アルフレッド・モーリー 『魔術と占星術』 有田忠郎・浜文敏 訳 (ヘルメス叢書 新装版)

「「臥床見神」は、イシスの場合もやはり行なわれていた。エジプトやギリシアでは、この女神は、ティトリアから七十スタディオン離れたアスクレピオス・アルカゲトスの神殿近くの、彼女の至聖所に懇願に来る病人たちの夢の中に姿を現わすのだった。」
(アルフレッド・モーリー 『魔術と占星術』 より)


アルフレッド・モーリー 
『魔術と占星術』 
有田忠郎・浜文敏 訳
 
ヘルメス叢書 新装版

白水社
1993年9月25日 印刷
1993年10月15日 発行
309p
四六判 丸背紙装上製本 カバー
定価2,900円(本体2,816円)
装幀: 東幸見



本書「解説」より:

「本書は Alfred Maury: La Magie et l'Astrologie, Denoël, 1970 の翻訳である。テキストが最初に出版されたのは一八六〇年で、(中略)ドノエル社の Bibliotheca Hermetica に含まれる書物が、概ね錬金術または占星術関係の古典的テキストであるのに対して、本書は同テーマに関する研究書だという点で、叢書中異色の一点と言えよう。」
「残念なのは、(中略)厖大な原注を、この邦訳版ではほとんど割愛してしまったことである。(中略)巻末に付したものは原注のごく一部にすぎず、それももっぱら私の関心によって選択したので、恣意的であることを免れない。」



モーリー 星座と占星術


目次:

叢書全体への序文 (ルネ・アロー)

魔術と占星術
 序文
 第一部
  第一章 未開人の魔術
  第二章 カルデア人、ペルシア人、エジプト人の魔術と占星術
  第三章 ギリシア人の魔術と占星術
  第四章 ローマとローマ帝国における魔術
  第五章 新プラトン学派における魔術
  第六章 魔術および占星術に対するキリスト教の戦い
  第七章 中世における魔術と占星術 魔術による異教的祭式の存続
  第八章 東洋の魔術
  第九章 ルネサンスより現代に至る魔術と占星術
 第二部
  序説
  第一章 古代および中世における占いの手段としての夢の使用に関する概要
  第二章 精神・神経の疾患に賦与された悪魔的な原因
  第三章 魔術的現象の生ずる過程における想像力の影響 魔法使いに比較される神秘主義者
  第四章 催眠剤および麻酔剤の使用によって惹起される現象――感性と知性の喪失――催眠術と夢遊症 結論

原注

解説――モーリー、フロイト、ブルトン (有田忠郎/1978年10月)




◆本書より◆


「第一部 第二章 カルデア人、ペルシア人、エジプト人の魔術と占星術」より:

「アッシリア人は神々の先頭に太陽と月を据え、その運行と、その獣帯上の星座に対する毎日の位置を書きとめていた。この獣帯そのものが彼らの発明であったらしく、これは彼らにとって太陽が一年を通じてつぎつぎに入る十二のすみかの全体であった。この黄道十二宮は、十二の神々によって支配され、したがってこれらの神々はそれぞれ対応する月をもち、その月を自分の影響下に置いていた。これらの月のそれぞれが三つの部分に細分され、したがって全部で三十六の下位区分となる。各区分を司っていたのは「助言の神」と称せられる同じ数だけの星であり、これはエジプト占星術の「十日神(デカン)」に対応するものである。
 これら三十六の十日神のうち、半数が地上に起こることを、残り半数が地下に起こることを監視していた。太陽と月と五つの惑星が神の階級では最高位を占め、「占いの神」という名前で呼ばれていたが、これはディオドロスによれば、その規則正しい運行が、物事の運びと事件の継起を示していたからである。これらの惑星のうち、アッシリア人が「美わしき古代びと」と呼んでいたらしい土星は、われわれから最も離れていたため、最上位の星とみなされ、最高の尊敬を集めていた。この星はすぐれた占いの神であり、啓示の神であった。他の惑星もそれぞれの固有の名前を持っていた。そのうち、たとえばベル(木星)、メロダク(火星)、ネボ(水星)などは男性とみなされ、シン(月)やミリッタあるいはバアルティス(金星)などは女性とみなされていた。そして、「天主」とか「神々の主」とか呼ばれていた黄道十二宮に対するこれらの惑星相互の位置関係から、カルデア人はどの星相のもとに生まれたかによって人間の運命に関する予言を引き出しており、これをギリシア人は星占い(ホロスコープ)と名づけたのである。」



「第一部 第三章 ギリシア人の魔術と占星術」より:

「占いは、特別の建物であるマンテイオンと呼ばれる予言神殿で行なわれたり、あるいは町から町へ(中略)予言を売り歩く職業的占師によってなされていた。供犠はほとんど常に、神々の意向に伺いを立てるための儀式か、あるいはまったくの呪文をともなってさえいた。ある種の呪文やある種の呪縛、そしてある種の身ぶりの効果に対する信頼は極端なものであった。ひとびとは、それに頼って幻惑と闘い、神々を呼び出し、病気を治し、傷を癒し、さまざまな仕業によるとされる有害な影響を遠ざけていた。儀式において非常に大きな役割を演じていた潔(きよ)めは、魔法とよく似た文句と宗式をともなっていた。そしてこの潔めこそ、秘儀の出発点であったらしい。その創始者だと言われるオルフェウスはいくつかの呪法をつくり出したとされていた。占師は、(中略)蛇を呪縛し、風を祓い、人間を動物に変えることさえできた。狼狂を信ずるのは、ギリシアではずっと昔からのことであったし、それは今日までえんえんと続いているのである。」
「ギリシアには、さらにそれ自体でまったくひとつの魔術であるところの祭祀があった。すなわちヘカテー崇拝である。この神は、夜の闇にその神秘的な光を投げかける月の権化であり、魔女たちの守護神であった。この女神こそ奇蹟をなす才能を持ち、妖術を発見したとされていた。暗闇の中で恐怖心から生じてくる化物や幽霊を遣(つか)わすのも、この女神だと考えられていた。(中略)ポルフュリオスが伝えているところの、ヘカテー自身が与えたという神託に、われわれも耳を傾けてみよう。「私がお前に教えるように、よく磨かれた木彫の像を彫りなさい。その像の体を野性の芸香の根で作り、つぎにそれを飼いならされた小さなとかげで飾りなさい。没薬と安息香と香をその動物とともにすりつぶし、この混合物を三日月の期間中、外気にさらしなさい。そののち、お前の願いをつぎのような言葉で述べなさい。(その呪文は今日伝わっていない。)私が姿を変えるその数だけとかげを用意しなさい。これらのことを心をこめてやりなさい。私のために、自生の月桂樹の枝で祠を建てなさい。そののち像に熱禱を捧げれば、お前は眠っている間に私に会うことができます」(エウセビオスの著書に拠る)。
 エウセビオスが残してくれなかった口寄せの呪文を、『ピロソピュメナ』と題される論考に見出すことができる(中略)。「来れ汝、奈落の、地上の、そして天上のボンボー、街道、四辻の女神よ。光をもたらし、夜にさまよい、光の敵、夜の友にして伴侶たる汝。犬の吠声と流されたる血に興じ、幽鬼に混じり墓場をさまよう汝。血を欲し人間に恐怖をもたらす汝。ゴルゴ、モルノ、千にも姿を変える月よ、仁慈の眼(まなこ)もてわれわれの供犠に立会いたまえ。」」



「第一部 第七章 中世における魔術と占星術 魔術による異教的祭式の存続」より:

「神殿は破壊され、偶像は覆えされ、ギリシア哲学は放逐され、公には多神教は崩壊したが、しかし、その後ダイモーンの地位に貶(おとし)められたとはいえ、神々と、かつてその崇拝の基礎をなしていた儀式の効力とに対する信仰は、実際には根絶されたわけではなかった。ギリシア、小アジア、イタリアなどでは、禁圧を逃れるためにキリスト教の外見を装った数多くの民間の迷信や慣行の中核を、この信仰が依然として貫いていた。その昔、神々を称(たた)えて行なわれた祝祭は、聖者崇拝の中に移されていた。(中略)イタリア、とりわけ南イタリアは、地方的祝典の中に、異教の痕跡を今日もはっきりととどめている。神々を崇めて行なわれた行列にかわって、聖者行進がその役目を果たし、聖者たちが神々の遺産を受け継いだ。ナポリにおける聖母の民間信仰は、明らかにウェスタおよびケレース信仰から起こったものである。」
「かつて葡萄畑や耕地や民衆の福祉のために、祭司と卜占官が采配した行列と祈りは、新たな形態のもとに、豊熟祈願の儀式の中に定着した。十字のしるし、聖水、アニュス・デイ(「神の小羊」の句で始まる祈祷)などが、護符として、まじないや呪文のかわりとなった。」
「このように、異教的祭式にかわってキリスト教的儀式を採用することは、もともと前者が聖化され得るような性質であるかぎり成し遂げられる。とりわけガリア、ブリタニア、ゲルマニア、および北部の国々などのように、福音書がかなりおくれて伝えられ、異教的信教がより根強く、より反抗的に現われた地方で行なわれた。教会自体が、布教者たちに、民間の迷信と妥協するようにすすめていたのである。(中略)ある地方では、死者の唇に、冥界の川の渡守りカロンに差し出す心づけの銅貨が含ませられる。聖者の像が、昔のキュベレー像のように、聖なる水に浸される。(中略)神託は、異教徒であったわれわれの祖先とほとんど同じ方法によって行なわれ、男根崇拝に至るまで、遠まわしの形でキリスト教化されている。」
「このようにして、異教的慣習は今日に至るまで保たれたのである。」
「したがって大胆な言い方をすれば、中世におけるヨーロッパは半ば異教を奉じていたのである。」



「第二部 第一章 古代および中世における占いの手段としての夢の使用に関する概要」より:

「古代の卜占師たちは、その自然の原因である純粋に生理学的な原理を発見することなく、これらの現象をすべて認めていた。彼らは、夢に、われわれの精神を驚かせ脅かす、透視と霊感の性格を与えるため、そして、眠りを一定の状態に持続させ、刺激を伝達しては、彼らにとって超自然の原因によるものにほかならない例のまぼろし、例の鮮明な夢、例の予覚がすでに起こり始めている状況を助長するのに、世にも適切な方法を究めていった。目ざめている間に想像力に激しい印象を与えた事がらの、夢に及ぼす影響については先に指摘したが、これに加えて、口から摂取された胃の中の食物、麻酔効果をもつある種の気体の吸入、または、ある種の軟膏の塗擦でさえももっている影響をあげねばならない。神託の場合、解答は夢幻のうちに与えられるが、これに携わる祭司たちは、したがって、これらすべての方法に頼るのだった。彼らは、トロポーニオスの洞穴(ここに神託の聖所があったとされる)のような暗い穴、または硫黄ガスや炭酸ガスの発生する地域を好んで選んだ。しかもこれらの場所は、その恐ろしい外観のために、その昔から、黄泉(よみ)の国の門、カロンの祠(ほこら)、プルートーンの祠などと呼ばれていた。」
「そのうえ、祭司たちは、神託を伝える者にあらかじめ長期間断食させたり、催眠薬あるいは麻酔薬を飲ませては、夢やまぼろしを誘っていたのである。
 そうしてみると、神託が長い間ほしいままにした信頼も、容易に納得される。その場合、当時のいわゆる incubation (神の宮に眠ること「臥床見神」の意)が行なわれていたのである。(中略)事実、奇蹟的な治癒が起こり、この信仰をゆるぎないものにした。そこで、アスクレピオス、イシス、セラピスなど、夢に現われて礼拝者たちに心を告げると言われていたあらゆる神々の寺院には、実際に霊地詣でが行なわれた。セラピスに伺いをたてるため、カノプスにある寺院を訪ねるひとびとは、睡眠中に神が現われるように、夜、寺院で眠った。(中略)「臥床見神」は、イシスの場合もやはり行なわれていた。エジプトやギリシアでは、この女神は、ティトリアから七十スタディオン離れたアスクレピオス・アルカゲトスの神殿近くの、彼女の至聖所に懇願に来る病人たちの夢の中に姿を現わすのだった。」



「第二部 第二章 精神・神経の疾患に賦与された悪魔的な原因」より:

「狂気、癲癇、狂水病、カタレプシー、ヒステリー、および、これらに関わりのあるすべての疾患は、ひとびとの驚愕の対象であり、迷信的恐怖の原因であり、また長らくそうありつづけた。」
「初期ギリシア人は、一般に、病気は神々から送られたものであるとみなしていた。」
「躁暴性の狂人にギリシア人が与えた名称マニア mania は、man という語根から派生したものであったが、死者の魂を意味した men は、ラテン語における manes という語形で再びもとの姿を現わす。事実ローマ人は、荒れ狂う者は、マーネースによって、あるいはラールやマーネースの母である女神マニアによってかき乱されると考えていた。狂人たちの幻覚は、彼らにつきまとう化物や亡霊とみなされていた。(中略)癲癇は、ギリシア人にとってそうであったように、ローマ人にとっても神聖な病であった。」

「そもそもユダヤ人は、死も病気も、自然の原因に帰すべきものとは考えなかった。物理的な動因のかわりに、天使、すなわち命のある人格的存在を認め、これらの天使たちの一人に命を終わらせる任務を与えたのである。彼らには、死の天使、いわば神の使者がいて、彼は剣を手に、神に定められた者に死の打撃を与える。したがって、この天使は殺戮の天使と呼ばれた。」



「第二部 第三章 魔術的現象の生ずる過程における想像力の影響……」より:

「ヨーロッパの一部の聖者がみずからに課した、いっさいの感覚的な快楽に対するあの絶対的な断念、肉体に対する深い侮蔑は、回教僧、アラビアの行者、一部の婆羅門修行者や仏教僧においては、ほとんど当たり前の状態なのである。謙譲さから、自分の頭髪にたかった虱(しらみ)を駆除するのを禁じるアニェス・ド・ジェズュや、美食を好む傾向を根源から断つために、すべて自分の食べる物には滓と屑を混ぜるリマの聖女ローザなどに相当する者として、アジアでは、幾千もの狂信者たちに出会う。(中略)法悦者は、終局的には不動と無感覚に陥り、何ものも、そこから引きもどすことはできない。(中略)カルカッタの司教エベールは、『旅行記』の中でつぎのように伝えている。彼はこの種の人物に出会ったが、その男は、もはや片足で立って歩くことしかできず、両腕は下におろす機能を失っていた。それほどのおそるべき苦行は、カトリック教内ではめったに実例がなく、(中略)せいぜい、そのはなはだしい例は、銅の櫛箆(くしべら)で自分の肉を裂いたジェノヴァの聖女リンバニアの苛酷さくらいであるが、それに反して、ガンジスの流域では日常行なわれる苦行なのである。コーラク=プージャの祭には、信徒たちが鉄の鉤を腰にかけて体を吊り、その恐るべき状態で揺られながら自分の罪を清めるのが見かけられる。」



















































































































スポンサーサイト

マルクス・マニリウス 『占星術または天の聖なる学』 有田忠郎 訳 (ヘルメス叢書 新装版)

「海底に身を潜めた魚は、いわば鱗の牢屋に閉じこめられているものの、月の運動には敏感だ。デロスの女王(月)よ、あなたが満ちていくとき魚は肥り、あなたが欠けていくとき魚は痩せる。」
(マルクス・マニリウス 『占星術または天の聖なる学』 より)


マルクス・マニリウス 
『占星術
または天の聖なる学』 
有田忠郎 訳
 
ヘルメス叢書 新装版

白水社
1993年10月25日 印刷
1993年11月15日 発行
276p
四六判 丸背紙装上製本 カバー
定価2,700円(本体2,621円)
装幀: 東幸見



本書「解説」より:

「本書は Marcus Manilius: Les Astrologiques ou la science sacrée du ciel, Denoël, 1970 の翻訳である。
 原著者マルクス・マニリウスはローマの詩人で、(中略)ほぼキリスト紀元が開始される前後の人物である。五書に分かれたこの『アストロノミコン』は、(中略)宇宙創成論、天地の全体的構造と諸部分の配置、そのさまざまな運動、星座の名前と位置関係などの説明を含みながら、今日いわゆる「占星術」として理解される各種事象の意味づけに及んでいる。(中略)本書がたとえばルクレティウスの『物の本性について』に比較される一種の「科学詩」であることを、私たちは念頭に置く必要があるであろう。」
「図版は一五七八年のC・ユリウス・ヒュギヌス版に含まれたものである。(中略)この邦訳版では(中略)主として本文の理解に便利なものだけを残した。」



アストロノミコン(Astronomicon)。
原文はラテン語韻文ですが、本書はアレクサンドル=ギイ・パングレ(十八世紀)による仏訳(散文)に依っています。
邦訳初版は1978年刊、本書はその新装版です。


マリニウス 占星術または天の聖なる学 01


帯文:

「伝統的占星術の古典
ローマ時代に成立した本書は、
今は失われた蒼古たる天地創成論の痕跡をとどめ、
古代人の壮大な運命感を展開する。」



目次:

叢書全体への序文 (ルネ・アロー)
序文 (ルネ・アロー)
第一の書
第二の書
第三の書
第四の書
第五の書
原注
解説――マクロコスモスの詩学 (有田忠郎)



マリニウス 占星術または天の聖なる学 02



◆本書より◆


「第一の書」より:

「私は私の歌の中で、真に神々のものである知識を、のみならず星々さえも、大空からおりて来させようと試みる。運命のお告げの聞き手である星々の力は、至高の知恵に導かれて、人生の流れに数々の有為転変をひきおこす。」
「自然は、その深奥をきわめたいと願うひとびとの心に感じ入って、自分自身を素直にさし出し、己が内なる富を美しい歌としてあらわすことを心から望んでいるようだ。(中略)大空の奥の奥まで舞いあがり、その広大な道を駆けめぐること、空のさまざまな徴(しるし)を知ること、そして、宇宙の動きに逆行する惑星の動きを学ぶこと、これはたしかに楽しい仕事だ。しかし、こういう初歩の知識にとどまってはつまらない。大空が隠しもつ最も深い秘密に参入し、その徴が生きとし生けるものの産出と維持に及ぼす影響力を解きあかし、それらのことをアポローンから口授される歌の中で詳しくうたわなければならないのだ。」
「星々は、その広大な組合わせの中に多くの世紀の連なりを秘め、その組合わせにふさわしい出来事を瞬間瞬間に指し示す。一人一人の誕生の日と、その人生の流転を教え、出来事とそれが起こった時刻との関連を示し、一瞬のあとさきさえも人間の運命に重大な相違をひき起こすことを指摘する。天空の回転を観察した神官たちは、一つ一つの星が占める天空内の位置を確定し、それぞれが私たちの人生コースに及ぼす力の領域を定め、長い経験に基づく法則を確立した。過去の観察が未来の筋道を描き、そして彼らは深い省察を重ねたあげく、星々が人間に対して、隠れた法則に従う強力な力を及ぼすこと、宇宙の運動は周期的な原因によって規制されていること、人生の有為転変は星のさまざまな布置に左右されることを認めた。」

「生者必滅、一切は変化する。数々の民族がいまは昔とことかわり、時代ごとにその状態も風習も変わってしまう。ただ大空だけは、この変転を知らないのだ。その各部分とも何ひとつ変化を受けず、歳月が経過しても老いもせず減りもしない。大空は昔も同じだったから、これから先も同じだろう。私たちの先祖が見たままを、子孫もまた見るだろう。」

「蒼穹のさなかに白さで目立つ一本の帯。まるで大空の扉が開いて朝の光をのぞかせているかのようだ。絶え間ない車の通い路に、緑の野原の真中に一筋の線が引かれたよう。あるいはまた、船が曳く航跡の水泡も白く、深い淵から湧き立ってあらわれたよう。オリュンポスの山を覆う真暗な大空に白く跡ひくこの道は、空の奥にきらめく光を投げている。雲の間に架橋する虹に似て、私たちの頭上に光の線を描き出す。ひとびとは驚きの眼(まなこ)で眺め、夜闇を貫くこの不思議な輝きを讃歎せずにはいられない。そして己が知の限りを顧みず、このみごとな奇蹟の原因を探ろうと試みる。
 空の二つの部分がここを境に触れあって、その脆(もろ)い合わせめがはずれ、穹窿が分解しかけて、奇怪な光を通しているのだろうか。自然の傷口が驚き怪しむ私たちの眼を打つ時、このように傷ついた空を見て戦(おのの)かぬ者がいるだろうか。それともむしろ、二つの穹窿が大空を形成したのち、ここが縫合線となり、両半球がここでしっかり接合されて、白い帯はこの両部分を永久に結ぶ明白な傷痕だと考えるべきなのだろうか。あるいはまた、大空の物質がここにとりわけ多量に集められ、凝縮されて大気の雲を作り出し、最高天を構成する物質の大集積となったのだろうか。それとも古(いにしえ)の言い伝えに則って、はるかな昔、太陽の馬車を曳く馬がいつもと違うコースを選び、この円上を長い間走ったと信ずればよいのだろうか。この伝承では、円はついに燃えあがり、その上の星々が焰の餌食になったという。かくて碧青変じて白色となったが、これすなわち星々が燃えて残した灰である。この部分こそ、いわば空の墓地なのである。」
「古い記録は、もっと和やかな出来事をも伝えているので、ここで触れないわけにはいかない。言い伝えでは、神々の女王の乳房から数滴の乳がしたたり、それを受けた空の部分を白く染めた。「乳の道」という名はそこから由来し、つまりこの白さの原因を示しているわけだ。私たちとしては、むしろ、多数の星が集まって焰の帯を構成し、ひときわ濃い光を放っている――つまり輝く多数の天体が集まってこの部分を光らせていると考えるべきではあるまいか。」



「第二の書」より:

「甘美な露に濡れた新鮮な草原を探しに行こう。人里離れた洞窟の奥でささやく泉、大空を行く鳥の口もまだ触れず、ポイボス(太陽神)の天の火もまだ射しこんだことのない泉を見つけよう。これから私が語るのは、みな私の発明にかかるもの。私は誰からも何ひとつ借用しない。私は剽窃者ではなく、作者なのだ。私を乗せて空行く車は私のもの。私を乗せて大波を切るのは私の舟。
 私は歌おう、ひそかな知恵を隠しもつ自然を。天と地と水に生命を与え、相互の絆でこの広大な仕組みのあらゆる部分を繋(つな)ぎ合わせる神性を。私は語ろう、その部分部分の協和によって存在している大いなる全体と、至高の理性がそこに刻みこんだ運動を。まことに同じ精神が全空間に行き渡って、一切を活気づけ、空のすべての部分に浸透し、動物の体に固有の形態を与えているのだ。」

「海底に身を潜めた魚は、いわば鱗の牢屋に閉じこめられているものの、月の運動には敏感だ。デロスの女王(月)よ、あなたが満ちていくとき魚は肥り、あなたが欠けていくとき魚は痩せる。」

「星々はまた、互いに特殊な関係をもち、そのため彼らは相互間に(中略)照応を形づくる。彼らは互いに見つめあい、耳傾けあい、愛しあい、憎みあう。好意に満ちたまなざしを、自分たち同士でしか交わさない星もある。そのために、時として、正反対の位置にある星が力を貸しあい、親愛関係にある星が戦を交わすこともある。良からぬ相(アスペクト)にある星が協力して、人間の生誕時に、不変の友情の芽を注ぐこともある。また本来の性質と位置から来る衝動に逆らって、互いに避けあう星もある。その原因は、神が世界に法則を与えるにあたって、十二宮にさまざまな感情を賦与したからである。神はある星と星の眼を、また別な星と星の耳を、互いに親和させた。また他の星と星とを緊密な友愛の絆で結んで、これらの宮が他の宮の姿を見、その声に耳を傾け、ある宮を愛し、別な宮に永遠の戦をしかけるようにした。さらにある宮は、自分たちの状態に完全に満ち足りて、ただ自分自身のみを愛し、他を排除する。そういう人間も多数いるが、彼らはそのような生誕支配宮からその性質を受けついだのだ。」



「第四の書」より:

「なにゆえに、私たちは、かくも虚(むな)しい試みのかずかず骨身を削りつつ、生涯を過ごすのだろうか。恐れやら闇雲(やみくも)の欲望に駆りたてられ、老いを早める心配事に悩まされて、私たちは幸福を探し求め、そのためかえって幸福から遠ざかる。願い事に限度がないので、私たちは満ち足りることを知らないのだ。生き甲斐を求めつつ、私たちは死人も同然。富を積めば積むほどに、じつはいよいよ貧しくなる。持てるものに満足せず、持たぬものへとひたすら向かう。自然は僅かなもので満ち足りているのに、なぜ私たちは法外な欲望のため破滅の道をまっしぐらに進むのだろうか。富裕は豪奢への愛着を呼び、豪奢を求めて、私たちは無法な手だてを用いても財宝を得たいと望む。しかも、財宝を得たあとは、ただそれを狂気のように消尽するしか能がないのだ。おお、ひとびとよ、そのように無益な労苦、余計な不安の重荷はおろしてしまえ。天の布告する運命に虚しい不平は言わぬがよい。運命こそは一切を統(す)べ、一切は不変の掟に従う。ありとあらゆる出来事は、それを生んだ時間(とき)と宿命的な繋(つな)がりを持っているのだ。
 私たちの生誕の時刻が、すでに私たちの死の時刻を決定している。私たちの臨終の時は、生涯の最初の時に左右されるのだ。富も地位も、多くの場合貧しさも、芸術界での成功も、素行も欠点も不幸も、財産の喪失ないし増加も、みな同じ原理から発している。運命が準備したことはかならず起こり、運命が拒むものは絶対に得られない。運命の女神の歓心を買い、不幸を避けようと望んでも無駄なこと。人はみな己が宿命に従うほかはない。」

「私たちには空が見える。その空が、好意から、世界の本性をめぐる秘密探求を私たちに許してくれる。だからこそ私たちは、この広大な世界の構成要素を詳しく調べ、私たちの精神の源である天空のあらゆる道に踏み入って、私たちの地平で起こる出来事を研究し、宇宙空間のまんなかに吊り下げられた地球の最も低い部分よりさらに下方へ降りて行き、全宇宙の同胞となることができるのではあるまいか。
 自然はもはや、私たちにとって知られざる暗黒ではない。私たちは自然を隈なく知ったのだ。(中略)私たちは、私たちに生命を与えてくれたものの一部であり、私たちはそれが何であるかを知っている。星々の子として、私たちは星辰界まで昇って行く。神性が私たちの魂に宿っていること、魂は天から由来し、ゆえに天へ帰るべきであることを、どうして疑うことができようか。世界は、地・水・火・風の全元素から構成され、のみならずこの世には、命令が実行されるか否かを監視する霊(エスプリ)がある。それと同じく、私たちの内部には、土で作られた肉体と、血の中に住む生命の根源と、さらに人間全体を支配し導く魂がある。このことを、どうして疑うことができようか。人間の中に世界があり、人間はひとりひとりが神性の簡略な似姿である以上、人間が世界を認識できるということに、何の不思議があるであろうか。
 私たちの遠い祖先が天空以外の所から来た、などということがあり得ようか。(中略)このように、自分と関係深い天空を究めつつ、星辰の中に人間は自分自身を探求するのである。」










































































































グリヨ・ド・ジヴリ 『妖術師・秘術師・錬金術師の博物館』 林瑞枝 訳

グリヨ・ド・ジヴリ 
『妖術師・秘術師・錬金術師の博物館』 
林瑞枝 訳


法政大学出版局
1986年12月20日 初版第1刷発行
1990年8月25日 第3刷
482p 図版目次16p 
口絵(カラー)12p
A5判 丸背紙装上製本 カバー
定価4,635円(本体4,500円)


本書「訳者あとがき」より:

「この本は、Grillot de Givry. 《Le Musée des Sorciers, Mages et Alchimistes》. Paris Librairie de France, 1929 の翻訳である。」


本文中図版(モノクロ)367点、口絵カラー図版10点。


ジヴリ 妖術師 秘術師 錬金術師の博物館 01


カバーそで文:

「グリヨ・ド・ジヴリ
1874年、由緒ある名家に生まれる。パリの修道会、イエズス会で学び、コレージュ・ロランではマラルメに英語を学んだ。その後、エコール・ヨーロペエンヌでフランス語の教授となり、英語・スペイン語・数学も教えた。またジヴリはすぐれたピアニスト、オルガニストとして演奏活動にたずさわり、宗教音楽家として編曲も手がけた。早くから隠秘学の世界に惹かれながらも常に篤いカトリックであり、真摯な学究者としてすぐれた著書・訳書を著している。ジヴリは本書が出版された1929年1月31日の翌月16日、55歳で突然この世を去った。著書として、論文集『隠秘学選集』、聖人学の研究『ルールド』、ほか。訳書は『賢者の石に着いて』(トマス・アクイナス)、『三基本物質について』(パラケルスス)、など多くの古典語からの名訳をのこしている。」



目次:

翻訳の周辺 (平田寛)


第一部 妖術師
 1 光の世界に対立する闇の世界
 2 闇の世界の宗儀の表現
 3 信仰生活における悪魔の出現
 4 妖術師、悪魔の協会の司祭
 5 悪魔の夜宴への準備
 6 悪魔の夜宴
 7 悪魔の呼寄せ
 8 妖術師の書物
 9 悪魔との契約
 10 昔の著述家による悪魔の具体像
 11 悪魔に押しかけられた人々
 12 悪魔憑き
 13 降霊術、死者の呼寄せ
 14 呪縛
 15 媚薬と呪殺
 16 妖術師の処罰

第二部 秘術師
 1 ユダヤ人のカバリストとキリスト教徒のカバリスト
 2 大宇宙における占星術
 3 小宇宙における占星術
 4 観額術、額のしわの科学
 5 人相術
 6 手相術
 7 カード占い、タロット
 8 占い術のいろいろ
 9 棒占い、すなわち占い棒を使う術
 10 眠りと透視の神秘
 11 不可視の力の治癒力
 12 護符

第三部 錬金術師
 1 秘密の教義
 2 錬金術の物質と作業の諸操作
 3 錬金術師の実験室と吹き屋の実験室

訳者あとがき
図版目次



ジヴリ 妖術師 秘術師 錬金術師の博物館 02



◆本書より◆


「光の世界に対立する闇の世界」より:

「悪の起源の問題は、マニ、聖アウグスティヌス、スピノザ、パスカル、ライプニッツたちの頭脳にもつきまとって離れなかったが、彼らとて満足のいく解答を与えることのでいないものであった。それをペルシャ人は、たしかに神秘的人物ゾロアスター以前に、古代教義の中で大胆に解決していた。たじろぐことなく、肯定的なものと否定的なものとの恐るべき拮抗関係を説き、善と悪を相等しく、相対立し、永久に共存する二要素とみなした。世界はその容赦のない均衡の法のもとに釣り合いを保っているのである。


「小宇宙における占星術」より:

「宇宙を統べる隠秘的法則の研究にたずさわる哲学者すべてに共通する特徴の一つは、人間を、大世界すなわち宇宙に類似の小世界である、とみる教義である。この哲学者たちは秘教的象徴主義によってその宇宙の法を説明するが、それはカバラに触発された著作にも、ギリシャの大方の書物にも見られるものである。「小宇宙」と「大宇宙」の理論はあらゆる民族の秘教や神秘的教えにも見出される。錬金術の非常に古い原典『エメラルド板』は、《高きにあるものは低きにあるもののごとし》という。隠秘論的教義のしみこんだあらゆる哲学者の著作はこの原理の長い注釈に他ならない。人間が大世界の縮図であり、両者がともに同じ機械的、物理的、生理的法則に従うならば、唯一のそして同一の研究をするだけで、容易に一方により他方を知ることができる。人間を知る者は宇宙を知り、逆に宇宙を知る者は人間を知るのである。
 こうした類比、対称、並行の理論が総合を志向する悟性にとってどれほど魅力的であったかは推察に難くない。(中略)人々は、占星術上の与件のすべてが人間のうちにそのままの対応を持つと信じ、人体の中に惑星の全体系を住まわせるまことに魅力的な機会を逃さなかった。
 占星術において最も重要であるのが、強力な二系列のしるし、七惑星と黄道一二宮である。それは、原初の人間が読むことを学んだ自然という偉大な書物のアルファベットそのものなのであった。」



ジヴリ 妖術師 秘術師 錬金術師の博物館 04






















































































Alexander Roob 『Alchemy & Mysticism』 (Taschen)

Alexander Roob
Alchemy & Mysticism:
The Hermetic Museum

 
Taschen, 2001
711pp, 20x14.5cm, hardcover



錬金術・神秘学関連図像集。


alchemy and mysticism 01


alchemy and mysticism 03


alchemy and mysticism 02


本書は、アレクサンダー・ローブ『錬金術と神秘主義――ヘルメス学の博物館』 (クロッツ・シリーズ)として日本語版も出ていたようですが、未見です。

著者は1956年生生まれのドイツの画家・作家。ウィリアム・ブレイクの後期の詩の翻訳に従事しており、ブレイク研究の一環として神秘主義・錬金術関連画像の収集を始めたということです。本書にもブレイクの作品が多数採られています。

本書の構成は以下の通り。括弧内は便宜的につけた訳です。


INTRODUCTION(序文)
 
MACROCOSM (マクロコスモス)
 The World - Ptolemy, Brahe, Copernicus (世界――プトレマイオス、ブラーエ、コペルニクス)
 Sun (太陽)
 Moon (月)
 Cosmic time (宇宙時間)
 Lower astronomy (下位の天文学=錬金術)
 Stars (星座)
 Music of the spheres (天体の音楽)
 Genesis (世界創造)
 Eye (眼球)
 Cosmic egg (宇宙卵)
 
OPUS MAGNUM (大いなる術=錬金術)
 Genesis in the retort - Elementa chemicae (蒸留器のなかの世界創造――『化学の基礎』)
 Purification (浄化)
 Fall of Adam (アダムの堕落)
 Chaos (混沌)
 Saturnine night (サトゥルヌスの夜)
 Torment of the metals (金属の試練)
 Resurrection (復活)
 Aurora (曙光)
 Light & Darkness - Jacob Boehme's system(光と闇――ヤコブ・ベーメの体系)
 Ladder (階梯)
Ramon Lull's system (ライモンドゥス・ルルスの体系)
Philosophical tree (哲学の樹)
 Sephiroth (セフィロート)
 Ab uno (全ては一者より)
 Fortress (砦)
 Animal riddles (動物の寓意)
 Oedipus chimicus (化学のオィディプス)
 Dew - Mute book (露――『沈黙の書』)
 Women's work & child's play ([錬金術の過程における寓意としての]女性の仕事と子供の遊び)
 Vegetable chemistry (菜園の化学)
 Serpent (蛇)
 Return - Theosophical Society (回帰――神智学協会)
 Conjunctio - Rosarium philosophorum (結合――『哲学の薔薇園』)
 Androgyny (アンドロギュノス=両性具有)
 Separatio (分割)
 Hermetic Yantras (ヘルメス学のヤントラ)
 Trinity (三位一体)
 Fire (火)
 Philosophical egg (哲学の卵)
 Matrix (母胎)
 Fountain (泉)
 Christ-Lapis (キリスト=石[ラピス])
 Blood (血)
 
MICROCOSM (ミクロコスモス)
 Human from Divine (人間、神の似姿)
 Brain & memory (脳と記憶)
 Signatures (署名)
 Script & seal (文字と封印)
 Apparitions (アパリション=顕現)
 
RORATION (円環/回転)
 Whirl & magnet (渦と磁気)
 Divine Geometry (『神聖幾何学』)
 Wheel - Winds, Gurdjieff's eneagramm, Colour wheel(輪――風位、グルジェフのエネアグラム、色彩の輪)
 Rose (薔薇)
 Pilgrim (巡礼者)
 
INDEX (索引)


ところで、タッシェンからは『Alchemy & Mysticism』というタイトルの本が三種類出ていて、本書と、2006年に出たタッシェン25周年シリーズの廉価版、そして「ICON」シリーズのダイジェスト版です。25周年廉価版はページ数が本書より少ない575ページになっています。
本書の初版は1997年にペーパーバックとして刊行されたようです。
(さらに2014年に「Bibliotheca Universalis」シリーズで再刊されましたが(ハードカバー)、それは576ページになっています。)


alchemy and mysticism 04


alchemy and mysticism 05


alchemy and mysticism 06


alchemy and mysticism 07




The Splendor Solis by Salomon Trismosin
http://www.hermetics.org/solis.html



























































































スタニスラス・クロソウスキー・ド・ローラ 『錬金術図像大全』 磯田富夫・松本夏樹 訳

スタニスラス・クロソウスキー・ド・ローラ 
『錬金術図像大全』

磯田富夫・松本夏樹 訳

平凡社 
1993年6月1日 初版第1刷発行
371p 
27.5×22cm 丸背紙装上製本 
本体カバー 函 
定価15,000円(本体14,563円)
造本: 戸田ツトム+岡孝治



本書「訳者あとがき」より:

「本書は、Stanislas Klossowski de Rola, The Golden Game: Alchemical Engravings of the Seventeenth Century, Thames and Hudson, London, 1988 の全訳である。」
「著者(中略)は、フランス画壇の長老バルテュス(本名バルタザール・クロソウスキー・ド・ローラ)の子息であり、(中略)60年代からロックミュージシャンとして活動しており、ローリング・ストーンズとのセッションや当時のドラッグ・カルチャーを体験している人物でもある。」



本書「緒言」より:

「本書は、(中略)17世紀の錬金術的寓意画の最良の銅版画を網羅する選集である。」


本文横組。図版総数533点(モノクロ)。


錬金術図像大全 01


函文:

「錬金術を近代化学成立前夜の蒙昧な擬似科学と嗤う者は、頁を繰るごとに己れの愚を恥じるだろう。蒼古たる錬金のアルスが内包する世界観と象徴体系こそ、西洋精神の広大な地下水脈を形成するものだからだ。錬金術が孕む象徴形式の哲学こそ、今日あらゆる知の領域を貫いて一大指針となりつつあるものだからだ。読者諸賢、迷わず本書に就かれて、大いなる業の秘鑰を思うさま手にされるがよろしかろう…………【高山宏】」


錬金術図像大全 02


カバー文:

「……この著者の立場をきわめて独自なものたらしめている視点とは、錬金術図像の客観的解説であるよりはむしろ自ら「業(わざ)の子」として参入し、図像細部の象徴解釈のみならず、業の実践的体験をも考慮しているところにある。イメージへの沈潜へと導かれるわれわれは、いわば著者の内部証言を絵解きとして受け取るのである。もちろん錬金術工程の実技面の特定については、これらの図像群を前にしたかつての錬金術師たちと同じく、著者もまた誤読の可能性を免れぬであろう。だが、そもそも錬金術のテクストや図像が、今日の化学式のごとき客観的で再現可能な実験作業を記述する方法ではなく、心と物質の融通無碍な変容過程を象徴でもって語るものである以上、業の象形文字解読固有の法則に従う限りはどのように絵解きしようとも、参入する者個々に応じた理解を得ることができるのだと言えよう。そしてこの固有の法則が何よりも明確に看て取れるのは、印刷本の飛躍的増大と発達にともなって現われた、17世紀の錬金術図像群である。」


錬金術図像大全 03


目次:

緒言
序論
序論原註
図版と註釈
付記

フランソワ・ベロアルド・ド・ヴェルヴィル 『創意に富んだ絵図』 1600年
フランソワ・ベロアルド・ド・ヴェルヴィル 『運命の王子の旅』 1610年
ハインリヒ・クーンラート 『永遠の知恵の円形劇場』 1602年
アンドレアス・リバウィウス 『錬金術』 1606年
シュテファン・ミヒェルシュパヒャー 『カバラー』 1616年
ミヒャエル・マイアー 『秘中の秘』 1614年
ミヒャエル・マイアー 『真面目な遊戯』 1616年
ミヒャエル・マイアー 『蜜蜂の群れ』 1617年
ミヒャエル・マイアー 『厳粛なる冗談』 1617年
ミヒャエル・マイアー 『逃げるアタランテ』 1618年
ミヒャエル・マイアー 『黄金の卓の象徴』 1617年
ミヒャエル・マイアー 『黄金の三脚台』 1618年
ミヒャエル・マイアー 『道案内』 1618年
ヨハン・ダーニエール・ミューリウス 『医科学論集』 1618年
ヨハン・ダーニエール・ミューリウス 『治療薬集成』 1620年
オスヴァルト・クロル 『化学の聖堂』 1622年
ミヒャエル・マイアー 『哲学の七日間』 1620年
ヨハン・ダーニエール・ミューリウス 『改革された哲学』 1622年
『ヘルメス学の博物館』 1625年
ランブスプリンク 『賢者の石について』 1625年
ヨハン・ダーニエール・ミューリウス 『黄金の解剖学』 1628年
ダヴィド・ド・プラニス・カンピ 『滅ぼされる災いのヒュドラ』 1628年
ダヴィド・ド・プラニス・カンピ 『学院の開校』 1633年
エリアス・アシュモール 『英国の化学の劇場』 1652年
ヨハン・ヨアヒム・ベッヒャー 『化学のオイディプス』 1664年
ヨアネス・デ・モンテ=スネイデルス 『惑星の変容』 1663年
テオドルス・ケルクリング 『アンチモンの凱旋車註解』 1671年
ヨアネス・デ・モンテ=スネイデルス(?) 『化学の箕』 1666年
ホーセン・ファン・フレースウェイク 『赤い獅子』 1674年
ホーセン・ファン・フレースウェイク 『緑の獅子』 1674年
ホーセン・ファン・フレースウェイク 『黄金の獅子』 1675年
ホーセン・ファン・フレースウェイク 『黄金の太陽』 1675年
アルトゥス 『沈黙の書』 1677年
バレント・ケンデルス・ファン・ヘルペン 『賢者の階梯』 1689年
アレクサンドル=トゥッサン・ド・リモージョン・ド・サン=ディディエ 『ヘルメス学の勝利』 1689年
バロ・ウルビゲルス 『論者箴言集』 1690年
クリストファー・ラヴ・モーリーおよびテオドルス・ムイケンス 『化学論集』 1693年
ヤーコプ・ベーメ 『神智学著作集』 1682年

訳者あとがき
参考文献
図版判型および寸法




◆本書より◆


錬金術図像大全 04


「アンドレアス・リバウィウス 『錬金術』 1606年」より。


錬金術図像大全 07


「ミヒャエル・マイアー 『逃げるアタランテ』 1618年」より。


錬金術図像大全 06


「ホーセン・ファン・フレースウェイク 『赤い獅子』 1674年」より。


錬金術図像大全 05


「バレント・ケンデルス・ファン・ヘルペン 『賢者の階梯』 1689年」より。




著者のイカス写真等はこちらをどうぞ:

A Dandy In Aspic: Prince Stash Klossowski De Rola - 1960's Peacock Style Icon


そしてこちらもご参照ください:

Alexander Roob 『Alchemy & Mysticism』 (Taschen)








































































プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本