島尾伸三 『星の棲む島』

「今の私は、こう祈るしかありません。
 「地獄へ落ちる私を捨てて、救うべき人に手を差しのべて下さい」」

(島尾伸三 『星の棲む島』 より)


島尾伸三 
『星の棲む島』


岩波書店 
1998年3月16日 第1刷発行
252p 
18.6×13.4cm 
丸背紙装上製本 カバー 
定価2,000円+税
装画・挿画・題字: 逆柱いみり



奄美大島での少年時代を綴った、『月の家族』続編。
逆柱いみり氏によるフルページ挿画13点&カット。


島尾伸三 星の棲む島 01


帯文:

「アメリカが輝いていた奄美、
禁断の果実があふれた、
悪ガキの楽園だった。」



帯裏:

「「人(星)はいつの時代も残酷で、子ども(小さな星)も同じです。子どもが可愛いなんていうおとなは神経が麻痺しているにちがいありません。私は殺してやりたいと思った先生がいっぱいいました。でも、子どもの時にかなり復讐を済ませてあるので、そんなこと、どーでもよくなっているのです。私が殺したいと思ったのは先生ではなくて、意地悪で欲張りが主導権を持つ、社会の仕組みだったのかもしれません」(あとがきより)」


カバーそで文:

「アメリカの配給物資が溢れ、
手つかずの自然に囲まれ、
戦争の惨禍が生々しかった頃の奄美。
子どもたちは禁断の果実を貪っていた。
シンゾ少年は、「死の棘」に満ちた家庭を飛び出し、
アメリカ人伝道師の教えに背き、
放火、こそ泥、ノゾキ、打ち壊しのやりたい放題。
少年少女群像を描いた書き下ろし回想短篇集。」



島尾伸三 星の棲む島 02


目次:

第一話 ヤマトッチュに分類されて
第二話 自由児ケーン
第三話 長寿のヒーシャ
第四話 ヤギ刈り
第五話 叫ぶ合唱隊
第六話 ナイスジャガなー
第七話 ガッパイ、ガッパイ、ガッパイ
第八話 今どき、そんなシマグチする人は、おらんヨー
第九話 音痴なミュージック・サイレン
第十話 クレパスとクレヨンと
第十一話 燃えろ! 燃えろ!
第十二話 ミルク飲み人形
第十三話 不発弾処理
あとがき――星の棲む島



島尾伸三 星の棲む島 04



◆本書より◆


「首から下げる飾りのように、鎖のついた親指ほどの小さなメダルにマリアや聖人たちを刻んだのが「メダイ」です。数珠のようで、それよりも珠の数が多くてマリアの祈りを繰り返す時に使う「ロザリオ」。おばあさんたちは「コンタツ」と言っていました。長崎の信者が迫害を避けるために顔を隠してミサに出掛けたのが起源だという女性が被る薄いレースの「ベール」は、日本のカトリックが生んだ美しい習慣だということです。
 グレゴリオ聖歌や中世ヨーロッパで生まれたラテン語の歌がたくさん載っている『カトリック聖歌集』といった、祈りに必要な一揃いの入ったミサ袋を腕にかけ、太ってゆっくり大股でしっかりとした足どりで歩く、マリアおばさんはシャー(下)に住んでいました。
 彼女は勇敢にも、戦争の時代にも同じ恰好でミサへ出掛けるのを止めなかったのだそうで、ミサへ行く途中の道で待ち伏せしていた警官に突き飛ばされたり、憲兵にマリアの像が刻まれてたメダイを引きちぎられたり、女としての辱めを受けそうになったり、住まいを荒らされ家を壊されたりまでしたけれど、信仰を捨てずに、教会へ通い続けたということでした。
 それをナジェの誰もが知っていて、憧れと尊敬の的でした。しかも、彼女は、尊敬されると尊敬され続けるために費やす努力でおかしくなってしまう人がほとんどなのに、変わらぬ態度でした。聖女になろうとしない聖女だと思います。その戦争の時代にカトリック教会の経営していた女子高校は取り上げられ、その経緯は知りませんが、戦後五十年経った今も返還されないままです。そして、神父たちは追放されたのです。」
「まるで天草の隠れキリシタンのような十年だったようで、その日本政府の野蛮な行いの話は、空襲やナジェに設置されたアメリカ合衆国軍政府の話に、サンドイッチされて登場するのでした。」
「聖女になろうとしない聖女は、私の記憶の中のナジェの町に沢山います。一本の足が曲がっている小さな体格の修道女テレジア、口を開いたことがないのではないかと思われる貧しい服装の一人暮らしのおばさん、学校給食をブタの餌にするために肥樽(こえだる)に運ぶおばさん……と、次々に思いだせます。見守る人もなく彼女たちはとっくに死んでしまっていて、輝く星くずの一つになっているのかもしれません。」

「シマは、アメリカ合衆国という国の人から、殺されたり、救われたり、大切にされたりと、どう考えてよいのか分からない扱いを受けていたのです。あるいは、国という大袈裟な規模で考えるから、そんな具合にまとまりのつかないことになるので、シマのフッシュ(おじいさん)や、アンマ(おばあさん)のように、世界が個人的なつながりだけでできていると考えるなら、そんな矛盾は生じないのかもしれません。」



島尾伸三 星の棲む島 03


「ケーン」は兄と二人きりで暮らしている自由人だ。シンゾも自分勝手な両親の元を離れて妹のマーヤと二人きりで暮したいと思う。






















































































スポンサーサイト

逆柱いみり 『ノドの迷路』

「デニッシュ生地のパンの中に
酢飯とウニか…」

(逆柱いみり 『ノドの迷路』 より)


逆柱いみり 
『ノドの迷路』


青林工藝舎
2016年7月30日初版第1刷発行
183p 
A5判 並装 カバー
定価1,200円+税
装幀: 渋井史生(PANKEY)



honto で予約しておいた、逆柱いみり氏の最新単行本が届いたのでよんでみました。
わたしは古い本しかよまないので、新作を予約してまで購入したりする作家は逆柱さんとジム・ウードリングさんだけであります。


逆柱いみり ノドの迷路 01


目次:

ノドの迷路
解説 (三木聡)

初出:
「アックス」 VOL. 94~VOL. 100 (2013年8月31日~2014年8月31日発行)
WEBアックス「放電横丁」 (2013年9月25日~2016年2月25日更新)



逆柱いみり ノドの迷路 02


カバーをはずしてみた。



◆感想◆

わたしがすきな逆柱作品は『馬馬虎虎』は別格として、なんといっても主人公のアンヌ(女工さん)が大活躍する『はたらくカッパ』です。それゆえエロ要素アリの『赤タイツ男』やBL要素アリの『空の巻き貝』にはささやかな拒絶反応をおぼえつつ堪能しましたが、本作は前作『空の巻き貝』同様の、二少年を主人公にした幻想おつかい冒険物語らしいので、やや引きましたが、『はたらくカッパ』ではアンヌのお父さんが奇病にかかってケキャール人になってしまったように、本作では二少年の一人が口の中に虫の町ができノドに虫の迷路ができてしまう奇病にかかって保健室で治療してもらったところ怪物(怪人)になってしまう話なので、引き込まれました。そうです、「ノドの迷路」の「ノド」とは「咽喉」のことで、エデンの東にあるというノドの地のことではないようです。が、ほんとうのところはわかりません。ノドの地の「ノド」は「流離」という意味だそうです。さらにいうと二少年がさまよい歩く(流離する)謎の町が「ノドの迷路」つまり少年のノドにできた迷路であって、少年の体の中に少年自身とその連れの少年が入り込んでしまう入れ子構造なのかとおもったらそうではないようでもあるし、やはりそうなのかもしれないし、よくわかりません。二人の少年がカインとアベルなのかどうかもまた然り。
さて、この怪物は『MONSTER』の絵本にでてくる怪物にちょっと似てますが、そのへんに置いてある観葉植物の葉っぱとかいろんなものを食べます。あまり人っぽくない人(じつは猫)も食べようとするので連れの少年に「人喰いは犯罪だっ」と止められてしまいますが、あとで別の人(猫ではない人)を食べています。このなんでも食べちゃう性質がハッピーエンド(?)に至る複線になっているあたりはなかなか用意周到です。
二人連れのおつかい冒険物語といえば、『はたらくカッパ』もそうですが、最初の単行本『象魚』所収の、影の上しか歩かない友だちといっしょに帰宅した思い出を描いた「影」とか、病院に行くために学校を早退したけれど一つ目ウサギと町を歩き回ってしまう「金魚」とか、『ネコカッパ』所収「クルマってえやつを見に行くのさ」等に、すでにそのプロトタイプがありましたが(ついでにいうと本作には『ネコカッパ』所収「岩助劇場」でおなじみの岩助さんも登場します。乗り物にのって妙な場所をひたすら走りぬける『馬馬虎虎』所収「道楽者の海」テーマももちろん再現されています)、乱歩が愛した村山槐多の「二少年図」とか宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』とか、つげ義春の二人連れ旅行漫画とか『ねこぢるまんじゅう』、ついでにドン・キホーテとサンチョ・パンサとかトウィードルダムとトウィードルディーとかブッチ・キャシディとサンダンス・キッドとかを微妙に連想しつつ、やはりわたしはじぶんが友だちがいないせいか、「アメリカ」(『馬馬虎虎』所収)のような単独行動ものがしっくりくるなーと思わざるをえないものの、結局のところ、三人になると弁証法的に人間社会が発生してしまいますが、反社会的なあり方という意味では二人でいるのも一人でいるのと同じことだ、というか二人になると二倍に一人になるのだといってもよいです。
つげ義春といえば、本書にでてくる「先生!手術をしてくださいっ」とか迷路のようなビルとか眼科の看板とかは「ねじ式」の、「ひやうっ ちべたい」は「コマツ岬の生活」の引用というか引喩ですが(ついでにいうと楳図かずお風タッチの老夫婦との出会いのエピソードなどはなかなか感動的です)、しかし引用だのオマージュだのパクリだのそんなことはどうでもよいほど逆柱いみり作品はオリジナルです、というか、そもそもオリジナリティとは妄想や夢や集合的無意識の別名なのであります。
うっかり心理学用語を持ち出してしまいましたが、いたるところに「説教室」や「反省室」がある抑圧的な学校生活によって培われた少年の心の闇という怪物が、海=自然に回帰/沈潜することによって治癒されるサイコセラピー(タラソセラピー)まんがとして本書をよむのもどうかとおもうので、このへんでやめますが、海から「財宝」をたっぷりもらったから「もう少し遊んで帰ろう」という本書の結論は、気のせいかもしれませんが、いまの社会に対する切実なメッセージであるなとおもいました。

「デニッシュ生地のパンの中に酢飯とウニ」――このどうにもやりきれない和洋折衷地獄こそ、いまだに欧米風の立身出世主義(植民地主義)的教育制度の亡霊の呪縛下にある(遊びの世界においてさえ新記録を出したりすることを強いられる)、本来タオイストであったはずのわれわれ東洋の子どもたちの現状にほかならないです。
「タオイスト」で検索すると「老荘思想で成功を掴め」などという曲学阿世なフレーズがでてきたりする世の中であります。「逆柱いみりを読んでお金持ちになろう」というようなものであります。

















































































ヒカシュー 『生きること』

「謎音を謎音のままに聴く」
(ヒカシュー 「故事によってその卵を茹でる」 より)


ヒカシュー 『生きること』
HIKASHU - IKIRUKOTO

MAKIGAMI RECORDS / mkr-0004 (2008)

1. 生きること Ikirukoto 4:52
2. デジタルなフランケン Digital Frankenstein 4:47
3. まえにいたのは Maeniitanowa 6:01
4. 入念 Elaborate 4:00
5. 脳千鳥 Nohchidori 6:36
6. ベトベト Beto Beto 7:10
7. マンハッタンの口琴 Koukin in Manhattan 1:46
8. カモノハシ Song of Platypus 9:41
9. 故事によってその卵を茹でる A boiled egg by the tradition 6:13
10. オーロラ Aurora 10:35

巻上公一 Makigami Koichi: ヴォーカル、テルミン、コルネット、口琴
三田超人 Mita Freeman: ギター、サンプラー
坂出雅海 Sakaide Masami: ベース
清水一澄 Shimizu Kazuto: ピアノ、ハモンドB3、シンセサイザー、バスクラリネット
佐藤正治 Sato Masaharu: ドラムス、パーカッション、口琴

ゲスト:
イクエモリ Ikue Mori: エレクトロニクス (2)
オキュンリー Okkyung Lee: チェロ (5)

Produced by Makigami Koichi
Recording at KAMPO studio in New York 8-10 March, 2007
Recorded by Shimoda Kenji
Mixed by Sakaide Masami
Mastered by Scott Hull at ScottHull Mastering
Illustration: Sakabashira Imiri



ヒカシュー1

オビの内側には巻上氏の文章が印刷されているぞ。


つんつんしたものがそらからつぎつぎおちてきてやわらかくなって、いろんなものにじゅくじゅくしみこんだかとおもったら、じーじーと耳鳴りしはじめて、にゅるっとしたものとふにゃっとしたものがおもむろに地平線からあらわれて、あーもう夏だなー。
そういうわけで、夏といえばヒカシュー。アマゾンで「逆柱いみり」を検索していたら本作が出てきました。出てきましたといってももうすでに六年前の作品です。六年といえば小学一年生がたぶん中学一年生になり、もっとわかりやすくいえば「プリーズ・プリーズ・ミー」が「アビー・ロード」になってしまう時間であって、いまさらながら情報社会についていけない自分を嘆くふりをしてみたりするわけですが、もともとおこづかいを掴んで駄菓子屋に駆け込むタイプではないので、冷蔵庫に誰かの食べ残しを発見したり、裏の川を流れてくる何かをすくいあげては口を糊して生きてきたわけで、なにもなければないでなるようになればよいわけですが、たとえそのようなふがいない心構えでいようと、こうしてなにかよいものが流れてくるところがこの世のすばらしいところであって、そういうのはありがたいので、むかしの人が収穫の踊りを踊った気持ちが片鱗なりとも理解できようというものだ。

二兎を追うもの一兎をも得ず。追うからいけない。切り株で寝ながら待てば兎がやってくる。柳の下で待てば泥鰌が泳いでくる。隣の庭からリゾームがにょるにょるとしのびよってくる。それが人間の倫理であり、自然の摂理です。おなかがすいたらタケノコをたべ、移動したくなったら生きものにのればよい。

自分が今なにをしていたのか、最近はそんなことすらど忘れしがちですが、ヒカシューが「昔から大好きだった」(画集『臍の緒街道』あとがきより)という逆柱いみり氏の信じがたいほどにすばらしい幻惑的でエソテリックな象徴寓意画が満載された本作は(モノクロ8点、カラー2点。そのうち5点は逆柱氏の画集『臍の緒街道』にも収録されています)、たいへんすばらしいCDなので、きくとよいです。Pモデルやヒカシューや戸川純さんがテレビであたりまえのようにへんてこりんな歌を披露していた時代はよかったなー、などという回顧的情緒に浸ろうと思ったら大間違いです。これはまさしく今の歌です。作られたのが六年前でも五十六億七千万年前でもです。

音のほうはひとことでいえばレコメン/キュニ系です。とはいえフィル・ミントンとかよりよいです。日本語だからわかりやすいからです。


「天から降ってきた
頭では受け取れないものが
やけにねっとり汗ばんでいる」

(「入念」より)

「謎音を謎音のままに聴く
耳を持ってその重さをなぞる」

(「故事によってその卵を茹でる」より)

「いきいきするのもいいんじゃない?」
(「ベトベト」より)






































逆柱いみり 『臍の緒街道』

逆柱いみり 『臍の緒街道』

タコシェ 2009年1月9日初版発行
60p A5判 並装(カバーなし) 定価1,260円
編集: 中山亜弓 TACO ché
デザイン: 佐々木景



漫画家の逆柱いみり画伯の初画集だ。展覧会図録のようだが詳細未詳(調べるのがめんどくさいだけだ)。今更のようだが検索してたら出てるのを知ったのでタコシェさんのサイトに行ってみたらまだ在庫があったので注文してみた。送料300円だ。中野ブロードウェイなら自転車に乗って散歩感覚で行けるから行って買えば300円安くあがるが、ひとみしりの上にひきこもりだからサブカルの人の集まる店には行けない。しかしそれにしても現存する世界最高の画家の初画集がこの値段で買えるならば安いような気がするからおすすめだ。


臍の緒街道01

このようなポップでキャッチーな袋(オプション)入りで届いた。


臍の緒街道02

中にはトレヴァー・ブラウン来日20周年記念画集のチラシ(2013年)や、逆柱いみりの羽衣ネコカッパ遊園~展覧会&グッズフェア~(2004年11月)の絵葉書が同封してあった。有り難いことである。


臍の緒街道03

ビニール袋には「直筆サイン入り」の文字が。


臍の緒街道04

直筆サイン入り。


臍の緒街道05

そしてこのようなポップでキュートでキャッチーな作品が満載だ。カラー作品多数だ。モノクロ作品もあるよ。


臍の緒街道06

そしてこれが裏表紙だ。



タコシェさんのページより:

「『ネコカッパ』などの代表作を持つ、逆柱いみりの初画集です。
最近の描き下ろしを中心に、カラー56作品、モノクロ10作品を収録し、巻末にはビブリオグラフィーと直筆後書きを収録しています。
 逆柱作品でおなじみのキャラクターたちも登場、いみり先生お得意のインダストリアルな景色があり、最近のマイブーム自動車シリーズあり、怪獣ありで、いみりワールドがコンパクトに凝縮してあります!」



逆柱いみり個展
臍の緒街道
2009年1月10日(土)~23日(金)








































































































逆柱いみり 『馬馬虎虎(MaMaFuFu)』

「いやだなー
やだなー
あーいやだ」

(逆柱いみり 「アメリカ」 より)


逆柱いみり 
『馬馬虎虎
(MaMaFuFu)』


青林堂 
1997年5月15日 初版発行
192p(うちカラー口絵8p) 
A5判 並装 カバー
定価1,100円+税



空前絶後、いみりワールドの金字塔。存在の不安と不快が織り成す不定愁訴の煉夢術(オニリスム)。エクレクティックプログレ/ノイズ・インダストリアル風味。

杉浦茂ふうカラー口絵入。
 

逆柱いみり 馬馬虎虎 01


目次 (初出):

アメリカ (ガロ 1995年3、4月号)
ウニ (ガロ 1995年5月号)
ユウレイ (ガロ 1995年6月号)
肏你八輩祖宗 (ガロ 1995年7月号)
ケキャール (ガロ 1995年8月号)
ミーラビワ (ガロ 1995年9月号)
道楽者の海 (ガロ 1995年12、1996年1、5月号)
土龍刺器 (描き下ろし)

夢の天才 南伸坊

HORSE HORSE TIGER TIGER (SAKE JOCK (FANTAGRAPHICS BOOKS))




◆収録作品◆


「アメリカ」より:

「アメリカの駆除を行います ご協力下さい」
「アメリカとはよくないものなのか?」
「いつの間にかどんな家にも入りこんではおりますが
特に大きな害をもたらすともいえませんが
数多くなればよくない事もございましょうな」
「それなら玉ネギとニンニクを買ってくればよいという事を知っているから
マーケットに行ってくるとしよう」

 

「ユウレイ」より:

「幽霊のようだな あれは」
「幽霊は雨で巨きくなるようだな」


参照: 『ネコカッパ』収録「金魚」。


「肏你八輩祖宗」より:

「肏你八輩祖宗 お前の八代前からの先祖を全て犯してやる」

参照: 『ネコカッパ』収録「クソボス」。
 

「ケキャール」より:

「これ これ モモヒキを引き出してはいかんがな」

参照: 『ネコカッパ』収録「首長翼龍」。


「ミーラビワ」より:

「くそまずい」


「道楽者の海」より:

「サカナだな たくさん死んでて臭くていやだな」

参照: 『赤タイツ男』収録「箱の男」
  

「土龍刺器」より:

「サザエのような岩というのはこれかな?
中に佛もあるしな…」
「それにこの作文…「カラマーゾフの兄弟について」というのは何なのか?」



「HORSE HORSE TIGER TIGER」より:

「GIMME THAT BLACK GOAT'S HEAD.」

参照: 『ネコカッパ』収録「おつかい」。 


逆柱いみり 馬馬虎虎 03


逆柱いみり 馬馬虎虎 04



◆参考◆

 
天沢退二郎「ヴィヨン『全詩集』の魔力」(毎日新聞夕刊 1998年4月30日)より:

「去年、私が読んだ数多からぬ本の中でいちばん感心したのは、逆柱いみりという人の描いたコミック『馬馬虎虎(マーマーフーフー)』(青林堂)で、方々から来た「ベスト3」の類のアンケートには必ず挙げておいた(私以外では、島尾伸三さんがやはりこれを推していた)。」


逆柱いみり 馬馬虎虎 05




こちらもご参照下さい:

伊藤清司 監修・解説 『怪奇鳥獣図巻』
金子光晴 『どくろ杯』 (中公文庫)












































































プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本