FC2ブログ

James Tate 『The Ghost Soldiers』

「I decided I didn't want to belong to the human race so I started making snake-like movements in the grass.」
(James Tate 「How to be a member」 より)


James Tate 
『The Ghost Soldiers』


Ecco, an imprint of HarperCollins Publishers, 2008, First Ecco paperback published 2009
18pp+217pp, 22.7x15.2cm, paperback
Designed by Sunil Manchikanti
Cover design by Alison Forner



アマゾンマケプレでジェームス・テート(ジェイムズ・テイト?)の15冊目の詩集(散文詩集)のペーパーバック版が550円(+送料257円)で売られていたので注文しておいたのが届いたのでよんでみました。表紙がかっこいいです。


james tate - ghost soldiers 01


james tate - ghost soldiers 02


Contents:

TREASON
HUMAN IN SHAPE
DESPERATE TALK
THE MEMORY PALACE
PLAN B
THE LOST TRIBE
THE NEW HORSES
THE NATIVE AMERICANS
TWO VISIONS
NOTHING IS WHAT IT SEEMS
"HONEY, CAN YOU HEAR ME?"
A BOY AND HIS COW
DUCT-TAPE CELEBRATION
THE WRONG DOOR
THE RULES
ABDUCTED
THE GOVERNMENT MAN
THE RESTORATIVE
THE GHOST SOLDIERS
CRICKET CRICKET
FATHER'S DAY
WAYLON'S WOMAN
MY CATTLE RANCH
HEATHER'S MEN
UNEASY ABOUT THE SOUNDS OF SOME NIGHT-WANDERING ANIMAL
COLLECT CALL FROM NEPAL
THE MIDNIGHT RIDE
WHAT I LEARNED FROM THE ELVES
THE HORSEMEN
HOUSEFLY
RAKING DAY
JAN'S SCARY NOVEL
LETZEBURGESCH
BONA FIDES
HELP
SPIDERWEBS
THE SCARAB
SPECIAL OPERATIONS
THE DEEP ZONE
BEHIND THE GREEN DOOR
DEXTER'S LONG SURVEILLANCE
BLUE SUNDAY
THE SECRET WAR
THE NEW MULE
STRICTLY FORBIDDEN
THE LOSER
LAUREL HILL
MAP OF THE LOST WORLD
READING THE NEWSPAPER IN THE PARK
THE ILLEGAL PICNIC
THE MASK
HOW I MET MARY
THE GANG OF FIVE
SWORDFISH FOR HIRE
THE BUG'S REPORT
LONG LIVE THE QUEEN
THE ENEMY
CLEANING OUT THE DESK
NATIONAL SECURITY
HOW TO BE A MEMBER
THE UNDERGROUND
TO ADVANCE NO FARTHER INTO THE RUBBLE OF THE BUILDING
THE ICE CREAM MAN
THE COWBOY
THE LAND OF THE VAPORS
THE OLDD SOLDIERS
THE GOLDFINCHES
THE THINKING CAP
PANDA FEVER
MR. NOBODY HAS LEFT THE PLANET
ANTON FRIPPS
THE ASSASSIN
THE BLESSING
THE QUOTA
CHERUBIC
THE UNDERBELLY
THE DEEP BLUE SEA
THE PACKAGE FOR PETER HAGGERTY
THE CHOSEN ONE
THE NETHER WORLD
BILLY
THE INVESTIGATION
DUSTDEVIL
PARADISE
THE MEETING WITH OSCAR L'ETOLIE
STRATEGIC INTELLIGENCE FOR AMERICAN WORLD POLICY
LIVERPILL
GIPSY
TERMINIX
THE ROSARY
THE MARCH
THTE DRIVE TO HEAL
THE WAR NEXT DOOR



◆本書より◆


「ABDUCTED」より:

「Mavis claimed to have been abducted by aliens. Maybe she was, I don't know. She said they had intercourse with her, but it was different. They placed a finger in the middle of her forehead and made a buzzing sound. She said it felt better than the other kind of intercourse. I asked her if I could try it and she said no. Not long after that Mavis disappeared for good.」

(メイヴィスはエイリアンにさらわれたと言い張った。わからないけど、たぶんそうなのだろう。エイリアンと性交したけど違ったやり方だったと言った。額のまんなかに指を当ててブーンという音を出すのだそうだ。他のやり方よりずっとよかったと彼女は言った。僕もやってみていいかときいたら厭だと言った。それからまもなくしてメイヴィスは姿を消してしまった。)


「LETZEBURGESCH」より:

「Daphne told me she had heard a rumor that Joel was now working for the enemy. "Who's the enemy?" I said. "Oh, you know, the enemy," she said. "Oh, that enemy," I said.」

(ジョエルがいま敵のところで働いているという噂をきいたとダフニは言った。「敵ってだれ?」と僕は言った。「わかってるでしょ、敵よ」と彼女は言った。「ああ、あの敵のことね」と僕は言った。)


「HELP」より:

「I said I didn't want any help from anyone, but, then, when no one offered to help, I was really hurt. Ron called to ask me if I would help him, and I said no. I felt really bad about that, but he should have been helping me, and then maybe I would have helped him.」

(誰からもどんな助けもいらないと僕は言った、とはいうものの、だれも助けてくれなかったので、僕はとても傷ついた。ロンが助けてくれないかと電話をかけてきたので、僕はいやだと言った。そんなことは言いたくなかったけれど、彼が助けてくれていたら、僕も彼を助けたかもしれない。)


「HOW TO BE A MEMBER」より:

「I decided I didn't want to belong to the human race so I started making snake-like movements in the grass. Suddenly Maxwell was standing there. "You've failed this whole thing. I tried to tell you what to expect and look at you," he said. "I'm a snake," I said. "You're a very poor snake," he said.」

(僕は人類の一員にはなりたくないと決心したので原っぱで蛇みたいにくねくねすることにした。するとそこにマックスウェルが立っていた。「君は不合格だ。あんなにいろいろ指導してやったのに、」と彼は言った。「僕は蛇だ、」と僕は言った。「お粗末な蛇だな、」と彼は言った。)


「ANTON FRIPPS」より:

「I was listening to Anton Fripps's Second Concerto for Cello and Violin. Layla was knitting on the sofa. "This music transports my soul to heights I have never known," I said. "What, dear?" Layla said. "I said, this music transports my soul . . . Oh, never mind." "Are you leaving soon?" she said. "Fripps was a genius, but, because he was only three feet tall, nobody took him seriously. Oh, I know there was more to it than that. Yes, he was also a scoundrel. He robbed. He may have even killed a few people. But he also suffered greatly. He had nearly every disease known to mankind at that time. And he poured it all into his music. Really, there's nothing quite like it. Magnificent. Just listen," I said.」

(僕はアントン・フリップスのチェロとヴァイオリンのための協奏曲第二番に耳を傾けていた。レイラはソファで編み物をしていた。「この音楽は僕の魂をかつてないほどの高みに連れていってくれるんだ、」と僕は言った。「え、なあに?」とレイラは言った。「この音楽は僕の魂を……いや、なんでもない。」「もう帰るの?」彼女は言った。「フリップスは天才だった、でも、背が90センチしかなかったから、誰もまともにとらなかったんだ。いや、もちろん他にも理由はある。ならず者だったし、盗みも働いたし、人殺しもしたかもしれない。でも彼だってものすごく苦しんだんだ。この世のありとあらゆる病気に罹ったといっても過言ではないし、彼はそのすべてを音楽に注ぎ込んだんだ。まさに唯一無比だ。すばらしい。まあ聴けよ、」僕は言った。)


「THE QUOTA」より:

「I take the dog for a walk. He chases some squirrels. He looks like he's going to get into a fight with another dog, but they end up rolling around in the grass having a great time. I think there must be a lesson there. Back home, I find I have been selected for jury duty. I think, but I'm insane, I'm deaf, I'm blind. I'm the last person they would ever want. I put on a pot of coffee and settle down in the living room with a magazine.」

(僕は犬を散歩に連れて行った。犬はリスを追いかけた。よその犬と喧嘩しそうになったけど、結局二匹で楽しげに原っぱを転げまわっていた。これには学ぶべき点があると僕は思った。家に戻ると、陪審員選任の通知が届いていた。だけど僕は頭がおかしいし、耳はきこえないし、目もみえない。最もお呼びじゃない人間だ。僕はコーヒーを淹れて雑誌片手にリビングでまったりした。)













































































































スポンサーサイト



James Tate 『Dome of the Hidden Pavilion』

「I wanted to go home as quickly as possible, but I got lost again and again. Everything seemed to be in the wrong place.」
(James Tate 「In the Lake」 より)


James Tate 
『Dome of the Hidden Pavilion』


Ecco (An Imprint of HarperCollins Publishers), 2015
xiii, 142pp, "About the Author" 1p
23.6x15.8cm, hardcover, dust jacket
Designed by Mary Austin Speaker
Jacket design by Allison Saltzman
Jacket artwork by Amy Alice Thompson



アメリカの詩人ジェームス・テート(ジェイムズ・テイト? 1943―2015)の最後の詩集(散文詩集)のハードカバー版(紙装継表紙)がアマゾンマケプレのアウトレット書店で売られていたので注文しておいたのが届いたのでよんでみました。

表紙がかわいいです。


james tate - dome of the hidden pavilion


Contents:

i.
Mr. Leaves
A Largely Questioning Article Offering Few Answers
The Baby
The Rabbit God
My Doctor's Appointment
The Blob
The Psychiatric Unit
Cement
The New Mayor
The Photograph of Lincoln
The
My Wife, the Gardener
The Wrong Wedding
Assignment Haiti
The Cows
Toy Soldiers
The Battlefield
Peace
The Oilman
After the War
Conspiracy
The Soldiers' Rebellion
The Captain
The Escape
Night-Wandering Animal
Explosive Device
The Invasion
The Mission
Investigation
The Wrong Man
The Grandson
Life's Game
The Guards
The Lost Army
The Key to the Universe
THe Pandas of Wichita
Depression
The American Dream
Home
Greatness
An Eel on the Line
The Leader
The Long Drive

ii.
Low Flying
The Three Little Boys
The Pearls
I Wrote Myself a Letter
The Blue Delusion
The French Novel
That's Not My Duty
The Aquatic Ape
Some Things I Need
Buddha
To Russia with Love
The Goddess
Beer for the Fairies
The Moose
The Encyclopedia Salesman
The Holman Dairy
The Friars Club Fellow
The Orchid
Possible Suspects
The Seafaring Boy
The Blue Ones
The New Opera
Brand New Mantra
Almost a Saint
Dangerous at Night
In the Lake
The Llama
The Great Wall
The Interrupted Flow
Lost at Sea
The Police Captain's Remorse
Dome of the Hidden Temple
A Walk in the Woods
My Home
Manual for Self-Improvement
Plans to Destroy the World
Invisible
The Chicago Dead

iii.
The Little Green Man
Rats
The Waterfall
The Mule
Mimi and the Bear
Black Widow
The Suspect
To Hell and Back
The Cookie
The Green Shutters
Love at First Sight
Dreaming
What Are Worms?
The Flag
Where the Monkey Is
For Rent
The Grandmother
The Furnace
Llamas
The Afterlife
The Hammer to the Rescue
The End of the Line
The Dead Animal
Tenderizer
The Invisible Alligators
A Quiet Day on the Porch
Plastic Story

About the Author




◆本書より◆


「Dome of the Hidden Temple」より:

「A man walked up to me and said, "Do you know where the Dome of the Hidden Temple is?" I said, "Yes, but I can't tell you. It's a secret." "But I'm supposed to meet somebody there," he said. "Then that person should have told you how to get there," I said. "I guess he thought I knew," he said. "Almost nobody knows," I said. "Then why do you know" he said. "Because I am the Priest of Nothingness," I said.」

(男が歩いてきて言った「隠れ寺のドームがどこにあるか御存じですか」。わたしは言った「ええ、でも教えられないのです。秘密なので」。「そこで人と会う約束をしたんです」彼は言った。「ならその人が道順を教えるべきでした」とわたしは言った。「たぶん知っていると思ったのでしょう」と彼は言った。「知っている人は滅多にいないんです」とわたしは言った。「あなたはどうして知っているんですか」と彼は言った。「なぜならわたしは「無」の司祭だからです」とわたしは言った。)



◆感想◆


チャールズ・シミックの詩は独白的ですが、シミックの友人であるテートの詩は会話的です。
ところで、日常会話において会話しているのはわれわれ(話者)ではなく言語そのものでありまして、言語がわれわれに憑依して勝手に言葉のキャッチボールをはじめてしまうので、われわれは自分の思考や感情とは無関係な言葉を不可抗力的にしゃべらされているのであります。
しかしながら、テートの散文詩では、会話のあちこちでバグが発生して、話題は超現実的な地平へと飛ばされてしまい、それにつれて現実も変容し、庭では黒アリと赤アリの戦争がはじまり、家の中ではおもちゃの兵隊が反乱し、町なかにフランス軍が侵攻してきて爆弾が炸裂して、角を曲がったところにはグランドキャニオンがあって、世界はビデオゲームの3Dバージョンと化してしまいます。そのような世界においては、「宇宙を開く鍵(key to the universe)」とは取りも直さず「パンケーキミックスを忘れずに買ってくること」「チャーリーに電話すること」、すなわち何事もなかったかのように日常生活をこれまで通りに維持していくことですが、しかし現実はままならないです。作者は、鷹にさらわれたり何かの間違いで缶詰にされてしまった鼠たちや、なぜか樽のなかに閉じ込められてしまった女の人に友愛を感じ、仕事をやめて街をうろついているうちに野垂れ死にしてしまった人や線路わきに寝転がって30年をすごしてしまった人に「偉人」を見出しています。そしていつの間にか穴に落っこちてしまって出られなくなったら、ミミズのように穴の中でくつろいでしまう以外に打つ手はないです。




















































































プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
 
うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから
 
◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本