グリヨ・ド・ジヴリ 『妖術師・秘術師・錬金術師の博物館』 林瑞枝 訳

グリヨ・ド・ジヴリ 
『妖術師・秘術師・錬金術師の博物館』 
林瑞枝 訳


法政大学出版局
1986年12月20日 初版第1刷発行
1990年8月25日 第3刷
482p 図版目次16p 
口絵(カラー)12p
A5判 丸背紙装上製本 カバー
定価4,635円(本体4,500円)


本書「訳者あとがき」より:

「この本は、Grillot de Givry. 《Le Musée des Sorciers, Mages et Alchimistes》. Paris Librairie de France, 1929 の翻訳である。」


本文中図版(モノクロ)367点、口絵カラー図版10点。


ジヴリ 妖術師 秘術師 錬金術師の博物館 01


カバーそで文:

「グリヨ・ド・ジヴリ
1874年、由緒ある名家に生まれる。パリの修道会、イエズス会で学び、コレージュ・ロランではマラルメに英語を学んだ。その後、エコール・ヨーロペエンヌでフランス語の教授となり、英語・スペイン語・数学も教えた。またジヴリはすぐれたピアニスト、オルガニストとして演奏活動にたずさわり、宗教音楽家として編曲も手がけた。早くから隠秘学の世界に惹かれながらも常に篤いカトリックであり、真摯な学究者としてすぐれた著書・訳書を著している。ジヴリは本書が出版された1929年1月31日の翌月16日、55歳で突然この世を去った。著書として、論文集『隠秘学選集』、聖人学の研究『ルールド』、ほか。訳書は『賢者の石に着いて』(トマス・アクイナス)、『三基本物質について』(パラケルスス)、など多くの古典語からの名訳をのこしている。」



目次:

翻訳の周辺 (平田寛)


第一部 妖術師
 1 光の世界に対立する闇の世界
 2 闇の世界の宗儀の表現
 3 信仰生活における悪魔の出現
 4 妖術師、悪魔の協会の司祭
 5 悪魔の夜宴への準備
 6 悪魔の夜宴
 7 悪魔の呼寄せ
 8 妖術師の書物
 9 悪魔との契約
 10 昔の著述家による悪魔の具体像
 11 悪魔に押しかけられた人々
 12 悪魔憑き
 13 降霊術、死者の呼寄せ
 14 呪縛
 15 媚薬と呪殺
 16 妖術師の処罰

第二部 秘術師
 1 ユダヤ人のカバリストとキリスト教徒のカバリスト
 2 大宇宙における占星術
 3 小宇宙における占星術
 4 観額術、額のしわの科学
 5 人相術
 6 手相術
 7 カード占い、タロット
 8 占い術のいろいろ
 9 棒占い、すなわち占い棒を使う術
 10 眠りと透視の神秘
 11 不可視の力の治癒力
 12 護符

第三部 錬金術師
 1 秘密の教義
 2 錬金術の物質と作業の諸操作
 3 錬金術師の実験室と吹き屋の実験室

訳者あとがき
図版目次



ジヴリ 妖術師 秘術師 錬金術師の博物館 02



◆本書より◆


「光の世界に対立する闇の世界」より:

「悪の起源の問題は、マニ、聖アウグスティヌス、スピノザ、パスカル、ライプニッツたちの頭脳にもつきまとって離れなかったが、彼らとて満足のいく解答を与えることのでいないものであった。それをペルシャ人は、たしかに神秘的人物ゾロアスター以前に、古代教義の中で大胆に解決していた。たじろぐことなく、肯定的なものと否定的なものとの恐るべき拮抗関係を説き、善と悪を相等しく、相対立し、永久に共存する二要素とみなした。世界はその容赦のない均衡の法のもとに釣り合いを保っているのである。


「小宇宙における占星術」より:

「宇宙を統べる隠秘的法則の研究にたずさわる哲学者すべてに共通する特徴の一つは、人間を、大世界すなわち宇宙に類似の小世界である、とみる教義である。この哲学者たちは秘教的象徴主義によってその宇宙の法を説明するが、それはカバラに触発された著作にも、ギリシャの大方の書物にも見られるものである。「小宇宙」と「大宇宙」の理論はあらゆる民族の秘教や神秘的教えにも見出される。錬金術の非常に古い原典『エメラルド板』は、《高きにあるものは低きにあるもののごとし》という。隠秘論的教義のしみこんだあらゆる哲学者の著作はこの原理の長い注釈に他ならない。人間が大世界の縮図であり、両者がともに同じ機械的、物理的、生理的法則に従うならば、唯一のそして同一の研究をするだけで、容易に一方により他方を知ることができる。人間を知る者は宇宙を知り、逆に宇宙を知る者は人間を知るのである。
 こうした類比、対称、並行の理論が総合を志向する悟性にとってどれほど魅力的であったかは推察に難くない。(中略)人々は、占星術上の与件のすべてが人間のうちにそのままの対応を持つと信じ、人体の中に惑星の全体系を住まわせるまことに魅力的な機会を逃さなかった。
 占星術において最も重要であるのが、強力な二系列のしるし、七惑星と黄道一二宮である。それは、原初の人間が読むことを学んだ自然という偉大な書物のアルファベットそのものなのであった。」



ジヴリ 妖術師 秘術師 錬金術師の博物館 04






















































































スポンサーサイト

Alexander Roob 『Alchemy & Mysticism』 (Taschen)

Alexander Roob
Alchemy & Mysticism:
The Hermetic Museum

 
Taschen, 2001
711pp, 20x14.5cm, hardcover



錬金術・神秘学関連図像集。


alchemy and mysticism 01


alchemy and mysticism 03


alchemy and mysticism 02


本書は、アレクサンダー・ローブ『錬金術と神秘主義――ヘルメス学の博物館』 (クロッツ・シリーズ)として日本語版も出ていたようですが、未見です。

著者は1956年生生まれのドイツの画家・作家。ウィリアム・ブレイクの後期の詩の翻訳に従事しており、ブレイク研究の一環として神秘主義・錬金術関連画像の収集を始めたということです。本書にもブレイクの作品が多数採られています。

本書の構成は以下の通り。括弧内は便宜的につけた訳です。


INTRODUCTION(序文)
 
MACROCOSM (マクロコスモス)
 The World - Ptolemy, Brahe, Copernicus (世界――プトレマイオス、ブラーエ、コペルニクス)
 Sun (太陽)
 Moon (月)
 Cosmic time (宇宙時間)
 Lower astronomy (下位の天文学=錬金術)
 Stars (星座)
 Music of the spheres (天体の音楽)
 Genesis (世界創造)
 Eye (眼球)
 Cosmic egg (宇宙卵)
 
OPUS MAGNUM (大いなる術=錬金術)
 Genesis in the retort - Elementa chemicae (蒸留器のなかの世界創造――『化学の基礎』)
 Purification (浄化)
 Fall of Adam (アダムの堕落)
 Chaos (混沌)
 Saturnine night (サトゥルヌスの夜)
 Torment of the metals (金属の試練)
 Resurrection (復活)
 Aurora (曙光)
 Light & Darkness - Jacob Boehme's system(光と闇――ヤコブ・ベーメの体系)
 Ladder (階梯)
Ramon Lull's system (ライモンドゥス・ルルスの体系)
Philosophical tree (哲学の樹)
 Sephiroth (セフィロート)
 Ab uno (全ては一者より)
 Fortress (砦)
 Animal riddles (動物の寓意)
 Oedipus chimicus (化学のオィディプス)
 Dew - Mute book (露――『沈黙の書』)
 Women's work & child's play ([錬金術の過程における寓意としての]女性の仕事と子供の遊び)
 Vegetable chemistry (菜園の化学)
 Serpent (蛇)
 Return - Theosophical Society (回帰――神智学協会)
 Conjunctio - Rosarium philosophorum (結合――『哲学の薔薇園』)
 Androgyny (アンドロギュノス=両性具有)
 Separatio (分割)
 Hermetic Yantras (ヘルメス学のヤントラ)
 Trinity (三位一体)
 Fire (火)
 Philosophical egg (哲学の卵)
 Matrix (母胎)
 Fountain (泉)
 Christ-Lapis (キリスト=石[ラピス])
 Blood (血)
 
MICROCOSM (ミクロコスモス)
 Human from Divine (人間、神の似姿)
 Brain & memory (脳と記憶)
 Signatures (署名)
 Script & seal (文字と封印)
 Apparitions (アパリション=顕現)
 
RORATION (円環/回転)
 Whirl & magnet (渦と磁気)
 Divine Geometry (『神聖幾何学』)
 Wheel - Winds, Gurdjieff's eneagramm, Colour wheel(輪――風位、グルジェフのエネアグラム、色彩の輪)
 Rose (薔薇)
 Pilgrim (巡礼者)
 
INDEX (索引)


ところで、タッシェンからは『Alchemy & Mysticism』というタイトルの本が三種類出ていて、本書と、2006年に出たタッシェン25周年シリーズの廉価版、そして「ICON」シリーズのダイジェスト版です。25周年廉価版はページ数が本書より少ない575ページになっています。
本書の初版は1997年にペーパーバックとして刊行されたようです。
(さらに2014年に「Bibliotheca Universalis」シリーズで再刊されましたが(ハードカバー)、それは576ページになっています。)


alchemy and mysticism 04


alchemy and mysticism 05


alchemy and mysticism 06


alchemy and mysticism 07




The Splendor Solis by Salomon Trismosin
http://www.hermetics.org/solis.html



























































































スタニスラス・クロソウスキー・ド・ローラ 『錬金術図像大全』 磯田富夫・松本夏樹 訳

スタニスラス・クロソウスキー・ド・ローラ 
『錬金術図像大全』

磯田富夫・松本夏樹 訳

平凡社 
1993年6月1日 初版第1刷発行
371p 
27.5×22cm 丸背紙装上製本 
本体カバー 函 
定価15,000円(本体14,563円)
造本: 戸田ツトム+岡孝治



本書「訳者あとがき」より:

「本書は、Stanislas Klossowski de Rola, The Golden Game: Alchemical Engravings of the Seventeenth Century, Thames and Hudson, London, 1988 の全訳である。」
「著者(中略)は、フランス画壇の長老バルテュス(本名バルタザール・クロソウスキー・ド・ローラ)の子息であり、(中略)60年代からロックミュージシャンとして活動しており、ローリング・ストーンズとのセッションや当時のドラッグ・カルチャーを体験している人物でもある。」



本書「緒言」より:

「本書は、(中略)17世紀の錬金術的寓意画の最良の銅版画を網羅する選集である。」


本文横組。図版総数533点(モノクロ)。


錬金術図像大全 01


函文:

「錬金術を近代化学成立前夜の蒙昧な擬似科学と嗤う者は、頁を繰るごとに己れの愚を恥じるだろう。蒼古たる錬金のアルスが内包する世界観と象徴体系こそ、西洋精神の広大な地下水脈を形成するものだからだ。錬金術が孕む象徴形式の哲学こそ、今日あらゆる知の領域を貫いて一大指針となりつつあるものだからだ。読者諸賢、迷わず本書に就かれて、大いなる業の秘鑰を思うさま手にされるがよろしかろう…………【高山宏】」


錬金術図像大全 02


カバー文:

「……この著者の立場をきわめて独自なものたらしめている視点とは、錬金術図像の客観的解説であるよりはむしろ自ら「業(わざ)の子」として参入し、図像細部の象徴解釈のみならず、業の実践的体験をも考慮しているところにある。イメージへの沈潜へと導かれるわれわれは、いわば著者の内部証言を絵解きとして受け取るのである。もちろん錬金術工程の実技面の特定については、これらの図像群を前にしたかつての錬金術師たちと同じく、著者もまた誤読の可能性を免れぬであろう。だが、そもそも錬金術のテクストや図像が、今日の化学式のごとき客観的で再現可能な実験作業を記述する方法ではなく、心と物質の融通無碍な変容過程を象徴でもって語るものである以上、業の象形文字解読固有の法則に従う限りはどのように絵解きしようとも、参入する者個々に応じた理解を得ることができるのだと言えよう。そしてこの固有の法則が何よりも明確に看て取れるのは、印刷本の飛躍的増大と発達にともなって現われた、17世紀の錬金術図像群である。」


錬金術図像大全 03


目次:

緒言
序論
序論原註
図版と註釈
付記

フランソワ・ベロアルド・ド・ヴェルヴィル 『創意に富んだ絵図』 1600年
フランソワ・ベロアルド・ド・ヴェルヴィル 『運命の王子の旅』 1610年
ハインリヒ・クーンラート 『永遠の知恵の円形劇場』 1602年
アンドレアス・リバウィウス 『錬金術』 1606年
シュテファン・ミヒェルシュパヒャー 『カバラー』 1616年
ミヒャエル・マイアー 『秘中の秘』 1614年
ミヒャエル・マイアー 『真面目な遊戯』 1616年
ミヒャエル・マイアー 『蜜蜂の群れ』 1617年
ミヒャエル・マイアー 『厳粛なる冗談』 1617年
ミヒャエル・マイアー 『逃げるアタランテ』 1618年
ミヒャエル・マイアー 『黄金の卓の象徴』 1617年
ミヒャエル・マイアー 『黄金の三脚台』 1618年
ミヒャエル・マイアー 『道案内』 1618年
ヨハン・ダーニエール・ミューリウス 『医科学論集』 1618年
ヨハン・ダーニエール・ミューリウス 『治療薬集成』 1620年
オスヴァルト・クロル 『化学の聖堂』 1622年
ミヒャエル・マイアー 『哲学の七日間』 1620年
ヨハン・ダーニエール・ミューリウス 『改革された哲学』 1622年
『ヘルメス学の博物館』 1625年
ランブスプリンク 『賢者の石について』 1625年
ヨハン・ダーニエール・ミューリウス 『黄金の解剖学』 1628年
ダヴィド・ド・プラニス・カンピ 『滅ぼされる災いのヒュドラ』 1628年
ダヴィド・ド・プラニス・カンピ 『学院の開校』 1633年
エリアス・アシュモール 『英国の化学の劇場』 1652年
ヨハン・ヨアヒム・ベッヒャー 『化学のオイディプス』 1664年
ヨアネス・デ・モンテ=スネイデルス 『惑星の変容』 1663年
テオドルス・ケルクリング 『アンチモンの凱旋車註解』 1671年
ヨアネス・デ・モンテ=スネイデルス(?) 『化学の箕』 1666年
ホーセン・ファン・フレースウェイク 『赤い獅子』 1674年
ホーセン・ファン・フレースウェイク 『緑の獅子』 1674年
ホーセン・ファン・フレースウェイク 『黄金の獅子』 1675年
ホーセン・ファン・フレースウェイク 『黄金の太陽』 1675年
アルトゥス 『沈黙の書』 1677年
バレント・ケンデルス・ファン・ヘルペン 『賢者の階梯』 1689年
アレクサンドル=トゥッサン・ド・リモージョン・ド・サン=ディディエ 『ヘルメス学の勝利』 1689年
バロ・ウルビゲルス 『論者箴言集』 1690年
クリストファー・ラヴ・モーリーおよびテオドルス・ムイケンス 『化学論集』 1693年
ヤーコプ・ベーメ 『神智学著作集』 1682年

訳者あとがき
参考文献
図版判型および寸法




◆本書より◆


錬金術図像大全 04


「アンドレアス・リバウィウス 『錬金術』 1606年」より。


錬金術図像大全 07


「ミヒャエル・マイアー 『逃げるアタランテ』 1618年」より。


錬金術図像大全 06


「ホーセン・ファン・フレースウェイク 『赤い獅子』 1674年」より。


錬金術図像大全 05


「バレント・ケンデルス・ファン・ヘルペン 『賢者の階梯』 1689年」より。




著者のイカス写真等はこちらをどうぞ:

A Dandy In Aspic: Prince Stash Klossowski De Rola - 1960's Peacock Style Icon


そしてこちらもご参照ください:

Alexander Roob 『Alchemy & Mysticism』 (Taschen)








































































マーベル・コリンズ 『道を照らす光』

「悪い人間やばかな人間と関わらずに生き得るなどと思ってはならない。(中略)お前自身こそが悪い人間、ばかな人間の一人なのだ。お前が、悪い物や人から離れて生き得るという考えを抱けば、それによってお前はカルマをつくることになる。そのカルマは、お前の魂が、悪い物も人もお前から切り離すことができず、世界の罪と恥辱とはお前自身の罪と恥辱に他ならないということを認識するまで消えないであろう。お前は世界の一部である。」
(マーベル・コリンズ 『道を照らす光』 より)


マーベル・コリンズ 
『道を照らす光』
浅田豊 訳


村松書館 
1979年7月30日 初版発行
44p 
22×13.5cm 
並装(フランス表紙) カバー 
定価1,200円



コリンズ 道を照らす光


帯文:

「学ぼうとするすべての人のための人生の規則と東洋の知恵
《この冊子は決して読み物ではなく生き物なのです。これは、精神化とより高きを目ざす生の営みのための小さな手引き書なのです。「人はこの規則を生きる程度に於てそれを本当に理解する。この規則を実行しないなら、それは閉された書物にとどまり、人はこれを、実行不可能で無価値であると見なすでしょう。しかし、この規則を生きようというまじめな努力は、光をもたらします。ただこのようにしてのみこの無限の宝は評価され得るのです」》――(「独訳者序文」より)」



帯裏文:

「《倫理的な観点の高さからいっても、本書は喜びにつけ悲しみにつけ、読者の魂を浄化し、その時その時の時点で、更によりよき人間関係を作り出していこうという意欲を呼び起こしてくれる。しかし本書が神秘学徒にとって特別重要な意味をもつのは、喜び、悲しみという感情的な次元にとらわれることなく、ひたすら「観る」行為、換言すれば認識の行為に徹しようとする行を教えているからである。冒頭の言葉、「涙が涸れてしまったとき初めて目が見えるようになる」から、最後の「内面の感覚によっても外的感覚によっても見えないものをのみ見よ」にいたるまで、本書は一貫して「認識の行」のための具体的な道を示している。》――(高橋巌「跋」より)」


目次:

第一部
第二部
原注
独訳者序文
跋 (高橋巖)




◆本書より◆


「第一部
一、名誉心を棄てよ。
ニ、生への欲を棄てよ。
三、快適さへの欲を棄てよ。
四、自分を特殊の存在だと思うことをやめよ。
五、肉体の刺激を求めることをやめよ。
六、成長しようと思うことをやめよ。
七、お前の中にあるものだけを求めよ。
八、お前より上にあるものだけを求めよ。
九、得ることのできないものだけを求めよ。
一〇、勉めて克己の力を求めよ。
一一、心より平安を求めよ。
一二、何にもまして宝を求めよ。
一三、道を求めよ。
一四、心の内に沈潜して道を求めよ。
一五、心の外に見開いて道を求めよ。

第二部
一、来たるべき戦いを避けよ。もし戦うとしても自らは戦士であるな。
ニ、戦士を見いだし、彼をお前の中で戦わせよ。
三、彼の戦いへの命令を待ち、それに従え。
四、生の歌に耳を傾けよ。
五、お前の聞きとった調べを記憶せよ。
六、そこから調和(ハーモニー)の教えを学べ。
七、お前をとりまく生を深く観察せよ。
八、他人の心を見、理解することを学べ。
九、お前自身の心を最も真剣に調べよ。
一〇、地と風と水とに、それらがお前のために隠している秘密をたずねよ。
一一、地上の聖なる人たちに、彼らがお前のために隠している秘密をたずねよ。外面的感覚の望みを克服したのだから、お前にはそうする権利がある。
一二、最も内面にある一つのものに、それがあらゆる時代を通じてお前のために隠してきた最後の秘密をたずねよ。
一三、形も体もないものに堅く頼れ。
一四、音でない声にのみ耳を傾けよ。
一五、内面の感覚によっても外的感覚によっても見えないものをのみ見よ。」




「原注」より:

「悪い人間やばかな人間と関わらずに生き得るなどと思ってはならない。(中略)お前自身こそが悪い人間、ばかな人間の一人なのだ。お前が、悪い物や人から離れて生き得るという考えを抱けば、それによってお前はカルマをつくることになる。そのカルマは、お前の魂が、悪い物も人もお前から切り離すことができず、世界の罪と恥辱とはお前自身の罪と恥辱に他ならないということを認識するまで消えないであろう。お前は世界の一部である。お前のカルマは全体の大きなカルマと分かちがたく絡みあっている。このような知恵を得るまでに、お前は、すべての場所、清いところ汚ないところを通りぬけねばならない。」




































































































プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本