『Edward Gorey: His Book Cover Art & Design』

『Edward Gorey:
His Book Cover Art & Design』

Essay by Steven Heller

Pomegranate Communications, Inc., 2015
132pp, 26x21.2cm, hardcover, dust jacket
Designed by Patrice Morris
Printed in China



本書はもっていなかったのですがアマゾンマケプレで新品が送料込で3,000円以下で売られていたので(定価は40ドル)注文しておいたのが届いたのでよんでみました。


gorey - book cover 01


Contents:

Edward Gorey's Cover Story by Steven Heller
Index of Book Titles



gorey - book cover 02


これはどういう本かというと、エドワード・ゴーリーが1950年代に出版社に就職して手がけた本の表紙(カバー)絵を中心に、絵本作家として認知されて以降も続けられた自著以外のブックカバーの仕事を概観した画集(書影集)であります。
ふだんはあまり見られないゴーリーのハイセンスな色彩感覚が存分に堪能できるであります。
同じ著者・編者によるものはデザインに統一感を持たせているであります。
本書の巻頭論文を書いているスティーヴン・ヘラーは同じタイトル(「Edward Gorey's Cover Story」)で生前のゴーリーにブックカバーの仕事についてインタビューしているので(ゴーリーのインタビュー集『Ascending Peculiarity(どんどん変に)』に収録されています)、併読されるとよいです。


gorey - book cover 03


アラン=フルニエ『グラン・モーヌ』表紙絵。


本書に掲載されている本(1ページ1点、裏表紙も描いているものは見開きでカラー印刷されています)は、
①表紙(カバー)のみを担当しているもの
②表紙(カバー)と本文挿絵(イラスト)を担当しているもの
③共作絵本(ゴーリー以外の人が文章を書いている絵本)
の三つに分けられます(他にブックデザインの仕事用のビジネスカード(業務用名刺)と、ゴーリー自身による児童書デザイン講習会のパンフレット(ブックカバーを模したデザインになっています)の図版も掲載されています)。②と③のうち主要なものはゴーリー没後に復刊されて現在も入手可能ですが、これらは表紙絵だけを見せられても隔靴掻痒感が否めないので、本書では①に徹底して欲しかったと思わずにいられませんが、それはそれでよいです。

本書掲載図版を上記ジャンル別に分類すると以下のようになります(「PB」はペーパーバック、「HC」はハードカバーの略号)。

①表紙(カバー)のみを担当しているもの
The Wanderer by Alain-Fournier (Doubleday Anchor, 1953, PB)
Lafcadio's Adventures by André Gide (Doubleday Anchor, 1953, PB)
Shakespeare by Mark Van Doren (Doubleday Anchor, 1953, PB)
Loving by Henry Green (Doubleday Anchor, 1953, PB)
The Romance of Tristan and Iseult by Joseph Bédier (Doubleday Anchor, 1953, PB)
The Secret Agent by Joseph Conrad (Doubleday Anchor, 1953, PB)
No Vacation for Maigret by Georges Simenon (Doubleday (Crime Club), 1953, HC)
Greek Tragedy: A Literary Study by H. D. F. Kitto (Doubleday Anchor, 1954, PB)
What Maisie Knew by Henry James (Doubleday Anchor, 1954, PB)
Hamlet and Oedipus: A Classic Study in the Psychoanalysis of Literature by Ernest Jones (Doubleday Anchor, 1954, PB)
The Garden to the Sea by Phillip Toynbee (Doubleday, 1954, HC)
It Isn't This Time of Year at All! An Unpremeditated Autobiography by Oliver St. John Gogarty (Doubleday, 1954, HC)
Lucky Jim by Kingsley Amis (Doubleday, 1954, HC)
America by Franz Kafka (Doubleday Anchor, 1955, PB)
The Ancient City: A Classic Study of the Religious and Civil Institutions of Ancient Greece and Rome by Numa Denis Fustel De Coulanges (Doubleday Anchor, 1955, PB)
An Elizabethan Song Book: Lute Songs: Madrigals & Rounds edited by Noah Greenberg, W. H. Auden, and Chester Kallman (Doubleday Anchor, 1955, PB)
The Perfect Joy of St. Francis by Felix Timmermans (Doubleday Image, 1955, PB)
Start from Somewhere Else: An Exposition of Wit and Humor Polite and Perilous by Oliver St. John Gogarty (Doubleday, 1955, HC)
The American Puritans: Their Prose and Poetry edited by Perry Miller (Doubleday Anchor, 1956, PB)
A Hero of Our Time by Mihail Lermontov (Doubleday Anchor, 1956, PB)
Pleasures and Days and Other Writings by Marcel Proust (Doubleday Anchor, 1957, PB)
Chance by Joseph Conrad (Doubleday Anchor, 1957, PB)
Stendhal: On Love (Doubleday Anchor, 1957, PB)
The American Transcendentalists: Their Prose and Poetry edited by Perry Miller (Doubleday Anchor, 1957, PB)
Tales of Good and Evil by Nikolai V. Gogol (Doubleday Anchor, 1957, PB)
True Tales from the Annals of Crime and Rascality by St. Clair McKelway (Vintage Books, 1957, PB)
The Awkward Age by Henry James (Doubleday Anchor, 1958, PB)
The Autobiography of William Butler Yeats (Doubleday Anchor, 1958, PB)
The Masters by C. P. Snow (Doubleday Anchor, 1959, PB)
Nineteenth Century German Tales edited by Angel Flores (Doubleday Anchor, 1959, PB)
The Black Girl in Search of God by George Bernard Shaw (Putnam Capricorn, 1959, PB)
St. Peter's Day and Other Tales by Anton Chekhov (Putnam Capricorn, 1959, PB)
The Web and the Rock by Thomas Wolfe (Grossett & Dunlap (Universal Library), c. 1950s, HC)
You Can't Go Home Again by Thomas Wolfe (Grosset & Dunlap (Universal Library), c. 1950s, HC)
The Sot-Weed Factor by John Barth (Doubleday, 1960, HC)
From Beowulf to Virginia Woolf by Robert Manson Myers (Charter Books, 1963, PB)
The Innocent Curate by Paris Leary (Doubleday, 1963, HC)
Adders on the Heath by Gladys Mitchell (London House and Maxwell, 1963, HC)
Things: Stories of Terror and Shock by Six Science-Fiction Greats edited by Ivan Howard (Belmont Books, 1964, PB)
The Dark Beasts and Eight Other Stories from the Hounds of Tindalos by Frank Belknap Long (Belmont Books, 1964, PB)
Mr. Christopoulos by Charity Blackstock (London House and Maxwell, 1964, HC)
Death in the Wasteland by George Bellairs (London House and Maxwell, 1964, HC)
Come Back, Dr. Caligari by Donald Barthelme (Doubleday Anchor, 1965, PB)
Death of a Delft Blue by Gladys Mitchell (London House and Maxwell, 1965, HC)
The Duke of Palermo and Other Plays by Edmund Wilson (Farrar, Straus and Giroux, 1969, HC)
A Finger to Her Lips by Evelyn Berckman (Doubleday, 1971, HC)
The Age of Madness edited by Thomas Szasz (Doubleday Anchor, 1973, PB)
A Song and a Diary for A by Richard Elliott (Adventures in Poetry, 1973, PB)
Grande Dames of Detection: Two Centuries of Sleuthing Stories by the Gentle Sex selected by Seon Manley and Gogo Lewis (Lothrop, Lee & Shepard, 1973, HC)
Mistresses of Mystery: Two Centuries of Suspense Stories by the Gentle Sex selected by Seon Manley and Gogo Lewis (Lothrop, Lee & Shepard, 1973, HC)
Other People's Mail: Letters of Men & Women of Letters edited by Lola Szladits (New York Public Library, 1973, HC)
The Second Sin by Thomas Szasz (Doubleday Anchor, 1974, PB)
Devils & Demons: A Treasury of Fiendish Tales Old & New selected by Marvin Kaye (Doubleday, 1987, HC)
Witches & Warlocks: Tales of Black Magic, Old & New selected by Marvin Kaye (Guild America Books, 1989, HC)
Haunted America: Star-Spangled Supernatural Stories selected by Marvin Kaye (Doubleday, 1990, HC)
13 Plays of Ghosts & the Supernatural selected by Marvin Kaye (Guild America Books, 1990, HC)
The Sibyl in Her Grave by Sarah Caudwell (Delacorte Press, 2000, HC)

②表紙(カバー)と本文挿絵(イラスト)を担当しているもの
Bleak House by Charles Dickens (Doubleday, 1953, HC, text illus.)
Thèrése by François Mauriac (Doubleday Anchor, 1956, PB, text illus.)
The Middle of the Journey by Lionel Trilling (Doubleday Anchor, 1957, PB, text illus.)
Victory by Joseph Conrad (Doubleday Anchor, 1957, PB, text illus.)
Men and Gods by Rex Warner (Looking Glass Library, 1959, HC, text illus.)
The Haunted Looking Glass: Ghost Stories Chosen by Edward Gorey (Looking Glass Library, 1959, HC, text illus.)
The War of the Worlds by H. G. Wells (Looking Glass Library, 1960, HC, text illus.)
The Comic Looking Glass edited by Hart Day Leavitt (Looking Glass Library, 1961, HC, text illus.)
The Man Who Sang the Sillies by John Ciardi (J. B. Lippincott, 1961, HC, text illus.)
You Read to Me, I'll Read to You by John Ciardi (J. B. Lippincott, 1962, HC, text illus.)
The Dream World of Dion McGregor by Dion McGregor (Bernard Geis Associates, 1964, HC. text illus.)
The Christmas Bower by Polly Redford (E. P. Dutton, 1967, HC, text illus.)
Cobweb Castle by Jan Wahl (Holt, Rinehart and Winston, 1968, HC, text illus.)
Hauntings: Tales of the Supernatural edited by Henry Mazzeo (Doubleday, 1968, HC, text illus.)
Merry, Rose, and Christmas-Tree June by Doris Orgel (Alfred A. Knopf, 1969, HC, text illus.)
Someone Could Win a Polar Bear by John Ciardi (J. B. Lippincott, 1970, HC, text illus.)
Miss Clafooty and the Demon by J. David Townsend (Lothrop, Lee & Shepard, 1971, HC, text illus.)
Lions and Lobsters and Foxes and Frogs: Fables from Aesop by Ennis Rees (Young Scott Books, 1971, HC, text illus.)
Limericks edited by Betty Jane Wagner (includes limerick by Edward Gorey) (Houghton Mifflin, 1973, PB, text illus.)
The House with a Clock in Its Walls by John Bellairs (Dial Press, 1973, HC, text illus.)
Instant Lives by Howard Moss (Saturday Review Press, 1974, HC, text illus.)
The Rats of Rutland Grange by Edmund Wilson (Gotham Book Mart, 1974, PB, text illus.)
What Nigel Knew by Evan Field (Clarkson N. Potter, 1981, HC, text illus.)
Old Possum's Book of Practical Cats by T.S. Eliot (Harcourt Brace Jovanovich, 1982, HC, text illus.)
Cautionary Tales for Children by Hilaire Belloc (Harcourt, 2002 (illustrations c. 1989-1999), HC, text illus.)

③共作絵本(ゴーリー以外の人が文章を書いている絵本)
Three Ladies beside the Sea by Rhoda Levine (Atheneum, 1963, HC, text illus.)
The Jumblies by Edward Lear (Young Scott Books, 1968, HC, text illus.)
The Dong with a Luminous Nose by Edward Lear (Young Scott Books, 1969, HC, text illus.)
Donald and the . . . by Peter Neumeyer (Addison-Wesley, 1969, HC, text illus.)
Why We Have Day and Night by Peter F. Neumeyer (Young Scott Books, 1970, HC, text illus.)
The Shrinking of Treehorn by Florence Parry Heide (Holiday House, 1971, HC, text illus.)
Sam and Emma by Donald Nelsen (Parents' Magazine Press, 1971, HC, text illus.)
Rumpelstiltskin by Edith Tarcov (Scholastic Book Services, 1973, PB, text illus.)
The Twelve Terrors of Christmas by John Updike (Gotham Book Mart, 1993, HC, text illus.)

④その他
Phantasmagorey by Clifford Ross (Yale University Library, 1974, PB, text illus.)
Edward Gorey's Dracula (Unpublished, 1979, text illus.)
Advanced Children's Book Illustration course brochure, 1965


gorey - book cover 05


本書 p. 30、ディケンズ『荒涼館(Bleak House)』(1953年刊)表紙より。


gorey - book cover 04


本書 p. 31、ヘンリー・グリーン『愛する(Loving)』(1953年刊)表紙より。






























































































スポンサーサイト

Edward Gorey 『Le Mélange Funeste』

Edward Gorey 
『Le Mélange Funeste』


Pomegranate Communications, Inc., 2015
17.7x13.7cm
Printed in Korea



エドワード・ゴーリー『ル・メランジュ・フュネスト(いまわしい混合体)』。
オリジナル版は1981年刊。本書(新版)はリング製本になっています。表紙は厚紙の芯入りです。
本書はもっていなかったのでアマゾンで注文しておいたのが届いたのでさっそく遊んでみました。


gorey - le melange funeste 01


これはどういう本かというと、奇妙な人物(人間でないのもいます)が描かれた16枚の絵がそれぞれ頭部/胴体/脚部の三つのパートに分断されていて、それらを組み合わせることによってさまざまな“いまわしい混合体”(le mélange funeste / dreadful mixture)を作ることができる、というものです。


gorey - le melange funeste 03


このまえ紹介した「The Helpless Doorknob」も組み合わせによる多数化のアイデアでしたが、本書は女の子向けの着せ替えフリップブックのゴーリー版なのではないでしょうか。


gorey - le melange funeste 04


裏表紙の説明文によると、楽しみ方としては、ばらばらになった頭・胴体・脚部を組み合わせて(ゴーリーによる原画がすでに混合体として描かれています)、統一感のある人物(あるいは生物・無生物)を再構成するか(flip the parts and make the figures whole again)、あるいは全く新しい組み合わせを作り出すか(create new combinations)、どちらでもお好み次第、とのことであります。

あらかじめ失われたアイデンティティーの回復そして/あるいはさらなる忌まわしき混合体への生成変化であります。


gorey - le melange funeste 02












































































Edward Gorey 『The Helpless Doorknob』

「Adela could not find her way out of the woods.」
(Edward Gorey 『The Helpless Doorknob』 より)


Edward Gorey 
『The Helpless Doorknob:
A Shuffled Story
by Edward Gorey』


Pomegranate Communications, Inc., 2015
Printed in China



エドワード・ゴーリーによるシャッフルストーリー『よるべなきドアノブ』。
これはまだもっていなかったのでアマゾンマケプレのブックデポジトリーさんで注文しておいたのが届いたのでさっそくよんでみました。


gorey - the helpless doornob 01


これはなにかというと、要するにページがばらばらになった絵本であります。
堅牢な紙箱(ツーピースタイプ)に絵と文章が印刷された10.2×6.4cmのカード20枚が入っています。
箱の裏に書いてある説明文によると、
「エドワード・ゴーリーの『よるべなきドアノブ』の楽しみ方には無限に近い可能性があります。オリジナル版のゴーリーの解説によれば、この「20枚のカードから成る」シャッフルストーリーは「2,432,902,069,736,640,000通りの読み方ができる」のです。シャッフルしてお読みなさい!(Shuffle and read!)」
とのことです。
オリジナル版は1989年、プラケース入りです。
ところで、カードの組み合わせによって2,432,902,069,736,640,000通りの読み方ができるというのは、前にも書きましたが、ゴーリーが愛読したレイモン・クノーの「100,000,000,000,000の詩」(10篇のソネット=14行詩からなる詩集ですが、詩の各行がそれぞれ一枚のカードに印刷されているので、読者はそのカードを任意にめくることによって10の14乗=100,000,000,000,000通りのソネットを読むことができます)からヒントを得ているのでしょう。


gorey - the helpless doornob 02


「本物の読者は作者とほぼ同等に創作する。ただし彼は行間で創作するのだ。頁の余白を読む術を知らない読者はけっして本のよき美食家となることはないだろう。」
(マルセル・シュオッブ 「記憶の書」 より)

それでは行間に、というかカード間に妄想を交えつつ、よんでみたいとおもいます。

1. Amanda wrote a note to Augustus.
「アマンダはオーガスタスに短い手紙を書いた」
Amandaという名前の意味は「愛すべき人」、Augustusは「人格者」。ちなみに登場人物名は(犬も含めて)すべて「A」で始まる名前がつけられています。
なにやら犯罪が起りそうな村内の不穏な空気を察知したアマンダは素人探偵オーガスタスに調査を依頼したようです。

2. Agatha finished knitting a scarf for Augustus.
「アガサはオーガスタスにあげるマフラーを編み終わった」
Agathaは「善良な人」。オーガスタスはアガサの婚約者なのでしょう。そしてアガサはアマンダの姉なのでしょう。アマンダは姉の婚約者に密かな恋心を抱いているのではないかな。

3. Agatha taught Adolphus to dance the one-step.
「アガサはアドルファス(犬)に社交ダンスを教えた」
そんなアマンダの胸の内も知らずに一仕事終えてはしゃぐアガサであります。
Adolphusは「気高い狼」。

4. Alfred returned from Novaya Zemlya.
「アルフレッドはノヴァヤゼムリャから戻った」
ノヴァヤゼムリャ(新しい大地)は北極海に浮かぶ列島で、ヨーロッパの最北東端に位置する(ウィキペディアより)。ちなみにナボコフ『青白い炎』にでてくる国名「ゼンブラ」(Zembla)はNovaya Zemlyaがもとになっているそうです。そしてAlfredといえばアルフレッド大王です。そうです、アルフレッド(アルフレッド大王)はオーガスタス(皇帝アウグストゥス)の仮名であり、世を忍ぶ仮の姿であります。オーガスタスは殺人事件を未然に防ぐことができるのでしょうか。

5. Andrew received a postcard from Amaryllis.
「アンドリューにアマリリスからのハガキが届いた」
アンドリューはアデラと結婚したばかりですが、アデラの幼少期からの殺人癖を知っているアデラの幼馴染のアマリリス(オペラ歌手になるべくイタリア留学中)はアデラがアンドリューを殺してしまうのではないかと気がかりなのでアンドリューにそれとなく注意を促がしています。

6. Andrew came across a horrid secret in Adela's diary.
「アンドリューはアデラの日記を読んで忌まわしい秘密を知ってしまった」
アデラの秘密を知ってしまったアンドリューはアデラに殺されてしまいました。
Andrewは「男らしい人」、Adelaは「高潔な人」。

7. Adela flung Angela's baby from an upstairs window.
「アデラはアンジェラの赤ん坊を窓から放り投げた」
いよいよアデラの登場であります。極悪非道であります。
Angelaは「天使」。

8. Adela became disoriented at Alaric's funeral.
「アデラはアラリックの葬式でうろたえた」
殺したはずのアラリックが棺のなかで生き返ってアデラの罪を告発したからであります。
Alaricは「支配者」。以下名前の意味はめんどうなのではしょります。

9. Adela could not find her way out of the woods.
「アデラは森から出られなくなった」
逃亡したアデラは森に隠れるものの道に迷って餓死してしまいました。

10. A disguised person came to one of the side doors.
「勝手口にしのび寄る変装の人物」
いっぽうそのころ、謎の人物がアンガスの家を訪れます。実はアデラは幼い頃からこの謎の人物にマインドコントロールされていたのでありました。

11. Angus concealed a lemon behind a cushion.
「アンガスはクッションのうしろにレモンを隠した」
謎の人物の次の標的はアンガスであります。レモンは謎の人物の大好物なのであります。

12. Angus lost a shoe not far from the folly.
「アンガスはフォリーのあたりで靴を片方なくした。」
レモンを隠したりしてささやかな抵抗を試みるアンガスでしたが、結局マインドコントロールされてしまい、庭園でエイダおばさんを殺して死体を埋めます。そのとき靴も一緒に埋めてしまったようです。

13. Angus inherited the grandfather clock from Aunt Ada.
「アンガスはエイダ叔母さんから振り子時計を譲り受けた」
謎の人物は振り子時計の中で寝るのが好きなので、村でいちばん立派な振り子時計を手に入れるためにエイダおばさんを殺させたのでありました。

14. Alethea vanished from a picnic.
「アレシアはピクニックの最中に姿を消した」
そしてさらなる犠牲者。

15. Amanda found several unfolded napkins on a back shelf.
「アマンダは棚に数枚のたたまれていないナプキンを発見した」
オーガスタスの助手として探偵活動をしているアマンダ。ナプキンはアレシア殺害の凶器であります。アンジェラとアラリックもすでにナプキン殺人の犠牲者となってしまっているようです。

16. Arthur's outdoor garments turned up in a guestroom closet.
「アーサーの外出着がゲストルームのクローゼットで見つかった」
行方不明のアーサーもまたナプキン殺人の犠牲者となってしまっているようです。

17. Agatha pedalled to the neighbouring village for help.
「助けを求めてアガサは自転車で隣村へ向かった」
そしてアマンダも行方不明に。アガサもさすがに身の危険を感じたようです。
アガサは婚約者のオーガスタスが極秘裏に村に戻って探偵活動をしていることを知らなかったのであります。なぜならアガサは犬に社交ダンスを教えるような人だからです。

18. Ambrose took an overdose of sarsaparilla.
「アンブローズはサルサパリラを過剰摂取した」
恋人アーサーが殺されてしまったので世を儚んだのでしょう。

19. Albert left for Peru.
「アルバートはペルーへ旅立った」
婚約者アガサのナプキン絞殺死体が村境で発見され、おのれの無力を思い知ったオーガスタスはアルバート(アルベルト)と改名してペルーで人生をやり直すことに。その後ペルーで大統領になったということです。

20. A mysterious urn appeared in the grounds.
「芝生に謎めいた壺が出現した」
壺のなかにはナプキン自殺したアンガスの死体がありましたとさ。


そういうわけで、ばらばらの絵本から物語を再構成するには時間軸にそって因果関係を発見していく作業をしなければならないのでめんどうです。米国アマゾンのレビューでも「シャッフルしてできた物語が面白くなかった」という意見が多いのもむべなるかなです。
しかしながら、ゴーリーとしてはむしろ、時間的な経緯として読まれることを強いられる本という形体を解体して、ばらばらのカードから成る絵本を作ることによって、因果関係=ヘーゲル的な歴史的時間性から解放されることを意図したのかもしれないです(ショーペンハウエルは、歴史とは人類がみることをしいられている長く混乱した悪夢であると喝破しました)。ゴーリーが頻繁に作成したアルファベット本(リスト本)も、空間的多様性によって時間的直線性を廃棄せんとするひとつの手段でありましょう(もうひとつの手段は『ドグラマグラ』や『フィネガンズ・ウェイク』のように時間の尻尾と頭をつなげて円環にしてしまうことであります)。
それゆえ、「The Helpless Doorknob」のそれぞれのカードの、いかにもいわく(過去)やたくらみ(未来)がありそうなおもわせぶりな状況の呈示も、「前後裁断」してそれだけで自己完結したものとして受け取っておくのがよいのではないでしょうか。
箱絵に描かれている、ドアから外されて、あるいは取り付けるべきドアがないゆえに放置されている「よるべなき(Helpless)」ドアノブ、これはまさに実存的ドアノブというべきでありましょう。
さてそこで、なにゆえに歴史的時間が廃棄されねばならぬのかといえば、『まったき動物園』に登場するような変わり者や『不幸な子供』は、歴史的時間における弁証法的自然淘汰作用によってまっさきに絶滅させられてしまう「よるべなき」存在だからであります。そんなハプレスな変わり者たちが無事に生きていける場所、あるいは生きていけないとしても仲間を見出すことができる場所を作ることこそが芸術家の仕事でありましょう。


いいわすれましたが真犯人(謎の人物)はアマンダであります。








































Edward Gorey 『The Tunnel Calamity』

Edward Gorey 
『The Tunnel Calamity
- A Tunnel Book』


Pomegranate Communications, Inc., 2015
15.2x17.6cm
Printed in China



うっかりして買いそびれていたのですが、アマゾンで取扱が再開されていたので注文しておいたのが届いたので開封してみました。


gorey - the tunnel calamity 01


初版は1984年。新版は堅牢な箱入りであります。


gorey - the tunnel calamity 02


これはなにかというと、エドワード・ゴーリー版「のぞきからくり」(peep box/peep show)でありまして、アコーディオン状(蛇腹)に連結された9枚の絵がトンネル内の情景を立体的に構成しているのですが、蛇腹をいろいろと按配することによって前面にはめ込まれたレンズからみえる情景が違ってくるのであります。


gorey - the tunnel calamity 03


どういう情景がみえるのかというと、1892年の聖フランブルの日(St. Frumble's Day)、イースト・シュートゥリー(East Shoetree)とウエスト・ラディッシュ(West Radish)をつなぐトンネル内に、すでに絶滅したと考えられていた奇妙な巨大生物“Uluus”が突如出現したという、その現場の情景であります。


gorey - the tunnel calamity 04


しかしながら、「トンネルの惨事」というわりには、皆いちじるしく無関心(アパシー)であります。一人の子どもだけが絶滅危惧動物に興味を示しています。

この、絶滅動物とそれを見あげる子どもの構図は、ダリの「リビドーの亡霊」を連想させます。
http://www.dalipaintings.com/the-spectre-of-sex-appeal.jsp


gorey - the tunnel calamity 05


無器用ゆえにちゃんと撮れませんでしたが、奥にみえる扉の上の丸窓には「ブラックドール(Black Doll)」の姿が……。

完全にマニア向けであります。



「トンネル」に関してはこちらをご参照下さい:

テムズトンネル (Wikipedia)


「ピープ・ショー」に関してはこちらもご参照下さい:

原研二 『グロテスクの部屋』 (叢書メラヴィリア)


「ブラックドール」に関してはこちらをご参照下さい:

Edward Gorey 『The Black Doll』


そしてこちらもご参照下さい:

巌谷国士/桑原弘明 『スコープ少年の不思議な旅』




















































































Edward Gorey 『The Betrayed Confidence Revisited: Ten Series of Postcards』

Edward Gorey 
『The Betrayed Confidence Revisited:
Ten Series of Postcards』

Essay by Edward Bradford

Pomegranate, Portland, Oregon, 2014
102pp, 28.6x20cm, hardcover, dust jacket
Designed by Stephanie Odeh
Printed in China



『裏切られた信頼ふたたび』、角背紙装上製本、カバー付。
これはどういう本かというと、絵本作家の故エドワード・ゴーリーが「ドッグイアー・ライド(Dogear Wryde)」名義(※)で描いたポストカード9セットと、「National Post Card Week」(1984―1996)用に描いたポストカード13点を原寸大で掲載している本(画集)です。元はゴーリー生前の1992年に『The Betrayed Confidence』としてポストカード7セットを掲載したものが刊行されましたが、今回それを増補して再刊したので「Revisited」なのであります。「Interpretive Series」はゴーリーによる手彩色が施されたヴァージョン(カラー図版)で収録されています。
収録作中、「Scènes de Ballet」「Neglected Murderesses」「Tragédies Topiares」は、ゴーリー作品集成第四巻にあたる『Amphigorey Again』にも収録されています。
※「Dogear Wryde」は「Edward Gorey」のアナグラムです。


gorey - betrayed confidence revisited 01


Contents:

Separate Unity: Edward Gorey's Postcard Sets and Series (Essay by Edward Bradford)

Scènes de Ballet
Alms for Oblivion
Inetrpretive Series
Neglected Murderesses
Menaced Objects
Tragédies Topiares
Whatever Next?
Q.R.V. Unwmkd. Imperf.
Q.R.V. Hikuptah
National Post Card Week



gorey - betrayed confidence revisited 02


「Scènes de Ballet」(バレエ場面集)は、18世紀後半から20世紀半ばにかけての(架空の)バレエの舞台を描いた5枚のポストカードです。
「Alms for Oblivion」(忘却への施物)は、日常的だけどどこか謎めいた情景を描いた16枚セットです。これはたいへんすばらしいです。
「Inetrpretive Series」は、いろいろな字体の「I」と、手袋をはめたトカゲっぽい謎の生物のさまざまな姿態を組み合せた13枚セットです。キャプションは「I」で始まる単語になっています。
「Neglected Murderesses」(なおざりにされた女性殺人者たち)は、12人の(架空の)人殺し女性のポートレート集です。キャプションにはいつどこでだれをどのように殺したかが書かれています。
「Menaced Objects」(おびやかされるオブジェたち)は、クッキーや糸巻など16個の日常的な物体がさまざまな危機的状況に立たされています。モノにどれだけ感情移入できるかが観賞のポイントです。
「Tragédies Topiares」では、12のトピアリー(動物などの形に刈り込んだ庭木)が人間を襲います。
「Whatever Next?」には、バスタブやフライパンなど、日常的なオブジェのある12の場面が描かれています。キャプションはありません。見る人はこの後なにが起こるのかを想像して楽しめばよいです。たとえばロープが一本垂れている絵がありますが、登るか縛るか首をくくるかで精神分析するのもよいです。精神分析されないよう想像力をフル活用して突飛な出来事をイメージするのもよいです。
「Q.R.V. Unwmkd. Imperf.」「Q.R.V. Hikuptah」はそれぞれ12点のコラージュ(エルンストというよりむしろ植草甚一ふうです)に、「Q.R.V.」なる謎の薬物(?)の宣伝文が添えられています。
「National Post Card Week」は、ゴサムブックマートで毎年開かれたポストカードの展示会のために描かれたもので、そのうち2点は青+黒で印刷されています。


gorey - betrayed confidence revisited 03




















































































































プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本