Edward Lear 『Selected Letters』 Edited by Vivien Noakes

「In the morning I feed unfortunate birds.」
(Edward Lear)


Edward Lear 
『Selected Letters』 
Edited by
Vivien Noakes


Clarendon Press/Oxford University Press, 1988
xlii, 325pp, 22.2x14.4cm, hardcover, dust jacket
Printed in Great Britain



エドワード・リア書簡選集。
本書はアマゾンマケプレで586円(+257円)でうられていたのを注文しておいたのが届いたのでよんでみました。


edward lear - selected letters 01


edward lear - selected letters 02


Contents:

Introduction
List of Letters
Chronology
Biographical Register

THE LETTERS

Notes
Index



edward lear - letters 05



◆本書より◆


「To Emily Tennyson
Oatlands Parcotel.|Waltonontems.|Surry.|Jany. 14|1861.」
「My evenings - if no friend be here - are dimmydullydillyduffy. - Partly I translate Thousididdles - & so by very slow degrees attain to Greek nollidge.
 Partly I play on the hinstrument. - partly I drink tea - & rush about the room angrily. - In the morning I feed unfortunate birds.」


(夜は――友だちが来ないときは――うすぼんやりぐずぐずとすごしています。ツキジデスを訳してギリシア語の痴識をのろのろと身につけたり、楽器を演奏したり、お茶をのんだり、腹をたてて部屋の中を暴れまわったり。朝になったら不幸な鳥たちに餌をやります。)


edward lear - letters 03



edward lear - letters 04


「To Nora Decie
April 3. 1864. Corfu.」
「I am going to start tomorrow, having sent my luggage away, & intending myself to go by sea, as it is cheaper than going by the steamer. I therefore join Captn. Deverills 3 geese, & we are going to swim all the way round Cape Matapan & so to the Piræus as fast as we can.」


(明日出発するつもりです、荷物は先に送っておいて、海を泳いでいこうと考えています、汽船で行くより安くつくから。デヴェリル隊長の三羽のガチョウといっしょにマタパン岬沖をおよいで出来るだけはやくピレウスに辿り着くつもりです。)


edward lear - letters 06


「To Chichester Fortescue and Lady Waldegrave
Villa Emily. San Remo.|Xmas Day. 1871」
「My elth is tolerable, but I am 60 next May, & feel growing old. Going up & down stairs worries me, & I think of marrying some domestic henbird & then of building a nest in one of my olive trees, whence I should only descend at remote intervals during the rest of my life.」


(健康状態はそれほどわるくないのですが、五月には六〇になるので歳には勝てません。階段の上り下りもおぼつかないので、めんどりと結婚してオリーブの木に巣を作って、そこからめったに下りずに余生をすごそうと考えています。)


edward lear - letters 00


「To James Fields
Villa Emily. Sanremo. Italy.|15. October 1879.」
「I suppose I shall have to flee away & be heard of no more.」
「So look out for me & my cat some fine day - by a Boston Steamer, on my way to San Francisco.」


(私は逃亡して消息を絶ってしまうべきだろう。いつか晴れた日にサンフランシスコにむかう私と私のネコをボストン汽船から探してみておくれ。)


edward lear - letters 08


edward lear - letters 09


edward lear - selected letters 10


「エドワード・リア 七十三歳半
その愛猫フォス 十六歳」


edward lear - letters 11


     *     *     *     


edward lear - selected letters 13


「To the Hon. Mrs James Stuart-Wortley
Villa Tennyson. Sanremo.|26. Feby. 1882」
「(...) as they were done in the Moon, to which I lately went one night, returning next morning on a Moonbean. (...) I will add some few notes concerning the 2 subjects which I got with great rapidity during my visit, nothing being easier in that wonderful country than to travel thousands of miles in a minute. And these journeys are all done by means of Moonbeans, which, far from being mere portions of light, are in reality living creatures, endowed with considerable sogassity, & a long nose like the trunk of a Nelliphant, though this is quite imperceptible to the naked eye. You have only to whisper to the Moonbean what you wish to see, & you are there in a moment, & its nose or trunk being placed round your body, you cannot by any possibility fall.
 The first view is of the Jizzdoddle rocks, with 2 of the many remarkable planets which surround the moon rising or riz in the distance; these orangecoloured & peagreen orbs leaving a profound impression of sensational surprise on the mind of the speckletator who first beholds them. The second view represents the Rumbytumby ravine, with the crimson planted Buzz and its 5 Satanites on the horizon. In the foreground on the left is a Blompopp tree, so called from the Blompop, a gigantic and gorgeous bird which builds on its summit. To the left are the tall Vizzikilly trees, the most common vegetation of the Lunar hummysphere.」


(これは月で描いた絵です、このあいだの晩に行って次の朝月光に乗って帰ってきました。月光はじつは深い知性と象のような長い鼻をもった生きものなのですが、裸眼では見えません。月光にどこに行きたいかを囁くだけで鼻で巻いて一瞬のうちに連れて行ってくれます。
第一の光景はジズドドルの岩山で、遠景に月をめぐる惑星のうちの二つが昇るようすが見えています。そのオレンジと黄緑の天体は見る者に強い印象を残します。第二の光景はランビータンビー渓谷で、地平線上に深紅の惑星バズとその五つの衛星が見えます。前景左はブロンポップ樹で、巨大で華麗な鳥ブロンポップが梢に巣を作るところからこう呼ばれます。その隣の喬木はヴィジキリー樹で、月のこちら側の半球では最も普通に見られる植物です。)




















































スポンサーサイト

Robert McCracken Peck 『The Natural History of Edward Lear (1812-1888)』

Robert McCracken Peck 
『The Natural History of
Edward Lear (1812-1888)』

with a foreword by David Attenborough

ACC Art Books Ltd., 2016
223p, 25.4x17.7cm, hardcover, dust jacket
Printed in China

First published in 2016 by David R. Godine, Publisher, Inc.



本書はアマゾン(マケプレじゃないほう)でペーパーバック(新品)が2,725円で売られていたので注文しておいたのが届いたのでよんでみました。届いたのはなぜかハードカバーでした。謎です。


peck - the national history of edward lear 01


peck - the national history of edward lear 02


カバーを外してみました。角背上製本、継表紙で背の部分は布装、本体表紙にはリアの愛猫フォスの戯画が金箔押しされています。


Contents:

Foreword by David Attenborough
Introduction

PART I
An Unusual Life - Lear's Childhood and Early Interest in Natural History
Opening the Cages - Lear and the London Zoo
Edward T. Bennett
An Unfinished Publication - Lear's Lost Portfolio
The Zoology of Capt. Beechey's Voyage
Lear and Lithography - Applying Technology to Art
Lear's Parrot Monograph
Bird Depictions Dead and Alive - Ornithological Illustration Before Lear
Barraband's Parrots
Among the Lions - Lear's Place in the Natural History Community of His Day
 John Gould
 Jardine and Selby
 Thomas Bell
A Curious Beast
Lear Down Under - An Unusual Interest in Australia
The Earl and the Pussycat - Lear's Association with Lord Derby
John James Audubon and a Hoped-for Venture to America
Gleanings from Knowsley Hall
An Artist in Motion - Lear as a Traveler
 Instructor to the Queen
 Traveling Father Afield
 Exotic Dress
 The Dangers of Travel
Spoofing Science from the Sidelines - Lear's Nonsense Botany
Lear's Botany - The Serious Side
Conclusion (PART I)

PART II
Timeless Stories for All Ages - Lear's Impact on Children's Books
 Beatrix Potter
 Edward Gorey
 Jan Brett
The Legacy Continues - Two Contemporary Painters of Natural History
 Working in the Lear Tradition
 William Cooper
 Elizabeth Butterworth
Taking Lear in a New Direction
 Walton Ford
 James Prosek
Poetical Topographers - Three Contemporary Travel and Landscape Painters Working in the Lear Tradition
 Tony Foster
 John Doyle
 Philip Hughes
A Political Cartoonist Influenced by Lear
 Nicholas Garland
Conclusion (PART II)

Notes for Part I
Notes for Part II
Appendix
Acknowledgments
List of Illustrations
Selected Bibliography
Index
Colophon



peck - the national history of edward lear 03



◆本書より◆


「PART I」より:

「Aside from a short stint at boarding school at the age of eleven, the young Lear received most of his education from Ann and another sister, Sarah ( . . . ), with whom he was also extremely close. This informal instruction suited Lear's non-conformist personality and, if anything, may have helped to stimulate his creative abilities and inherent curiosity. "I am almost thanking God that I was never educated [at a school]," he wrote when he was forty-seven, "for it seems to me that 999 of those who are so, expensively & laboriously, have lost all before they arrive at my age - & remain like Swift's Stulbruggs - cut & dry for life, making no use of their earlier-gained treasures: - whereas, I seem to be on the threshold of knowledge . . ." It was a threashold he continued to move and expand throughout his long and productive life.」

(11歳の時に寄宿学校にいたのを除けば、リアの教育はほとんど姉アン(21歳年上。リアはこの姉のもとで暮していた)ともうひとりの姉サラによるものだった。こうした型どおりでない教育はリアの性格にも合っていて、創造力と持ち前の好奇心を刺戟した。「学校教育を受けずにすんだことは神に感謝してもいいくらいだ。学校教育を受けていたらお金と労力をかけて全てを失って、今ごろはせっかく持っていた宝も持ち腐れしてスウィフトに出てくるストラルドブラグのような型にはまった老いぼれになっていたことだろう。そうしなかったおかげで、私は今でも向学心に溢れている」と47歳になったリアは書いているが、長く豊穣な人生を通して彼は向学心を培い続けることになる。)

「As so often happens with ambitious projects attempted by the very young, when Lear embarked on his great parrot monograph, his inexperience may have been the secret of his success. His lack of academic training, his unfamiliarity with publishing, and his relative naiveté in the field of scientific illustration had the serendipitous effect of freeing him from the confines of existing traditions. Since his previous experience with commissioned work had been to draw particular tumors and deformities for medical purposes, he naturally applied the same methodology to birds, painting every that he encountered not as a generic "type," as was the norm, but as an individual. ( . . . ) If Lear had been formally trained, or had grown up surrounded by the bird books of the eighteenth and early nineteenth centuries, his unique, uninhibited approach to drawing birds and other natural history subjects might have been stifled.」

(ごく若いうちの野心的な計画というものがしばしばそうであるように、リアのオウム図譜の出版の成功の秘訣は彼の経験の無さにあった。アカデミックな訓練の欠如、出版業への不案内、博物画の世界における無邪気さといったものが幸いして、既成の伝統に封じ込められることから免れた。それ以前に経験した委託仕事が医療用に特定の腫瘍や奇形を描くことだったので、鳥を描くのにもそれと同じ方法論を適用して、当時の規範に従って類型化して描くのではなく対象をその固有性のままに描いた。リアが公式な訓練を受けていたら、あるいは18世紀から19世紀初頭にかけての鳥類学の本に馴染んでいたら、博物画に対するリアの特異で奔放なアプローチは抑圧されてしまったかもしれない。)


peck - the national history of edward lear 04



◆感想◆


本書はタイトルどおり博物画家としてのエドワード・リアに的を絞った本で、第一部ではオウム(インコ)図譜の出版やジョン・グールドその他の博物学者への協力などについて時代背景とともに詳述されています。リアは目が悪かったので目を酷使する博物画は二十代で引退して、その後は風景画家になるのですが、本書では風景画や戯画についても触れられているものの、風景画では細部に描き込まれている陸ガメやラクダやゾウに注目し、戯画では「ノンセンス植物学」を取り上げて考察したりと、一貫して博物学目線です。ハーバード大学ホートン・ライブラリー所蔵の原画も多数掲載されています。
第二部はリアの伝統の後継者たち(リアの詩「フクロウとネコ」等に新しく挿絵を描いた絵本作家たち、リアの影響を受けた現代の博物画家・風景画家・風刺画家たち)の紹介に当てられています。




こちらもご参照ください:

Wikimedia Commons
Illustrations of the Family of Psittacidae, or Parrots (1832) by Edward Lear

Digital Library for the Decorative Arts and Material Culture
Lear, Edward, 1812-1888
Illustrations of the family of Psittacidae, or parrots: the greater part of them species hitherto unfigured, containing forty-two lithographic plates, drawn from life, and on stone
London, England: E. Lear, 1832














































































Jenny Uglow 『Mr Lear: A Life of Art and Nonsense』

「In one drawing, in a letter to Evelyn Baring, written in a week of dreadful weather, Lear's own monogram became a person, coiled up in himself, 'Generally speaking', he wrote, 'I have been wrapped up like this all the week in a wholly abject and incapable state.'」
(悪天候の一週間の後でリアが出した手紙では、リアのモノグラム(Edward の E を Lear の L が囲んでいる)が、渦巻状にくるっと巻かれた人物に変形している。「ここのところずっとこんなふうに絶望に取り巻かれて手も足も出ない状態です」。)
(Jenny Uglow 『Mr Lear: A Life of Art and Nonsense』 より)


Jenny Uglow 
『Mr Lear:
A Life of Art
and Nonsense』


Faber & Faber, London, 2017
ix, 598pp, 24x16cm, hardcover



アマゾン(マケプレじゃないほう)で注文しておいたジェニー・アグロウによるエドワード・リア評伝が届いたのでよんでみました(2,246円)。布背継表紙の上製本(ダストジャケットは元から無いタイプ)で栞紐付、本文中図版多数のずっしりと重い豪華本(?)でした。
精緻な博物画家(おもに鳥類)そしてピクチャレスクな風景画家としての仕事と旅、ノンセンス詩人としての活躍、テニスン夫妻やラファエル前派の画家たちやヴィクトリア女王等との交流、イタリアでの生活など、リアの日記や手紙、作品の引用を交えつつ、たいへん詳細に書かれています。


uglow - mr lear 01


表紙タイトル文字、背文字は金箔押しです。


uglow - mr lear 02


Contents:

Prologue

I. Fledging
1. One Foot off the Ground
2. With the Girls
3. 'O Sussex!'

II. PERCHING
4. To the Zoo
5. Knowsley
6. Tribes and Species
7. Make 'Em Laugh
8. Mountains

III. FLYING
9. 'Rome Is Rome'
10. Happy as a Hedgehog
11. Third Person
12. Excutions
13. Derry down Derry: *Nonsense*, 1846
14. 'Something Is About to Happen'
15. 'Calmly, into the Dice-box'
16. 'All that Amber'

IV. TUMBLING
17. The Brotherhood
18. Meeting the Poet
19. An Owl in the Desert
20. Half a Life: Corfu and Athos
21. Bible Lands
22. A Was an Ass
23. Home Again, Rome Again
24. No More

V. CIRCLING
25. 'Overconstrained to Folly': *Nonsense*, 1861
26. Mr Lear the Artist
27. 'From Island unto Island'
28. 'What a Charming Life an Artist's Is!'
29. 'The "Marriage" Phantasy'
30. 'Gradually Extinguified'

VI. CALLING
31. Sail Away: Cannes 1868-1869
32. 'Three Groans for Corsica!'
33. *Degli Inglesi*
34. *Nonsense Songs*, and *More Nonsense*
35. Restless in San Remo
36. India
37. Families
38. *Laughable Lyrics*

VII. SWOOPING
39. Shocks
40. The Villa Tennyson
41. 'As Great a Fool as Ever I Was'
42. *Pax Vobiscum*

Acknowledgements
List of Illustrations
Abbreviations
Select Bibliography
Notes
Index



uglow - mr lear 03



◆本書より◆


「One Foot off the Ground」より:

「Lear's epilepsy, and the secrecy with which he guarded it, set him apart: it was the root of the profound loneliness he felt all his life.
Even as a small boy he was on guard, fearful of his own body. He lived with apprehension, hoping he would grow out of the fits, or could reduce them by walking, exercise, diet. He was vulnerable too because he was so shortsighted - much of his childhood was, literally, a blur.」


(リアの癲癇と、それを隠そうとする用心深さとが、彼をふつうとは違う人間にした。それが生涯を通じての深い孤独感の根幹をなした。すでに子どもの頃から警戒心が強く、発作を恐れ、散歩や体操、食事療法を試みた。とはいえ近視眼ゆえにすきだらけで、彼の少年時代は文字通りぼんやりとしたものだった。)


「With the Girls」より:

「Lear's life was shaped less by school and childhood friendds than by his sisters.」

(リアの人生は学校や同級生との付き合いによるよりもむしろ姉たちの影響によって形づくられた。)


「Make 'Em Laugh」より:

「( . . . ) in Lear, folly and melancholy often go together.」

(リアにおいてはしばしば愚行とふさぎ込みとが同時進行した。)


「Third Person」より:

「The public Mr Lear was a young artist, determined to learn more, taking on pupils and displaying his work to potential patrons and buyers. ( . . . ) The private Lear of his letters was a man lucky in his friends, happy in his travels but dreaming of domestic bliss ( . . . ). Beneath this ran the admission that he was in essence a man who would live his life alone, and, perhaps, lonely.
There was, however, a third Mr Lear, displayed to a wider circle to amuse and entertain: the outsider, the peripatetic artist, the court jester.」


(公の人としてのリア氏は若い画家で、向学心に燃え、弟子もいて、売り込みに熱心だった。手紙に伺われる私人としてのリアは友人にめぐまれ、旅行を生きがいとしつつも家庭生活にあこがれていた。しかしその底流には、自分は生涯を孤独に過ごすように生まれついた人間であるという自覚があった。第三のリア氏は、多くの人々を喜ばせ楽しませる道化師であり、放浪画家であり、アウトサイダーだった。)


「'Something Is about to Happen'」より:

「( . . . ) at the end of his life he declared himself 'an outsider and by nature and habit a Liberal' ( . . . )」

(晩年に、リアは自分は「アウトサイダーであり、天性および習慣によって自由主義者である」と言明した。)


「Meeting the Poet」より:

「Although Lear hugely enjoyed life, and vividly described this enjoyment, he really did believe, as he once told Emily Tennyson, 'that I enjoy hardly any one thing on earth while it is present: - always looking back, or frettingly peering into the dim beyond'.」

(リアは大いに人生を楽しんで、その楽しみを生き生きと描写しもしたが、実のところ、テニスン夫人に打ち明けたように、「何事も目の前にあるうちは楽しめない。いつも過去を振り返っているか、いらいらしながらおぼつかない未来をのぞきこんでいる」。)


「An Owl in the Desert」より:

「( . . . ) when he was low Lear always felt closer to the animals than to the smart people around him.」

(落ち込んでいるときのリアは、自分のまわりにいる気の利いた人々よりも、動物たちに親近感を覚えるのが常だった。)


「'Gradually Extinguified'」より:

「Lear read Darwin happily on the Nile in 1867, but the ideas could be disturbing.」

(リアは1867年にナイル川でダーウィンを面白く読んだが、進化論には不安を覚えないでもなかった。)

「'I have come to the conclusion', he told Emily Tennyson, trying to joke, 'that nobody ought to marry at all, & that no more people ought ever to be born, - & so we should be gradually extinguified, & the world would be left to triumphant chimpanzees, gorillas, cockroaches & crocodiles.'」

(「結論が出たよ」とリアはテニスン夫人に冗談めかして言った、「だれも結婚すべきじゃない。もうこれ以上人類を増やすべきじゃない。そうしてわれわれはだんだん消滅化して、世界は勝ち誇ったチンパンジーやゴリラやゴキブリやワニのものになるんだ」。)


「Sail Away: Cannes 1868-1869」より:

「All his life Lear had hidden essential aspects of his own nature: his epilepsy, of which he was ashamed; his troubled sexuality; his feeling of being an outsider. He had turned these anxieties outwards on to his perception of his body, convinced of his ugliness, exaggerating his bulk and spindly legs, bushy beard and bulbous nose.」

(リアは一生涯その本質的な性向を隠し続けた。彼が恥かしく思っていた癲癇と、同性愛的な傾向と、アウトサイダーであるという感覚を。彼はそれらを外見的なものに転化し、自分は醜いと確信しつつ、ひょろ長い脚や、もじゃもじゃの鬚や、大きい鼻を誇張して描いた。)



uglow - mr lear 04


リアによる風景画。


uglow - mr lear 05


同。


uglow - mr lear 06


リアによる戯画。巣を作る鳥たちに髭を提供する人。


uglow - mr lear 09


リアによる戯画。木の上でくつろぐリアと鳥。

「'( . . . ) I think of marrying some domestic henbird & then of building a nest in one of my many olive trees, whence I should only descend at remote intervals during the rest of my life.'」

(「雌鳥と結婚してオリーヴの木に巣を作ってそこから滅多に降りることなく余生を過ごそうと思う。」)


uglow - mr lear 07


uglow - mr lear 08


リアによる戯画。リアと猫とオウムがばらばらになり、身体パーツが入れ替わってしまいます。


uglow - mr lear 10


リアの戯画。「The Scroobious Pip」。
けものなのか虫なのか鳥なのか魚なのか、皆はその正体を知りたがりますが、本人に尋ねても「ぼくはスクルービアス・ピップ」というばかりです。


uglow - mr lear 11


愛猫フォス(Foss)のお墓。


uglow - mr lear 11




こちらもご参照ください:

エドワード・リア/エドワード・ゴーリー 『ジャンブリーズ』
エドワード・リア/エドワード・ゴーリー 『輝ける鼻のどんぐ』










































































"The Complete Nonsense of Edward Lear" (ed. by Holbrook Jackson)

"The Complete Nonsense of Edward Lear"
Edited and introduced by Holbrook Jackson

Faber and Faber Liminted, London, Boston, 1947, 16th impression 1984
xxix, 288pp, 23x16cm, hardcover, dust jacket


 
エドワード・リアのノンセンス詩集成。本人による挿絵も収録されています。 
エドワード・リアは1812年生まれ、1888年逝去。子供の頃から病弱で、幼時にしてすでに重い鬱状態に苦しむ。画家として写実的な動物画や風景画を描いたり、ノンセンス絵本を描いたりしつつ、生涯独身で、猫と共に暮らしました。 


complete nonsense 1

カバー表。 


complete nonsense 2

本体とカバー背。丸背紙装上製本。


complete nonsense 3

扉ページ。イラストはリアと愛猫フォス。


complete nonsense 4

巻頭には有名な(T・S・エリオットによるパロディもある)「ノンセンスの桂冠詩人の自画像(リアさんはなんて素敵な方なんでしょう)」が掲げられている。

「彼の頭は固くて気むずかしい、
彼の鼻はものすごく大きい。
彼の顔は多少なりとも醜悪、
彼の髭はまるでカツラ。」

「昔は歌ったこともあったけど、
今では言葉を発することさえ稀。」

「俗人にも聖職者にも多くの友人を持ち、
飼猫の名前は「フォスじいさん」。
身体は完璧な球形で、
ランシブル(※)な帽子をがぶっている。」
※ランシブル(runcible)はリアの造語です。意味はよくわかりません。

「白いレインコートを着て歩くと、
子供たちが叫びながら追っかけてくる。
「寝巻でおでましだ、
英国人のきちがいじじい。」」

「彼は海のほとりで涙を流す、
彼は丘にのぼって涙を流す。」


complete nonsense 5

「A Book of Nonsense」(1846年)より。

「A Book of Nonsense」はリメリック limerick (戯詩)と、リア本人による挿絵からなる詩集。
お祖母さんのガウンを着てあちこち歩き回る男とか、おじぎばかりしていて地面にめり込んでしまった女の人とか、テーブルの上でずっと寝ている男だとかが出てきます。


complete nonsense 6

「Calico Pie」(キャラコのパイ)はノンセンス抒情詩です。エリザベス・シューエル(『ノンセンスの領域』)は、この詩にみられるようなセンチメンタリズムゆえにリアは純粋なノンセンス詩人たりえない、と褒めています(シューエルがいう「純粋なノンセンス」とは、論理と数字に支配された人間不在の世界のことです)。

「キャラコのパイ、
小鳥が飛んで
キャラコの木に止まる。
その羽根は青、
「ティリー・ルー!」と歌って
飛び去ってしまう、――
そしてもう戻ってこなかった
もう戻ってこなかった
もう戻ってこなかった
私のもとには戻ってこなかった。

キャラコのジャム、
小魚およいで
シラバブの海を渡ってきた
帽子をぬいで
シタビラメとニシンと
ウィルビー・ワットにご挨拶、――
でももう帰ってこなかった
もう帰ってこなかった
もう帰ってこなかった
私のもとには帰ってこなかった。」

※シラバブ 《牛乳にぶどう酒などを混ぜ,砂糖と香料を加えて泡立てた飲料》 (Weblio辞書)
ウィルビー・ワット Willeby-wat はよくわかりませんが、挿絵に描かれている人面魚の名前だとおもいます。


complete nonsense 7

エドワード・リアの愛猫フォスは17年も生きて、リアが晩年をすごしたサン・レモの家の庭に葬られました。

Foss couchant 香箱を作っているフォス。
Foss, a untin. (a-huntin' ?) 狩猟モードのフォス。
Foss rampant よちよち歩きのフォス。
Foss dansant 踊るフォス。


complete nonsense 8

Foss, regardant 注視するフォス。
Foss Pprpr ぷるぷると威嚇するフォス。
Foss, Passant おすましで通り過ぎるフォス。


complete nonsense 9

「Nonsense Alphabets」。
ノンセンス・アルファベット。 


complete nonsense 10

「Nonsense Botany」。
ノンセンス植物学。「Manypeeplia Upsidownia」は「Many people upside down」(たくさんのさかさまのひとたち)を学名(ラテン語)風にしたもの。


complete nonsense 12

「ジャンブリーズ」。


complete nonsense 11

「光る鼻のドング」。

これら二つのノンセンス・ソング(Nonsense Songs)は、日本ではむしろエドワード・ゴーリーによる絵本で親しまれているのではないかとおもいます。
リアのノンセンス・ソングで最も有名なのは「The Owl and the Pussy-cat」(「フクロウと仔猫」)です。


complete nonsense 14

ノンセンスものがたり(Nonsense Stories)。
「The Story of the Four Little Children Who Went Round the World」(世界中をへめぐった四人の子供たちの物語)より。


Contents:

INTRODUCTION (Holbrook Jackson)

I. A BOOK OF NONSENSE (1846)
II. NONSENSE SONGS, STORIES, BOTANY AND ALPHABETS (1871)
III. MORE NONSENSE, PICTURES, RHYMES, BOTANY, ETC. (1972)
IV. LAUGHABLE LYRICS, A FOURTH BOOK OF NONSENSE POEMS, SONGS, BOTANY, MUSIC, ETC. (1877)
V. NONSENSE SONGS AND STORIES (1895)





































































プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本