ミシェル・フーコー 『これはパイプではない』 豊崎光一+清水正 訳

「クレーは新たな一空間を織り上げ、そこに彼なりの造形的記号を配置しようとした。マグリットは古い表象空間が君臨するにまかせるが、それも表面だけのこと、というのもこの空間はもはや図像と言葉がついた滑らかな石にすぎず、その下には何もありはしないのだから。」
(ミシェル・フーコー 「これはパイプではない」 より)


ミシェル・フーコー 
『これはパイプではない』 
豊崎光一+清水正 訳


哲学書房
1986年4月25日 発行
135p 訳者紹介1p
19.4×12.4cm 
角背紙装上製本 カバー
定価1,400円



Michel Foucault: Ceci n'est pas une pipe, Editions Fata Morgana, 1973
本文中図版8点。


フーコー これはパイプではない 01


目次:

Ⅰ ここに二つのパイプがある
Ⅱ こわされたカリグラム
Ⅲ クレー、カンディンスキー、マグリット
Ⅳ 言葉の陰にこもった働き
Ⅴ 肯定=断言の七つの封印
Ⅵ 描くことは肯定=断言することではない
ルネ・マグリットの二通の手紙
著者による註

校異
訳註
『これはパイプではない』について (豊崎光一)
本書の翻訳についての覚え書き (豊崎光一)



フーコー これはパイプではない 02



◆本書より◆


「Ⅱ こわされたカリグラム」より:

「マグリットはカリグラムが自らの語るものの上に閉した罠を再び開いた。だが、まさにそのせいで物そのものは飛び去ってしまった。図解入りの本のページの上で、言葉の上方、画の下方を走っているあのささやかな白い空間に注意を払う慣わしが人にはないが、その空間は両者のあいだを絶えず行き来するための共通の境界線として役立っているものである。というのも、そこ、幅数ミリのこの空白、ページの静かな砂の上にこそ、言葉と形態とのあいだで指示、命名、記述、分類といったあらゆる関係が結ばれるのだから。カリグラムはこの間隙を同化吸収したわけだが、しかし再び開かれたときにも、それを元通りに返してくれはしない。罠はこじ開けられたが、中は空(から)だった。画像と文とはそれらに固有の重力にしたがってそれぞれの側に落ちるのだ。それらはもはや共通の空間、双方が干渉できるような場、言葉が図像を受け取ることができ、そして画像が語彙の領野に入り込むことができるような場というものを持たない。マグリットの画において文と図像を分け隔てているか細く、無色で、中立的な、ささやかな帯、そこに見てとるべきは一個の凹み、今やその画像の空高く浮遊するパイプと、継起する線の上を行進する語たちの側の地上の歩みとを隔てている不確かでとりとめのない地帯なのである。もっとも、そこに空虚ないし欠落があると言うのは言いすぎであるが。それはむしろ空間の不在、書字という記号と画像を象る線とのあいだの「共通の場」の消滅なのだ。それを名づける言表とそれを象るべき画とのあいだで共有されていた「パイプ」、形態の線と言葉の繊維とを交叉させていたあの影のパイプは、決定的に逃れ去ってしまった。この失踪を、この深からざる小川(【訳註3】)の向う側で、文は面白そうに確認する――これはパイプではない、と。今や孤独に取り残されたパイプの画が、通常パイプ(引用者注: 「パイプ」に傍点)という言葉が指示するあの形態にあらんかぎり自分を似せてみたところで空しく、文が画の下方で、学術書の中の説明文の念入りな忠実さをもって拡がってみせたところで空しい。それらのあいだを通り得るものといっては、もはや離反の表明のみ、画の名と文の指示対象とに同時に疑議を表明する言表のみなのである。

 どこにも、パイプはありはしないのだ。

 そこからして、マグリットが提示した「これはパイプではない」のシリーズ最後の作品が理解される。パイプの画とその説明文の役をつとめる言表とを絵=黒板(引用者注: 「絵=黒板」にルビ「タブロー」)の明確に枠を定められた表面に据え(それが絵であるかぎりにおいて文字は文字の画像であり、黒板であるかぎりにおいて図像は言説の教育的延長にすぎない)、その絵=黒板を太くて頑丈な三脚の上に据えることによって、マグリットは画像と言語とに共通の場を再構成する(藝術作品の永続性を通じてであれ、物の名を教える授業の真実性を通じてであれ)のに必要なことすべてをしているのである。

 すべては学校的な空間の内部にしっかりと繋ぎとめられている。黒板(タブロー)がパイプの形を「示す」画を「示す」。そして熱心な小学校教師の書いた文は、それがパイプであることを「示す」。先生の人さし指は見えはしないけれども、いたるところに君臨しており、「これはパイプではない」と明瞭に発音するその声も同様である。黒板から画像へ、画像から文へ、文から声へと、全般的な人さし指(インデックス)のようなものが指し、示し、定め、標定し、移送の一システムを課しており、唯一無二の空間を安定させようと努めているのだ。だが私はなぜまた先生の声を持ち出したりしたのだろう、というのも、その声は「これはパイプです」と言うが早いか、たちまちしどろもどろになってこんな風に言い直さねばならなくなるからだ、「これはパイプではなく、パイプの画です」、「これはパイプではなく、それはパイプではないと述べる文です」。「《これはパイプではない》という文はパイプではない」、「《これはパイプではない》という文の中のこれ(引用者注: 「これ」に傍点)というのはパイプではない、この黒板、この書かれた文、このパイプの画、こうしたものはみなパイプではないのです」。

 否定はますます増えてゆき、声はもつれ、つまる。混乱した先生はのばした人さし指を下ろして黒板から向き直り、身をよじって笑い転げる生徒たちを眺めやるのだが、生徒たちがこんなにも大笑いしているのは、黒板の上、ぶつぶつと打ち消しの言葉を呟く先生の頭上に、湯気が立ち昇って徐々に形をなし、今や何ら疑問の余地のないほど実に正確に一つのパイプを描き出しているからだということに気づいていない。「それはパイプです、それはパイプです」、生徒たちは足を踏み鳴らしながら喚きたて、一方先生の方はますます小声になりながらも、やはり相変らず頑として「それでもこれはパイプではない」と呟くが、もう誰も耳を藉す者はいない。彼は間違ってはいない。というのも、この情景の上方にあんなにもはっきり目に見える形で浮遊しているパイプ、黒板のデッサンがそれに照合され、その名においてこそ文が正当な資格で、画は本当にはパイプではないと言い得る、そんな物としてのパイプ、このパイプとても所詮は画にすぎず、パイプでは毛頭ないのだから。黒板の上であれその上方であれ、パイプの画とパイプを名ざすべき文とは、カリグラムを作った人が不遜にもそうすることを試みたように、たがいに相会して、ピンで止めたようにくっつきあう場所を見出しはしないのである。

 してみれば、足が斜めに切られていて見るからに不安定な画架は、もはや平衡を失って倒れるほかはなく、額縁はばらばらになり、タブローは床に転がり、文字は散り散りになるほかないのだし、「パイプ」も「こわれる」(【訳註4】)かもしれない。共通の場(リュー・コマン)〔紋切り型〕というもの――陳腐な作品ないし毎日の変りばえのしない授業――は消滅したのだ。」



「訳註」より:

「3 「深からざる小川」 peu profond ruisseau というのは、マラルメのソネ、(ヴェルレーヌの)『墓』の最終行の一部分である。そしてマラルメにおいて、この「深からざる小川」は「死」の同格であり敷衍(ペリフラーズ)である。

4 「パイプ」が「こわれる」 se casser という表現は、casser la pipe (パイプをこわす=死ぬ)という成句を下敷きにしている。」






























































































スポンサーサイト

ミシェル・フーコー 『わたしは花火師です』 (ちくま学芸文庫)

ミシェル・フーコー 
『わたしは花火師です 
フーコーは語る』
中山元 訳

ちくま学芸文庫 フ-12-9

筑摩書房 
2008年9月10日 第1刷発行
222p 
文庫判 並装 カバー 
定価1,000円+税
装幀: 安野光雅
カバーデザイン: 神田昇和


「本書は「ちくま学芸文庫」のためにあらたに編集・訳出された。」



本書「訳者あとがき」より:

「本書は、四冊組みのガリマール版著作集(Michel Foucault, Dits et Ecrits, Gallimard, 邦訳は『ミシェル・フーコー思考集成』、筑摩書房、全一〇巻)に収録されていない文章を中心に、一九七四年から一九七八年までの中期のフーコーの姿をありありと描く対話と講演を集めたものである。」


本書「わたしは花火師です――方法について」の「訳注」より:

「ここで花火師と訳したアルティフィシエという語は、あるいは軍隊の「爆破技師」と訳すべきかもしれない。」


フーコー わたしは花火師です


カバー裏文:

「『狂気の歴史』から『知の考古学』『監獄の誕生』と中期の作品を書き継いで脂ののりきったフーコーの初訳対話・講演集。自らの軌跡についてはあまり語らなかったフーコーが、学生時代、若手教授時代の雰囲気などにもふれ、率直にその仕事を語る2編の対話、カントの「啓蒙」と「批判」というテーマを正面から展開し、18世紀における知と権力の関係の画期的な転回を明らかにする白熱の講演、中世以来の施療院的医療体制が17-19世紀初頭にかけて近代的な病院=医学的知の体制に転換する過程をていねいに解明する講義2編を収める。70年代後半のフーコー自身による、格好の著作案内である。」


内容:

わたしは花火師です――方法について 
(1975年6月、ロジェ=ポール・ドロワとの対話)
哲学を厄介払いする――文学について、これまでの軌跡について 
(1975年6月、ロジェ=ポール・ドロワとの対話)
批判とは何か――批判と啓蒙 
(1978年5月27日、フランス哲学協会での発表)
医療化の歴史 
(1974年10月、ブラジルのリオデジャネイロ国立大学の社会医学コースで発表された二回目の講演)
近代技術への病院の統合 
(1974年10月、ブラジルのリオデジャネイロ国立大学の社会医学コースで発表された三回目の講演)

訳者あとがき




◆本書より◆


「この医学的な知の研究から、十八世紀末に起きた〔知の枠組みにおける〕急激な変動に注目するようになりました。この変動が起きなければ、精神医学と精神病理学は誕生しえなかったのですし、生物学と人間科学も誕生しえなかったのです。ある種の経験的な知から、別の種類の経験的な知への移行が起きたのです。(中略)わたしが、十八世紀末に一つの断絶があったことを指摘したときに、わたしのことを頭がおかしくなったのではないかと言う人もいたのですが、そんなことを言う人は、文法についてでも、医学についてでも、経済学についてでも、この種の本をほとんど読んだことがなかったに違いありません。(中略)わたしがこの断絶にこれほどにこだわるのは、それは物事を解決する方法などではなく、この上なく解きがたい難問だからなのです。」
「このような変動が可能となった土台を考察するには、十七世紀から現在にいたるまでの権力の技術とその変遷を調べる必要があったのです。『言葉と物』はこの断絶を確認し、それがどうして生まれたかを説明する必要があることを確認するにとどまっていました。『監獄の誕生』はいわば系譜学的な研究であり、この断絶が可能となる歴史的な条件を分析したものなのです。
わたしは、理性と非理性についてのある種の人類学にもとづいて、狂者という人格だけでなく、正常な人間という人格がどのように構築されていったのかを理解し始めました。こうした調査によって、人間がすべての中心であるという考え方は、十九世紀の自然科学のディスクール、人間科学のディスクール、哲学のディスクールに固有なもの、いわばこのディスクールの〈顔〉なのだと考えるようになりました。これらのすべては、人間に固有のこの〈顔〉を中心としているのです。これは古代に遡る哲学のディスクールから直接に生まれたものではなく、近代の大きな屈曲によって生まれたものなのです。この屈曲の起源は完璧にたどることができますし、この〈顔〉がおそらく十九世紀末以来、どのように消滅しようとしているかも明らかにすることができるのです。」
「西洋で機能している種類のディスクールは、もう何世紀も前から、真理のディスクールであり、それがいまでは世界的な次元にまで到達しています。この種のディスクールは、すべての種類の権力の現象に、権力関係の現象に結びついているのです。真理には権力が伴うのです。権力を行使する真理は、実践的な効果と政治的な効果を伴います。たとえば狂者が排除されたのは、合理性にもとづくディスクールがもつ無数の権力の効果の一つです。この権力の効果はどのように機能するのか、それはどのようにして可能になったのか。わたしはこの問いに答えようとしているのです。」
「権力は非常に遠いところまで及ぶものであり、きわめて深い場所にまではいりこむものです。権力は毛細管のようなごく細い管で構成されたきわめて密なネットワークで運ばれるものなので、権力のない場所などあるだろうかと問いたくなるものです。(中略)わたしたちは誰もが、権力のターゲットであるだけではなく、権力を結ぶ結節点(リレー)であり、ここからある種の権力が発揮されるからです。」

「わたしは歴史をあくまで道具として利用します。わたしにとって歴史の可能性が現れるのは、現実の世界でわたしが直面する精密な問いからです。ところが大学では歴史を基本的に保守的な形で使っています。あるものの過去を再発見するのは、基本的にそのものが存続できるようにするためです。たとえば精神病院の歴史が研究されることがありますね。(中略)それは精神病院がどのような意味で必然的なものか、歴史的に運命づけられたものであるかを示すために行われるのです。
わたしがやろうとしているのは、まさにその反対のことです。あるものの不可能性を明らかにすること、たとえば精神病院の機能は、恐るべき不可能性にもとづいたものであることを示すことなのです。わたしのやろうとする歴史研究は、説明を目的とするものではありませんし、あるものの必然性を証明するものでもありません。むしろ、ある連鎖的な出来事が発生し、それがいかにして不可能性を作りだしたか、そして現在にいたるまで、いかにしてみずからのスキャンダルを、みずからの逆説を作り直してきたかを示すものなのです。歴史のプロセスにおいてわたしが大きな関心を抱くのは、その不規則的な要素、偶然的な要素、予測不可能な要素なのです。
――普通ですと歴史家は、例外的なものは避けるものですが……。
それは、事物を保存する機能をはたす歴史家の任務は、こうした異例なものや偶然的なもの、鋸の歯のようにギザギザな出来事を均(なら)して、見えないようにすることだからです。こうしたものを均して見えなくしてしまえば、必然性という見掛けが保てます。(中略)ところがわたしの任務といえば、複数性、遭遇、不可能なもの、予測できないものに、最大限のチャンスを与えることにあるのです……。」

「わたしの敵は人ではなく、むしろディスクールにおいて、できればわたしのディスクールにおいて跡づけることのできるある種の〈線〉のようなものです。わたしはその〈線〉から離れたい、その〈線〉を厄介払いしたいと願っているのです。いずれにしてもこれは戦争なのです。そして戦争では軍隊が道具であるように、わたしのディスクールは一つの道具のようなもの、むしろ一つの武器のようなものなのです。あるいは火薬の詰まった袋のようなもの、火炎瓶のようなものなのです。最初の譬えに戻るならば、これはある花火師(アルティフィシエ)の物語なのですから……。」


































































プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

※心の傷、胸焼け、劣等感等ある場合が御座いますが概ね良好な状態になります。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本