Michel Butor "Herbier lunaire"

2012年5月19日。


Michel Butor
"Herbier lunaire"

Poèmes, 29 illustrations de Gochka Charewicz

Éditions de la Différence, 20 février 1984
69pp, 20x13cm



架空の月世界植物の生態を記述する詩画集『月世界植物図鑑』。ミシェル・ビュトールによる散文詩29篇、Gochka Charewicz による挿絵(リトグラフ)29点。


herbier lunaire 1

ペーパーバック(フランス表紙)。


herbier lunaire 3


本書より:

「Nepenthes sinus iridum

C'est la seule plante lunaire que l'on puisse nommer carnivore. Elle est dangereuse à l'extrême, car à l'aide de ses longs filaments vibratiles dont le fonctionnement est encore mal expliqué, elle est capable de paralyser l'astronaute et de perforer sa carapace pour lui arracher un petit morceau de chair. Elle est surtout friande de celle des lèvres. La blessure en fait est infime, mais le scaphandre se met à fuir. C'est pourquoi on est obligé de munir les explorateurs du Golfe des Iris de lourdes trousses de secours.」
 

「これは知られる限り唯一の月世界の肉食植物である。繊毛のある長い花糸(その機能はまだ充分には解明されていない)を使って、宇宙飛行士を麻痺させ、肉片を抉り取ろうとヘルメットに穴を開けるので、たいへん危険である。とりわけ唇の肉を好む。傷はたいしたことはないが、宇宙服が空気漏れしてしまう。それゆえ「虹の入江」の探査時には、重い救急箱を携行するよう義務付けられている。」


「Elle est surtout friande de celle des lèvres.」(「彼女(肉食植物)は特に唇(の肉)を好む」)は、科学的・客観的な叙述を装いながら、植物を指す代名詞「elle」に「Elle est dangereuse à l'extrême.」(彼女はたいへん危険だ)というような「ファム・ファタール」(「魔性の女」)のイメージを重ねあわせているところに、独特のユーモアが喚起されているのではないかとおもいます。


Table:

Nepenthes sins iridum
Viola hiemis
Hibiscus novus
Actinida nectaris
Brassica ingenii
Drosera humorum
Euphorbia roris
Chelidonium epidemiarum
Hypericum mortis
Tamarix humboldtianum
Helleborus australis
Adansonia imbrium
TIlia desiderii
Althea undarum
Pasiflora marginis
Gossypsium orientalis
Lunaria frigoris
Tropaeolus somnii
Malva nubium
Papaver spumans
Thea moscoviensis
Hevea anguis
Ochroma putredinis
Aquilegia autumni
Sinapis faecunditatis
Eriodendron veris
Aconitum medii
Geranium smythii
Mercurialis serenitatis



herbier lunaire 4


herbier lunaire 5


herbier lunaire 6


herbier lunaire 7


herbier lunaire 8


herbier lunaire 9


herbier lunaire 10


本書より:

「Adansonia imbrium

Le tronc volumineux du baobab lunaire est souvent creusé de cavités suffisamment vastes pour abriter confortablement une petite patrouille. Son surnom d'arbre-garde-manger vient du fait qu'il fleurit l'intérieur de ces cavités, et que les fruits y murissent sur des étagères naturelles. On peut d'ailleurs les faire cuire sans les cueillir en disposant au centre un radiateur électrique à batterie. Bien grillés, ils ont le parfum du croissant chaud. L'arbre n'en souffre nullement. Au ontraire la floraison suivante est rapide.」


「月のバオバブのでっぷりした幹にはしばしば小人数のパトロール隊を収容するのに充分な大きさの洞(うろ)が開(あ)いている。洞の内側に花をつけ、天然の陳列棚に果実が稔るので「食物貯蔵樹」と呼び習わされている。中央に電池式ストーブを設置すれば獲り入れの労なしで果実を調理することもできる。よく加熱すると、出来立てほやほやのクロワッサンの香りがする。そんなことをしても樹にはこれっぽっちの害もない。むしろ次の開花が早まるのだ。」


herbier lunaire 2










































スポンサーサイト
プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本