Norton N. Cohen 『Lewis Carroll: A Biography』

「*Wonderland* is the tale of a quest, a trial, and a test. It is a series of episodes that pits a young person against a bewildering cast of adult characters who behave incomprehensibly, according to arcane conventions. It illustrates how a young, inexperienced person can deal with this inexplicably chaotic world and survive as part of it.」
(Norton N. Cohen 『Lewis Carroll: a Biography』 より)


Norton N. Cohen 
『Lewis Carroll:
A Biography』


Vintage Books, A Division of Random House, Inc., New York, 1996
xxiii, 577pp+2pp, 20.2x13.2cm, paperback
Book design by Peter A. Andersen
Printedin the United States of America

Originally published in hardcover by Alfred A. Knopf, Inc., New York, in 1995



ノートン・N・コーエンによるルイス・キャロル伝。膨大な日記や手紙等の資料を駆使したきわめて詳細な伝記であります。
本文中図版(モノクロ)多数。図版はやや粗いです。本書はだいぶまえにアマゾンで購入しておいたのが出てきたのでよんでみました。


cohen - lewis carroll 01


Contents:

List of Illustrations
Preface
Acknowledgments
Introduction
1. Beginnings
2. Cap and Gown
3. The Don, the Dean, and His Daughter
4. The Child
5. The *Alice* Books
6. The Pursuit of Innocents
7. The Fire Within
8. Years of Triumph
9. The Man
10. The Man's Father
11. The Man's Faith
12. Years of Harvest
13. Yellowing Leaves
14. And No Birds Sing
15. Gentle into That Good Night
Appendix
Abbreviated Titles
Notes
Index



cohen - lewis carroll 02



◆本書より◆


「The Child」より:

「Rousseau ( . . . ) exploded the belief that the child is an adult in miniature, that childhood is a condition to be passed through as quickly as possible. ( . . . ) The child, for Rousseau, was a primitive in the grandest sense, unblemished and noble, uncorrupted and pure. He argued against ( . . . ) training the child away from his natural state, and sought to instill respect for these virginal beings as such and yearned to encourage their natural growth; he wanted children to develop with a minimum of interference.」
「Blake later wed the primitive nobility that Rousseau saw in the child to the angelic simplicity inspired by Christ's injunction that those who seek the kingdom of heaven must "become as little children."」
「Charles's view of childhood is Blakean; he too revered the mystic combination of the primitive and the pure, the noble, and the divine.」


(子どもは大人の雛型であり、できるだけすみやかに大人になるべきだという通念を覆したのはルソーであった。最高の意味で自然な、気高く純粋で無疵の存在である子どもをしつけてダメにしてしまうことにルソーは抗議し、子どもがその本性を損なわれずに生長するよう望んだ。ブレイクはルソーが子どもの内にみた生まれつきの高貴さを「幼な子のようにならなければ天国にはいることはできない」というキリストのことばにみられる天使的な単純さと結びつけた。ルイス・キャロルもブレイク同様、子どもにおける自然・純粋・高貴・神性の霊的結合を尊重した。)

「The world Charles entered as an adult was full of confused and battling forces, torn and driven in conflicting and bewildering directions, defined by rational sciences that clashed with intuitive faith. Confronting greed and chaos, Charles chose not so much to join in the struggle to sort matters out as to retreat to the past, to the inspirational words of visionaries like Blake. He clung to the simple affections of childhood, refusing to trade them in for the duplicities of Victorian adulthood, while he struggled against what, in his poem "Solitude," he terms the "slow result of Life's decay."」

(キャロルが体験した大人の社会は信仰と科学が敵対する貪欲と混沌の世界であり、彼はそのような社会に参加するよりは過去にひきこもる方を選んだ。子どもの素朴な愛情をヴィクトリア朝社会の大人の欺瞞と取り換えることを拒否し、大人たちが齷齪とためこむ富すなわち「生活がじわじわともたらす腐敗」と闘った。)

「Perhaps the most important fact that underlies all the attitudes of these artists whom Charles valued so is their rejection of the Calvinist, Wesleyan insistence on original sin, the belief that the child is born intrinsically evil, and that evil must be exorcised by applying strict measures.」

(ルソーやブレイク、ワーズワースら、キャロルが重視した人々の態度の根底にあるのは、カルヴァン主義的・メソジスト的な原罪の強調や子どもは本質的に悪く生まれついており厳格な規則を課すことによって悪を取り除かなければならないという思い込みに対する拒絶である。)


「The *Alice* Books」

「They were often frightened by warnings and threats, their waking hours burdened with homilies. Much of the childeren's literature of Charles's day, the books he himself read as a boy, were purposeful and dour. They instilled discipline and compliance.」
「The *Alice* books fly in the face of that tradition, destroy it, and give the Victorian child something lighter and brighter. Above all, these books have no moral.」
「He was fed up with all the moral baggage that burdened children, that perhaps he himself had struggled with when a boy, and he was not purveying any more. Not only not purveying it - he went further and parodied the entire practice of adult moralizing.」


(子どもたちは警告や脅迫に怯え、訓戒に圧しつぶされていた。当時の子ども向け文学の多くは押しつけがましく陰気なもので、大人の言うことをきかなければひどい目にあうと教え込むためのものだった。
「アリス」物語はそうした伝統に真っ向から対立し、ぶちこわす。明るく軽やかで、なによりモラルが一切ない。
モラルの重荷にうんざりしていたキャロルは、モラルを廃棄するにとどまらず、大人のモラルを徹底的におちょくった。)

「Charles champions the child in the child's confrontation with the adult world, and in that, too, his book differs from most others. He treats children, both in his book and in real life, as equals.」
「The theme of survival echoes all through Charles's work, just as it is a major concern in his life. If the *Alice* books are symbols of his own struggle to survive, they are also formulae for every child's survival: they offer encouragement to push on, messages of hope in the wilderness of adult society.」


(大人の世界に立ち向かう子どもたちに加担している点で、キャロルの本は他の多くの本とは異なる。本の中でも実生活でも、彼は子どもを対等な存在として扱う。作品のテーマは一貫して「(子どものままで)生き残ること」であり、それはそのまま彼の人生における関心事である。「アリス」物語が作者自身の生き残りのための苦闘のしるしであるとすれば、それはすべての子どもにとっての生き残りのための処方箋でもあり、大人社会という荒地で挫けぬよう励ましと希望のメッセージを与えるのである。)


「The Pursuit of Innocents」より:

「Charles recognized earlier than one might suppose that his inner springs differed from most men's, that his heart beat to a different drum, that in order to be true to himself he would be compelled to lead a life that not only was outside the norm but would come under particular scrutiny and raise suspicions, one not generally condoned and subject to severe reprimand, sneers, lampoons, and ridicule. Be that as it may, he determined to follow his own star in spite of raised eyebrows and possible social censure. "Let them talk" was his answer; his own conscience would be his only judge.」

(キャロルは早くから己れの特異性に気づいていたし、自己に忠実であろうとすれば世間の常識から外れ、うさんくさい存在とみなされ石を投げられ罵られ嘲笑されるような生き方をせざるを得ないこともわかっていた。いずれにせよ、顰蹙されようがバッシングされようが、自分自身の星に従おうと決心したのだ。「言いたい奴には言わせておけばいい」、自分がよいと思うように生きるまでだ。)

「Perhaps Virginia Woolf was right in inferring that Charles's childhood was severed. Perhaps some single incident caused the rupture, or, more likely, perhaps the young man withdrew, slowly and silently, from the stern and rigid fortress and sought the more natural world that he described in his poem "Solitude," substituting an inner voice for external authority.」

(キャロルは若年のうちから、大人社会という非情で融通のきかない閉塞地からゆっくりと静かに退出し、外部の権威にではなく内面の声に従いつつ、より自然な「孤独」の世界を求めたのだ。)


「The Man」より、Lottie Rix の証言:

「He said that he had been talked to sometimes about himself; and that once when he was staying at Eastbourne he made friends with a little girl on the sands, and after he had known them a little time, asked her if she knew a little book called *Alice's Adventures in Wonderland.* She hadn't got it so he promised to give it to her. Her Mother said to him "Ah, have you heard about the author of the book? He's gone *mad*!" He said "Oh really, I had never heard it," and I think he added that he knew something about him. She stuck to it through and said "Oh yes, it was *quite* true," she could *assure* him. She had it from a friend at Lincoln who knew it for certain. . . "He had written 3 books . . . and now he had gone mad." Two or three days afterwards he sent the little girl the book and put in it, "For So and So/From the Author." Soon afterwards he met the girl's mother, and when she saw him, she threw up her hands and said "Oh Mr. Dodgson. . . I'll *never* say anything about anybody *to* anybody again!" To which he cheerfully replied "Oh yes Mrs. --- you will."」

(イーストボーンに滞在中、砂浜で小さい女の子と友だちになったキャロルが、『不思議の国のアリス』という本を知っているかとたずねると、持っていないということだったので、贈呈の約束をすると、その子の母親が「その本の著者は頭がおかしくなったんですって!」と言ったので「本当ですか、知らなかったな」と応じたが、母親は固執して、友人から聞いた確かな情報だと保証した。二三日後に、キャロルは女の子に「著者より」と署名した本を送った。その後まもなくその母親に会うと、「ドジソンさん、もう二度と誰かについて誰かに何かを言ったりしません」と謝罪したので、キャロルは「いやいや、奥様、おっしゃいますとも」と答えた。)


cohen - lewis carroll 03









































































スポンサーサイト

「別冊現代詩手帖第二号 ルイス・キャロル」

「子供のすばらしい経験分野を多かれ少なかれ威圧的に制限して、子供を型に嵌め、やがて子供を小さく固まらせようとする傾向のある大人たちに対して、子供はつねに徹底的な抵抗をもって応ずるにちがいない。」
(A・ブルトン 「ルイス・キャロル」 より)


「別冊現代詩手帖第二号 
ルイス・キャロル」

アリスの不思議な国あるいはノンセンスの迷宮

思潮社 
1972年6月1日発行
1975年4月10日再版発行
324p 
22×14.8cm 並装 
定価980円
編集人: 桑原茂夫



別冊現代詩手帖 ルイスキャロル 01


「編集ノート」より:

「ひとりルイス・キャロル個性にとどまらぬ無名の闇から我れらに迫り来る何ものかに敢えて挑むべくこの特集号は出発した。そして今、高橋康也氏からの全面的なご助言、ご助力をえて、一冊のかたちをとり、言い得べくばひとつの結節点をつくり、読者諸兄にお届けすることができた。」


別冊現代詩手帖 ルイスキャロル 02


目次: 

キャロル・ワンダーランド
 高橋康也 「不思議な鏡の国のキャロル」
 種村季弘 「遊戯の規則――キャロル再訪」
 瀧口修造 「「笑い猫」夢話」 (きき手: 種村季弘)
 野中ユリ 「to and from Olive Flower, WHITE」 (コラージュ)
 植草甚一 「Boutade on reading LEWIS CARROLL」 (コラージュ)
 
キャロル論叢
 今井邦彦 「Carrollinguistics 三題」
 平野敬一 「アリスの世界とマザー・グースの世界」
 大森荘蔵 「ナンセンス・その詩と真実――キャロルとヴィトゲンシュタイン」
 土岐恒二 「ルイス・キャロルと言語遊戯・私見」
 紀田順一郎 「反世界とその圏域――キャロルとチェスタトン」
 岩成達也 「アリスあるいはその二つの国」
 宮本忠雄 「アリス・キャロル・ドジソン」
 大澤正佳 「キャロルとジョイス――遅れて来た男の話」
 
アリスの不思議な国めぐり
 天沢退二郎 「宮沢賢治と『鏡の国のアリス』」
 宮川淳 「G・ドゥールーズの余白に」
 加藤郁乎 「アリス元年」
 吉岡実 「キャロルを探す方法」
 竹内健 「有栖乙女」
 別役実 「叛乱・アリス風の」
 鈴木志郎康 「極私的「不思議の国」潜り」
 矢川澄子 「不滅の少女」
 
キャロルノンセンスワールド 高橋康也 編
 牧童としての子供 (W・エムプソン/訳: 高橋康也)
 ルイス・キャロル (A・ブルトン/訳: 澁澤龍彦)
 ノンセンスの擁護 (G・K・チェスタトン/訳: 高橋康也)
 ノンセンス詩人としてのキャロルとエリオット (E・シューエル/訳: 柴田稔彦)
 不思議な国再訪 (H・レヴィン/訳: 出淵博)
 夢の力 (J・ガッテーニョ/訳: 巖谷國士)

キャロル原風景
 気違いティーパーティー (訳・註解: 高橋康也)
 ジャバウォックの歌 (訳・註解: 高橋康也)
 スナーク狩り  (訳・註: 沢崎順之助) 
 「スナーク」狩りへの試み (沢崎順之助)
 シルヴィーとブルーノ (小池滋)
 キャロル拾遺
 キャロル年譜・書誌 (高橋康也 編)

表紙
 撮影: ルイス・キャロル
 少女: アリス・リッデル
 人工着色: 野中ユリ
 構成: 田辺輝男
口絵
 撮影: ルイス・キャロル
 少女: アリス・リッデル
 署名: ルイス・キャロル
 構成: 田辺輝男
本文レイアウト: 田辺輝男
目次
 図案・構成: 野中ユリ
 構成: 田辺輝男
中扉 構成: 田辺輝男
 ルイス・キャロル自画像
 マックス・エルンスト
 ジョン・テニエル挿画合成
 『アリスの地下の冒険』原稿
 キャロルによる鏡文字
挿画
 ルイス・キャロル
 ジョン・テニエル
 マックス・エルンスト



別冊現代詩手帖 ルイスキャロル 08


野中ユリによるコラージュ作品。


別冊現代詩手帖 ルイスキャロル 09


植草甚一によるコラージュ作品。


別冊 現代詩手帖 ルイスキャロル 04


加藤郁乎「アリス元年」より:

「見ないでも壮観な
引越し先が引越している
君は寄生観念で
つかまえにくいマノフイカ
縄のれんの竹輪の穴に
アルファベット・ペパー時代を
思い出し入れしてみよう
煮豆を摘まみながら
いつまでも少女すぎるのは
理婦人すぎるね」



別冊現代詩手帖 ルイスキャロル 05


吉岡実「ルイス・キャロルを探す方法」より:

「ああアイリーン・ウィルソン・トッドよ 風に吹かれたあの長い髪が庭の木を巻く 恐ろしいことに木の幹がつるつるしている 死んでいる木 生きている木 叩くなら木の股を 大梯子へあがって兄の首を吊すこと」

「窓から見えるエフィー・ミレエス 父と母と妹がこの窓から飛びおりるのを上からのぞいたような気がする」

「C・バーカー牧師の娘メイは椅子の上へ立っている 靴のまま この狼藉の恍惚 十二才になったら飛びおりる」



別冊現代詩手帖 ルイスキャロル 06




































































































Helmut Gernsheim 『Lewis Carroll - Photographer』

"I am fond of children, except boys."
- Lewis Carroll


Helmut Gernsheim
『Lewis Carroll - Photographer』

With 63 photographs by Lewis Carroll

Dover Publications, Inc., New York, 1969
x, 127pp, 23.3x15.5cm, paperback

This Dover edition, first published in 1969, is an unabridged and revised republication of the work originally published by Max Parrish & Co., Limited, London, in 1949. A new preface has been written by the author for this edition.



写真史家ヘルムット・ガーンズハイム(ヘルムート・ゲルンシャイム)著『写真家ルイス・キャロル』。
図版(モノクロ)63点。


gernsheim - lewis carroll photographer 01


表紙は中国人に扮したクシー(アレクサンドラ)・キッチン(Xie Kitchin as "A Chinaman")。


Contents:

Preface to the Dover Edition (1969)
Preface to the First Edition (1949)

1. THE PROGRESS OF PHOTOGRAPHY IN ENGLAND
 Photography - the New Art
 Photography for the Million
 Portrait Photography - a New Industry
 The Painter-Photographer
 The High Priests of Photographic Art

2. LEWIS CARROLL - PHOTOGRAPHER
 Sitters
 Gift for Entertaining Children
 Costume Pictures
 Photographic Glasshouse
 Exposures
 Photographic Outfit
 The Technique of the Wet-Plate Process
 Photographic Societies
 Retouching and Colouring
 Composition.

3. LEWIS CARROLL'S DIARY ENTRIES:
 1855-59
 1860-64
 1865-69
 1870-74
 1875-80

PLATES

4. NOTES ON THE SITTERS AND PLATES

CHRONOLOGY
LEWIS CARROLL'S PHOTOGRAPH ALBUMS
DISTINGUISHED MEN AND WOMEN PHOTOGRAPHED BY LEWIS CARROLL
BIBLIOGRAPHY

LEWIS CARROLL'S WRITINGS ON PHOTOGRAPHY:
 I. Photography Extraordinary
 II. Hiawatha's Photographing
 III. The Ladye's History
 IV. A Photographer's Day Out
 V. Photographs

ACKNOWLEDGMNENTS



gernsheim - lewis carroll photographer 02



◆本書より◆


「Some of Lewis Carroll's rules were rather one-sided affairs. We come across many contradictory traits in his character: he had a horror of being photographed but never tired of pressing others to sit to him; he was fond of collecting *cartes* but to have his own portrait collected by others was distasteful to him; he was a lion-hunter who hated to be lionised himself; he was a great autograph collector but when he suspected others of writing to him only in order to get his signature he would use script or a typewriter and ask a friend to sign for him. Caricatures went only one way too, as the incident with Isa Bowman shows. When Lewis Carroll saw a caricature which she had attempted of him, he went red in the face, snatched it from her and tore it up. Another incongruity was that in spite of his dislike of receiving surprise visits he often dropped in on people unexpectedly himself.」

(ルイス・キャロルの人との関わり方は一方的で、矛盾したものだった。本人は写真恐怖症で自分が被写体となることを避けたが、他人の写真を撮りまくった。他人の写真をコレクションするのを好んだが自分の写真を他人に与えるのは嫌った。有名人が好きだったが自分が有名人になるのは厭だった。サインの収集家だったがサイン欲しさに手紙を書いてくる者に対しては署名にタイプライターを使ったり代書させたりした。似顔絵も、描くのは好きだが描かれるのは嫌いで、アイザ・ボウマンが描いた自分の似顔絵を奪い取って破り捨てた。突然訪問されるのを嫌ったが、自分は他人の家に予告なしに押しかけた。)



gernsheim - lewis carroll photographer 03

「赤頭巾」に扮したアグネス・グレイス・ウェルド (Agnes Grace Weld as "Little Red Riding-Hood")。


gernsheim - lewis carroll photographer 04

詩人クリスティーナ・ロセッティとその母親 (Christina Rossetti and her mother)。


gernsheim - lewis carroll photographer 05

画家アーサー・ヒューズとその娘アグネス (Arthur Hughes, the Artist, and his daughter Agnes)。


gernsheim - lewis carroll photographer 06

C・バーカー牧師と娘のメイ (Rev. C. Barker and his daughter May)。


gernsheim - lewis carroll photographer 07

画家ミレイの娘メアリー (Mary Millais, daughter of John Millais)。





























































































Lewis Carroll / Martin Gardner - The Annotated Alice, The Definitive Edition

The Annotated Alice
The Definitive Edition

Alice's Adventures in Wonderland
& Through the Looking-Grass
by Lewis Carroll
Original Illustrations by John Tenniel
Introduction and Notes
by Martin Gardner


W.W. Norton & Company, New York, 2000
xxviii, 312pp, 26x22cm, hardcover, dust jacket



マーティン・ガードナーによる定本「注釈版アリス」。1960年の「The Annotated Alice」と1990年の「More Annotated Alice」を一冊にまとめ、さらに増補改訂した決定版。

ガードナーの「The Annotated Alice」を買うのは今回で三冊目。最初に買ったのは旧版のペンギン・ブックス版ペーパーバックで、これはすぐページがバラバラになってしまったので廃棄し、同じ内容のハードカバー版を購入。今回さんざん迷った挙句に「Definitive Edition」を注文してみたが、確かに面目一新、これだけ立派な本が2千数百円で買えるのは有り難い。


annotated alice 01


カバーは模様と文字が金。さらに文字にはエンボス加工が施された豪華版。


annotated alice 02


カバーを外してみた。紙装上製本、金箔押し。


annotated alice 03


巻末資料としてテニエルによる挿絵の鉛筆下書きが掲載されている。


annotated alice 04


左が本書、右が旧版。サイズは、ヨコは同じだが、タテは旧版より2cmほど縮小されている。本書は旧版より活字が小さくなっているので、内容は大幅に増補されているが、ページ数は旧版より少なくなっている。

テニエルの挿絵も、本書では旧版より鮮明になっているのが上の画像からもわかっていただけるものと思う。ただ、紙質のせいでやや裏写りして(裏のページの文字などが透けて)しまうのが残念。


内容:

Preface to the Definitive Edition of The Annotated Alice
Introduction to The Annotated Alice
Introduction to More Annotated Alice

Alice's Adventures in Wonderland
Through the Looking-Glass and What Alice Found There
The Wasp in a Wig

Original pencil sketches by Tenniel
A note about Lewis Carroll societies
Selected references
Alice on the screen, by David Schaefer


「The Wasp in a Wig」は、「鏡の国」のために執筆されたものの、テニエルに挿絵化を拒否されたためお蔵入りになっていた挿話。1974年にオークションに出され、1977年にガードナーの序文入りで刊行、1990年「More Annotated Alice」に収録された。




















































































































高橋康也・沢崎順之助 訳 『原典対照 ルイス・キャロル詩集』 (ちくま文庫)

『原典対照 
ルイス・キャロル詩集
― 不思議の国の言葉たち』
高橋康也・沢崎順之助 訳 

ちくま文庫 き-3-4

1989年4月25日 第1刷発行
408p 
文庫判 並装 カバー 
定価740円(本体718円)
装幀: 安野光雅


「この作品は一九七七年一二月一五日、筑摩書房より刊行したものを改訂、増補した。」



本文中図版(モノクロ)多数。


ルイスキャロル詩集 01


カバー裏文:

「チャールズ・ラトウィジ・ドジソン少年が13歳の時に書いた詩から始めて、二つの『アリス』物語、『スナーク狩り』、『シルヴィーとブルーノ』など主要作品から〈詩〉を摘みとって編み上げた“不思議の国”のアンソロジー。
訳文・原文・脚註を読みくらべながら、まじめとあそび、センスとノンセンスの間をさまよって行くと、あなたは突然ウサギ穴にドスン……。

ルイス・キャロル撮影の少女たちなど写真や絵がいっぱい。」



目次:

『アリス』のほうへ (高橋康也 訳)
 ぼくの妖精
 時間厳守
 リメリック五首
 道徳的処方箋
 恐怖
 ある日のできごと
 忌まわしき狩り
 詩人の別れ
 台所姫を恋うる歌
 いとおしきかもしか
 彼女こそぼくの想いが
 オドロキモモノキ式写真機――または文体練習
 いかさまの宮殿
 幻語幻獣図絵
 孤独
 荒野にて
 三つの声
 柳の木
 焰に浮ぶ顔
 海の挽歌
 たかが女の髪ひとすぢ
 詩人ハ作ラルルモノニシテ生マルルモノニアラズ
 わが思うひと
 太れる若者の怒り

アクロスティック (高橋康也 訳)
 クリスマス・プレゼント
 さまよえる老人
 ぼくのあの子
 アリスの夢を夢みる
 三人姉妹とスナーク
 ベルマンの話
 人生は夢
 炉辺の妖精

『アリス』より (高橋康也 訳)
 献詩――アリス・リデルへ
 鰐は涙を流さない
 完璧な裁判
 老年の英知
 やさしき子守唄
 空飛ぶ円盤
 舞踏への誘い
 ロブスターとフクロウとヒョウ
 スープ讃歌
 代名詞の迷宮
 愛の贈物
 ジャバーウォックの歌
 セイウチと大工
 魚たちへのメッセージ
 鱈の目
 アリス女王
 ある金色の昼下りの思い出

スナーク狩り (沢崎順之助 訳)
 第一章 上陸
 第二章 ベルマンの演説
 第三章 ベイカーの物語
 第四章 狩り
 第五章 ビーバーの授業
 第六章 バリスターの夢
 第七章 バンカーの運命
 第八章 消滅
 「スナーク」狩り (沢崎順之助)

『シルヴィーとブルーノ』より (高橋康也 訳)
 気違い庭師の歌
 豚ありて
 狸と鰊
 カワセミとテントウムシ

そしてまたあるときは…… (高橋康也 訳)
 不思議の国のなぞなぞ
 三人姉妹と童話作家
 五人づくし
 あの子はあの子

あとがき (高橋康也)



ルイスキャロル詩集 02



◆本書より◆


「気違い庭師の歌」より:

「横笛の稽古をしている
 象を見たような気がした
もういちど見ると
 女房からの手紙だった
「しみじみわかったよ」と彼は言った
 「人生の苦さが」

暖炉の上に
 野牛を見たような気がした
もういちど見ると
 妹の亭主の姪だった
「すぐこの家から出ていかなければ」と彼は言った
 「警察を呼ぶぞ」

ギリシア語で質問を浴びせる
 ガラガラ蛇を見たような気がした
もういちど見ると
 《来週のなかごろ》だった
「ひとつだけ残念なのは」と彼は言った
 「そいつが口をきけないことだ」」

「He thought he saw an Elephant,
 That practised on a fife:
He looked again, and found it was
 A letter from his wife.
'At length I realise,' he said,
 'The bitterness of Life.'

He thought he saw a Buffalo
 Upon the chimney-piece:
He looked again, and found it was
 His Sister's Husband's Niece.
'Unless you leave this house,' he said,
 'I'll send for the Police!'

He thought he saw a Rattlesnake
 That questioned him in Greek:
He looked again, and found it was
 The Middle of Next Week.
'The one thing I regret,' he said,
 'Is that it cannot speak!'」
































































プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本