『Andrei Tarkovsky: Interviews』 ed. by John Gianvito

「Faith is the only thing that can save man, that's my deepest conviction.」
(Andrei Tarkovsky)


『Andrei Tarkovsky:
Interviews』
Edited by John Gianvito

Conversations with Filmmakers Series, Peter Brunette, General Editor

University Press of Mississippi, 2006
xxxiv, 190pp, 22.7x15cm, paperback



映画作家タルコフスキーの、各国の雑誌等に発表されたインタヴューを集成した本です。英語で発表されたもの以外(露・仏・独・伊語)は原文からの英訳です。
巻頭に表紙と同じ写真が口絵として使われています。本文中に図版はありません。


tarkovsky interviews


Contents:

Introduction (John Gianvito)
Chronology
Filmography

Andrei Tarkovski: I Am for a Poetic Cinema (Patrick Bureau, 1962)
From "Les Lettres Francaises", no. 943 (September 13-19, 1962)
Translated from French by Susana Rossberg and John Gianvito

Encounter with Andrei Tarkovsky (Gideon Bachmann, 1962)
From "Filmkritik", no. 12 (December 1962)
Translated from Germany by Tanya Ott and Saskia Wagner

The Burning (Ekran, 1965)
From "Ekran", 1965, 154-57
Translated from Russian by Jake Mahaffy and Yulia Mahaffy

The Artist in Ancient Russia and in the New USSR (Michel Ciment, Luda Schnitzer, and Jean Schnitzer, 1969)
From "Positif", no. 109 (October 1969): 1-13
Translated from French by Susana Rossberg

Dialogue with Andrei Tarkovsky about Science-Fiction on the Screen (Naum Abramov, 1970)
From "Ekran", 1970-1971, 162-65
Translated from Russian by Jake Mahaffy and Yulia Mahaffy

I Love Dovzhenko (Guenter Netzeband, 1973)
From "Filmwissenschaftliche Beitraege Hochschulefuer Film und Fernsehen der DDR Sektion", no. 14 (1973)
Translated from German by Karin Kolb

The Artist Lives Off His Childhood like a Parasite: An Interview with the Author of The Mirror (Claire Devarrieux, 1978)
From "Le Monde", 20 January 1978, 18.
Translated from French by Susana Rossberg

Interview with Andrei Tarkovsky (Tonino Guerra, 1978)
From "Telerama", no. 1462 (January 21-27, 1978)
Translated from French by Deborah Theodore

Stalker, Smuggler of Happiness (Tonino Guerra, 1979)
From "Telerama", no. 1535 (June 13, 1979)
Translated from French by Deborah Theodore

Interview with Andrei Tarkovsky (on Stalker) (Aldo Tassone, 1981)
From "Positif", no. 247 (October 1981), Interview took place in Rome in July, 1980
Translated from French by Vasiliki Katsarou

Against Interpretation: An Interview with Andrei Tarkovsky (Ian Christie, 1981)
From "Framework", no. 14 (1981)

Tarkovsky's Translations (Philip Strick, 1981)
From "Sight and Sound" 50, no. 3 (Summer 1981): 152-53

Tarkovsky in Italy (Tony Mitchell, 1983)
From "Sight and Sound" 52, no. 1 (Winter 1982/1983)

Nostalgia's Black Tone (Herve Guibert, 1983)
From "Le Monde", 12 May 1983, 13
Translated from French by John Gianvito

Between Two Worlds (J. Hoberman and Gideon Bachmann, 1983)
From "American Film", November 1983, 14, 75-79

My Cinema in a Time of Television (Velia Iacovino, 1983)
From "MassMedia" no. 5 (November-December 1983)
Translated from Italian by Ken Shulman

An Enemy of Symbolism (Irena Brezna, 1984)
From "Tip", March 1984
Translated from German by Zsuzsanna Pal

The Twentieth Century and the Artist (V. Ishimov and R. Shejko, 1984)
From "Iskusstvo Kino", no. 4 (1989): 88-106
Translated from Russian by Tim harate

Red Tape (Angus MacKinnon, 1984)
From "Time Out" (London), 9-15 August 1984, 20-22

Portrait of a Filmmaker as a Monk-Poet (Laurence Cosse 1986)
From a broadcast on "France-Culture", January 7, 1986
Translated from French by Susana Rossberg

A Glimmer at the Bottom of the Well? (Thomas Johnson, 1986)
From "Nouvelles Cles", October 21, 2003, from a previously unpublished interview conducted on April 28, 1986
Translated from French by Deborah Theodore

Faith Is the Only Thing That Can Save Man (Charles H. de Brantes, 1986)
From "France Catholique", no. 2060 (June 20, 1986)
Translated from French by John Gianvito

Index




◆本書より◆


「The Burning」(Ekran, 1965)より:

「Roublev is a genius. In other words, he's person seeing the world with a painful keenness, reacting with utmost sensitivity to everything he encounters, to things that other people, after seeing so much and getting used to so much, pass by indifferently, not noticing. And also, because an artist is always the conscience of society.」

(ルブリョフは天才だ。言い換えれば、彼は世界を痛ましいほどの鋭敏さをもって眺め、他の人々だったら高をくくってやり過ごしてしまうような場合にも、出くわすものすべてに最大限の感度で反応する人物だ。それというのも、芸術家はいつの時代でも社会の良心だからだ。)


「The Artist Lives Off His Childhood like a Parasite: An Interview with the Author of The Mirror」(Claire Devarrieux, 1978)より:

「A city man knows nothing about life, he doesn't feel how time passes, he doesn't know its natural flow. The child finds assurance of its future in nature, in nature he educates his will. And the circumstance of being alone allows him to have the capacity to meet other people later on. If one is only a social animal, one survives, consigned to the wills of others.」

(都会人は生活のことをなにも知らない、時間がどんなふうに過ぎていくかを感じとることができない。子どもは自然のなかに将来の保証を見出す、自然のなかで子どもは自らの意志を育てる。ひとりぼっちで過ごす環境が後々他者と出会うための包容力を培うのだ。もし人がたんに社会的動物にすぎないのなら、他者の意志に身をゆだねて生存するだけだ。)


「Against Interpretation: An Interview with Andrei Tarkovsky」(Ian Christie, 1981)より:

「My objective is to create my own world and these images which we create mean nothing more than the images which they are. We have forgotten how to relate emotionally to art: we treat it like editors, searching in it for that which the artist has supposedly hidden. It is actually much simpler than that, otherwise art would have no meaning. You have to be a child - incidentally children understand my pictures very well, and I haven't met a single serious critic who could stand knee-high to those children. We think that art demands special knowledge; we demand some higher meaning from an author, but the work must act directly on our hearts or it has no meaning at all.」

(私の目的は自分自身の世界を創造すること、それ自体であるようなイメージそのものを創造することだ。われわれは芸術と感情的にかかわる方法を見失ってしまって、編集者の立場で、芸術家が芸術作品に隠した意味を探ろうとする。しかしほんとうはもっと単純なことなのだ。子どもの目で見ればよいのだ。子どもはまじめくさった評論家なんかよりよっぽどよく私の映画を理解してくれる。われわれは芸術を理解するには特別な知識が必要だとか、高尚な意味がなければならないとか考えがちだが、しかし作品は直接われわれの心に訴えかけるべきものであって、そうでなければまったく無意味だ。)


「Tarkovsky in Italy」(Tony Mitchell, 1983)より:

「One has to find one's own language through which to express oneself.」

(人は自分自身を表現するための自分独自の言語を見出さなければならない。)


「Portrait of a Filmmaker as a Monk-Poet」(Laurence Cosse 1986)より:

「I repeat, art is a form of prayer. Man lives by his prayer alone.」

(芸術は祈りのひとつの形式であり、人は祈りによってのみ生きる。)

「In fact, this film ("The Mirror") provoked a lot of discussion among Russian Spectators. One day, during a public debate organized after a screening, the discussion dragged on and on. After midnight, a cleaning woman arrived to clean the screening room, wanting to throw us out. She had seen the film earlier on and she didn't understand why we were arguing for such a long time about The Mirror. She told us, "Everything is quite simple, someone fell ill and was afraid of dying. He remembered, all of a sudden, all the pain he'd inflicted on others, and he wanted to atone for it, to ask to be pardoned." This simple woman had understood it all, she had grasped the repentance in the film. (...) The Mirror is (...) a bit the history of Russians, the history of their repentance. While the critics, present in the screening room, had understood absolutely nothing about the film - and the further things go, the less they understand - this woman who hadn't finished grade school, was telling us the truth in her way, this truth inherent in the Russian people's repertoire.」

(『鏡』はさまざまな議論をかもした。ある試写会の後で深夜をすぎても論争が止まなかったので、掃除係の婦人がわれわれを追い出しにかかった。彼女は『鏡』を見ていたが、なぜそんなに言い争うのかわからなかった。「単純明快じゃないの、だれかが病気になって、死ぬのがこわくなる。すると不意に、自分が他人に与えてきた苦痛のことを思い出して、それを償いたい、許しを乞いたいと願う、それだけのことでしょ」。映写室に集った批評家たちが何ひとつ理解していなかったのに反して、この単純な婦人は『鏡』に表現された悔恨の念を完全に理解していた。『鏡』はロシア庶民の悔恨の歴史でもあるからだ。)

「This film ("Stalker") tells of a man in pursuit of a quest, but in a very concrete manner. Being idealistic however, he remains a sort of knight fighting for spiritual values. The hero, the Stalker, moves in the same trajectory as Don Quixote or Prince Myshkin, these characters we call "idealists" in novels. it is precisely because they are idealists that they suffer defeats in real life.」
「In a way. For me, they are characters who express the strength of what is weak. This film speaks about man's dependence upon the strength he himself has created. Strength ends up destroying him, and weakness reveals itself as the one and only force.」
「For me, spirituality has always escaped conscious behavior. "Ridiculous," "displaced" actions are a superior form of spirituality.」
「However, these acts are not done gratuitously but in order to escape from the world as it exists today, as it has been built up, unable to produce a spiritual man. The important thing, the thing that guides all of Stalker's actions, is this force that leads him away from being common, that renders him ridiculous, idiotic, but that reveals to him his own singularity, his spirituality. This unconscious force is his faith.」


(『ストーカー』の主人公は現実的な探求者だが、精神的な価値のためにたたかう騎士のような理想主義者でもある。ドン・キホーテやムイシュキン公爵のように、理想主義者であるがゆえに現実の人生においては敗者たらざるを得ない。私にとって彼らは、弱さがもつ強さを表現する人物だ。人間は自分の強さを過信し、強さによって破滅する。結局のところ、弱さこそが唯一の力なのだ。
意識的な態度には精神性は宿らない。馬鹿げた、理にかなわない行動こそが精神性の高度なかたちだ。
これらの行動は今日存在する世界、精神的な人間を生み出すことが不可能なしくみになっている世界から離脱するためのものなのだ。重要なのは、ふつうの人間でなくなるようにストーカーの行為を導く力であって、いかに愚かしくあろうとも、それが彼自身の固有性、すなわち彼の精神性なのであり、この無意識的な力こそが彼の信仰なのだ。)

「Nostalgia is a complete, total feeling. In other words, one can feel nostalgia while remaining in one's own country, next to those people to whom one is closest. In spite of a happy home, a happy family, man can suffer from nostalgia, simply because he feels his soul is limited, that it cannot propagate itself as he would have wished. Nostalgia is this powerlessness in the face of the world, this pain of being unable to transmit one's spirituality to other people. It's the illness that overcomes the hero of Nostalghia: he suffers from not being able to have friends, or not being able to communicate with them. This character says "we must destroy borders" so the entire world can live its spirituality freely, smoothly. He suffers, more generally, because of his character, unadjusted for modern life. He cannot be happy in the face of the misery of the world. He takes on this collective misery, and wants to live out of step with the world. His problem is strongly related to compassion. His entire suffering stems from there: he cannot incarnate completely this feeling of compassion. He wants to suffer along with the rest of mankind, but he doesn't totally succeed at it.」

(ノスタルジアは全的な感情であり、人は祖国の我家で近しい者と共にいようと、魂が狭く囲い込まれていると感じるときには、ノスタルジアに悩まされるのだ。ノスタルジアとは世界を前にしてのこの無力感、自らの精神性を他者へ伝えることができないこの痛みなのだ。『ノスタルジア』の主人公は友人を作ることができず、コミュニケーション能力の欠如ゆえに苦しみ、世界全体がその精神性を自由に生きることができるようにするために「境界を破壊しなければならない」と言う。彼は現代生活にどうしてもなじめない性格であり、世界に悲惨があるうちは幸福になることができないゆえに、世間の歩調から外れて、この世の悲惨を背負って生きようとする。彼の困りごとは共苦の能力ゆえであり、共苦を完全に血肉化することができないゆえである。)


「Faith Is the Only Thing That Can Save Man」(Charles H. de Brantes, 1986)より:

「When I was very young I asked my father, "Does God exist - yes or no?" And he answered me brilliantly: "For the unbeliever, no, for the believer, yes!" This problem is very important.」
「The most important and the most difficult religious problem is believing...」
「For myself I think if someone is prepared to sacrifice himself, he can be called a believer. Of course, it's strange... Alexander sacrifices himself and at the same time demands that everyone else sacrifice themselves...it's a bit absurd. But what can one do? Without a doubt, in everyone's eyes he's lost; but that which is absolutely clear, is that he is saved.」


(幼いころ私は父にたずねた、「神さまはいるの? いないの?」と。父の答えは聡明なものだった、「神を信じないものにとって神は存在しないが、神を信じるものには、神は存在する」 これはたいへん重要な問題だ。
宗教においてもっとも重要かつもっとも困難な問題は信じるということだ。
私の考えでは、だれか自分自身を犠牲に捧げる用意ができている人がいるとすれば、その人は神を信じる人だといえる。おかしな話だが、『サクリファイス』の登場人物アレクサンデルは自分自身を犠牲に捧げるとともに他のすべての人々も自らを犠牲に捧げるべきだと要求する。まちがいなく、神を信じない他のすべての人々からみれば彼の行為は迷妄でしかないが、彼が救いを得たことはあきらかだ。)






















































スポンサーサイト

Andrey Tarkovsky 『Sculpting in Time: Reflections on the Cinema』 tr. by Kitty Hunter-Blair

Andrey Tarkovsky
『Sculpting in Time:
Reflections on the Cinema』

Translated from the Russian by Kitty Hunter-Blair

University of Texas Press, 11th printing, 2008
254pp, 1p, 21.4x19cm, paperback

This translation originally published in slightly different form in Great Britain by Bodley Head Ltd., London in 1986.



タルコフスキーによる映画論。ロシア語からの英訳です。
本文中図版(モノクロ)多数。


tarkovsky - sculpting in time 01


Contents:

Introduction
Chapter I: The beginning
Chapter II: Art - a yearning for the ideal
Chapter III: Imprinted time
Chapter IV: Cinema's destined role
Chapter V: The film image
 Time, rhythm and editing
 Scenario and shooting script
 The film's graphic realisation
 The film actor
 Music and noises
Chapter VI: The author in search of an audience
Chapter VII: The artist's responsibility
Chapter VIII: After Nostalgia
Chapter IX: The Sacrifice
Conclusion

Notes



tarkovsky - sculpting in time 02



◆本書より◆


「Becoming an artist does not merely mean learning something, acquiring professional techniques and methods. Indeed, as someone has said, in order to write well you have to forget about grammar.」

「In a word, the image is not a certain meaning, expressed by the director, but an entire world reflected as in a drop of water.」

「In the end we were saved by one thing only - faith: the belief that since our work was so important to us it could not but become equally important to the audience.」

「Mirror was not an attempt to talk about myself, not at all. It was about my feelings towards people dear to me; about my relationship with them; my perpetual pity for them and my own inadequacy - my feeling of duty left unfulfilled.」

「Hamlet: my view is that the Prince of Denmark perishes not after the duel, when he dies physically, but immediately after the 'rat' scene, when he understands how irreversible are those laws of life which have forced him, a man of humanity and intellect, to act like the inferior people who inhabit Elsinore.」

「The true cinema image is built upon the destruction of genre, upon conflict with it. And the ideals that the artist apparently seeks to express here obviously do not lend themselves to being confined within the parameters of a genre.」

「For the most intricate, burdensome, punishing aspect of the artist's work lies strictly in the domain of ethics: what is demanded of him is total honesty and sincerity towards himself. And that means being honest and responsible towards the audience.」

「If there are some who talk the same language as myself, then why should I neglect their interests for the sake of some other group of people who are alien and remote? They have their own 'gods and idols' and we have nothing in common.」

「In the eyes of 'normal' people he simply appears mad, but Gorchakov responds to his idea - born of deep suffering - that people must be rescued not separately and individually but all together from the pitiless insanity of modern civilisation . . .」

「In Nostalgia I wanted to pursue the theme of the 'weak' man who is no fighter in terms of his outward attributes but whom I nonetheless see as a victor in this life. Stalker delivers a monologue in defence of that weakness that is the true price and hope of life. I have always liked people who can't adapt themselves to life pragmatically. The have never been any heroes in my films but there have always been people whose strength lies in their spiritual conviction and who take upon themselves a responsibility for others. Such people are often rather like children, only with the motivation of adults; from a common-sense point of view their position is unrealistic as well as selfless.」

「What moved me was the theme of the harmony which is born only of sacrifice, the twofold dependence of love. It's not a question of mutual love: what nobody seems to understand is that love can only be one-sided, that no other love exists, that in any other form it is not love. If it involves less than total giving, it is not love.」

「I have always seen myself as a poet rather than a cinematographer」

「For Alexander's little son, as for the witch, Maria, the world is filled with unfathomable wonders, for they both move in a world of imagination, not of 'reality'. Unlike empiricists and pragmatists, they do not believe merely in what they can touch, but rather with the mind's eye they perceive the truth. Nothing that they do complies with 'normal' criteria of behaviour. They are possessed of the gift that was recognised in old Russia as the mark of the 'holy fool', that pilgrim or ragged beggar whose very presence affected people living 'normal' lives and whose soothsaying and self-negation was always at variance with the ideas and established rules of the world at large.」

「Consequently man has come to be regarded first and foremost as a socially usefull animal. By emphasising the social usefulness of someone's activity to the point where the rights of the personality are ignored, we commit an unforgivable mistake and create all the preconditions for tragedy.」
















































ミシェル・エスティーヴ 編/鈴村靖爾 訳 『タルコフスキー』

「堅固さと力は死の仲間に他ならない」
「やわらかさと弱さは、生のみずみずしさを表わすものだ」

(アンドレイ・タルコフスキー 『ストーカー』 より)

「たとえば、わたしが豊かさを望むという場合、わたしが手に入れるであろうものはたぶん、豊かさではなくて、わたしの魂の真実に最も合致したもの、たとえば、貧しさだろう」
(アンドレイ・タルコフスキー、『ストーカー』についての対談より)


ミシェル・エスティーヴ 編/鈴村靖爾 訳 
『タルコフスキー』


国文社 1991年10月25日初版第1刷発行/1993年3月25日初版第2刷発行
259p 四六判 丸背紙装上製本 カバー 定価2,678円(本体2,600円)



本書「訳者あとがき」より:

「本書はフランスの映画研究叢書 《Études cinématographiques》 (Lettres Modernes, Paris) のなかの一巻、Andrei Tarkovsky, 1983 の翻訳である。」
「本書がフランスで刊行されたのは一九八三年、タルコフスキーが、はじめて国外でつくった作品『ノスタルジア』を発表、カンヌ映画祭で「映画創造大賞」を獲得した直後のことである。本書は、その時点において、彼の『ノスタルジア』に至るまでの歩みを回顧、展望する形で編集されたものと考えてよいであろう。こののち、タルコフスキーはスウェーデンで『サクリファイス』を撮り、間もなく突然の死をむかえた。したがってここには、『サクリファイス』についての論考は含まれていないが、(中略)ひとつの完結した論集として、あえて別の論考をもって補足することなく、そのままの形にしておいた。」
「原書には巻頭に、ジャン=ポール・サルトルの 《Discussion sur la critique à propos de L'Enfance d'Ivan》 が収められていたが、(中略)訳書では割合させて頂いたことを、お断りしておく。」



タルコフスキー1


帯文:

「映像作家タルコフスキーの全貌に迫る」


帯背:

「タルコフスキーを読む」


目次:

序文 (ミシェル・エスティーヴ)
アンドレイ・タルコフスキー、あるいは絶対の探求 (マルセル・マルタン)
タルコフスキー的スタイルの源泉――『僕の村は戦場だった』 (マルセル・マルタン)
精神的なるものの全き実在――『アンドレイ・ルブリョフ』 (フランス・ファラゴ)
宇宙飛行士の孤独――『惑星ソラリス』 (マリー=クロード・ティグーレ)
記憶の時――『鏡』 (ミシェル・エスティーヴ)
『ストーカー』I――〈信ずること〉を求めての探索行、あるいは精神の最後の息吹 (ジャック・ゲルステンコルン/シルヴィー・ストリューデル)
『ストーカー』II――三位一体に導かれた懐疑の映画 (ジェラール・パンゴン)
シジフォスのことを思い出したまえ――『ノスタルジア』 (フランソワ・ラマッス)
七本の映画のあとに (バルテルミー・アマンギュアル)

訳者あとがき



タルコフスキー2



◆本書より◆


「アンドレイ・タルコフスキー、あるいは絶対の探求」より:

「タルコフスキーは次のようにも語る――「社会は詩人の必要性などには無関心になってしまった。いや、芸術家一般に対してそうなってしまったのだ。あの“狂人”たちが居なくなったら、社会も死滅するということに対し、社会は眼をつむりたがるのである」。」

「『ノスタルジア』について、彼はこう語る。「わたしはこの作品で、典型的にロシア的な精神的特質を、ドストエフスキーの系譜のなかで提示したいと考えた。この題名のロシア語(ノスタルギア: Nostalghia)は外国語に翻訳しにくい言葉で、同情(コンパシオン)と言ってもいいが、それよりもっと強い意味があり、他者の苦悩に対し、熱烈に自己同一化すること、といった意味である。」

「「自分自身であり続け、なにものにも迎合しない」というこの傲慢な断言は、これまたドストエフスキーにつながるものである。タルコフスキーにはムイシュキン的人物が宿っているのだ」



「精神的なるものの全き実在――『アンドレイ・ルブリョフ』」より:

「タルコフスキーは、現代の悪をこう位置づけた――すなわちそれは、物質的進歩と、現代人における精神生活の欠落ないしは貧窮とのあいだに口をあけた深淵である、と。」

「アンドレイ(=アンドレイ・ルブリョフ)は世界を愛のまなざしを通して眺めるのだが、愛のまなざしは、つねに他者のまなざしである。アンドレイが、若い絵の徒弟、ファマーに次のように語るのは、つまり、愛とはつねに魂の愛にほかならず、自分が責任を持って引き受けている人間に対し、成長と完成を望んでいるからに他ならない――「お前はまるで呼吸をするように嘘をつく。それはお前の病気だ。お前は嘘をつくのが自分でも止められないような病気にかかっているにちがいない」と。嘘をつくとは、自分の存在を逸脱して、自分の外に生きることであり、嘘をつけば、自分自身とのあらゆる可能な意思疎通を、自分自身と他者とのあらゆる真の出会いを根底から断ち切ってしまうことになる。(中略)嘘は、たんに言葉の領域にとどまらず、存在の領域においても成り立つ。(中略)嘘が真実そのものととりちがえられたとき、つまり、嘘が虚偽症の段階にまで達すると(イデオロギー支配の社会の場合には、教条的言葉の段階に)、主体は存在から、存在に到達せんとする一切の希望から切り離されてしまう。(中略)アンドレイが、実存的、宗教的・道徳的な虚言癖に憤激するのは、彼が内的真実をなににもまして大事にしているからに他ならない。」

「小川のなかをうねうねと泳いでいく蛇に眼を凝らしていたアンドレイは、いっしょに岸辺に腰を下ろしたフェオファンと会話をはじめる。「祈りによって、魂は見えないものに到達することができる」と彼は言う――祈りによって、ヴィジョンを純化し、肉的な眼に顕れるものの本質にたどりつき、それを復元することが許される、と。(中略)祈りとはある別の次元の知性へと近づくことであり、内的イコンの復元なのだ。」

「『アンドレイ・ルブリョフ』はわれわれに次のことを想起させる――すなわち、精神の生活にはいくつかの原理(レグル)が存在するということ、すべての道が等しいわけではないということ、道を見いだすには苦行が大前提となるということ、を。そしてその場合、われわれの先を歩んだ者たちの敬うべき記憶が、養分と生命の源たる伝統をわれわれに伝えてくれるのである。それら内的生活の法則から逸脱するとき、あらゆる無秩序が生み出され、それがわれわれを苦しめることになるが、それら法則こそは、われわれの受諾の、究極のアーメンの条件なのである。人間の条件は、それが開かれたものである場合にのみ、受容可能となる。いずれにしろ、〈超越〉の記憶と理解を持たなければならない。それこそが、〈開かれてあること〉の唯一の保証なのである。
すべては経済と政治であるという現代の確信――これはわれわれの社会を、閉ざされ希望のない戦場たらしめてしまうところのものだが――とは反対に、タルコフスキーは圧倒的な力をもって、人間固有の次元として、精神的なるものの十全な実在性をこのように再確認する。彼は現代世界のあらゆる類いの卑俗なニヒリズムに対峙しつつ、唯一、存在が在るのだということを、存在においてはなにひとつ変わるものはありえないということを知覚するためには、ただ、おのれのまなざしを研ぎすまし、魂を生気づかせれば十分であるということを再確認するのである。」



「『ストーカー』I――〈信ずること〉を求めての探索行、あるいは精神の最後の息吹」より:

「とはいえ、この映画の中心人物は言うまでもない、作品のタイトル・ロールたるストーカーそのひとである。彼は、ドストエフスキーの小説宇宙を照らし出しているあの何人かの名高いキリスト的人物たちの直径の存在である。この点から見て、彼は歴史から突出した人物だ。ある意味では、別の時代から姿を現わした人物ということもでき、今日ではもはや映画にしか(まさしく、タルコフスキーにおいてしか)見いだすことのできない人物ともいえるだろう。「あのひとが聖人に近い人間であるのは、周知のこと」と、彼の妻は墓碑銘に代わる言葉として叫ぶ。だが、同時にこの中世的人間はわれらの同時代人でもあるのだ。はれものの痕やら傷痕やらからうかがえる彼の病める体の状態は、彼が鉄条網や格子の彼方に何回も身を置いた、苦悩と受難の長い時があったことを証言するものである。(中略)彼はその身に今世紀のあらゆる悪夢を背負っており、彼が黙示録の夢を見るのは、まさに彼がそれを現実に体験したがゆえなのである。」
「われわれは、この〈神的なるものの感覚的領域における顕現〉を通じて、ギリシア正教の伝統的神学を読みとることができる。ストーカーは、いうなれば、そうした伝統神学の具現像でもあるのだ。かくて彼は三人の男のなかで、その精神性が宗教的性格を有する唯一の者であり、自らの希望をある〈他の生〉に置き、神の加護を求め、神に祈る唯一の人間なのである。彼は、幸福は歴史のなかにも、あるいは、微笑みかけるばかりで実現しそうもない〈明日〉にも存しないことを本能的に感じ取っている。というのも、部屋という形で表わされるあれこれの欲望は即座に実現されうるものではないということを、また、耐え忍び、より善き他の世界を待たねばならないということを、彼は経験から知っているからである。彼の信仰原理は、「肝腎なのは、信仰を持つことだ」という短い言葉のなかに、確信的、集約的に言い表わされている。
それゆえにこそストーカーは、精神に対し無関心で敵対的な社会の只中で、精神再生の任務に全力をささげるのである。」

「「信仰のほとんどない人びと」の空間は、(中略)「三角形ABCが三角形A'B'C'に等しい」ようなユークリッド的空間である。反対に、ゾーンのなかでは「直線は最短距離ではない」のである。社会的空間の場合、道行きは、たしかに危険をはらんでいるが既知の地勢に沿う形でなされてゆく。(中略)ところが、いたるところで罠がひそみ、たえず、不意打ち的・恣意的に身を開いていくゾーン空間のなかでは、安全性は未知数である。ストーカーはその仲間に対しのっけから、安全など保証できないと、原則を申しわたしておく。事実、そこではひとが頼れそうな唯一の原則は、非合理という原則でしかない。「遠く踏み入れば入るほど、危険は少なくなる」、また、状況の不安定さについてこうも言う。「以前は危険のなかった場所もいまでは踏破不可能となっている」と。つまり、その道程は本質的に危険なものであることが明らかとなる。「ゾーンは極端に複雑なシステムであり、罠がいたるところにあって、しかもそのどれもが命取りになるものなのだ。」」
「三人の探索は、実をいえば、精神の次元に属することであり空間・時間の次元に属することではないのである。肝腎なのは、信じること、信じようとすることなのだ(中略)。信仰の原則は、信仰を持たぬ者には適用されない、ということなのである。」
「探索の条件のひとつは危険さにある(中略)。社会的空間の場合、それは外部から生み出される――つまり他人たち、背景的環境、効果音などからやってくる。
ゾーンもたしかにひとを脅かす(中略)が、しかし、あくまでも人間の内面に働きかけてくるのである。人間に対するゾーンの独裁的な姿勢は動機なき抑圧といったものではなくて、精神性を認めるか否かといったことなのである。「ゾーンはもはや希望を抱きえない人間は通してくれる。善人でもだめ、悪人でもだめ、不幸な人間ならば許すのだ」と、ストーカーは打ち明ける。かくてひとがゾーンの内部で抱く恐怖は、ひとがゾーンについて抱く恐怖、つまりは自分自身について抱く恐怖に他ならない。(中略)危険なくしては超越はありえないのである。」



「シジフォスのことを思い出したまえ――『ノスタルジア』」より:

「ゴルチャコフという男は、その身なりにおいても立居振舞いにおいても、寡黙にして堅苦しく(「楽しみなどというのは自分が置かれている状況への無理解以外のなにものでもないと思う」とタルコフスキーは宣言する)、魅力にとぼしいばかりか、反感をそそるような男であるが、それ自体ひとつの謎のような存在である。この自己抑制、自分のシルエットへと軽く身をかがめているかとひとに思わせるほどのこの自閉はなにゆえであろうか。この厳しさ、とりわけこの沈黙の衣は、なにゆえであろうか。それに対するなによりの答えはタルコフスキー自身の声が答えてくれる。それは故国を離れた者のノスタルジックな沈黙であり、自らの根っこを断ち切られた者の生気喪失に他ならない、と。」

「映画の前半の部分で、温泉ホテルの止宿者たちも、彼らの問題に直面していた――「イタリアには狂人がいっぱい居る。彼らがわれわれを狂わせるのだ。人びとは精神病院の扉を開けてしまったのだ。――人びとは彼らを理解しようとしない。彼らは孤独だ。だが、彼らのほうがより真理の近くに在るのは確かだ」。タルコフスキー自身はこう宣言する――社会は「もしもこれら“狂人”たちが消え去ったなら、社会自身が死滅するということを無視したがっている」と。狂人は彼の作品に頻繁に登場する。人びとが追放・監禁してしまう『アンドレイ・ルブリョフ』のなかのそれ。周囲の人びとが考えるような者としての『ソラリス』のなかのケルヴィン。さらには『ストーカー』のなかの「福音」たるストーカーその人、などである。(中略)「きみたちは恥じねばならぬということを、もし狂人がきみたちに語らねばならぬとしたら、われわれはいったいいかなる世界に生きているのか」とドメニコは叫ぶ。」



「七本の映画のあとに」より:

「彼の映画〔『ノスタルジア』〕のなかで、主人公のアンドレイ・ゴルチャコフは、水浸しに近い教会の廃墟のなかに入っていく。彼は独語しながら水のなかを進み行き、ついで、壁の穴から姿を現わす少女と対話する。「ひとつお話をしてあげよう。ある男が沼で溺れて命を失いかかっている男を救う。すると相手は言うのだ――“馬鹿もの、なぜこんなことをする。おれはあそこでこそ生きていたんだぞ!”とな」」
「こうした非難は文字通り普遍化され、資本主義的、ブルジョワ的世界へと拡大される。この批判ひとつによって、人間たちの意志に反して彼らを権力づくで幸福にせんとする政治的意志、合理主義精神、快楽主義的経済または計画経済(あるいはその双方)、社会進歩を信条とする科学の思い上がり……等をひとつ穴のムジナとして断罪するのである。「進歩とはよき方向なのか? 教条主義者たちは然りという。異端糾問の宗教裁判所の犠牲者の数を、強制収容所の犠牲者のそれと較べたら宗教裁判は黄金時代だったといえるだろう。」
「『ストーカー以上に、『ノスタルジア』は狂人の弁明を展開する――イタリアであれロシアであれ、世界を滅亡に導いているのは「理性ある人間たち」なのではないか、と。
トスカナのバーニョ・ビニョーニの村で、ドメニコは光をのがれ、世界の終末を待望し、同時に怖れながら、家族とともに七年間、自己幽閉の生活を送った。だが、彼はいぜんキリストの真実に到達しなかった。「おれは家族を救おうと願った。だが、救わねばならないのは世界全体なのだ。」そして、いま彼は言う、「しずくの一適にもう一適を加えてもより大きなしずくができるだけで、二滴のしずくとはならない」と。不可解な雨がだら漏りする荒廃した棲み家の壁に貼った新聞紙のうえに、ドメニコはポスターの文字風に“1+1=1”と書き記している。彼は新しい「狂気」を自らに課す。火をともしたろうそくを消さぬようにしながら、聖女カテリーナの湯殿をわたりおおせよう、というのである。「おれはまだそれをなし遂げていない。奴らはおれが溺れるというのだ。おれを気狂い呼ばわりして、湯のなかから引っぱり出すのだ。」ある日、彼はそれ以上ゴルチャコフに意中を打ち明けることを拒み、沈黙に閉じ込もってしまう。ドメニコは環境保護派(?)の集会で、その沈黙を破る。破れた張り幕が狂気と精神の健康について語る。その文句は「われわれは狂人であり、われわれは正気だ」と読み取れるとわたしは信じた。それはともかく、マルクス・アウレリウスの騎馬像のうえに登ったドメニコは、予言者的激昂に駆り立てられて、絶叫する。「われわれは、狂人も正気の人間も、ひとつに合体しなければならぬ。われわれが住む世界をつくったのは正気の人間どもである。だが、もしひとりの狂人が、きみたちはこの世界を恥じるべきだときみたちに告げるとしたら、われわれの世界ははたしていかなるものとなるのか?」」




こちらもご参照下さい:
『エリアーデ著作集 第二巻 豊饒と再生 ― 宗教学概論2』 (久米博 訳)

















































アンドレイ・タルコフスキイ 『タルコフスキイの映画術』 (扇千恵 訳)

アンドレイ・タルコフスキイ 
『タルコフスキイの映画術』 
扇千恵 訳


水声社 2008年12月1日第1版第1刷印刷/同10日発行
211p 著者/訳者について1p 
A5判 丸背紙装上製本 カバー 定価2,500円+税



「訳者あとがき」より:

「本書は、一九八九年に映画撮影所「レンフィルム」から発行された『映画演出講義』(中略)の翻訳である。」
「実は日本でもすでにこの講義録の一部が刊行されている。鴻英良氏によって翻訳された、タルコフスキイ著『映像のポエジア 刻印された時間』(一九八八年、キネマ旬報社)所収の第五章前半部分がそれにあたるが、その「訳者あとがき」で述べられているように、この本に収録するにあたってタルコフスキイ本人が大幅に手を加えたものである。」


「編者の言葉」より:

「本テキストは、アンドレイ・アルセーニエヴィチ・タルコフスキイがソ連邦映画委員会付属脚本家・監督二年制高等クラスで行なった講義の速記録をもとに作成された。映画芸術に対する作家の考え方をできる限り完全なかたちで示すため、この「講義」テキストにはA・A・タルコフスキイの同意を得て、以前公表された以下の論文からの抜粋が含まれている。
 「刻印された時間」 (『映画芸術の諸問題』 モスクワ、一九六七年)
 「新しい課題を前にして」 (『映画芸術』 第三号、一九七九年)
 「何よりも同志」 (『ソヴェートの演劇および映画芸術家』 モスクワ、一九七七年)
 全ソ映画労働者評議会での発言 『スクリーンと現代』 (モスクワ、一九八〇年)
 N・M・ゾールカヤ録、A・A・タルコフスキイ・インタビュー (論集 『キノ・パノラマ』 第二版、モスクワ、一九七七年)
本「講義録」のテキストはA・A・タルコフスキイによって一九八一年に承認され、参考図書として将来刊行するため高等クラスの指導部に手渡された。」



タルコフスキイの映画術1


帯文:

「映画――それは人間を全世界と結ぶ普及の芸術。
世紀を超え、国家を超え、いまなお観客の魂を魅了する映像作家、タルコフスキイ。映画に対する情熱から、作劇、演出の実際にいたるまで、現在に遺されたソ連時代の肉声を集成し、《映像詩人》の原点に迫る、貴重な映画論集。」



帯背:

「甦るタルコフスキイ」


目次:

編者の言葉 (K・ロプシャンスキイ)

第一章 芸術としての映画
第二章 映画イメージ
第三章 シナリオ
第四章 構想とその実現
第五章 モンタージュ

映画作品名索引
A・A・タルコフスキイ年譜

訳者あとがき



タルコフスキイの映画術2



本書より:



「映画における作家の仕事の本質とは何か? 条件付きではあるが、それを時間の彫刻、と定義することが可能だろう。彫刻家が大理石の塊を前にして内部に自分の未来の作品像を感じつつ、余分なものをすべて取り去るのと同様、映画人は生活の事実という巨大で分解しがたい総体をかかえた「時間の塊」からあらゆる不要物を削り落とし、捨て去り、構成された映画的イメージとして、将来明らかになるものだけを残していく。」

「私には「分かりやすい言葉」とはどういうものか理解できない。ただひとつの方法、それは誠実な言葉である、と私には思える。自分らしくあること以外の道を私は知らない。」







































































プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本