FC2ブログ

Patti Smith 『M Train』

「Please stay forever, I say to the things I know. Don't go. Don't grow.」
(Patti Smith 『M Train』 より)


Patti Smith 
『M Train』


Bloomsbury Publishing, London, 2015
8+259pp, 20.5x13.8cm, paperback
Designed by Cassandra J. Pappas
Front jacket photograph: Claire Alexandra Hatfield
Back jacket photograph: Patti Smith
Jacket design by Carol Devine Carson



並装(フランス表紙)。本文中写真図版(モノクロ)54点。
本書はアマゾン(マケプレじゃないほう)で新品が479円に値下がりしていたので注文しておいたのが届いたのでよんでみました(今みたら2,539円になってました。アマゾンの洋書はたまにすごく安くなるのでカートに入れておいて頻繁にチェックするとよいです)。


patti smith - m train 01


patti smith - m train 02


Stations:

Café 'Ino
Changing Channels
Animal Crackers
The Flea Draws Blood
Hill of Beans
Clock with No Hands
The Well
Wheel of Fortune
How I Lost the Wind-Up Bird
Her Name Was Sandy
Vecchia Zimarra
Mu
Tempest Air Demons
A Dream of Alfred Wegener
Road to Larache
Covered Ground
How Linden Kills the Thing She Loves
Valley of the Lost
The Hour of Noon



patti smith - m train 03



◆本書より◆


「Clock with No Hands」より:

「Not all dreams need to be realized. That was what Fred used to say. We accomplished things that no one would ever know.」


「Wheel of Fortune」より:

「The air was perfect, like milk from the breast of the great mother. Milk that could be suckled by all her children (...).」


「Mu (Nothingness)」より:

「Then I opened a small jar of sake.
 - I salute you, Akutagawa, I salute you, Dazai, I said, draining my cup.
 - Don't waste your time on us, they seemed to say, we are only bums.
 I refilled the small cup and drank.
 - All writers are bums, I murmured. May I be counted among you one day.」



「Tempest Air Demons」より:

「We want things we cannot have. We seek to reclaim a certain moment, sound, sensation. I want to hear my mother's voice. I want to see my children as children. Hands small, feet swift. Everything changes. Boy grown, father dead, daughter taller than me, weeping from a bad dream. Please stay forever, I say to the things I know. Don't go. Don't grow.」



◆本書について◆


本書は、写真(そのほとんどは著者が撮影したポラロイド写真)入りの紀行/徘徊エッセイで、ゼーバルトやアンドレ・ブルトンみたいな感じです(ゼーバルトについては本書でも言及されています)。

タイトルの「M Train」については、「Wheel of Fortune」の章に、眠れない夜などに例えば「M」で始まる語を思いつくままに言い続ける一人遊び(「uttering an uninterrupted stream of words beginning with a chosen letter, say, the letter M.」)について書かれていますが、本書には「M」ではじまるキーワードがたくさんでてきます。そのなかには例えば「Mu」(「無」、小津安二郎の墓に刻まれている文字)や「Murakami」(村上春樹)の小説『ねじまき鳥クロニクル』(著者は本好きなので本書にはさまざまな書名があげられていますが、そのなかで最も多く言及されているのが『ねじまき鳥』です。とはいうもののわたしはじつをいうと村上さんの本はよんだことがないので、それについてはなんともいえないです)に登場する「Miyawaki place」(宮脇邸)などもありますが、ようするに「Memory」(記憶)の「Train」(連続、列車)でしょう。
頭文字ということでいえば、本書にはもう一方で「L」で始まるキーワード群があって、それは「Lost」「Linden」(著者がはまっている犯罪ドラマ「The Killing」の女性捜査官)「Life」「Love」等です。
内容的には、『Just Kids』のあと、フレッド・ソニック・スミスに会ってからの過去の記憶と、現在進行形の旅の記憶とが、自分の居場所(具体的にいうと若い頃の夢だった「カフェ」&海辺の家と、旅先で訪れる詩人や作家のお墓)を求める人生の旅のトラベローグとして織り成されています。
そこで「カフェ」とはなにかというと、それは著者が若い頃によんだシュルレアリストやビート族の本にでてくるアウトサイダー芸術家が集まる場所であって、著者が自分で開きたいと思ったカフェの名前が「カフェ・ネルヴァル」であったというのも暗示的です。ネルヴァルは引きこもり的な性格なのにドイツや東方などさまざまな場所を旅していますが、著者もドイツや日本などさまざまな場所を旅しつつも、毎日通うカフェの自分の場所に他の人が座っていると気分を害して心のなかで悪態をついたり、海辺の家での静かな生活を夢見たり、モノと会話したり、石ころをひろったり、本の世界に没頭したりと、本来は引きこもり的傾向のある人なのではないでしょうか。そしてネルヴァルといえば自殺ですが、著者は本書の後半で芥川龍之介や太宰治、シルヴィア・プラスといった自殺した文学者の墓にお参りして写真を撮っています。写真というのは記憶の物質化であって、写真を撮ることによって現実を相対化する効果もあるのではないでしょうか。著者は自分は自殺せずにこれからも生き続けるだろう、なぜなら自分には生得の楽天性(a natural optimism)があるからだ、と述べています。
著者の楽天性がどのようなものかは、ヴェーゲナーの「大陸移動説」への関心からもうかがえるのではないでしょうか。今は分裂してしまった大陸も、元は一つでした。グノーシス的な「一者」への回帰。
針のない時計(the clock with no hands)――原初の楽園の「永遠の今」。
孤独の認識とアウトサイダー意識に裏打ちされた楽天性です。

「I was in my own lucky hand of solitaire. The desert landscape unchanging: a long, unwinding scroll that I would one day amuse myself by filling. I'm going to remember everything and then I'm going to write it all down. (...) That's what I was thinking, in my dream, looking down at my hands.」

眠れない夜のアナムネーシス。夢はもうひとつの人生であるといったのはネルヴァルですが、夢にでてくるカウボーイの言葉「It's not so easy writing about nothing」(無について書くのはそう簡単なことじゃない)で始まった本書は、生=エクリチュールの、夢のなかでの自己確認によって終わるのでした。















































































































スポンサーサイト

Patti Smith 『Collected Lyrics 1970-2015』

「Outside of society they're waiting for me
Outside of society that's where I want to be」

(Patti Smith 「Rock n Roll Nigger」 より)


Patti Smith 
『Collected Lyrics
1970-2015』


Ecco, An Imprint of Harper Collins Publishers, 2015
10+308pp, 23.5x16cm, hardcover, dust jacket
Designed by Suet Yee Chong
Jacket design by Allison Saltzman
Jacket photograph: Patti Smith, musician, New York, April 17, 1998. Photograph by Richard Avedon

This is a revised, updated, and expanded edition of a book first published in 1988 by Doubleday, a division of Bantam Doubleday Dell Publishing Group, Inc.



口絵(モノクロ)2点、本文中図版(モノクロ)32点。
本書はパティ・スミスの歌詞(アルバム未収録曲も含む)を自筆原稿図版等を交えつつ集成した本です。写真家メイプルソープとの思い出を綴った自伝的長編エッセイ『Just Kids』が興味深かったので本書も購入してみました(メイプルソープにはあまり興味がなかったのですが「俺たちに明日はない」や絵本作家エドワード・ゴーリーのファンだったことを知ってたいへん共感を覚えました)。小口がふぞろいなラフカットになっていてオシャレではありますが見たい歌詞をさがすのにはやや不便です。


patti smith - collected lyrics 01


patti smith - collected lyrics 02


内容:

To Find a Voice

Fist Songs and Performance Pieces
 Oath
 Work Song
 A Fire of Unknown Origin
 Dog Dream
 Ballad of a Bad Boy
 Picture Hanging Blues
 The Revenge of Vera Gemini
 Career of Evil
 Piss Factory

The Albums
HORSES
 In Excelsis Deo
 Redondo Beach
 Birdland
 Free Money
 Kimberly
 Break It Up
 Land
  Horses
  Land of a Thousand Dances
  La Mer (de)
 Elegie
RADIO ETHIOPIA
 Ask the Angels
 Ain't It Strange
 Poppies
 Pissing in a River
 Distant Fingers
 Pumping (My Heart)
 Chiklets
 Radio Ethiopia/Abyssinia
EASTER
 Till Victory
 Space Monkey
 Because the Night
 Ghost Dance
 Babelogue
 Rock n Roll Nigger
 We Three
 Babelfield
 Twenty-Fifth Floor
 Easter
 Godspeed
WAVE
 Frederick
 Dancing Barefoot
 Revenge
 Citizen Ship
 Seven Ways of Going
 Broken Flag
 Hymn
 Wave
DREAM OF LIFE
 People Have the Power
 Up There Down There
 Paths That Cross
 Somalia
 Wild Leaves
 Where Duty Calls
 Dream of Life
 Going Under
 As the Night Goes By
 Looking for You (I Was)
 Memorial Song
 The Jackson Song
GONE AGAIN
 Gone Again
 Beneath the Southern Cross
 About a Boy
 My Madrigal
 Summer Cannibals
 Dead to the World
 Ravens
 Fireflies
 Farewell Reel
 Come Back Little Sheba
 Wing
PEACE AND NOISE
 Waiting Underground
 Whirl Away
 1959
 Blue Poles
 Don't Say Nothing
 Dead City
 Death Singing
 Memento Mori
 Last Call
GUNG HO
 One Voice
 Lo and Beholden
 Upright Come
 Boy Cried Wolf
 Persuasion
 Gone Pie
 China Bird
 Glitter in Their Eyes
 Strange Messengers
 Grateful
 New Party
 Libbie's Song
 Gung Ho
TRAMPIN'
 Jubilee
 Mother Rose
 Stride of the Mind
 Cartwheels
 Peaceable Kingdom
 Gandhi
 Trespasses
 In My Blakean Year
 Cash
 Radio Baghdad
BANGA
 Amerigo
 April Fool
 Fuji-San
 This Is the Girl
 Tarkovsky
 Mosaic
 Maria
 Nine
 The Wing Child
 Seneca
 Banga
 Constantine's Dream

Future and Film
 Notes to the Future
 It Takes Time (for Wim Wenders's film *To the End of the World*)
 Mermaid Song (for the film *Rum Diary*)
 Capitol Letter (for the film *Hunger Games: Catching Fire*)
 Just Kids
 Mercy Is (for the film *Noah*)
 poor fellah (for john walker lindh)
 Qana
 Without Chains (for Murat Kunaz)
 Child 13
 Burning Roses
 Marigold
 The Pride Moves Slowly
 A Woman's Story
 Laugharne
 The Writer's Song

Acknowledgments
Index to Lyrics



petti smith - collected lyrics 03



◆本書より◆


「To Find a Voice」より:

「We all have a song.
 A song comes spontaneously, expressing joy, loneliness, to dispel fear or exhibit a small triumph. We hardly notice we are forming them, as we sing them, often alone, half to ourselves.
 It is finding the words within that leads us to sing. It might be a hymn, a shard of rebellion, or a teenage prayer. We discover inspiration where we may, in an old guitar in the corner of a garage, under a bed, or hanging in a pawnshop window. In a phrase carried to us by the wind, walking along. In the reflection we see of ourselves in the mirror. Sometimes we recognize our song in the song of another. It is the miracle of the popular song, songs that are beloved universally, often in their simplicity.
 The evolution of such little songs into poetry, improvisational performance and collaboration produced these lyrics, written with great hopes to strike some chord, reaching a listener who finds their meaning within, and sings along.」

「We gave new meaning to the word "soldier." We were slinging an electric gutiar instead of a machine gun.」



「Oath」より:

「Jesus died for somebody's sins
but not mine」
「my sins my own」



「Ghost Dance」より:

「We shall live again
We shall live again
We shall live again
Shake out the ghost」



「Babelogue」より:

「i have no guilt.」
「i have not sold myself to god.」



「Rock n Roll Nigger」より:

「Outside of society they're waiting for me
Outside of society that's where I want to be」

「I was lost and the cost
And the cost didn't matter to me
I was lost and the cost
Was to be outside society
Jimi Hendrix was a nigger
Jesus Christ and grandma too
Jackson Pollock was a nigger
Nigger nigger nigger nigger
Nigger nigger nigger
Outside of society they're waiting for me
Outside of society if you're looking
That's where you'll find me
Outside of society they're waiting for me」



「Manifesto notes, 1977」:

「everything is shit. the word ART must be redefined. this is the age where everybody creates. rise up nigger take up your true place. rise up nigger the word too must be redefined. this is your arms and this is your hook. don't the black boys get shook. high asses asses get down. NIGGER no invented for the color it was made for the plague. for the royalty who have read justed their sores. the artist. the mutant. the rock and roll mulatto. arise new babe born sans eye-brow and tonsil. outside logic beyond mathmatics self torture and poli-tricks. the new science advances unknown geometry. arise with new eyes new health new niggers. this is your call your calling your psalm. rise up niggers soldiers of new fotune. uncalcuable caste of we new niggers.

MADE FOR the PLAGUE」




◆感想◆


そういうわけで、「Rock n Roll Nigger」の歌詞にはどれだけ勇気づけられたかわからないです(「nigger」のところを「自閉症」におきかえるであります)。子どものころパティ・スミスの切り抜きをお守りにしていたことは内緒です。




Patti Smith Group - Full Concert - 05/11/79 - Capitol Theatre (OFFICIAL)






















































パティ・スミス 『バベル』 山形・中上・梅沢 訳

「からだ
果てしない砂丘
輝く岩塩」

(パティ・スミス 「復活祭」 より)


パティ・スミス 
『バベル』

山形浩生・中上哲夫・梅沢葉子 訳

思潮社 
1994年1月15日 発行
318p 巻末図版(モノクロ)2葉 
四六判 並装 カバー 
定価2,600円(本体2,524円)
装訂: 芦澤泰偉



パティ・スミスの詩集『バベル』(1978年)の日本語版です。歌詞集ではないです。
著者による序文(1991年)付。巻末に原文(原書第2刷の影印の縮刷)が掲載されています。
本文中図版(モノクロ)多数。


パティスミス バベル 01


帯文:

「この本を末来に
捧げます
――パティ・スミス

幻の詩集ついに本邦刊行!
パティからの日本版への
特別メッセージ入り。原文つき。

比類なき声と詞で人々を戦慄させ、熱狂させ、人々の人生に刻印を残してきた、
パンクそしてロックの伝説パティ・スミスの詩集!
これは、ブレイク、ボードレール、ランボー、ジュネ、バロウズetc多くの文学を呼吸してきた、
パティ自身の声、パティの鼓動、パティの創る神話である。

*パティの声のように情感あふれる中上訳、ヴィジュアルな梅沢訳、原文の言葉遊びを日本語で再現する山形訳、どこからでもお好きな作品からお読み下さい。」



帯背:

「ロックの神話
パティの文学」



パティスミス バベル 03


目次:

序文(日本版へのパティ・スミスからのメッセージ) [山形浩生訳]

Ⅰ ラジオ・エチオピア [山形浩生訳]
 通告
 イタリア(ラウンド)
 樹液採集者の抽出物
 グラント
 死んだランボー
 ソール
 新少年
 犬の夢
 ランボオの夢
 ドクター愛

Ⅱ 異邦人には異邦人 [中上哲夫訳]
 ミュンヒェン
 反抗でハイになって
 不思議ね
 レイプ
 スペース・モンキー

Ⅲ シスター・モルヒネ [中上哲夫訳]
 通告2
 ジュディス
 ジョージア・オキーフ
 得体の知れない火
 イーディ・セジウィック
 マリアンヌ・フェイスフル
 シスター・モルヒネ

Ⅳ パイプ・ドリーム [梅沢葉子訳]
 パン
 本物の森
 草むら
 スカンクドッグの世にも不思議な物語
 はぐれ三太夫
 コンテ
 鳥のサバ(復讐)

Ⅴ モハメディア [山形浩生訳]
 アルジェからきた羊飼い女
 ロベール・ブレッソン
 カーニバル! カーニバル!
 k.o.d.a.k
 気狂いフワナ
 ロック救済

Ⅵ 飛行機の死骸 [山形浩生訳]
 飛行機の死骸
 ジャンヌ・ダルク
 ジェニー
 健康灯
 賛歌
 鹿の編隊
 復活祭

Ⅶ バベル [山形浩生訳]
 バベル
 コミック戦士
 バベローグ
 幽谷
 バベルの戦場
 ツーク島

訳者あとがき (中上哲夫/梅沢葉子)
英語版原文
略歴



パティスミス バベル 02



◆本書より◆


「ジョージア・オキーフ georgia o'keefe」:

「great lady painter
what she do now
she goes out with a stick
and kills snakes

georgia o'keefe
all life still
cow skull
bull skull
no bull shit
pyrite pyrite
shes no fool
started out pretty
pretty pretty girl

georgia o'keefe
until she had her fill
painted desert
flower cactus
hawk and head mule
choral water color
red coral reef
been around forever
georgia o'keefe

great lady painter
what she do now
go and beat the desert
stir dust bowl
go and beat the desert
snake skin skull
go and beat the desert
all lilfe still」

「偉大な女性画家の
彼女がいましていること
彼女はステッキを手に散歩に出ては
蛇を殺すのだ
 
ジョージア・オキーフ
静かな全生涯
牝牛の頭蓋骨
雄牛の頭蓋骨
牛の糞は見当たらない
黄鉄鉱、黄鉄鉱
彼女はばかではない
人生を始めた、美しい
美しい、美しい少女として
 
ジョージア・オキーフ
心ゆくまで
砂漠を描いた
花サボテンを
鷲とラバを
賛美歌(コーラル)のような水彩画
赤い珊瑚礁(レッド コーラル・リーフ)
たえず歩き回ってきた
ジョージア・オキーフ
 
偉大な女性画家の
彼女がいましていること
砂漠に出かけていって歩き回る
埃の鉢をかき回す
砂漠に出かけていって歩き回る
蛇の皮(スネーク スキン)、頭蓋骨(スカル)
砂漠に出かけていって歩き回る
静かな全生涯」



「シスター・モルヒネ sister morphine」より:

「one must return and retain the power of concentration. in order to reclaim the known and savored system of discipline one must focus. where there is no energy there is carcass. pure waste. nothing exists, it's a stretch of meat. the music on the radio sucks and is pulling me down through the carpet. i got to get up and put a record on but its so fucking hard to move. i do it. i like this record marianne faithfull. she sings sister marshall. once, a long time ago, i checked into the alton house with my friend, in pain. his nerve was exposed and he laid for several days on the bumpy rusting cot draining and weeping. from the room next to ours came the moans of a willow bending in rhythum to the watershed of my friend. one night, in desperation, ia called on the voice. i had never seen him but i had slept on the fire escape breathing through the morning in term with his wailing, his tolling, his haunting songs of wind.」

「ひとはもどって集中力を取りもどさなければならない。訓練という周知の味わい深いシステムを取り返すためには集中しなければならない。エネルギーのない場所にあるのは屍だ。まったくの徒労だ。そこにはなにもない。単なる肉のひろがりだ。ラジオの音楽は吸い込みカーペットじゅうわたしを押し倒している始末だ。わたしは起き上がってレコードをかけなければならなかったのだけど体を動かすのがくそつらかった。わたしはそれを行なう。わたしはこのレコード、マリアンヌ・フェイスフルが好きなのだ。彼女はシスター・マーシャルを歌う。かつて、ずうっと昔、わたしは怪我をした友だちとオールトン・ハウスに泊った。神経が露出していて彼はがたがたの錆びた折りたたみベッドに数日間血と涙を流しながら横になっていた。わたしたちの部屋の隣室から友だちの生死の分岐点にリズムを合わせて身をよじる柳の木のうめき声が聞こえてきた。ある夜、絶望的になって、わたしはその声の主を尋ねた。それまで彼を一度も見たことがなかったがわたしは彼が泣き叫びうめき風の悩ましい歌に合わせて呼吸しながら午前中ずうっと非常階段で寝た。」



「ロベール・ブレッソン robert bresson」より:

「i awoke w/new strength.
les enfants terribles was on the screen. since my illness i have installed in my sight a small screen and projection booth. there are three films running continuously - terrible children, mademoiselle and thomas the imposter. all blonde films. for awhile there was only one film - au hazard balthazar. i saw it several hundred times under mild sedation. for a time my mind was a notebook of stills, annotations and the art of this century.

specific, black and white. the enamel on canvas of pollock. we are all children of jackson pollock. we are all chaotic mutants - an extension of his action. from his mad wrist spun us. just as we manifested our own assault upon hymn via the vocal chords and kind of little richard and james brown or mick jagger.」

「新たな力強さとともに目覚める。
恐るべき子供たちがスクリーンにかかっている。病気になって以来、わたしは視界に小さなスクリーンと映写室を設置した。三本の映画が繰り返しかかっている――恐るべき子供たち、マドモワゼル、山師トマ。みんなブロンドの映画。しばらくは一本しか映画がなかった。バルタザールどこへ行く、だ。少し鎮静剤を飲まされて何百回となくこの映画を見た。一時、わたしの精神は、スチールや注釈と、今世紀の芸術のノートと化していた。

鮮明な、黒と白。ポロックのカンバスのエナメル。わたしたちはみなジャクソン・ポロックの子供だ。みんな混沌としたミュータント――かれのアクションの延長なのだ。かれの狂った手首からわたしたちが紡がれた。ちょうどわたしたちがリトル・リチャードやジェイムズ・ブラウンやミック・ジャガーの声帯なんかを経由して、自分自身の賛歌への突撃を主張したように。」

「there is oil on the road.
this oil is the cause of the car going out of control.
what we want to find out is who put the oil there
and what the motive was.」

「道にオイルが
このオイルのせいで車は制御がきかなくなった
知りたいのはだれがこのオイルをそこにまいたか
そしてその動機。」

「who put this oil here?
i did.
motive
art.
who was your teacher?
robert bresson」

「ここにオイルをまいたのは?
わたしだ。
動機
芸術。
おまえの教師は?
ロベール・ブレッソン」



「鹿の編隊 a fleet of deer」より:

「but what is one rebelled? one jagged edge pulling itself from the mire of melody up into the tube and choosing to scrape and puncture the open eye of a predictable merger. what if one refused and another and still another one until we all came to grips with this wonder of true love? of rock and roll? there is nothing but dream. nothing save the real truce with light. the flash and flood light on the root of the true interior. life is a dream? life is life. dream on the other hand is somewhere else. the state of purity on which we have once collided.」

「でも、もし反抗したら? ぎざぎざのかけらが調和のぬかるみから身をひきはがして、管のなかへと駆けのぼり、期待される合併者の開いた目を引っかき貫こうとする。もし一人が拒んでまた一人拒んでさらに一人拒んで、やがてわたしたち全員がこの真実の愛の不思議と取り組むようになったら? ロックの不思議と取り組むようになったら? 夢しかない。光との真の休戦以外は。真の内面の根元に閃光と光の洪水。人生は夢? 人生は人生。夢は一方でどこかほかにある。かつてわたしたちが遭遇した純粋な状態。」

「i am reckless. i never do anything according to the rules. there is a kink in me as regulated as the clock on the stove.」

「わたしは無謀だ。規則通りにはけっしてやらない。わたしには、暖炉の上の時計みたいに規則正しい気まぐれがある。」



「序文(日本版へのパティ・スミスからのメッセージ)」より:

「One must take in account that these writings grew from the climate of the seventies. And the fields we ran thru, in art and dream, were free of guilt and suffering. May you enter these fields in the same spirit. In art and dream may you proceed with abandon. And may you proceed in life with the clarity and courage of a soldier crossing a mine field, with balance and care. For nothing is more precious than the life force and may the love of that force guide you as you go.」

「この作品が、七〇年代という情勢下で生まれたことは考慮する必要があります。わたしたちがアートと夢において駆け抜けた戦場は、罪悪感や苦悶とは無縁のものでした。あなたも、同じ精神をもってこの戦場に足を踏みいれてくれますように。アートと夢において、献身とともに進んでくれますように。そして生においても、地雷原を横切る兵士の明晰さと勇気をもって、バランスをとりつつ慎重に進まれますように。生命力より貴重なものなどないのですから。そして進むあなたを、その生命力への愛が導いてくれますように」





こちらもご参照ください:

Robert Bresson 『Notes on the Cinematograph』 tr. by Jonathan Griffin























































































プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
 
うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから
 
◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本