FC2ブログ

John Cage "M: Writings '67-'72"

John Cage 
『M: Writings '67-'72』


Wesleyan University Press, 1973
217p, 23.5x19cm, paperback


Wesleyan University Press のジョン・ケージ著作集シリーズ三冊目。
1973年は初版刊行年です。わたしが買ったのは2000年代に入ってからの増刷だとおもいます。

シリーズ内容は:

Silence: Lectures and Writings
A Year from Monday: New Lectures and Writings
M: Writings '67-'72
Empty Words: Writings '73-'78
X: Writings '79-'82


john cage - m 1


CONTENTS:

Foreword
Diary: How to Improve the World (You Will Only Make Matters Worse) Continued 1968 (Revised)
62 Mesostics re Merce Cunningham
36 Mesostics Re and Not Re Marcel Duchamp
Mureau
Diary: How to Improve the World (You Will Only Make Matters Worse) Continued 1969
Song
Six Mesostics (Present; On the windshield of a new Fiat for James K. and Carolyn Brown; In Memoriam S.W.; July 13, 1972; For A.C. on his 70th birthday; Ten years before sixty-seven)
Diary: How to Improve the World (You Will Only Make Matters Worse) Continued 1970-71
Mushroom Book
25 Mesostics Re and Not Re Mark Tobey
Diary: How to Improve the World (You Will Only Make Matters Worse) Continued 1971-72



「本書のタイトルはアルファベットの二十六文字を易のチャンス・オペレーションにかけることによって得られたものである。私としては、ほかのどの文字でもよかったのだが、「M」は、まさしく、私が長年かかわってきた多くの言葉や名前の頭文字なのだ(音楽 music、きのこ mushrooms、マルセル・デュシャン、M・C・リチャーズ、モリス・グレイヴス、マーク・トービー、マース・カニンガム、マーシャル・マクルーハン)。最近ならメゾスティック mesostics、毛沢東 Mao Tse-tung。「M」はまた、本書に収められた型破りな文章のなかでもよりいっそう型破りな文章である「Mureau」の頭文字でもある。」
(「序文」より。)

「Mureau」は、音楽(Music)とH・D・ソーロー(Henry David Thoreau)を合成した〈かばん語〉で、ソーローの日記から抜き出された音楽(music)や静寂(silence)や音(sounds)に関する発言を「チャンス・オペレーション」にかけることによって書かれています。


john cage - m 2


ケージ本人による「Mureau」の朗読は、Internet Archive のサイトで聞けます:

John Cage studio performance, January, 1979. (January 1, 1979)
A John Cage studio reading of "Mureau", "She's asleep", and "Six melodies for violin and keyboard."
http://archive.org/details/John_Cage_studio_performance_January_1979_79P127

活字で読むとほとんど拷問のような難解なテクストですが、耳で聞くととても心地良いです。私は鬱がひどかったときに、これを CD-R に焼いて一日中寝ながら聞いていました。


「1952年に、私は、モートン・フェルドマン、クリスチャン・ヴォルフ、アール・ブラウン、そしてデヴィッド・チューダーと共に、「音楽的」かどうかの判断とか、記憶とか好き嫌いとか、音と音との相互的係わり合いとかから解き放たれた、ただひたすらに「音」そのものであるような音楽を作り始めた。慣習的な音楽の理論は「楽音」だけを取り扱っていて、「騒音(ノイズ)」に関してはノータッチだったから、必要とされるべきは、ノイズに、ノイズの無法性に立脚した音楽であることは当初から明らかだった。そうしたアナーキーな音楽を作ってしまえば、演奏においては、いわゆる「楽音」さえ包括することができた。」
(「序文」より。)


john cage - m 3


「日記(Diary)」シリーズは小話とかも入っていて面白いし、様々な字体やインクの濃淡を使って遊んでいて見た目にも楽しいですが、本書収録の1969年の分に関しては、かなりのページで一部の薄い文字がかすれてしまっていて、判読困難な部分が多々あったので、本書を購入予定の方はそのへんを考慮に入れておくとよいです。


john cage - m 4


















































































John Cage "X: Writings '79-'82"

John Cage 
『X: Writings '79-'82』


Wesleyan University Press, 1983
187p, 23.5x19.5cm, paperback



Wesleyan University Press のジョン・ケージ著作集シリーズ五冊目。
1983年は初版刊行年です。わたしが買ったのは2000年代に入ってからの増刷だとおもいます。

シリーズ内容は:
Silence: Lectures and Writings
A Year from Monday: New Lectures and Writings
M: Writings '67-'72
Empty Words: Writings '73-'78
X: Writings '79-'82

だんだん余白が多くなっていきます。


john cage - x 1


「互いに争うだけしか能が無い「国家」などとっくに終わっている。われわれが生きる場所に制限などあってはならないのだということを実行してみせるために、われわれは巨大産業のやり方を慎重に学ばなくてはなるまい。愛国心? そんなものは宇宙空間にでも持っていけばよろしい。」
(「序文」より)
 
「本書のタイトル(「X」)は、「M」と同様、チャンス・オペレーションによって得られた。それが意味するのは未知のなにか。詩が生きる場所、額縁に入っているのもそうでないのも見るもの全てがアートである場所、レコードからきこえるのもそうでないのも全てが音楽である場所。」
(「序文」より)


CONTENTS:

Foreword
Writing for the Fourth Time through Finnegans Wake
"There is not much difference between the two." (Suzuki Daisetz)
Toyama 1982
James Joyce, Marcel Duchamp, Erik Satie: An Alphabet
Another Song
Writing through the Cantos
(untitled)
B. W. 1916-1979
Composition in Retrospect
for the first exhibition with love
Diary: How to Improve the World (You Will Only Make Matters Worse) Continued 1973-1982
Wishful Thinking
Muoyce (Writing for the Fifth Time through Finnegans Wake)



john cage - x 2


本文中の12点の挿入図版(Weather-ed I-XII)は、ケージの要請によってポール・バートン(Paul Barton)が作成した、ニューヨークのシーゲル・クーパー・デパートの写真の風化したイメージ。

おなじみの「日記 Diary: How to Improve the World (You Will Only Make Matters Worse)」と、実験的散文「MUOYCE (Writing for the Fifth Time through Finnegans Wake)」(「MUOYCE」は「Music」と「Joyce」のかばん語)の他は、ほぼ全て「メゾスティック(mesostic)」(アクロスティックの変形で、縦書きにされた人名(DUCHAMP、JOYCE、SATIE 等)を柱に文章が生成されていく)の方法で書かれています。
瀧口修造のメゾスティックもあります。

「iT
is A long time
i don't Know how long
sInce
we were in a room toGether now i hear
that yoU are dead but when i think of
you as now i have the Clear impression
tHat
tenderly smIling you're alive as ever」

(ふりが
どうせしてから
つきひはめって
どのくらいたましたか
あなたがんだと きいて
おもいだすのは しじ
おだやかな ほほえみをかべている
あなたの えい
いまでも いきているよに)
 
*
 
「deaTh is
At all times
liKe
lIfe
now that you are a Ghost
yoU are as you were
a Center among centers
world-Honored
world-honorIng
 
late yeSterday evening
tHe moon in los angeles
low in the east not fUll
do you see suZuki daisetz
give him my lOve」
 
(あなは ゆうれいになっても かわらない
ているのも しんでいるのも おなじこと
せかいに ことほがれ せかいを ことほ
ゅう

の なかの ちうしん
きのの よる つきは ひがしに
まんげつではなく ―どう つたえてください
むこで ダイセツにあったら よろしくと)


john cage - x 3


「ある日、デュシャンの死後のことだが、奥さんのティーニーに連れられて、そのころまだフィラデルフィアに移される前でニューヨークにあった「遺作」を、見に行ったことがあった。十番街を並んで歩きながら、私は、思い切って言ってみた。
 「ティーニー、実はね、ぼくにはマルセルの作品がわからないんだ」
 彼女は言った。
 「わたしもよ」
 本人が生きているあいだに、聞いてみることもできたのに、私は聞かなかった。ただそばにいるだけでよかったのだ。私は彼が好きだったし、今世紀の他のどんなアーティストにも増して、私の生き方を変えたのは彼だった。1950年代のある日、ヴェネツィアで彼に会った。私は笑って言った。
 「ぼくが生まれた年に(ケージは1912年生まれ)、あなたはすでに、今ぼくがやっていることをやっていました――チャンス・オペレーションをね」
 デュシャンは微笑んで言った。
 「わたしは時代を五十年は先取りしていたはずなんだがね」」
(「ジェイムズ・ジョイス、マルセル・デュシャン、エリック・サティ: アルファベット」序文より)


ところで、本書の表紙の「X」の文字の下に、長方形のシール剥がし跡みたいなのが二つ並んで印刷されています。これは何なのかと疑問に思っていたら、初版のカバーデザイン(下の画像)を単色にして使い回したせいでこうなってしまったようです。


john cage x 1st ed















































































John Cage "MUSICAGE" (ed. by Joan Retallack)

"So, get lost. To get lost, but not worry about being lost."
- John Cage


Editor: Joan Retallack
『MUSICAGE:
Cage Muses on Words. Art. Music』

John Cage in Conversation with Joan Retallack

Wesleyan University Press, Published by University Press of New England, Hanover, 1996, reprinted 2011
xlvii, 360p, 22.8x15.3cm, paperback
Cover front: John Cage, Dramatic Fire #15, 1989



本文中図版(モノクロ)17点。


john cage - musicage 1


ジョン・ケージの晩年、マンハッタンのチェルシー地区にあったケージのロフトで死の13日前まで3年間に渡って行なわれたジョーン・レタラックによるインタビュー/対話集。電話がひっきりなしに鳴ったり、窓外の騒音を避けるために場所を移動したり、料理したり、テーブルの上に居すわってしまった猫の機嫌を損ねないようにどかしたりといった出来事も記録されています。ケージのメゾスティック(言葉遊びによる作品)、美術作品(表紙参照)、音楽作品(近作)を中心に、禅やアナーキズムやエコロジー、ナノテクノロジー、ノーマン・O・ブラウンと疎遠になってしまった理由等について語られています。「ディオニュソス」的なノーマン・ブラウンはケージのオプティミズムや「Discipline」という言葉の使用を「アポロ的」であると批判していたようです。レタラック女史もケージのオプティミズムの底にキルケゴール的な絶望との闘争を見出そうとしていますが、ケージは譲りません。
湾岸戦争が激化し、ケージ宅に強盗が押し入るというような事件もあったようですが、それでもケージはオプティミストであることをやめませんでした。


Contents:

List of Illustrations
Acknowledgments
Introduction: Conversations in Retrospect (Joan Retallack)

I. WORDS
Art Is Either a Complaint or Do Something Else (John Cage)
Cage's Loft, New York City:
September 6-7, 1990 (John Cage and Joan Retallack)

II. VISUAL ART
Cage's Loft, New York City:
October 21-23, 1991 (John Cage and Joan Retallack)

III. MUSIC
Cage's Loft, New York City:
July 15-17, 1992 (John Cage and Joan Retallack)
July 18, 1992 (John Cage, Joan Retallack, and Michael Bach)
July 30, 1992 (John Cage and Joan Retallack)

Appendixes
A. Selected Cage Computer Programs
B. Mesostic Introduction to The First Meeting of the Satie Society
C. Writing through Ulysses (Muoyce II). Typescript Page from Part 17 based on the "Nighttown" section of Ulysses
D. Excerpts from Manuscript and Score of Two6 (1992)
E. Notated Time Bracket Sheets for Thirteen (1992), Pages 14, 15, 16
F. Writing through Ulysses (Muoyce II), Part 5
G. IC Supply Sheet Marked by Cage with Red, Blue, and Black Pencils
H. Excerpts from Score for Europera 5
I. Europera 5 at MOMA
J. Letter Outlining Plans for Noh-opera
K. Notated Time Bracket Sheets for 58 (1992), Pages 2 and 4
L. Project for Hanau Squatters
M. First Page of One8 (1991)
N. First Page of Ten (1991), Violin I

Index



john cage - musicage 3



◆本書より◆


「WORDS」より:

「JC: (...) I really think of individuals as having their own uniqueness. So that I'm not sympathetic to people who consider themselves members of a minority group. And I don't really support minority groups. I don't like the notion of the power or the weakness of a group. Hmm? I consider that a form of politics, and I think we've passed that.
JR: What would you substitute for the notion of politics?
JC: The uniqueness of the individual.
JR: In -
JC: In every case.
JR: In a free, anarchic society.
JC: Anarchic society.」

(それぞれの個人にそれぞれ独自の固有性がある。だからたとえマイノリティ団体だろうと、団体のメンバーになってしまうような人たちには共感できない。)

「JR: We're taught very early that we should know where we're going and we should leave a well-marked, indelible, inedible trail. Otherwise we might end up like Hansel and Gretel.
JC: In my opinion, at present, (...) we get along better with our work when we know less about it. When we're more or less ignorant of it. And that happens very quickly. I mean you don't have to study long to become ignorant. (...) In fact, I could by the various means that I'm using, I could approach what you said about Hansel and Gretel - I could approach not knowing, hmm? with pleasure, much more closely than knowing would give me.
JR: And so -
JC: So, get lost. To get lost, but not worry about being lost.」

(自分がやっていることについて無知でいるほうがうまくいく。現状認識なんかしなくていい。ヘンゼルとグレーテルは道に迷えばいい。道に迷ったって気にすることはない。)


「MUSIC」より:

「The only proper education, and the only education really that counts, is the education you give yourself. It seems to me so. That has been my experience. I didn't feel as though I was learning anything until I left school. It took fifteen years after leaving school to discover that I had something that I wanted to learn.」
(自己教育だけがまともな、意味のある教育だ。ぼくがなにかを学んだのは学校を卒業してからだ。学校を出て十五年たってようやく自分が学びたいものを見つけたんだ。)


























































































Morton Feldman "Give My Regards to Eighth Street"

"Sound is all our dreams of music. Noise is music's dreams of us."
(Morton Feldman)


Morton Feldman :
Give My Regards to Eighth Street
Collected Writings of Morton Feldman


Edited with an introduction by B. H. Friedman
Afterword by Frank O'Hara

Exact Change, Cambridge, 2000
xxx, 222pp, 20.2x15.2cm, paperback
Cover painting: Friend - to M. F. by Philip Guston, 1978



作曲家モートン・フェルドマンの文章を集成。自作についてのコメントや、音楽、美術についてのエッセイ
など。


morton feldman 1


Table of Contents:

Acknowledgments
Morton Feldman: Painting sounds by B. H. Friedman

Sound, Noise, Varese, Boulez (1958)
Liner Notes (1962)
Structures for Orchestra (1962)
Mr. Schuller's History Lesson (1963)
Marginal Intersection, Intersection II, Intersection VI (1963)
Vertical Thoughts (1963)
A Life without Bach and Beethoven (1964)
...Out of "Last Pieces" (1965)
Four Instruments (1965)
The Anxiety of Art (1965)
Predeterminate/Indeterminate (1965)
Philip Guston: The Last Painter (1966)
In Memoriam: Edgard Varese (1966)
Earle Brown (1966)
Boola Boola (1966)
Conversations without Stravinsky (1967)
Some Elementary Questions (1967)
After Modernism (1967)
Neither/Nor (1969)
Between Categories (1969)
The Viola in My Life (1971-1972)
False Relationships and the Extended Ending (1971)
Give My Regards to Eighth Street (1971)
Who Was Sonia Sekula? (1971)
Frank O'Hara: Lost Times and Future Hopes (1972)
A Compositional Problem (1972)
I Met Heine on the Rue Fuerstemberg (1973)
John de Menil (1973)
Statement (1975)
Rothko Chapel (1976)
For Frank O'Hara (1976)
Philip Guston: 1980/The Last Works (1980)
String Quartet (1981)
Crippled Symmetry (1981)
More Light (1982)
Triadic Memories (1982)
The Future of Local Music (1984)
String Quartet II (1984)
For Philip Guston (1986)
Coptic Light (1986)
I Want to Thank (1986)
Unpublished Writings

New Directions in Music: Morton Feldman by Frank O'Hara

Sources



本書より:

"In music, when you do something new, something original, you're an amateur. Your imitators - these are the professionals."

"A world-famous composer said on television not long ago that the one unforgivable thing in art is anarchy. One must learn the rules, he said, if it's only to break them.
Yes, everybody keeps saying that. I've never understood it. I never understood what I was supposed to learn and what I was supposed to break. What rules? Boulez wrote a letter to John Cage in 1951. There was a line in that letter I will never forget. "I must know everything in order to step off the carpet." And for what purpose did he want to step off the carpet? Only to realize the perennial Frenchman's dream... to crown himself Emperor. Was it love of knowledge, love of music, that obsessed our distinguished young provincial in 1951? It was love of analysis - an analysis he will pursue and use as an instrument of power."



morton feldman 2

















































































プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
 
うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから
 
◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本