FC2ブログ

辻惟雄 『若冲』 (講談社学術文庫)

辻惟雄 
『若冲』
 
講談社学術文庫 2323 

講談社
2015年10月9日 第1刷発行
2016年4月28日 第5刷発行
349p
文庫判 並装 カバー
定価1,500円(税別)
カバーデザイン: 蟹江征治



本書「学術文庫版あとがき」より:

「この本は、昭和四十九年(一九七四)、美術出版社から発売された『若冲』(中略)の文庫版である。」


本書はまだよんでいなかったのでヤフオクに出品されていたのを落札しておいたのが届いたのでよんでみました。710円(+送料164円)でした。
異端こそが正統であるという著者の考え方はよいです。あと博物学との関連はたいへん興味深いです。


辻惟雄 若冲 01


カバー裏文:

「神に通じるとまで讃えられた、若冲の代名詞ともなっている鮮麗な着色密画。対照的に、一見無雑作なタッチの間に微妙な諧調をもった、闊達澄明な「行草体」の水墨画。見る者の官能を呪縛的なまでにひきつけてやまない若冲の魅力を世に知らしめた第一人者の解説で、豪華図録として刊行された名著を文庫化。動植綵絵全三〇幅など図版一五〇点以上収録。」


目次:

【巻頭三ツ折口絵】
 《動植綵絵》より
 《象と鯨図屏風》
 《釈迦・普賢・文殊像》
【巻頭口絵】
 《動植綵絵》全三〇幅

一 伝記と画歴
 第一期 画風形成時代
 第二期 画風昂揚時代
 第三期 画風円熟時代
 第四期 画風晩成時代
二 若冲画小論
 若冲と明清画
 若冲と写生
 若冲と「奇」
三 印譜解説
四 若冲派について

図版解説

文献
若冲年譜
あとがき
学術文庫版あとがき
図版目次



辻惟雄 若冲 02



◆本書より◆


「一 伝記と画歴」より:

「ともかく、若冲は、二十三歳から四十歳までの間、四代目桝源主人の座に形の上だけでもつきながら、当然持つべき配偶者を拒み、持前の独居癖、隠遁癖に周囲を悩ませつづけたと思われる。そうしたかれの性癖と密接な関連を持つものとして、この間、次第に鮮明に浮び出て来たのが、一つは仏教、とくに禅への傾倒であり、他の一つは絵画への熱中であった。」

「人間嫌いの孤独な性格を、若冲の作風に指摘する向きがある。だが、かれが主観的にそれほど孤独であったとは私には思えない。かれには信心のほか、絵という、他のすべてを忘れて沈潜できる世界があった。その世界は、われわれの日常的視覚からは隔絶して、ひどく異様に映る場合があるかも知れないが、若冲にとっては、たしかな手ざわりを持つ充実した現実そのものであったのだ。」



「二 若冲画小論」より:

「私は以前、若冲の作品の中にも一種の衒気を感じたことがあった。しかしながら今この図録編集の仕事を通じて、そのような認識は誤りであることに気づいた。大典の証言のとおり、若冲は文字通り真摯な画家である。自己顕示欲の充足のために画を描いたのではなく、描くことに生涯憑かれた人というのが実相である。
 前出の『藤景和画記』は、若冲自身が語ったとして、「今ノ所謂画ハ、皆画ヲ画ク者……」につづき、「且ツ技ヲ以テ售(う)レン事ヲ求メ、未ダ能ク技ヨリ進ム者有ラズ、是レ吾ガ人ヨリ畸(こと)ナル所ノミ」という、興味深い言葉を伝えている――今時の画は、どれも画から画をこしらえるもので、物を直接描こうとしたものにまだ会ったことがない。まただれもが自分の画技を世に売り込むことばかり考え、技巧より先の段階にまで進む者はいない。自分が人にくらべ変っているのは、ただこうした点においてである――。自分を奇人扱いする世間への抗議ともとれるこの述懐の裏には、自分は決して「奇」でも「異端」でもない、正統であり、画の本道を進んでいるのだというかれの揺ぎない自信が感じられるのだが、私は今、この言葉を額面通り受け取りたい。かれの作品の、あのふしぎな落着きと説得力は、そうした自信の裏打ちによってはじめて得られたものと思われるからである。これこそまさに「奇人」の言かもしれず、この態度にくらべれば、蕭白にはいくぶん世間の評判を気にしすぎたところがあったようである。」





こちらもご参照ください:

辻惟雄 『奇想の系譜』 (ちくま学芸文庫)
Robert McCracken Peck 『The Natural History of Edward Lear (1812-1888)』













































































スポンサーサイト



『生誕三〇〇年記念 若冲 展』 (2016年)

『生誕
三〇〇年
記念 
若冲 展』


カタログ監修: 小林忠/太田彩
編集: 東京都美術館/日本経済新聞社/NHK/NHKプロモーション
制作: エディタス

発行: 日本経済新聞社/NHK/NHKプロモーション
平成28年4月22日 発行
315p xiii
29.6×22.6cm
並装(フランス表紙)
デザイン: おおうちおさむ、伊藤絢


2016年4月22日―5月24日
東京都美術館



挟み込み「出品作品リスト」(4p)。
作品図版も充実していて部分拡大図もたくさんあってよいです(折込図版もあります)。造本もよいです。
本書はヤフオクで2,500円(+送料400円)で出品されていたのを落札しておいたのが届いたのでよんでみました。


若冲 生誕300年記念 01


若冲 生誕300年記念 02


目次:

ごあいさつ (主催者)

「若冲」という不思議な現象 (辻惟雄)
伊藤若冲の生涯 (小林忠)
梅荘顕常大典禅師の生涯と若冲居士 (有馬頼底)
《釈迦三尊像》と《動植綵絵》――若冲、畢生の作品を探る (太田彩)

図版 1 《釈迦三尊像》と《動植綵絵》

若い鑑賞者のみなさんへ (ジョー・D・プライス)
若冲と色 (安村敏信)

図版 2 画遊人、若冲

二十世紀の若冲、二十一世紀の若冲 (山下裕二)
天邪鬼、若冲 (狩野博幸)
若冲は仏の世界を実現するために絵を描いた (渋谷陽一)

図版 3 米国収集家が愛した若冲

若冲の世界、世界の若冲 (ユキオ・リピット)
新しい時代へつながっていく若冲 (猪子寿之)

作品解説
伊藤若冲の署名・印章について (福士雄也)
伊藤若冲略年譜 (岡田秀之 編)
伊藤若冲関係資料抄録・大意 (村田隆志 編)
伊藤若冲主要参考文献目録 二〇〇七~二〇一六年 (村田隆志 編)
伊藤若冲を知る、楽しむブックガイド (村田隆志 編)
出品目録

Note
Message (The Organizers)
The Strange "Jakuchu" Phenomenon (Tsuji Nobuo)
To All Young Exhibition Visitors (Joe D. Price)
Section Introductions
List of Works



若冲 生誕300年記念 03


出品作品:

1 釈迦三尊像 (1―3)
2 動植綵絵 (1―30)

3 牡丹・百合図
4 隠元豆・玉蜀黍図
5 糸瓜群虫図
6 雪中雄鶏図
7 雪梅雄鶏図
8 雪中雄鶏図
9 花卉雄鶏図
10 梅花小禽図
11 旭日鳳凰図
12 孔雀鳳凰図
13 月夜白梅図
14 白梅錦鶏図
15 百犬図
16 厖児戯箒図
17 伏見人形図
18 達磨図
19 売茶翁像
20 鹿苑寺大書院障壁画 (1―4)
21 竹虎図
22 鳳凰之図
23 樹下雄鶏図
24 虻に双鶏図
25 果蔬涅槃図
26 瓢箪・牡丹図
27 亀図
28 月に叭々鳥図
29 虎図
30 乗興舟
32 玄圃瑤華
33 花鳥版画 (1―6)
34 菜蟲譜
35 仙人掌群鶏図襖絵
36 蓮池図
37 三十六歌仙図屏風
38 石燈籠図屏風
39 象と鯨図屏風

40 月梅図
41 菊花図
42 葡萄図
43 旭日雄鶏図
44 雪芦鴛鴦図
45 紫陽花双鶏図
46 虎図
47 竹梅双鶴図
48 鳥獣花木図屏風
49 伏見人形図
50 鷲図



若冲 生誕300年記念 04


若冲 生誕300年記念 05


若冲 生誕300年記念 06



◆感想◆


寄稿者の中に「渋谷陽一」の名前がありますが、これはあの渋谷陽一です。気になったのでよんでみました。


「若冲は仏の世界を実現するために絵を描いた」より:

「僕は若冲はゲイであったと思っています。このことを小林忠先生にお話ししたときに、小林先生は、「江戸時代はそれほどゲイに対して抑圧的ではなかったというところもありますよ」とおっしゃってくださいました。(中略)しかし若冲にとって世界というのは、やはりどこかに不条理なものを潜ませていて、自分自身のままのびのびと生きていくには生きにくかったのではないかと思うのです。自分のまま生きることを抑圧する何かがあり、幸せに自己実現することがなかなかできない。それが世界なんだ、という思いをずっと持っていたように僕には思えます。その違和感が取り除かれて、世界が自分を祝福してくれて、自分も世界を祝福することができる。そんな世の中への思いが、若冲には生涯ずっとあったのではないでしょうか。(中略)だからこそ若冲の絵の中には、現実をも超えた美への強い欲求、そしてそれと同時に現実への深い絶望があり、その両方が魅力になっているのだと思います。
 仏教徒か、同性愛とか、絶望とか、そんな御題目はさておいても、僕等は《動植綵絵》を観たときに、そこから強い、かくあってほしいという世界への欲望と、その欲望を実現するためにリアルを追求しているエネルギーを感じることができます。「世界が美しいからそれを絵にしました」というレベルではない、もっと深い絶望と、もっと深い理想主義がその背景にあるからこそ、若冲の絵は僕らの心を打つし、時代を超えた感動を与えるのではないでしょうか。(談)」



「世界が自分を祝福してくれて、自分も世界を祝福する」なんていうのはエヴァの最終回みたいでアレですが、若冲が「ゲイ」だったかどうかはともかく(わたしは若冲は自閉症でアセクシャルだったと思っています)、若冲の絵の背景には深い絶望と理想主義がある、というのはよいです。



























































































『北斎 展 HOKUSAI』 (東京国立博物館 2005年)

『北斎 展 
HOKUSAI』


日本経済新聞社 
2005年
400p
30×22.5cm 並装(フランス表紙)
編集: 日本経済新聞社/岩切友里子
デザイン: 斉藤紀久美
制作: 印象社 


2005年10月25日―12月4日
東京国立博物館



たいへんボリューミーな図録であります。


北斎展 02


表紙。


北斎展 01


裏表紙。こっちから開くと英文のあいさつと序文が掲載されています。


内容:

あいさつ (日本経済新聞社)
メッセージ (フリーア美術館館長 ジュリアン・ラビー)
謝辞

北斎の画業と研究課題 (永田生慈)
画狂人北斎の実像 (小林忠)
北斎の主題選びの法則 (浅野秀剛)

図版
第一期 春朗期――習作の時代
第二期 宗理期――宗理様式の展開
第三期 葛飾北斎期――読本挿絵への傾注
第四期 戴斗期――多彩な絵手本の時代
第五期 為一期――錦絵の時代
第六期 画狂老人卍期――最晩年
フリーア美術館所蔵の北斎の肉筆画十選 (参考図版)

チャールズ・ラング・フリーアと彼の北斎肉筆画コレクション (アン・米村)
作品解説
葛飾北斎略年譜
参考書籍
List of Works

Preface (Nihon Keizai Shinbun, Inc.)
Message (Julian Raby)




◆本書より◆


北斎展 03


「百物語」より「さらやしき」「笑ひはんにや」「しうねん」「小はだ小平二」。


北斎展 04


「前北斎卍筆 肉筆画帖」より、「鮎と紅葉」「蛙とゆきのした」。


北斎展 05


同、「塩鮭と鼠」「蛇と小鳥」。


北斎展 06


「西瓜図」。








































































狩野博幸 『目をみはる 伊藤若冲の「動植綵絵」』 (アートセレクション)

狩野博幸 
『目をみはる 
伊藤若冲の
「動植綵絵」』
 
アートセレクション

小学館
2000年8月20日 第1版第1刷発行
2010年3月24日 第1版第14刷発行
127p
24.5×18.4cm 並装 カバー
定価1,900円+税



本書は「動植綵絵」(および巻末に「菜虫譜」)を適宜部分拡大図を交えつつカラー図版で紹介している本です。図版中心なのでよいです。


動植綵絵 01


帯裏:

「鮮やかな色彩、斬新な構図。若冲の傑作『動植綵絵』
◎江戸時代中期の画家、伊藤若冲。生涯独身。
◎京都錦小路の青物問屋の跡継ぎとして生まれるものの、絵の道に専心。
◎鮮やかな色彩と装飾性に満ちた、独自の画境を開拓。
◎自宅の庭に鶏数十羽を放して観察、写生する。
◎鋭い観察眼から生まれた『動植綵絵』は、花鳥画の傑作。」



目次:

『動植綵絵』について

若冲の色彩
 老松孔雀(ろうしょうくじゃく)図
 芍薬群蝶(しゃくやくぐんちょう)図
 薔薇小禽(ばらしょうきん)図
 群鶏(ぐんけい)図
 老松白鶏(ろうしょうはくけい)図
若冲の生命力
 南天雄鶏(なんてんゆうけい)図
 向日葵雄鶏(ひまわりゆうけい)図
 芙蓉双鶏(ふようそうけい)図
 紫陽花双鶏(あじさいそうけい)図
 大鶏雌雄(たいけいしゆう)図
 牡丹小禽(ぼたんしょうきん)図
若冲の幻想
 老松鸚鵡(ろうしょうおうむ)図
 老松白鳳(ろうしょうはくほう)図
 雪中錦鶏(せっちゅうきんけい)図
 棕櫚雄鶏(しゅろゆうけい)図
 蓮池遊魚(れんちゆうぎょ)図
 池辺群虫(ちへんぐんちゅう)図
若冲のリアリズム
 群魚(ぐんぎょ)図
 群魚(ぐんぎょ)図
 貝甲(ばいこう)図
 芦鵞(ろが)図
 梅花群鶴(ばいかぐんかく)図
 菊花流水(きっかりゅうすい)図
若冲の風景
 梅花皓月(ばいかこうげつ)図
 雪中鴛鴦(せっちゅうえんおう)図
 梅花小禽(ばいかしょうきん)図
 桃花小禽(とうかしょうきん)図
 紅葉小禽(こうようしょうきん)図
 秋塘群雀(しゅうとうぐんじゃく)図
 芦雁(ろがん)図

『動植綵絵』を生物学的に眺めてみる
 貝甲図
 群魚図
 池辺群虫図

画家 若冲
 若冲の生涯
 若冲年齢書きの謎
 菜虫譜
 プライス・コレクション
 若冲作品略年譜
 若冲にまつわる京都案内




◆本書より◆


「若冲の色彩」より:

「若冲の着色画は一見すると濃密で、絵具も厚塗りの印象を受けるが、実際には下の絹目が見えるほどの薄塗りなのである。」


「画家 若冲」より:

「弟に家業を譲ってのち、若冲は三軒の家をもち、うち二軒をアトリエとして使っていた。こうした若冲の境遇を一変させたのは、天明八年(一七八八)正月晦日(みそか)に発生した大火災だったといわれる。建仁寺(けんにんじ)の北側で起こった火災は、鴨川を越え、京を一面の焦土と化し、若冲もまた家もろともすべを喪(うしな)った。焼け出された若冲は、京都深草の黄檗宗石峰寺(せきほうじ)の門前で妹と暮らすようになる。」


動植綵絵 03


目つきがわるいです。


動植綵絵 02


ふぐさしのような菊花。


















































































狩野博幸 『若冲 JAKUCHU』 (角川ソフィア文庫)

狩野博幸 
『若冲 
JAKUCHU』
 
ジャパノロジー・コレクション
角川ソフィア文庫 J 500 12/角川文庫 19732

KADOKAWA
平成28年4月25日 初版発行
226p
文庫判 並装 カバー
定価920円(税別)
アートディレクション: 木村裕治
デザイン: 佐藤幹


「本書は2010年に角川文庫として刊行されました。」



狩野博幸 若冲 01


カバー裏文:

「神の手をもつと言われる江戸時代中期の異能の画家、伊藤若冲。その卓越した細密画は多くの人を惹き付け、海外での評価も高い。大作『動植綵絵』は、日本美術史における花鳥画の最高傑作。ほかにも『菜蟲譜』や『百犬図』、二〇〇八年に発見された『象と鯨図屏風』など主要作品をオールカラーで掲載。彩色、木版、水墨と、多種多様な技法が駆使された作品の魅力を一点一点詳細に解説し、緻密な調査に基づいた人物像も明らかにした、若冲ファン必携の書。」


目次:

はじめに
第一章 若冲デビュー
第二章 若冲飛翔する
閑話休題 作品鑑賞
 「動物綵絵」 作品鑑賞
 「菜蟲譜」 作品鑑賞
 「象と鯨図屏風」 作品鑑賞
第三章 若冲新生
あとがき



狩野博幸 若冲 02



◆本書より◆


第一章より:

「まず、若冲のことを大典はこのように表現する。

  少(おさなく)して学を好まず、字を能(よ)くせず、凡百(ぼんぴゃく)の技芸、一(ひとつ)も以(な)す所無く、……

と(『藤景和画記』)。稚(おさな)い頃から学ぶことが大嫌いで、そのため書も下手、技芸百般ひとつも身につけたものはない。無学、無趣味、無芸の唐変木である。何ともな言われようであるが、(中略)右の文章は大典が若冲から聞いたことをそのまま祖述したものと考えるべきだろう。」
「現存する作品のうちで初期に属するものと考えられている作品の署名は、(中略)字をまっすぐに配することもできていないのである。「字を能くせず」と若冲が語ったとしても、決して韜晦(とうかい)なんかじゃない。」
「加うるに、若冲は生涯独身だった。このこと自体は別に自由であるが、錦小路高倉に代々店を張る青物問屋の主人という立場は、まずそれを許すまい。」
「この商家の旦那(だんな)は酒も呑(の)まない。」
「大典和尚の続けるところを聞くことにしよう。

  凡(およ)そ声色(せいしょく)宴楽、人の娯(たの)しむところ、一(ひとつ)として狥(したが)ふところ無く……

 声色、とは音楽と女色を意味している。」
「「狥」とは「徇」の俗字であり、「殉」とも通じる。むさぼり求める、の意であろう。(中略)大店(おおだな)の旦那としてはまことに不都合な性格だったといわざるを得ない。」



「閑話休題 作品鑑賞」より:

「つまり、若冲は意識的に病葉(わくらば)を描くのである。吉祥画という意味では、これは大きな欠陥というほかない。ないが、若冲は敢(あ)えて病葉を描く。若冲画の本質が実はここに潜んでいるのだ。」



◆感想◆


著者はだいぶ私的なこと(著者が学生時代に「文芸賞」に応募した小説のこととか、若冲とは全く関係のないこと)をも交えつつ、エッセイふうに書いていますが、それはそれでよいです。しかしながら、著者は「知識人の虚妄」とか「知識人がどれほどのものか」とか書きながら(それはわたしも全く同感でありますが)、その一方で、「「ゆとり教育」という売国的教育の被害者」である「昔の高校低学年並みの知識水準の大学生」とか、矛盾したことを書いているので、どうかと思います。
あと、錦小路青物市場のために尽力したというので若冲がまるで立派な社会人であったかのようにほめたたえていたりするのもどうかと思います。それもようするに若冲の凝り性のあらわれのひとつと考えたほうが納得できるのではないでしょうか。












































































プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
 
うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから
 
◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本