『M.C. Escher : His Life and Complete Graphic Work』 (Edited by J.L. Locher)

"I do not want to have a job and will never have one."
(エッシャー、1923年9月19日の手紙より)


F.H. Bool / J.R. Kist / J.L. Locher / F. Wierda
M.C. Escher :
His Life and Complete Graphic Work

With a Fully Illustrated Catalogue
With Essays by Bruno Ernst / M.C. Escher
Edited by J.L. Locher
Translated from the Dutch by Tony Langham and Plym Peters

Abradale Press / Harry N. Abrams, Inc., New York, 1992
349pp, 30x24.5cm, hardcover, dust jacket
Printed and bound in the Netherlands
(Originally published: New York: H.N. Abrams, 1982)



本書前半はエッシャー評伝(エッシャーの手紙と講演、父親の日記や息子の回想などの引用によって構成されている)と、ブルーノ・エルンストによるエッシャー論、エッシャー自身による論文「平面の正則分割」を収録、後半はエッシャーの版画作品のカタログ・レゾネです。


escher.jpg


本書は日本語版も出ていますが、それは英訳からの重訳なので、今回は英語版を購入してみました。アマゾンマケプレで最安値のを注文したら、カバー上端(特に背)がキレイに部分ヤケ(褪色)した古本が届きました。


escher (1)


Contents:

Biographical Chronology
Preface (J.L. Locher)

Escher Senior 1843-1939 (J.R. Kist)
Early Life 1898-1922 (J.R. Kist)
Italy and Spain 1922-1924 (J.R. Kist)
Rome 1924-1935 (J.R. Kist)
Switzerland and Belgium 1935-1941 (J.R. Kist)
Back in Holland 1941-1954 (J.L. Locher)
Letters to Arthur 1955-1957 (J.L. Locher)
Crystallographers' Recognition 1958-1960 (J.L. Locher)
Voyage to Canada 1960 (M.C. Escher)
The Final Years 1961-1972 (J.L. Locher)

The Vision of a Mathematician (Bruno Ernst)
The Regular Division of the Plane (M.C. Escher)

Catalogue (Compiled by F.H. Bool / J.L. Locher / F. Wierda)

Notes on the Illustyrations
Concordance
List of Colour Plates
Selected Bibliography
Index of Works Illustrated
Index of Names



escher (2)

図版は全606点、そのうち36点はカラー。


escher (7)

全版画作品(448点)カタログのパートは、基本的にやや小さめの図版(モノクロ)で掲載されています。


escher (5)

主要作品は大きめの図版で掲載されています。


escher (4)

エッシャーは海と船旅を愛しました。


本書より:

「The sea plays an important part in Escher's life; it is always present at significant turning points and highpoints.」


本書、エッシャーの手紙より:

「Let them go on slogging away, let them tire themselves out; tomorrow I shall sail away from all this noise and stench.」
(地上のやつらにはやりたいだけあくせくさせておけばいい、そうして疲労困憊すればいいんだ。明日には私は船に乗ってこれらすべての騒音や悪臭から逃げ出すのだ)


escher (3)


本書より:

「On 14 June (1939) Escher's father died. (...) In an interview (...) Escher said in 1968: 'I loved my father very much. He always made a great impression on me. I'm very like him. He too was a lonely man and sat in his room most of the time.'」

「Being left-handed himself, Escher was always very interested in the problem of left-handedness.」
「Baarn, 12 December 1952: (...) 'I was Particularly struck by the suggestion that left-handed people might be more inclined to draw than to paint; in other words, that shape might be more important to them than colour.'」
「'The question (...) "Is left-handedness innate or acquired?" - seems superfluous. If right-handedness is innate, why shouldn't left-handedness be? I do not know of any normal right-handed artists who became left-handed through practice; though I have heard of the reverse. Leonardo may be an example. In the case of the graphic artist S. Jessurun de Mesquita, who died in 1944. I am quite certain. He was proud that, having been born left-handed, he had also learned to draw with his right hand - and, he said, just as easily. 」
「'It would be interesting to carry out a survey among Dutch graphic artists to find out what percentage is left-handed; perhaps I will actually do this one day.
'I do not know how these traits are passed on; possibly simply from father (or mother) to child. For it can hardly be a coincidence that with a father as left-handed as I am, two of the three sons are also left-handed, at least in their drawing.」
「'No matter how many left-handed graphic artists there may be, they are apparently still so exceptional and strange that "ordinary" people are immediately struck by it. At last, this was my experience repeatedly in Italy when I used to do a lot of drawing in the open. The curiosity of onlookers was much more about the fact that I was left-handed than about the picture appearing on the paper.'」
「Baarn, 16 January 1953: (...) 'I was very taken by your paragraph on subjective and objective space. You will probably realize from this letter that I know too little about philosophy, and you may even find me unserious, but here it is anyway.
'I should be inclined to say, then, that none of us needs to doubt the existence of an unreal, subjective space. But I for one am not sure of the existence of a real, objective space. Our senses only reveal a subjective world; we may only *think*, and possibly believe, that we can conclude an objective world exists.」

「'There is a noticeable difference between two groups of people which can be distinguished and compared because they have ideas and opinions with an apparently different orientation. I could not think of two names to characterize and distinguish them. The terms "rationalist" and "sentimentalist", for example, do not exress what I mean. For want of anything better I have called them "feeling people" and "thinking people". but their real character will become clear only if I describe them.
'By "feeling people" I mean those who, amid everything surrounding them, are most interested in the relationship between themselves and others, and in relationships between people in general. Admittedly they are aware of phenomena in the outside world which are not directly related to people, such as nature, matter and space, but all that does not mean very much to them. They consider it to be of secondary importance and regard it as a stage, a complex of attributes whose purpose is to act as a backdrop for people. On the other hand, they are greatly fascinated by all the problems that face man in society. I call them "feeling people" because I believe that the many ideas which interest them, such as society, the state, religion, justice, trade and, usually, art too, are in the first place related to the feeling relationships between people.」
「'It may seem paradoxical to say that there are similarities between a poetical and a commercial mind, but it is a fact that both a poet and a businessman are constantly dealing with problems that are directly related to people and for which sensitivity is of prime importance.」
「'Then there is the other group, which I have rather inadequately described as "thinking people". In this group I include people who consider that they can attribute a specific significance, independent of mankind, to non-human natural phenomena, to the earth on which they live and the rest of the universe around it. This group understands the language of matter, space and the universe. They are receptive towards this outside world, they accept it as something that exists objectively, separate from man, which they can not only see but also observe closely, study and even attempt to understand, bit by bit. In doing this they are able to forget themselves to a greater extent than the feeling person usually can.
'When someone forgets himself, this by no means makes him altruistic; when a thinking person forgets himself, he imemdiately also forgets his fellow-men, he loses himself and his humanity by becoming engrossed in his subject. Thus he is in a sense more contemplative than a feeling person. Anyone who is profoundly concerned with material things in general, and whose work does not require the involvement of other people, belongs to this group. Factory workers or carpenters may belong to it just as much as chemists or astronomers.」
「'These reality enthusiasts are possibly playing at hide-and-seek; at any rate they like to hide themselves, though they are not usually aware of it. They simply do it because they happen to have been born with a sense of reality, that is, with a great interest in so-called reality, and because man likes to forget himself. However, it is quite possible that subconscious factors such as a fear of the dark incomprehensible nature of the human condition sometimes play a role, and that "thinking people" are escaping from this.
Disillusion, exhaustion, impotence and other inhibitions may have led them to seek peace and respite in dealing with matters that are less compliceted and easier to grasp than the enigma of man himself.」



みずからのオブセッションを取り除くのではなく、オブセッションを育てることによってエッシャーはエッシャーになりました。それは、受けた教育の如何にかかわらず、エッシャーが「独学者」であったということです。最初にエッシャー作品への理解を示したのは数学者たちでしたが、エッシャー自身は数学を勉強したことはなく(数学者が関心を示してくれるのは嬉しいが、数学者の説明は自分のような門外漢(layman)にはちんぷんかんぷんだといっています)、自分のやりかたで数学を「発見」し、それをみずからの版画によって表現したのだ、といってよいです。

白と黒、昼と夜、天使と悪魔、空と海、等、エッシャー作品には二元論のテーマが顕著です。
エッシャーは人間も二種類に分類しようと試みています。最初は「左利き(線描画家)と右利き(色彩画家)」、次いで「主観的と客観的」、さらに「考える人と感じる人」というふうに発展していきます。エッシャー自身は自分を「左利き・主観的・考える人」であるとみなしていました。
ところで、本書その他の記述から、エッシャーは高機能自閉症(アスペルガー症候群)者であったと判断できますが、はじめは周囲(版画家仲間)に対する違和感から、自分はどうも他の人たちとは違うようだ、と考えるようになり、それを説明するものとして、このような二分法に思い至ったのでしょう。「考える人」(理屈っぽい人)はすなわち「AS(アスペルガー症候群)」、「感じる人」(感情的な人)はすなわち「NT(定型発達)」ですが、「考える人」は工場労働者や職人に向いているとか、「感じる人」は人間的なものにしか関心を示さない(自然を愛する場合も擬人化して/人間と関連付けて愛する)とか、いいところまでいっています。
そして、グノーシス主義や錬金術思想など、多くは異端的な思想に顕著に窺われる、古来より連綿と続くこの二元論への志向こそ、思想史における高機能自閉症者の営為の痕跡であるといってよいのです(※)。

エッシャーのような人は生活能力がないので、版画家となってからも、また結婚してからも、両親の援助を受けていましたが、それによってエッシャーは版画家として妥協したり(生活のために俗受けする作品を作ったり)人間として挫折したり(自殺したり)せずに、いま残されているような作品を作ることができたわけで、わたしとしてはエッシャーを「甘やかして」くれたエッシャーの両親に対して、ひとごとながら、心から感謝せずにいられません。たとえいま残されているような作品が作られていなかったとしてもです。

※前回紹介した川村二郎の『幻視と変奏』では、人間(の精神的傾向)は「古典主義」と「ロマン主義」に分類され、ロマン主義を救済するフィールドとしての「バロック」が措定されていましたが、エッシャーは「白」と「黒」の戦いからの休息の場としての「灰色」の意義を説いています。

「最初はグレーで始まります。色を使わずに版画を刷る場合は、一般的には白い紙か白に近い紙に、黒インクをつけた版木で刷ります。私自身、この方法を何年も使ってきましたが、じつはこの方法には真面目な反対意見を持っています。その理由は、刷り始める前から、一方では黒と白の両方ともつくり出せるふりをしていながら、二つの対立的な要素の一方、つまり白が、もとから存在しているという矛盾をかかえているからです。白のほうは紙片の端まで連続しています。その結果、白対黒という二つの成分の均衡が破れます。(中略)しかし平面の正則分割に関する作品の場合には、(中略)白と黒が完全に同じ値になってなければならないのです。少なくとも理論的にはグレーの紙に白か黒インクで刷るほうがはるかに合理的なのです。」
「こんなふうに私は、不確かでぼんやりとしたグレーの面を、静的な休息を現す手段として考えます。生命が生まれる前や、生命のあとに続く時間の不在や次元の不在を表現する手段として考えるのです。強いていえば、すべての対照的なものが「死んでしまったあとで」、再び溶け込んでいくかたちのない成分と考えるのです。」

(「平面の正則分割」、坂根厳夫訳『無限を求めて――エッシャー、自作を語る』より)






































































スポンサーサイト

ブルーノ・エルンスト 『エッシャーの宇宙』

2012年8月8日。


ブルーノ・エルンスト 『エッシャーの宇宙』
坂根巌夫 訳


朝日新聞社 1983年7月15日第1刷発行/1987年11月10日第11刷発行
182p 26.4×21.8cm 角背紙装上製本 カバー 定価2,900円
Bruno Ernst - De Toverspiegel van M.C. Escher, 1976



本書は、晩年のエッシャーと交遊があった数学者による数学的な観点からのエッシャー論です。惜しくもエッシャー没後の出版になりましたが、エッシャー本人も本書のために積極的に協力しています。
一般向けのエッシャー評伝・作品解説本としては、最も入手しやすく、いきとどいたものであろうと思います。モノクロなのは残念ですが、論述の対象になっている作品の図版は大きく印刷され、参考図版も適宜挿入されているのでわかりやすいです。エッシャーとマグリットの比較も興味深いです。


エッシャーの宇宙1


カバーそで文:

「M・Cエッシャーと数年にわたる親交を重ねた著者ブルーノ・エルンストは、一九七〇年から、エッシャーと共に、彼の全作品について、その制作の動機やアイデアの成長過程を一冊の本にまとめる作業にとりかかった。エッシャー自身も、この本の完成を心待ちにしていたが、病気のため、完成を待たずして亡くなった。だが幸い原稿段階で目を通して、エッシャー自身の意見もつけ加えることができた。
ブルーノ・エルンストは、一九二六年、オランダのロッテルダム生まれ。数学と物理学の教師のかたわら、天文学、写真術、筆記法と筆記学の歴史、図像学などに関する著書、論文が一〇〇を超える。現在、オランダの学生向け数学雑誌『ピタゴラス』と物理学雑誌『アルキメデス』の編集を担当している。またオランダで最初の一般市民用天文台の開設にも貢献した。この天文台は今日でもりっぱな成果をあげている。その文化面の業績によって、毎年三人に贈られるオランダ最高の栄誉であるシルバー・カーネーション賞を受賞している。」



エッシャーの宇宙2


目次:

第一部 絵を描くことはだますことである
 1 魔法の鏡(マジック・ミラー)
 2 エッシャーの生涯
 3 分類屋泣かせの芸術家
 4 人生と作品に表れた対照性
 5 作品の発展過程
 6 描くことはだますこと
 7 アルハンブラの芸術
 8 遠近法の探究
 9 切手、壁画、紙幣
第二部 あり得ない世界
 10 不可能な世界の創造
 11 職人的技巧
 12 同時性の世界
 13 ありえない世界
 14 自然と数学のすばらしい造形
 15 画家は無限をどう描くか

あとがき
作品索引



エッシャーの宇宙3


エッシャー作品の数学的な解説については、直接読んでもらうとして、以下、本書より、エッシャーの自閉症的傾向を示す部分を引用したいと思います。

「エッシャーの学生時代はひとことでいえば悪夢のようなもので、たった一つの救いといえば、週二時間ある美術の時間だけだった。」

「学校(建築装飾美術学校)の公式の記録には、校長のH・C・フェルクリュイセンとド・メスキータの署名入りで、次のように記されている。「……あまりにきちょうめんで、文学的、哲学的で、若者にしては自由奔放な感情がとぼしく、芸術家としての素質に欠けている……」」


エッシャーのことば:

「海ほど魅力的なものはありません。小船のへさきでの孤独、魚や雲、変幻自在の波、それに刻々と変わり続ける空模様……」

「私の仕事は世間の人とは何の関係もありませんし、心理学についても同様です。現実生活をどうすればうまくやっていけるか私には見当がつかないし、私の作品はそんなこととはかかわりあいがないのです。これはきっとおおきな誤りなのでしょう。人びとと肩を触れ合って、万事につけうまくいくように助け合う方がいいことも、私は分かっています。しかし私は、博愛などということには関心がないのです。人々から隔離されていたいという意志をはっきり表すために、大きな庭をつくりました。人々が中に入ってきて『こんな大庭園をつくるなんて、どういうつもりだろう』と叫ぶのが目にみえるようです。そう思って当然なんです。でも私には、だれかがそこにいると分かっただけで、仕事ができないのです。私は恥ずかしがりやで、見知らぬ人とは一緒にやっていけないのです。外出も決して楽しくありません。仕事をするのは、一人でなければできないのです。だれかが窓の外を通りすぎるのも、がまんができません。騒音もわずらわしさも遠ざけています。肖像画も、私には心理的な理由で描けません。だれかが私の目の前に坐っているということに、私は耐えられないのです。
でも、どうしてこのみじめな現実の中で、私たちは鼻をすり合わさねばならないのでしょうか。なぜ、自分たちだけで楽しんではいけないのでしょう。
(中略)
私は、すべての人が兄弟同様だとは、じっさいに思ってもいません。人が互いに同情心を持っているということも、あまり信じてはいません。もちろん、ほんとうに善良な人々の場合には別ですが、そういう人たちは、そんなことを大げさに口に出していったりはしないものなのです。」

「夜の暗黒の中で私がみたものを、あなたに分かってもらえたら……。それらを視覚言語で表現できないみじめさで、私は時々気が狂いそうになるのです。これらの想念に比べると、どの作品も失敗です。あるべき姿の片鱗さえも、そこには現われていないのです。」




こちらもご参照下さい:
オリバー・サックス 『妻を帽子とまちがえた男』


































































M・C・エッシャー 『無限を求めて エッシャー、自作を語る』

「エッシャーが彼の孤独を憂鬱なものとしてだけでなく、心の喜びとしても味わっていたことはきわめて明白である。」
(J・W・フェルミューレン「私はここではひとりぼっちでさまよっている」より)


M・C・エッシャー
『無限を求めて エッシャー、自作を語る』
坂根厳夫 訳

朝日選書 502

朝日新聞社 1994年6月25日第1刷発行
252p 目次4p 図版一覧・参考文献x 
四六判 並装 カバー 定価1,500円
Het Oneindige by M.C. Escher, 1986,
English translation: Escher on Escher, 1989



エッシャー読本。英訳(もとはオランダ語)からの重訳。エッセイや講演草稿、論文のほかに、エッシャーのコレクターであり(そのコレクションは現在、甲賀正治コレクションとして日本に移っています)版権者であったヤン・W・フェルミューレン(フェアミュレン)によるエッシャーの人物像エッセイが収録されています。

自作について理論的に語っている文章が特に興味深いですが、このブログ的にはエッシャーの自閉症的傾向がうかがえる部分に注目したく思います。


無限を求めて1


「本書の構成について」より:

「第1章(中略)は、四つのテキストからなっている。ここから、エッシャーは自分自身をアーティスト(芸術家)というよりもアルティザン(職人)、あるいはひたすらコントラスト(対照的なもの)にとりつかれた真摯な版画家として規定していたことが分かる。
第2章(中略)一九六四年にエッシャーはアメリカへの講演旅行に出かける計画を立て、いつもの習性で前もって講演の完全な予定原稿を書いていた。ところがぎりぎりになって、カナダの病院で緊急の手術を受けることになり、この旅行はキャンセルになった。その結果、この講演は実現しなかったものである。
エッシャーがマサチューセッツ州レキシントンの会議で行うことになっていた二つの講演会は、ことさら興味深いものだった。いずれも、エッシャーの全作品を見渡してその全体像を示すものであった。ここには完全なテキストと、エッシャーが見せるつもりだった一〇〇枚のスライド―それぞれが対になっている―を並べて紹介している。(中略)
第3章には、(中略)エッシャーのもっとも重要なテーマ、つまり平面の正則分割、無限への接近、遠近法、不可能性について、きわめて深く突っ込んで語ったテキストが含まれている。」



目次:

なぜ、この本が必要か/本書の構成について (編集者一同)

M・C・エッシャーから息子のアーサーに宛てた1955年11月12日の手紙から

I 芸術家か版画家か
工芸  (「オランダ版画家・挿絵画家協会誌」第5号 1950年12月)
われら同胞 (「オランダ版画家・挿絵画家協会誌」第3号 1950年6月
白―グレー―黒 (「グラフィッシュ」誌第13号 1951年9月)
全身全霊を打ち込む版画家 (1965年3月5日ヒルフェルスム市の文化賞受賞式での演説)

2 実現しなかった講演会
平面の正則分割について/その他のテーマによる講演 (1964年10月)

3 四つの趣味
版画家のあなたがどうして壁面の装飾デザインをするようになったのか (「発掘者」誌第14巻6号 1941年)
著書『平面の正則分割』から (1958年)
無限への接近
遠近法について
不可能性について

4 内省的なエッシャー像
私はここではひとりぼっちでさまよっている (J・W・フェルミューレン)



無限を求めて2


本書より:

「やれやれ、もっとうまくデッサンできるように、勉強しておくべきだったと思います。うまく仕上げようとするには、なんてたいへんな努力と辛抱が必要なんでしょう。そのためのストレスで、ほとんど神経衰弱になりそうなこともあるほどです。それはまったくのところ、休みなく、しかもできることなら容赦ない自己批判を維持しながら、どれだけ粘り強く続けられるか、という執拗さの問題です。私のようなやり方で版画を制作するには、それこそなんとしてでもうまくやろうと厳しく思いつづける以外にはないようです。万事につけて、才能なんぞが役立つというのはたわごとです。多少でも才能のある学生なら、私よりもっとうまくデッサンできるでしょう。ところが、ほとんどの場合そんな学生に欠けているのは、それにリアリティを与えるための執拗な願望です。歯ぎしりをするほどの頑固さ、「分かっているけどうまくできない。でも、とにかくやりたいんだ」という頑固さです。」

「造形芸術は進化をしていません。(中略)私には造形芸術に携わる者はだれでも、先祖から本当に基本的で重要なことを受け継ぐのではなく、一刻一刻、自分自身でイメージを削り出すことから始めなければならないように思えるのです。」

「私たち人類は常にコントラストを追い求めています。そしてより一般的な意味において、コントラストなくしてはこの堅固な地球の上で、生命が存在することなどできなかったのです。この大地はあらゆる人類の愚行にもかかわらず、地軸を中心に回転しながら、無限の空間のなかでこんなにも幸福に漂っているのです。母なる光を浴びながら、それを支配している法則にじっと忠実に従いながら、純粋の無のなかで漂っている地球をご覧になったことがありますか。夜眠りにつく前などに、そのイメージが私の目の前にあらわれることがあります。それは感動的で威厳に満ちた光景です。」

「秩序や規則性、周期的な繰り返し、そして再生などが、私にとっては次第次第に重要性を増してきました。その存在を知ることで、平和な心が訪れ、私を支えてくれるのです。版画のなかで私は、私たちが美しく秩序のある世界に住んでおり、ときにはそう見えても、決して無形の混沌のなかに住んでいるのではないということを証明しようと努めてきました。」

「私はしばしば、この反復する図形をデザインすることに、自分でも呆れるほど夢中になりました。」
「同じ図柄を紙の上に繰り返していくときの抑えがたい喜びに、ただ夢中になっていたのです。」

「繰り返しと増殖――これは二つの単純なことばです。ところが、感覚で認知されるすべての世界は、この二つの観念なしには混沌に陥ってしまいます。それらが見えなくなるや否や、世界は絶望的で受け入れがたい無情なものに思われてきます。(中略)私たちを取り巻く自然界の驚くべき神秘的な法則は、この二つによって成り立っています。全世界がそれによって動かされていて、もしそれが止まると宇宙はたちまち爆弾のように崩壊してしまいます。」

「それにしても私のイメージには説明が必要でしょう。そうでないと、初心者にとってはあまりにも秘教的で、形式的すぎるように思えるでしょうから。言語で伝える思想の相互作用は基本的にはまったく客観的で、非個人的なものです。ところが驚いたことに、これは明らかにあまりにも並外れていて、あまりにも新しいために、私のほかにはこれについて十分理解して書ける専門家を見つけることができなかったのです。
私は、この本の六枚の木版画に描かれた小さな白と黒の図のゲームが、数学の領域に属するのか芸術の領域に属するのかという問いには、答えられません。
もしそれが芸術だとするなら、私の知るかぎり、なぜいままでどの芸術家もそれに深く捕えられなかったのでしょう。なぜ私だけが、それに魅せられたのでしょう?」

「私はここではひとりぼっちでさまよっていました。この庭はもちろん私だけのものではありません。すべての人に門は開かれています。私はそこで生き返ったように感じながらも、同時に、抑圧され孤独を貫時ながら時間を過ごしています。私が長年にわたってこの喜びの楽園の存在を説明しようとしてきたのも、(中略)そのためなのです。そうはいうものの、結局は多くの人が散歩に出かけてくるだろうとは期待していませんが。というのも、私を魅惑しているもの、私に美の体験を与えてくれているものは、明らかにほかの人には無味乾燥で、退屈に思われているようですから。」

「芸術家は、自分がエンピツを紙の上で動かしているのは、一種の魔術的作用だという感じを依然として持っています。自分の作品の形体を決めるのは自分ではないという感じです。」

「バッハの合理性や数学的な秩序、規則の厳密さは、おそらく私の作品に非常に重要な影響を与えていますが、直接的に、ではありません。私が意識するかぎり、彼の音楽を聞くと私の気分は影響を受けます。しかしそれにもかかわらず、いやおそらくたぶんそのせいで、彼の音の流れは私を豊かにし、触発する効果をあげるのです。それは特殊な霊感や心象を駆り立て、同時に表現への抑えがたい願望を広くかき立ててくれるのです。彼の音楽はほかのどんなクラシックや現代音楽の作曲家以上に、私にとって自明なこと、それとは気づかずになにかを期待していたものを、明らかにしてくれるのです。ちょうど人が、ときおり、見慣れた風景を、まるではじめて見るように「認知」することがあるように……。」

「深い、深い無限よ! 日々の神経の緊張から解き放たれるのを夢見ながら、お休みなさい。静かな海に船出して、船のへさきに座り、絶え間なく退いていく水平線に向かいながら……。駆け抜けていく波を見つめながら、その単調でやわらかい呟きに耳を傾け、無意識の彼方を夢見ながら……。」

「もしも建築家が、重力に従う度合いをちょっとばかり少なくしたとしましょう。そうすることによって、どんなにすばらしい建築物が生み出されることでしょう。四面体の路面電車の待合所や、八面体の工場、一二面体の教会や三角形の窓、五角形の壁や床を持った住居などを想像してごらんなさい。」



本書所収、J・W・フェルミューレン「私はここではひとりぼっちでさまよっている」より:

「病身で、恥ずかしがり屋で、神経過敏の彼は、ずっと歳上の兄弟に比べると一見はるかに出来が悪かった。優柔不断で、学校が嫌いで、成績は普通以下、一度は落第し、最終試験にも失敗したほどであった。
(中略)
彼の全人生は無秩序に対する抵抗として特徴づけられる。エッシャーは無秩序を恐れ、それを嫌悪した。(中略)生涯を通じて彼は、美しい秩序ある宇宙に住む体験を望みながら、同時に人間の現実に絶望し、悩んでいたのであった。エッシャーは自然とそれを成り立たせている秩序のあいだに矛盾を見ると同時に、他方では自分自身の感覚に基づいて、人間社会の絶望的な混沌を見ていたのである。」
「彼は自分の着想をかたちにすることに完全に没頭してしまうと、それから自分を引き離すことができなかった。創作に夢中になっているあいだ、他人が自分の周りにいることに耐えられないこともしばしばだった。彼はほとんどアトリエのなかだけで現代の隠者のように過ごしたため、親しい身内の者にとっても気骨の折れることだった。自分でもそのことに気づいていて、それを申しわけないとは思ってはいたが、しかしどうすることもできなかった。」
「彼は見知らぬ人に、自分が無知で不器用だという印象を与えているような気がしたのかもしれない。彼は世間話には向かなかった(中略)。お世辞をいうことなどはできなかった。他人には丁重に接したが、関係がぴたっと行かないかぎり、距離はしっかりと開けたままだった。」
「子どものころから人に理解してもらえないという体験を続けて、あまりにも深く傷ついてしまったあげく、彼は、自分の能力を信頼できず、芸術家としての自分の存在意義も見出すことができずにいた。」
「彼は家庭のなかでも友人のあいだでも、有名であり、尊敬され、讃えられ、愛されていた。皮相的に見れば、エッシャーには孤独を訴える理由などなにひとつなかったのだ。だがしかし、別の理由があったのだ。(中略)彼が不満を口にするようになったとき、彼はたしかに知名度と人気を得ていた。しかし、人々は本当に彼のことを知り、理解していたのだろうか。人々は彼の作品の根源的なものを生み出した感情や発想について、少しでも分かったのだろうか。」
「エッシャーが彼の孤独を憂鬱なものとしてだけでなく、心の喜びとしても味わっていたことはきわめて明白である。」



無限を求めて3


わたしは健忘症なので、読んだ端から忘れてしまうのであれですが、エッシャーが、白と黒のどちらかが支配的にならないように、灰色の紙に白と黒で版画を刷れたらいいなー、というようなことを言っていたのが興味深かったです。
そしてわたしがエッシャーの作品ですばらしいと思うのは、以下のような点です。
・上のものが下になり、下のものが上になる。
・描かれたもの(二次元)と現実のもの(三次元)が自由に入れ替わる。
・同じ空間に、違った世界が同時に存在している。


こちらもご参照下さい:
オリバー・サックス 『妻を帽子とまちがえた男』























































『M・C・エッシャー 甲賀正治コレクション』 ①~③

『M・C・エッシャー ① 甲賀正治コレクション』
Message From M.C. Escher I


発行: 1986年9月29日
発行者: 甲賀正治
編集: 日本M・C・エッシャー著作権委員会
制作: 株式会社東京美術/宮内秀世
撮影: ナカ・アートスタジオ/中井春夫
装幀: 矢野豊比古/宮川一郎
180p 24.5×22.8cm 並装



古書店でたまたま見かけたので購入。本来は全四冊の函入セットだったようだが、売られていたのは三冊だけだった(第一巻~第三巻には版画作品が1ページ1枚で掲載。第四巻はドローイングなど資料編のようだ)。

「(略)フェアミュレン・コレクションは(略)現存するエッシャー・コレクションの中でその規模と内容から最も重要なものと考えられていた。(略)1986年春、フェアミュレン・コレクションは甲賀正治の手へ移動された。
ここに掲載する図版は甲賀正治エッシャー・コレクションの全作品並びに一部の資料である。(略)第一巻から第三巻までにコレクションの版画作品をほぼ年代順に並べ、個々の作品の明らかなエスキースは該当する版画作品に連続して掲載した。」
(第一巻「編集ノート」より)

「面白いことにフェアミュレン・コレクションにはエッシャーの作品の中でも最も有名な代表作「昼と夜」が含まれていない。」(第三巻「編集ノート」より)

しかしながら本書には「昼と夜」のポストカードが挟み込まれていた。有難いことである。


message from escher1


message from escher2


内容:

MESSAGE (甲賀正治/ヤン・ヴィレム・フェアミュレン/フリップ・ブール/ケネス・W・プレスコット/編集ノート)

1916-1921
1922-1924
1925-1927
1928-1929
1930
1931
EMBLEMATA



message from escher0




『M・C・エッシャー ② 甲賀正治コレクション』
Message From M.C. Escher II


発行: 1986年9月29日
発行者: 甲賀正治
編集: 日本M・C・エッシャー著作権委員会
制作: 株式会社東京美術/宮内秀世
撮影: ナカ・アートスタジオ/中井春夫
装幀: 矢野豊比古/宮川一郎
186p 24.5×22.8cm 並装


内容:

1932
1932-1933
1934
ROME AT NIGHT
1935
1936
1937
1938
1939-1940





『M・C・エッシャー ③ 甲賀正治コレクション』
Message From M.C. Escher III


発行: 1986年9月29日
発行者: 甲賀正治
編集: 日本M・C・エッシャー著作権委員会
制作: 株式会社東京美術/宮内秀世
撮影: ナカ・アートスタジオ/中井春夫
装幀: 矢野豊比古/宮川一郎
186p 24.5×22.8cm 並装


内容:

1941-1945
1946
1947
1948
1949
1950
1951
1952
1953
1954
1955
1956
1957-1959
1960-1966
METAMORPHOSIS III
1969

編集ノート



message from escher3


message from escher4


message from escher5


message from escher6


message from escher7


message from escher8


message from escher9


message from escher10


message from escher11




























































































プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本