Jason Weiss (ed.) "Steve Lacy: Conversations"

2012年6月23日。


「What is more important for an artist to be able to say to others: "go fuck yourselves, I'm going to do my thing in my own way." Stravinsky understood that very young. I don't know where he learned that but it's fundamental, and he helped me to learn it too. It's a matter of courage, guts, audacity; it has to do with having confidence in one's "equipment" or with developing it to the point that one can have confidence.」
(from "He Flew" by Steve Lacy)


"Steve Lacy: Conversations"
Edited by Jason Weiss


Duke University Press, Durham and London, 2006
ix, 289pp, 23.5x15.5cm, paperback



ソプラノ・サキソフォン奏者スティーヴ・レイシーのインタビュー集成。レイシー自身による文章・楽譜、その他を併載。


steve lacy1


steve lacy4


Contents:

Acknowledgments
Introduction

Part 1 - Interviews with Steve Lacy
1. Introducing Steve Lacy (1959)
2. My Favorite Thing (1961)
3. The Land of Monk (1963)
4. Goodbye, New York (Garth W. Caylor, Jr., 1965)
5. Faithful Lacy (Philippe Carles, 1965)
6. Twenty-six New jazzmen Put to the Question (1965)
7. Steve Lacy Speaks (Paul Gros-Claude, 1971)
8. Improvisation (Derek Bailey, 1974)
9. Evidence and Reflections (Alain-Rene hardy and Philippe Quinsac, 1976)
10. On Play and Process, and Musical Instincts (raymond Gervais and Yves Bouliane, 1976)
11. In the Spirit (Roberto Terlizzi, 1976)
12. The Spark, the Gap, the Leap (Brian Case, 1979)
13. In Search of the Way (Jason Weiss, 1980)
14. Songs: Steve Lacy and Brion Gysin (Jason Weiss, 1981)
15. Unrecognized Giant? (Xavier Prevost, 1982)
16. Futurities (Isabelle Galloni d'Istria, 1984)
17. The Solitude of the Long-Distance Player (Gerard Rouy, 1987)
18. On Practicing, and Exploring the Instrument (kirk Silsbee, 1988)
19. Art is Made to Trouble (Christian Gauffre, 1990)
20. Shop Talk (Mel Martin, 1990)
21. It's Got to Be Alive (Ben Ratliff, 1991)
22. Regarding the Voice: Steve Lacy and Irene Aebi (Jason Weiss, 1993)
23. A Petite Fleur for S. B. (Philippe Carles, 1994)
24. Sculpture and Jazz (Alain Kirili, 1994)
25. One Shouldn't Make Too Much Noise, There's Enough Already (Franck Medioni, 1995)
26. Living Lacy (Gerard Rouy, 1995)
27. Scratching the Seventies (Etienne Brunet, 1996)
28. Forget Paris (John Corbett, 1996)
29. In the Old Days (Lee Friedlander and Maria Friedlander, 1997)
30. The Glorious Thirty (Franck Bergerot and Alex Dutilh, 2000)
31. Farewell Paris (Gerard Rouy, 2002)
32. Invisible Jukebox (Christoph Cox, 2002)
33. Big Kisses from Boston (Franck Medioni, 2003)
34. The Art of the Song: Steve Lacy and Irene Aebi (Ed Hazell, 2004)

Part 2 - Writings by Steve Lacy
1. MEV Notes (ca. 1968)
2. Roba (early 1970s)
3. Garden Variety (ca. 1974)
4. FMP: 10 Years Jubilee (ca. 1979)
5. What about Monk? (1980)
6. He Flew (1980)
7. In the Upper Air: Albert Ayler (1996)
8. Shiro and I (1997)
9. Short Takes (1998)
10. Yoshizawa (1998)
11. Made in France (2000)
12. Song Sources (undated)
13. Residency Statement (2004)

Part 3 - Song Scores
Dreams (1975)
Mind's Heart (1982)
3 Haiku (1998)

Selected Discography
Credits
Index



steve lacy5


steve lacy2



本書所収のスティーヴ・レイシーの文章より:


「He Flew

1950年代にセシル・テイラーと出会った頃、「Straws」という男のことが話題に上った。誰のことかと思ったが、「Straws」というのはストラヴィンスキー(Stravinsky)のことだった。それで聴き始めて、爆撃にあったように、人生が変わってしまった。
ストラヴィンスキーは「私は制約のなかで仕事をする、制約があればあるほど、インスピレーションが湧く」と考えた。
ストラヴィンスキーは決して変節しなかった(Stravinsky never changed)。彼にとって重要なのは彼自身の「方法(method)」だった。
アーティストにとって、他の人々に向かって「私に口出しするな、私は私のやり方で私のやりたいことをやるのだ(go fuck yourselves, I'm going to do my thing in my own way)」と言えることより大切なことがあるだろうか。ごく若い頃からストラヴィンスキーにはそれが分かっていた。すべてはそこから始まるのだ。おそれず、ねばり強く、のさばることだ。生まれ持った己れの資質を信じること、あるいは信じられるようになるまで己れの資質を延ばすことが肝要なのだ。」


「Yoshizawa

私が最初に日本に行ったのは、1975年だった。「ディアギレフのような」素晴しいプロデューサーの間章(あいだ・あきら)がパリまで来て、パーカッションの富樫(雅彦)とベーシストの吉沢(元治)との日本公演の手配をしてくれた。
このトリオはすぐうまくいった。二人とも私の曲と演奏流儀をよく理解し、密度の高い一連のコンサートと、二十年以上経っても色褪せない幾つかのレコーディングを生み出すことができた。
吉沢は直感的な、完全に「フリー」なミュージシャンで、様々な異なる状況で、私や、私のような共感的なミュージシャンと即興演奏を繰り広げることができた。彼は富樫とすぐれた相互理解の関係にあり、そのため二人との共演はやりやすいものだった。
吉沢は手先が器用で、針金や金属を使って、素晴らしい小物や宝飾品を作った。彼に貰ったとても面白い作品を今でも持っている。楽しい思い出がたくさんある。
余りにも短かい交遊だったが、私にとっては宝物だ。われわれはかけがえのない鼓舞的な共同作業者にして友人を奪われてしまった。

スティーヴ・レイシー
パリ、1998年11月10日。」


steve lacy3























































スポンサーサイト
プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本