熊谷守一 『蒼蠅 増補改訂版』 

「紙でもキャンバスでも何も描かない白いままが一番美しい。」
(熊谷守一 『蒼蠅』 より)


熊谷守一 
『蒼蠅 
増補改訂版』 


求龍堂
2014年8月8日 発行
318p 
口絵(モノクロ)8p
図版(カラー)20p
21.7×15.5cm 
角背紙装上製本 カバー
定価2,900円+税
巻頭写真: 土門拳



口絵に土門拳「ある日の熊谷守一」(1948年11月3日撮影)8点、「もの語り年譜」中にモノクロ図版21点。

初版は1976年(黄色函入)、図版を入れかえた新装改訂版は2004年(白カバー)、本書はさらに年譜を入れかえた増補改訂版です。

本書は新装改訂版が出たときに買おうとおもってうっかり忘れていたので今回増補改訂版がヤフオクで1,200円(+送料450円)で出品されていたのを落札しておいたのが届いたのでよんでみました。字が大きくてたいへんよみやすかったです。


熊谷守一 蒼蝿 01

帯文:

「一九七六年から
読み継がれる
仙人熊谷守一の
精神が宿る
「言行録」

土門拳撮影
《ある日の熊谷守一》掲載

増補内容
 加筆訂正を施した
 熊谷榧「もの語り年譜」収録
 家族、日常写真20点掲載」



帯背:

「仙人の言行録」


帯裏:

「わたしってしみったれですから幾つになっても命は惜しいです。命が惜しくなかったら見事だけれど、残念だが惜しい。長く生きていたいです。どういうわけなんですかね。生きていたってたいしたことないでしょう。ここに坐ってこうしているだけなんだから。

紙でもキャンバスでも何も描かない白いままが一番美しい。日本画でも墨だけで描いたものの方がわたしはいいと思います。

(本文より)」



熊谷守一 蒼蝿 02


目次:

わたしのことなど
九十六の春
硯墨筆紙
美校まで
かまきり
友人

わたしたちの日々 (熊谷秀子)
熊谷守一 もの語り年譜 (熊谷榧)



熊谷守一 蒼蝿 03



◆本書より◆


「わたしのことなど」より:

「絵を描くことは、ごく小さいときから好きでした。」

「貧乏時代からの友達には、長谷川利行がいます。長谷川は酒が好きで、飲んではくだを巻き、酔いがさめては恥ずかしがっていました。」

「メリヤスのシャツも嫌いです。のどもとや手首、足首を締められるのがどうにもいやなので、着なくてはならないときは、その部分を切りとって着ています。」

「普段は朝八時に起きます。昼の一時頃から四時半頃までは昼寝をします。昼寝中は誰がきても起きないことにしています。」

「絵を描くより、ほかのことをしているほうがたのしいのです。欲なし、計画なし、夢なし、退屈なし、それでいていつまでも生きていたいのです。
 石ころ一つそばにあれば、それをいじって何日でも過ごせます。」



「九十六の春」より:

「以前はよく庭に筵を敷いてそこに寝ました。地面の高さで見る庭はまた別の景色で、蟻たちの動きを見ているだけで夕方になったときもあります。」

「何年も前に、垣根の外の道で、工事用に積んであった石の中から、気に入って拾ってきた石が、何かで落としたときに欠けたのを接着剤でつけておいたのが、この間その接ぎめがはがれてしまいました。」
「今までにこれを見せて、誰一人いいですねといったことがない。鶉の卵をちょっと大きくしたぐらいの軽石みたいな、どうってことない石だからですかね。わたしにはそのどうってことのないのがいいんですから、アトリエに置いたり炬燵に持ち込んだりして眺めている。欠けたら欠けたで、欠けない前には見えなかった部分が見えてね。あっちから見たりこっちから見たりして、一日が終わります。」



「硯墨筆紙」より:

「絵には色がない方が上品です。もっといえば白いキャンバス、白いままの紙の方が何か描いたものよりはずっとさっぱりして綺麗です。それよりよくはできないです。そこが凡人のかなしさで、何か描いたり、塗ったりする。ばかばかしいことですね。」

「展覧会では売れないで残る「蒼蠅」という字は、よく書きます。わたしは蒼蠅は恰好がいいって思うんだけれど、普通の人はそうは思わんのでしょうね。」



「美校まで」より:

「小学校の頃は日がな一日、小川の深みで泳いでいるか、そうでないときはいたずらをしている。いたずらはかなりはげしかったんです。
 障子の張り替えに入っていた経師屋のあとに回って、立て掛けてあるのを片っ端からひっくり返してしまって、経師屋をかんかんに怒らせたことがあります。」
「勉強は面白くなかったから学校でも盛んにいたずらをしたし、授業中に窓の外を見ていたといってはよく立たされました。」
「家にあった刀で、枯れ竹を斬りそこなって足の指をやってしまったのはこの頃です。
 刀は親指をつけ根まで斬り、下駄の台で止まった。刀の血を拭いて鞘におさめ、自分では消毒のつもりでランプの灯油をかけ、手拭いでしばって一人で医者へ行きました。」
「剣道は中学になっても続け、町の道場に通いかした。突きが得意で、稽古のときなら先生もたじたじさせるほどでしたが、試合になると負ける。試合には何度も出されましたが、勝ったことは一度もありませんでした。
 これはわたしに勝とうという気がなかったからです。」

「父はわたしを商人にしようとしていたので、銀行の使いをさせたり、まだ子供のわたしに仕事上の愚痴をいったりしました。」
「父の仕事を通していろんなものが見えました。」
「生糸の仲買人は百姓をごまかして買い叩き、番頭は台秤をごまかして仲買人から安く買う。それが番頭の忠義心であり、手腕だったわけです。
 そうやって人の裏をかき、人を押しのけて、したり顔のやりとりを見ているうちに、商売のこつをのみ込んでいく代わりに、わたしはどうしたら争いのない生き方ができるだろうという考えにとりつかれていったのかも知れません。」



「かまきり」より:

「わたしって余程生活を変えるのがいやなんですね。」

「わたしは、わたし自身も、仕事もそんな面白いものではないと思います。
 わたしの展覧会をしたって、どうっていうことはない。
 やる人もやる人だし、見る人も見る人だと思います。」

「川には川に合った生きものが棲む。」
「いくら時代が進んだっていっても、結局、自分自身を失っては何にもなりません。
 自分にできないことを、世の中に合わせたってどうしようもない。川に落ちて流されるのと同じことで、何にもならない。」

「絵を描くより遊んでいるのが一番楽しいんです。石ころ一つ、紙くず一つでも見ていると、全くあきることがありません。
 火を燃やせば、一日燃やしていても面白い。でもときに変わったことがしてみたくなります。
 だいぶ昔、やっていたバイオリンがひきたくなって、一番安いのを見つけました。恥ずかしいのでまだ人前では駄目で、寝床でときどきひいています。」

「まえに写生に行ったとき、描く風景が見つからないので、仕方なく、畑のわきのひがん花を描いていました。
 横でお百姓さんが、黙って畑を耕していました。
 どこからきたのかわからないが、そのひがん花にかまきりが、大きな鎌を振りながら上ってきた。かまきりも入れてまとめると、そう嫌いじゃない絵ができました。
 するとお百姓さんがそばにきて、絵をのぞき、よくできたねとほめてくれました。」



「熊谷守一 もの語り年譜」(熊谷榧)より:

「一九一〇年(明治43) 三十歳
 五月、第十三回白馬会に「轢死」を出品する。この絵は、先に文展に出品しようとしたが、題材のために搬入を拒否されたもの。夜の踏切で本当に飛び込み自殺の女の人を目撃して、スケッチしたものから油絵を描いた。月夜の下に自分で作った彫刻の裸婦を置いて描いたり苦心して仕上げたという。」

「小学校何年の頃だったか、冬の灰色の空のある日、アトリエでストーブにくべる石炭を、バケツで運び入れていたモリに私はきいた。
 「生きているってどういうこと?」「そうだな。むずかしいが、このストーブの燃えている石炭だって生きているともいえる。」とモリがいっていたのを思い出す。」



熊谷守一 蒼蝿 04



◆感想◆


クマガイモリカズさんの世界観はまるで「デルスー・ウザーラ」ですが、最も近いタイプの人はエドワード・ゴーリーなのではないでしょうか。石ころや生きもの(特に猫)が好きだったり、ひきこもりだったりする点もそうですが、猫や人形はたいへん表情豊かに描くのに、人を描くと無表情だったり、死んだ子供だったりお葬式だったり轢死体だったりする点も似ています。


























































スポンサーサイト

『熊谷守一の猫』

「私は生きていることが好きだから他の生きものも皆んな好きです。」
(熊谷守一)


『熊谷守一の
猫』


求龍堂
2004年10月8日 発行
127p
22.5×18cm 並装 カバー
定価2,800円+税
カバーデザイン: 池田享史
本編デザイン: 求龍堂編集部



熊谷守一による猫絵73点、熊谷守一&猫を被写体とした写真2点、「父と猫と家族と」中に家族アルバム写真9点。適宜挟まれている熊谷守一の言葉は既発表の文献からの抜粋です。


熊谷守一 猫 01


帯文:

「「ネコにくらべてイヌは
人間の言うことに気をつかうので
それほど好きではありません」
――熊谷守一

“自由な精神”に生きた画家が愛した“自由な猫たち”――八十匹」



帯背:

「猫を描く」


帯裏:

「猫の“気配”をここまで描いた画家がいただろうか

近代日本洋画史に超然たる画風を築いた《獨楽》の画家・熊谷守一
猫の自由さを愛し、猫が猫らしく生きられるように心をくだき
ともに暮らした日々のなかで描かれた“絶妙なる猫姿”

内容構成
●油彩、水墨、デッサン、メモの走り描きまで、猫づくし70図版
●油彩作品になるまでの軌跡がたどれる「画帳」公開
●熊谷守一 長男が語る「父と猫と家族と」収録
●家族のアルバムより素顔の熊谷守一を初公開」



熊谷守一 猫 03


内容:

1 くろ猫 制作年不詳 水墨
2 猫(野良) 一九五一 油彩
3 猫 一九五一 油彩
4 猫 一九五一 油彩
5 猫 一九五一頃 鉛筆・赤鉛筆
6 猫 一九五一頃 赤色顔料・鉛筆
7 仔猫 一九五一 鉛筆
8 仔猫 一九五二 油彩
9 野良仔猫 一九五五 油彩
10 牝猫 一九五五 油彩
11 白仔猫 一九五八 油彩
12 眠り猫 一九五九 油彩
13 眠り猫 一九五九頃 水墨
14 眠り猫 忠助 一九五七 鉛筆
15 牝猫 一九五九 油彩
16 作品名不詳(猫) 一九五八 鉛筆
17 三毛猫 一九五九 鉛筆
18 三毛猫 一九五九 油彩
19 猫 一九五九 油彩
20 仔猫と百日草 一九五九 油彩
21 白猫 一九六〇頃 油彩
22 白猫(猫と壺) 一九六〇 油彩
23 茄子と仔猫 一九六一 油彩
24 眠猫 一九五三 水墨淡彩
25 猫と椿 制作年不詳 水墨淡彩
26 ねこ 制作年不詳 水墨淡彩
27 猫 制作年不詳 水墨
28 野良猫 制作年不詳 水墨淡彩
29 黒猫 一九六〇―七〇頃 水墨
30 猫 制作年不詳 水墨
31 猫 制作年不詳 水墨
32 猫 制作年不詳 水墨
33 猫 制作年不詳 水墨淡彩
34 仔猫 制作年不詳 水墨淡彩
35 すわる猫 制作年不詳 水墨
36 猫 一九七五 水墨淡彩
37 猫 制作年不詳 水墨淡彩
38 猫 制作年不詳 水墨
39 猫 制作年不詳 水墨
40 黒猫 製作年不詳 水墨淡彩
41 作品名不詳(猫) 製作年不詳 水墨淡彩
42 猫 制作年不詳 水墨
43 呉須猫絵花瓶 一九六七 絵付け
44 猫 一九五九頃 鉛筆
45 作品名不詳(猫) 一九四〇以前 鉛筆
46 眠り猫 一九五三 鉛筆
47 作品名不詳(猫) 制作年不詳 鉛筆
48 朝 アヂサイ白猫 一九五八 鉛筆
49 ブチ猫 一九六〇―六五頃 鉛筆
50 作品名不詳(猫) 制作年不詳 鉛筆
51 作品名不詳(猫) 制作年不詳 クレパス
52 斑猫 一九六〇―六五頃 鉛筆
53 斑猫 一九六〇―六五頃 鉛筆
54 作品名不詳(猫) 一九五一 鉛筆
55 ノラコ猫 一九五一 鉛筆
56 作品名不詳(猫) 一九四七 鉛筆
57 猫 制作年不詳 色鉛筆
58 猫 制作年不詳 色鉛筆
59 白猫 一九六二 油彩
60 くろ猫 一九六二 油彩
61 斑猫 一九六〇―六五頃 鉛筆
62 斑猫 一九六二 油彩
63 猫 一九六二 油彩
64 三毛猫 一九六二 油彩
65 ねむり猫 一九六二 油彩
66 猫 一九六三 油彩
67 猫 一九六三 油彩
68 白猫 一九六三 油彩
69 白猫 一九六八 油彩
70 白猫 一九七〇 油彩
71 干支 子 一九七二 水墨淡彩
72 猫 一九七七 水墨
73 ヒルネ猫 制作年不詳 鉛筆

父と猫と家族と (熊谷黄)

熊谷守一年譜 (求龍堂編集部 編)
作品目録
文献目録
熊谷守一ゆかりの主な美術館
編集協力



熊谷守一 猫 04



◆本書より◆


「父と猫と家族と」(熊谷黄)より:

「父の猫への接し方は、普通にひとが「飼う」というのとは少し違っていて、猫の身になって猫が困らないような暮らしやすい環境をつくるように心をくだいていました。そして父はそういうことにはとても熱心でした。」

「父は、動物や虫の表情や手足の使い方とか、それこそ蟻の歩き出す足まで観察していました。変なことに凝って必死になってやるんです。」

「母が話していたことですが、子どもの頃近所の子が外で遊んでいて、僕も一緒に遊びたいのに、父は絶対に僕を外に出そうとはしませんでした。ケガをするとでも思ったのか、大事にして外に出しません。」
「外で遊ぶとか、友達をつくるとか、勉強するとか、そういう親として教育的なことは全く考えていないようでした。」



熊谷守一 猫 02


カバーを外してみました。









































































































熊谷守一 『へたも絵のうち』 (平凡社ライブラリー)

「私はほんとうに不心得ものです。(中略)ほんとうに消極的で、亡国民だと思ってもらえればまず間違いありません。」
(熊谷守一 『へたも絵のうち』 より)


熊谷守一 
『へたも絵のうち』

平凡社ライブラリー 325

平凡社 
2000年2月15日 初版第1刷
2008年7月7日 初版第11刷
128p 口絵(カラー)8p 
16×11cm 並装 カバー 
定価1,100円+税 
装幀: 中垣信夫
カバー図版: 熊谷守一 「猫」 1959年


「本著作は一九七一年十一月、日本経済新聞社より刊行されたものです。」



熊井守一はたいへんかっこいいです。
本書は当時91歳の熊谷守一の談話をもとに、昭和46年6月14日から一か月間、日本経済新聞の「私の履歴書」に29回にわたって連載された記事をまとめた本です。
口絵カラー図版9点、本文中モノクロ図版22点。


熊井守一 へたも絵のうち 01


カバー裏文:

「朝起きて奥さんと碁を打ち
昼寝して絵を描いて寝る――。
こんな日課がもう何十年も続く。
その絵が「天狗の落とし札」と呼ばれた
超俗の画家から紡ぎ出された思い出の数々。
やわらかさのなかに鋭く光る、
物の核心を見つめる確かな眼差し。」



目次:

はじめに

生いたち
 出生
 父のこと
 大家族
 小学校時代
 こわいもの

絵を志す
 絵始め
 中学時代
 上京
 画塾

美校時代
 美校時代(一)―(四)
 父の死

樺太から郷里へ
 樺太紀行
 「ローソク」
 帰郷
 山中生活(一)・(二)
 鍛冶屋

二科会時代・戦後
 再び上京
 音楽仲間
 妻と子供
 ひまつぶし
 絵の付き合い
 展覧会
 好きな書
 戦中戦後

熊谷守一の人と絵 (谷川徹三)
あとがき (日本経済新聞社)
年譜

解説――見ることの距離を楽しむ (赤瀬川原平)



熊井守一 へたも絵のうち 02



◆本書より◆


「生いたち」より:

「数えで八つのときに、岐阜市内の師範付属小学校にはいりました。先にもふれたように大所帯でおとなのいろいろなことを見聞きして、私はもう何もかもわかってしまった気持ちになっていました。ばあや以外は、おとなはみんなウソのかたまりだと、心に決めていたフシがあります。
 だから、小学校に上がっても、先生の言うことなど、ほかの子供のようによく聞く気になれないのです。とくに、師範の付属だから先生は若い人が多く、まともに相手にはできない気持ちでした。
 先生が一生懸命しゃべっていても、私は窓の外ばかりながめている。雲が流れて微妙に変化する様子だとか、木の葉がヒラヒラ落ちるのだとかを、あきもせずにじっとながめているのです。じっさい、先生の話よりも、そちらの方がよほど面白かった。」
「そんなわけで、私はよく先生にしかられました。わけもわからず全員の前に引っ張り出されたり、立たされたりしました。ところがそれが、なぜそうされるのか、よくわからない。」



「絵を志す」より:

「結局、私みたいなものは、食べ物さえあれば、何もしないでしょう。犬もそうだ。食べ物さえあれば、ねそべっているだけで、なにもしない。あれは、じつにいい。」

「長い時間ものをじっと見つめていると、しまいにはとてもおかしいことになるものです。」

「剣道は練習のときはうまいのですが、どういうわけか、試合に引っ張り出されるとからきし弱くなるのです。不思議に勝負となると負ける。」
「そのころ家のまわりには、芭蕉がいっぱい植えてありました。日本刀を振り回して切るのには、芭蕉がいちばんいい。えいと一振りすると、さあっと倒れる。それが面白くて、家に帰ると、よく切りまくったものです。
 勢いあまって足に大けがをしたこともあります。竹を切っていたら、刀がすべって、げたばきの足の親指のところを、一寸ほども切ってしまった。このときは病院で七針も縫い、その傷跡はいまだに残っています。
 またのちに東京に出てからの十八、九のときには腹を深々と切ったこともあります。せまい家のなかで刀を振り回していたら、柄(つか)がかもいにぶつかって、反動で腹を刺してしまったのです。きっ先が三寸五分もはいり、血がどっと吹き出してさすがに驚きました。」



「美校時代」より:

「変わっているといえば、青木繁もずいぶん変わり者でした。入学したばかりのころから絵はうまく、みんなから一目置かれていましたが、傲慢というか、いつもあたりを睥睨(へいげい)しているのです。黒田(清輝)さんは、青木の絵のできがいいものだから、初めのうちは喜んでいました。しかし、青木の方がとりあわない。入学したその日から、黒田さんなど、ばかにしてかかるという感じでした。」
「私たちの仲間のなかには、青木のことなど、顔を見るのもおろか、話を聞くだけでもイヤだという人もいました。私もよく「あんなヤツとは付き合うな」などといわれたものですが、私だけはずっと仲良くしていました。青木の方も、どういうわけか私には、ほかの人に対するような、ひどい仕打ちはしなかったものです。」



「二科会時代・戦後」より:

「恥ずかしがり屋といえば、私も人一倍の恥ずかしがり屋です。ごく小さいころからいまだに変わりありません。友だちの中には、私のことを傲慢だとか、傍若無人だとかいう人もいたようですが、そんなことは全くない。自分には関係のない、他人の振る舞いや言葉で、自分が恥ずかしがることがあったりして、われながら困ることもあります。しかしこれは九十を過ぎても直らぬくらいだから、もう仕方のない性分でしょう。」

「私はほんとうに不心得ものです。気に入らぬことがいっぱいあっても、それにさからったり戦ったりはせずに、退き退きして生きてきたのです。ほんとうに消極的で、亡国民だと思ってもらえればまず間違いありません。
 私はだから、誰が相手にしてくれなくとも、石ころ一つとでも十分暮らせます。石ころをじっとながめているだけで、何日も何月も暮らせます。監獄にはいって、いちばん楽々と生きていける人間は、広い世の中で、この私かもしれません。」





































































『熊谷守一画文集 ひとりたのしむ』

『熊谷守一
画文集 
ひとりたのしむ』


求龍堂 
1998年9月24日 初版
2002年5月25日 第6刷
127p 
26.2×19.6cm 
角背紙装上製本 カバー 
定価3,000円+税
装幀: 晴山季和



カラー図版53点、モノクロ図版22点。


熊谷守一 ひとりたのしむ 01


カバーそで文:

「もっと放っといて長生きさせてくれっていうのが、
正直なわたしの気持ちです。」



内容:

1 朝の日輪
2 雨滴
3 水滴
4 牝猫
5 蝋燭
6 馬
7 某夫人像
8 陽の死んだ日
9 横の裸
10 からす
11 烏
12 岩殿山
13 南無阿彌陀佛
14 ヤキバノカエリ
15 仏前
16 人参・大根
17 野菜
18 伸餅
19 朝露
20 縁側
21 露天風呂
22 曇り日
23 蓼科牧
24 西日
25 漁村
26 土饅頭
27 唯我獨尊
28 玩具
29 群鷄
30 石亀
31 犬
32 眠り猫
33 百日草
34 自画像
35 自画像
36 宵月
37 げんげに虻
38 車前草に蝸牛
39 地蜘蛛
40 扶桑
41 桜
42 はぜ紅葉
43 瓜
44 小松菜の花
45 冬の夜
46 かまきり
47 かまきり
48 後向裸婦
49 化粧
50 畳の裸婦
51 枯木
52 雨だれ
53 夕立雨水
54 泉
55 蒼蠅
56 赤蟻
57 一去一来
58 熊蜂
59 朝日
60 ノリウツギ
61 太郎稲荷
62 人生無根蔕
63 あげ羽蝶

熊谷守一 もの語り年譜 (熊谷榧)
掲載作品目録
掲載文献初出目録



熊谷守一 ひとりたのしむ 02



◆本書より◆


「「獨楽(どくらく)」 人にはわからないことを、独りでみつけて遊ぶのが、わたしの楽しみです。」
(一九七六年)

「紙でもキャンバスでも何も描かない白いままがいちばん美しい。」
(一九七五年)

「ここに住むようになったのは、昭和七年で私が五十二歳のときです。それから四十五年この家から動きません。
この正門から外へは、この三十年間出たことはないんです。でも八年ぐらい前一度だけ垣根づたいに勝手口まで散歩したんです。あとにも先にもそれ一度なんです。」
(一九七六年)

「わたしは好きで絵を描いているのではないんです。
絵を描くより遊んでいるのがいちばん楽しいんです。
石ころひとつ、
紙くずひとつでも見ていると、
まったくあきることがありません。
火を燃やせば、一日燃やしていても面白い。
でもときに変わったことがしてみたくなります。」
(一九七五年)

「地面に頬杖つきながら、蟻の歩き方を幾年も見ていてわかったんですが、
蟻は左の二番目の足から歩き出すんです。」
(一九七六年)



熊谷守一 ひとりたのしむ 03


あたまにカラスをのせています。












































プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

※心の傷、胸焼け、劣等感等ある場合が御座いますが概ね良好な状態になります。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本