「カンディンスキーは、1929年、オステンドに住むジェームズ・アンソールを訪れている。
 ジョルジュ・ムーシュは、その備忘録の中で、カンディンスキーのアンソール家訪問の模様を書いている。これはカンディンスキーがムーシュに伝えたものである。
 カンディンスキーはオステンドの町に着くと、早速ホテルのポーターにアンソールの居所をたずねた。ポーターはアンソールという名を知らなかったようなので、発音を変え、フランス語風、英語風の発音でその名をいったが、それも無駄であった。しかし、一呼吸おいてポーターは叫んだ。
 「例の中国人の義理の兄でしょう」。
 「いや違う。私が探している男は世界的に有名な画家で、誰だか知らないがその例の中国人の義兄なんかではない」。
 こういって去りかけると、ポーターは走り寄ってきて、かくかくしかじかとカンディンスキーに説明した。すなわち、彼の妹がかつて中国人と結婚したこと、今彼は、土産品や貝殻でショー・ウィンドーが一杯の店に住んでいるはずだと、家の様子を詳しく説明したのである。
 カンディンスキーと彼の妻は、数分探しただけで、目的の家へ着く事が出来た。彼らは店に入り、そこに居た老婆にアンソールへの取り次ぎを頼んだ。この老婆はとても無口で、ただ黙っているだけだった。そこでカンディンスキーはいった。
 「私はカンディンスキーという者です。オステンドにはジェームズ・アンソールに会う目的でやってきました。アンソール同様、私も画家です。私はアンソールを非常に尊敬している者で、彼に会わずしてこの町を去らなくてはならない事になったら残念な事です。ジェームズ・アンソールに、私がここに居るという事を伝えて下さい。勿論、彼は私の事を知っていますし、ここで私が待っている事を知ったら、必ず会ってくれるはずです」。
 老婆は、しばし、ためらった後、口を開いた。
 「ジェームズはここに住んでいます。でも、今は外に出ています。それに、一言いって置きますが、彼は訪問者を決して家には招き入れませんよ。いずれにしても、この時間ですと、こんな良い天気の時は浜辺に居るはずですよ」。
 カンディンスキーは、すぐさま、浜辺に向かい、注意深い目で彼の姿を探したが、その姿は見当らなかった。多分、入れ違いでアトリエに戻ったのだろうと判断し、店に戻ると、例の老婆に声をかけられた。
 「兄があなたを待っています」。」
「型通りのあいさつが済んだあと、カンディンスキーは、ホテルのポーターが、画家アンソールの住居を知らなかったばかりでなく、アンソールが誰なのかすらも知らなかったと、その日の出来事を話した。オステンドの人々は偉大な画家カンディンスキーの事すら知らないとアンソールは答えた。そして、カンディンスキーの来訪をとても喜んでいるとつけ加えた。カンディンスキーもまた、アンソールをこうして訪問出切る事をとても喜んでいると答えた。
 やがてアンソールは、彼の心の内を打ちあけた。
 「オステンドの人達はまだ分ってないが、すぐ分るようになるよ。近い将来、彼らは驚き、自分達の馬鹿さ加減に気がつくだろう。中国人の義理の兄貴だって! もう充分だ! 近い将来、彼らにも分る日がくるし、その時恥しい思いをするに決まっている。私の事を知らないって……。私だってオステンドの人間を誰も知らないんだから。“アンソールはデッサン能力がない。”“あなたに今お願いする事はありません。”なんて事は今にいわなくなるだろう。私のつくった曲があるのですが、オルガンであなたにお聞かせしても構いませんか。下らないうわさ話の事を考えると神経が昂ぶるのです。こんな事は早く終りにしなくちゃいけない。この絵をごらんなさい。《キリストのブリュッセル入城》です。ある評論家は、この絵のすべての部分が駄目だといってましたよ。人々は口を開けば、“アンソールにはデッサン能力がない”といってるのだから……」。
 そして、アンソールはオルガンを奏でる。演奏後、カンディンスキーは、作曲と演奏の素晴らしさに対し称讃の言葉をかけるのであった。アンソールは立ち上がり、伸びをし、アトリエの中を歩き始める。そして、チョッキのボタンの間に右手人差し指を差し込みながらいう。
 「カンディンスキー、他人にいうのはこれが初めてだが、あなたに伝えよう。何故なら、ここで起っていた事を予期していたかのように、まさに来るべき時にあなたはやって来たのだから」。
 アンソールはテーブルの上から1枚の手紙を手に取り、読み終えてからカンディンスキーに手渡した。ベルギー国王が画家ジェームズ・アンソールに男爵の位を授けたという内容の手紙であった。「ジェームズ・アンソール男爵」と彼は何度も繰り返しつぶやいていた。」
「やがて、カンディンスキーが暇乞いを告げると、アンソールは彼をひき留め、デッサン用のテーブルに向かい、そこに座った。そして、紙と鉛筆を取り出し、貝殻1つをデッサンしたのである。カンディンスキーは注意深く見つめ、そしていった。
 「見事だ。見事なデッサンだ。まさに幻想的だ」。
 アンソールは立ち上がり、彼らを見送る。そして、階段を下りる途中、上の方でアンソールが何度となくつぶやいていたのを、カンディンスキーは聞いている。
 「見事だ、そう彼はいった。彼は絵を分かっている人間だ。その彼がいったんだ。見事だ。見事だと」。」



アンソール展(1983)7























































































『アンソール版画展』 (2001年)

「彼の線は、つねに洗練されているが、過剰であることもあれば、逆に簡素であることもある。情報の伝達力という点では十分でないこともあるが、感情はつねに横溢している。だから「正確な線」はアンソールにとって、憎むべきものである。
 「正確な線には、崇高な感情を喚起する力がありません。どんな犠牲も深遠な調和もなしに生み出せるからです。まさに天才とは相容れないものであって、情熱、不安、争い、苦しみ、歓喜といった美しく偉大な感情をいっさい表わすこともできなければ、決然たる風情ももっていません。そんな線の勝利など馬鹿げたことです。それは、浅薄で狭隘な精神の持主に支持されているにすぎず、実に女々しいものなのです」。」

(パトリック・フロリゾーヌ 「アンソールの版画における技法と色彩」 より)


『アンソール版画展』
James Ensor, graveur


制作: コギト/発行: マンゴスティン 2001年
174p 
25×20cm 角背紙装上製本
監修: 福満葉子
翻訳: 福満葉子/ジュリアン・ジュノー
編集: 永山多貴子/江尻潔/曽根広美
デザイン: 笠原香苗


東京ステーションギャラリー
2001年7月11日―8月12日
足利市立美術館
2001年8月18日―10月8日
茨城県つくば美術館
2001年10月20日―11月18日
郡山市立美術館
2001年11月23日―12月24日



ジェームズ・アンソール版画展図録、ハードカバー、2001年。
出品作図版(モノクロ/カラー)175点。
参考図版(モノクロ/カラー)多数。


アンソール版画展(2001)1


内容:

Avant-propos (Les Organisateurs)
ごあいさつ (主催者)

アンソールの版画における技法と色彩 (パトリック・フロリゾーヌ)
アンソール芸術の特質 (舟木力英)

カタログ (構成/章・作品解説: 福満葉子)
 I 自画像
  1 自画像 (1886)
  2 1960年の自画像 (1888)
  3 骸骨になった私 (1889)
  4 私を悩ませる悪魔たち (1895)
 II 肖像・静物
  5 スウェーデンの植物学者フリーゼ (1886)
  6 エルネスト・ルソー (1887)
  7 眠る女 (1887)
  8 死せる父 (1888)
  9 奇妙な昆虫たち (1888)
  10 奇妙な昆虫たち (1888)
  11 奇妙な肖像 (1888)
  12 エクトール・ドニの肖像 (1890)
  13 イペルダムのフリドランとグラガパンザ (1895)
  14 胸像 (1887)
  15 頭蓋骨と仮面 (1888)
  16 燭台と花瓶 (1888)
 III 風景・海景・街路・建築物
  17 果樹園 (1886)
  18 マリアケルクの眺望 (1887)
  19 マリアケルクの眺望 (1887) カラー
  20 マリアケルク小景 (1887)
  21 マリアケルク小景 (1887)
  22 マリアケルク小景(第2作) (1900)
  23 アカシア (1888)
  24 オーステンドの森のはずれ (1888)
  25 ニューポートの眺望 (1888)
  26 狩人 (1888)
  27 木立 (1888)
  28 フランデレン地方の農場 (1888)
  29 森はずれの突風 (1888)
  30 フルーネンダールの小道 (1888)
  31 苫屋 (1888)
  32 マリアケルクの小さな家 (1888)
  33 墓地の星空 (1888)
  34 フルーネンダールの森 (1888)
  35 レフィンヘの農場 (1889)
  36 オーステンドの森の橋 (1889)
  37 オーステンドの森の橋 (1889) カラー
  38 嵐 (1889)
  39 マリアケルクの風車 (1889)
  40 風車の下の村祭り (1889)
  41 ポプラ木立のある沼 (1889)
  42 田舎の橋 (1889)
  43 スリケンスの風車 (1891)
  44 防波堤 (1887)
  45 オーステンド港の眺望 (1888)
  46 オーステンド港の眺望 (1888) カラー
  47 オーステンド東部の眺望 (1888)
  48 漁船 (1888)
  49 漁船 (1888) カラー
  50 オーステンドのドック (1888)
  51 オーステンドのドック (1888) カラー
  52 陸揚げされた小舟 (1888)
  53 蒸気船 (1889)
  54 小舟 (1894)
  55 小舟 (1894) カラー
  56 ラ・パンヌの海岸 (1904)
  57 ブリュッセルのボン・スクール通り (1887)
  58 アンスパック大通りの家 (1888)
  59 街灯 (1888)
  60 オーステンドのファン・イーセヘム大通り (1889)
  61 オーステンドのフランデレン通りの音楽隊 (1890)
  62 オーステンドの屋根 (1903)
  63 壁に映る影 (1933)
  64 地下納骨堂 (1888)
  65 アウデナルドの市庁舎 (1888)
 IV 宗教主題
  66 マグダラのマリア (1887)
  67 辱めを受けるキリスト (1886)
  68 辱めを受けるキリスト (1886) カラー
  69 嵐を鎮めるキリスト (1886)
  70 舟の上のキリスト (1898)
  71 鞭打ち (1886)
  72 羊飼いの礼拝 (1888)
  73 キリストの誘惑 (1888)
  74 貢の銭 (1888)
  75 貢の銭 (1888) カラー
  76 キリスト、魚を増やし給う (1891)
  77 キリスト、魚を増やし給う (1891) カラー
  78 キリストを冥府に導く悪魔ズィッツとイアノックス (1895)
  79 悪魔に苦しめられるキリスト (1895)
  80 キリストと物乞いたち (1895)
  81 キリストの冥府下り (1895)
  82 キリストのブリュッセル入城 (1898)
 V 幻想とグロテスク
  83 ダリウス王の使を検査するイストンとプファマトゥス (1886)
  84 大聖堂 (1886) カラー
  85 大聖堂 (1886) カラー
  86 大聖堂(第2作) (1896)
  87 百鬼夜行 (1886)
  88 立小便 (1887)
  89 幽霊の取り憑いた家具 (1888)
  90 キマイラ (1888)
  91 キマイラ (1888) カラー
  92 天使と大天使たちを懲らしめる悪魔たち (1888)
  93 天使と大天使たちを懲らしめる悪魔たち (1888) カラー
  94 奇妙なとしぶの占拠 (1888)
  95 恐ろしい射手 (1888)
  96 大災厄 (1888)
  97 大災厄 (1888) カラー
  98 象のいたずら (1888)
  99 象のいたずら (1888) カラー
  100 突風の中の魔法使い (1888)
  101 奇妙な音楽家たち (1888)
  102 暗殺 (1888)
  103 皮剥ぎ (1888)
  104 幻影 (1889)
  105 奇妙な舞踏会 (1889)
  106 殺戮の天使 (1889)
  107 火刑 (1893)
  108 暖を取ろうとする骸骨たち (1895)
  109 暖を取ろうとする骸骨たち (1895) カラー
  110 怒れる仮面 (1895)
  111 怒れる仮面 (1895) カラー
  112 人間の群れを狩り出す死 (1896)
  113 ペスト王 (1895)
  114 ペスト王 (1895) カラー
  115 ホップ・フロッグの復讐 (1898)
  116 王妃パリサティス (1899)
  117 王妃パリサティス (1899) カラー
  118 当惑した仮面 (1904)
  119 レディ・ゴディヴァ (1933)
  120 『七つの大罪』 淫欲 (1988)
  121 『七つの大罪』 淫欲 (1988) カラー
  122 『七つの大罪』 怠惰 (1902) 
  123 『七つの大罪』 怠惰 (1902) カラー
  124 『七つの大罪』 憤怒 (1904)
  125 『七つの大罪』 憤怒 (1904) カラー
  126 『七つの大罪』 傲慢 (1904)
  127 『七つの大罪』 傲慢 (1904) カラー
  128 『七つの大罪』 貪欲 (1904)
  129 『七つの大罪』 貪欲 (1904) カラー
  130 『七つの大罪』 大食 (1904)
  131 『七つの大罪』 大食 (1904) カラー
  132 『七つの大罪』 嫉妬 (1904)
  133 『七つの大罪』 嫉妬 (1904) カラー
  134 死によって支配されている七つの大罪 (1904)
  135 死によって支配されている七つの大罪 (1904) カラー
 VI 諷刺・風俗・歴史など
  136 憲兵たち (1888)
  137 憲兵たち (1888) カラー
  138 純理派の食糧供給(第1作) (1889)
  139 純理派の食糧提供(第2作) (1889) 
  140 19世紀のベルギー (1889)
  141 善き裁判官たち (1894)
  142 悪しき医者たち (1895)
  143 好色な年寄りたち (1895) カラー
  144 上も下もいたるところペストだらけ (1904)
  145 愛の園 (1888) カラー
  146 愛の園 (1888) カラー
  147 公園の集い (1891)
  148 スケートをする人々 (1889)
  149 ならず者デジールとリソレの喧嘩 (1888)
  150 暖を取る病気の浮浪者 (1895)
  151 屎尿掃除夫 (1896)
  152 諍い (1896)
  153 ごろつきたち (1896)
  154 オーステンドの漁師 (1900)
  155 オーステンドの漁師 (1900) カラー
  156 賭博師たち (1895)
  157 オーステンドの海水浴場 (1898)
  158 ヒステルの行列 (1934)
  159 ローマ軍の凱旋式 (1890-91)
  160 ローマ軍の凱旋式 (1890-91) カラー
  161 黄金の拍車の戦い (1895)
  162 ナポレオンの別れ (1896)
  163 エルネスト・ルソーのためのメニュー (1896)
  164 シャルル・ヴォスのための献立表 (1896)
  165 シャルル・ヴォスのための献立表 (1896) カラー
  166 悪魔と風車 (1934)
 VII リトグラフ
  167 仮面の決闘 (1921) カラー
  168 ワルツ (1921) カラー
  169 仮面利 (1922)
  170 鼻 (1923) カラー
  171 光の勝利 (1927) カラー
  172 版画集 『キリストの生涯』 (1921刊行) カラー
   口絵
   受胎告知
   東方三博士の礼拝 (1913)
   ベツレヘムの幼児虐殺 (1913)
   エジプトへの逃避 
   聖家族
   キリストの割礼 (1919)
   キリストの洗礼
   キリストと律法学者
   貢の銭 (1920)
   子どもたちを祝福するキリスト
   悪魔憑きから悪魔を祓うキリスト
   嵐を鎮めるキリスト
   奇跡の漁り
   海の上を歩くキリスト
   キリストのエルサレム入城
   最後の晩餐
   ユダの接吻
   嘲弄されるキリスト
   キリストと批評家たち
   鞭打ち
   十字架を担うキリスト (1917) 
   キリスト昇架 (1913)
   キリストとふたりの盗人
   十字架降下
   ゴルゴタの丘からの帰還
   悲しみの聖母
   死せるキリストと天使たち
   キリストの昇天
   聖霊降臨 (1919?)
   聖母被昇天
   天使たちに祝福される聖母マリア (1913)
  175 版画集 『愛の調べ』 (1929刊行) カラー
   ブリュトンヌ (1911)
   グロニュレ 
   ミアミア 
   女乞食
   フィフルラン
   楽士たち (1911)
   長鼻のピチュイトン (1910?)
   コリロプシス (1911)
   エリオ (1911)
   ミュルミュラミス (1912)
   グリマセ、クラコ=シガレ、ガルグイイ、カフルス、パナシェ、サンソネ、スムフェル (1918?)
   ポポフィーグ/ジェルミナ (1912)
   ピュエリラとポレン (1912)
   楽士たち II 
   花火
   貝殻たち
   リュミニスム、キュビスム、版画 (1912)
   樅、ニュルンベルクの家、ラケット (1911)
   悪魔、おもちゃの兵隊、人形 (1912)
   シンバル奏者 (1917)
  174 「サロン・デ・サン」における個展のためのポスター (1898) カラー
  175 オーステンドのカーニヴァルのためのポスター (1931) カラー

Technique et couleur dans l'oeuvre graphique de James Ensor (Patrick Florizoone)
略年譜
技法解説
参考文献



アンソール版画展(2001)4



◆本書より◆


アンソール版画展(2001)2


「私は26歳でした。すでに《ランプ掃除の少年》《牡蠣を食う女》《ブルジョワのサロン》《化粧する子どもたち》、海景、仮面、肖像を描いていました。素描の〈キリストの栄光、あるいは光の感受性〉も、オーステンドの人々も描いておりました。
 でも、何かが足りませんでした。
 後世に生き残りたい、という考えが私に取り憑いて離れなかったのです。油絵の画材は、劣化しやすいことが気がかりでした。油絵の脆弱さが心配でなりませんでした。それに悪しき修復や、質の悪い複製の問題もあります。
 そう、私は未来の人類に、作品をとおして語り続けたかったのです。生き残りたい、と思った時に思い当たったのが、丈夫な銅板や変質しにくいインク、複製が容易なことや、同じものを複数生み出す忠実な刷りでした。私が表現手段としてエッチングを始めたのは、そういう訳があったのです。
 1886年、私は、豊かな光に溢れた海の景色を銅板に刻みました。金褐色の大雲の下を美しい線が快く踊り、変更や修正など全く必要ありません。私はすっかり嬉しくなり、この喜びを表現するために大聖堂や私の勝利やおかしな悪魔たちや意地悪な仮面たちを銅板に刻んでゆきました。版画の女神のおかげで、色彩ともゆったりとした気持ちで向き合うことができるようになりました。そして、みずみずしさと純粋さを取り戻した色彩は、再び私の心を捉えるようになったのです。

オーステンドにて、1934年11月
ジェイムズ・アンソール」



アンソール版画展(2001)3


「33 墓地の星空

サルファチントとは、暖めた版の上に硫黄をのせて燃やし、銅版を直接腐蝕して独特のマティエールを得る版画技法。腐蝕の調整が難しいため、予期しない結果が生じることも多い。この作品も、もともとは滑稽な人物を描いた作品だったが、腐蝕が強すぎて版全体に夜空の星のような斑点が生じてしまった。しかしアンソールはこの失敗を逆に利用し、ドライポイントで墓石を加筆して幻想的な星空のしたの墓地風景に変貌させたのである。」



アンソール版画展(2001)5






























































Becks-Malorny 『James Ensor 1860-1949: Masks, Death, and the Sea』

「For me as well, art is born of pain and except in rare instances my life is bound up with bitterness and disillusions.」
(James Ensor)


Ulrike Becks-Malorny
『James Ensor 1860-1949:
Masks, Death, and the Sea』


Taschen, 2006 (original edition, 1999)
95pp, 23x18.5cm, paperback



タッシェン画家別モノグラフィー・シリーズのウルリケ・ベックス=マローニー著「ジェイムズ・アンソール――仮面、死、そして海」の新装版です。日本語版(2002年)も出ています。
並装(フランス表紙)、本文中図版(カラー/モノクロ)多数。


ensor becks-malorny1


Content:

Outsider and Loner
Between Realism and Imagination
Parade of the Masses
Behind the Mask
Hareng Saur - Satire and Caricature
Baron Ensor - Late Fame

Life and Work



ensor becks-malorny2


ensor becks-malorny3



◆本書より◆


「Outsider and Loner」より:

「As a boy Ensor was not a good student, showing talent only for drawing and painting. His father recognized his son's gifts and arranged for him to begin lessons, at age eleven, with two local artists.」

(よい子ではなかったがアンソールには絵の才能があったので、父親は十一歳のアンソールに地元の画家のレッスンを受けさせた。)

「( . . . ) at age seventeen, Ensor enrolled at the Académie Royale des Beaux-Arts in Brussels. He took courses in drawing from antique casts and in painting from nature. But the dry conventional instruction piqued and discouraged him. "I was forced," Ensor later wrote, "to paint from a colorless plaster cast a bust of Octavian, the grandest of all Caesars. This plaster got my goat. I painted it a pink, chicken-meat color and the hair reddish yellow, to the amusement of the students - an amusement that brought furrowed brows and harrassment in its wake. Finally the irate professors capitulated in face of my audacity. From that point on they let me go my own way, and I was able to paint from live models."」

(十七歳のときにブリュッセルの美術アカデミーに入会するも、旧弊な指導にいや気がさしたアンソールは石膏像デッサンをピンクやオレンジ色に塗って気晴らしをして教授たちの不興を買い、いやがらせを受けたが、アンソールは屈服せず、自由にふるまった。)

「Ensor immersed himself in Romantic literature and waxed enthusiastic over the fantastic tales of Edgar Allan Poe.」

(アンソールはロマン主義文学に耽溺し、エドガー・アラン・ポーの幻想譚に熱中した。)


「Between Realism and Imagination」より:

「Gradually but continually Ensor turned away from a realistic, objective view of the world and towards a realm of the imaginary and fantastic. Obsessions and anxieties apparently played just as great a role in this development as Ensor's penchant for mystifying things and events. As his art developed, he increasingly blended reality with dream, lent everyday useful objects threatening and demonical traits, enlivened his scenes with grotesque figures, grimacing faces, masks, uncanny apparitions.
 Many art historians who deal with Ensor have interpreted this as reflecting the artist's insecure, mistrustful personality. A key piece of evidence in their case is a childhood experience Ensor himself described as crucial, and to which he repeatedly reffered in his letters and writings. ( . . . ) "One night, as I lay in my room with the light on and windows wide open on the ocean, a big sea bird, attracted by the light, came swooping down in front of me and crashed to the floor, hitting my cradle as it fell. An unforgettable impression, insane, terrible. I can still see that horrible apparition and feel the impact of that strange black bird."」


(アンソールの関心は想像や幻想の領域に向い、現実と夢を混ぜ合わせるようになる。)
(「ある夜、部屋の明かりをつけたまま窓を開け放していたら大きな海鳥が入ってきて私が寝かされていた揺り籠をかすめて床に衝突した。その異様な黒鳥のきちがいじみておそろしい印象はいまでも忘れられない。」)

「According to many of his contemporaries, Ensor's character was dominated by irascibility and uncontrolled outbreaks. He could become unexpectedly aggressive, only to fall silent for days on end.」

(アンソールは怒りっぽくて癇癪を起こしやすい性格だった。突然攻撃的になるかとおもうと、何日も無言でいたりした。)


「Parade of the Masses」より:

「Biblical themes played a great part in Ensor's work from the beginning. The figure of Christ was of special significance, for in a sense Ensor identified with him.」

(聖書の主題をしばしば作品に取り入れたアンソールは、宗教的人間ではなかったが、迫害されはりつけにされるキリストの姿に自分自身を重ね合わせていたのかもしれない。)

「Ensor's statements are at times extremely cryptic, frequently ironic or sarcastic in tone, and sometimes self-contradictory in every respect.」

(アンソールのいうことは不可解で、皮肉な調子を帯び、まったく矛盾したことをいったりした。)

「Yet in person, the impression he made was apparently that of an unapproachable, almost arrogant man, as is so often the case with people who are inveterately shy.」

(アンソールの人柄は、取り付く島がない傲慢な印象を与えるものだったが、それはとてつもなく人見知りな人物にはよくあることなのだ。)

「All of these distorted figures - long-nosed or sheep's faces, jeering burghers, and maliciously grinning masks - are autobiographical to the extent that they convey Ensor's anger and disappointment at a town and its populace that not only did not understand him but scoffed and joked about him. The art colleagues who declined to exhibit his pictures, the family who considered his work nothing but a waste of time, the art critics who ignored or derided him, the good citizens of Ostend who thought him crazy - all of them are present in the picture.」

(これらのゆがんだ人物像、あざ笑う民衆、悪意に満ちた笑みをうかべる仮面たちは、彼を理解しようとしないだけでなく、彼をあざけり、笑いものにしようとした世間の人々へのアンソールの瞋恚と絶望の表明であるという点で自伝的なものだ。彼の絵を展示することを拒んだ美術仲間たち、彼の作品を無用の長物と断じた家族たち、彼を無視し冷笑した美術評論家たち、彼をきちがい扱いしたオステンドの善男善女たちが、この絵に聚斂されているのだ。)


「Behind the Mask」より:

「But Carnival not only represents a welcome break from the daily monotony, a brief, enjoyable diversion. At the same time - and particularly with regard to Ensor - Carnival stands for an alternative world, an anarchistic world in which "real" social and political circumstances are turned upside down, taken ad absurdum, made to look ridiculous.」

(カーニヴァルはたんに日常の単調さを破るひとときの気晴らしなのではない。アンソールにとってカーニヴァルは、「リアル」の社会をひっくり返してコケにするオルタナティヴでアナーキーな逆さまの世界に他ならなかった。)


「Hareng Saur - Satire and Caricature」より:

「Ensor suffered, whether he was painting or not. To the critic Dujardin he wrote, "For me as well, art is born of pain and except in rare instances my life is bound up with bitterness and disillusions."」

(アンソールは絵を描いているときもそうでないときも精神的に苦しめられ追い詰められていた。「私にとって芸術は苦痛から生まれるもので、私の人生はごくまれな例外的瞬間を除いて苦渋と幻滅とで縒り上げられているのです。」)


ensor becks-malorny4



ensor becks-malorny5




























































































































































プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本