FC2ブログ

W. G. Sebald 『Vertigo』 Translated by Michael Hulse (Vintage Books)

「Poor travellers, I thought, seeing myself among them: always somewhere else.」
(W. G. Sebald 『Vertigo』 より)


W. G. Sebald 
『Vertigo』 
Translated by
Michael Hulse



Vintage Books, Random House, London, 2002
7pp+263pp, 19.8x13cm, paperback
First published with the title *Schwindel. Gefühle* by Vito von Eichborn Verlag, Frankfurt am Main, 1990
Vertigo was first published in 1999 by The Harvill Press
Printed and bound in Great Britain by Clays Ltd, St Ives plc



本文中図版(モノクロ)68点。

本書はまだよんでいなかったのでアマゾンマケプレで393円(送料込)で売られていたのを注文しておいたのが届いたのでよんでみました。
W・G・ゼーバルトのエッセイ・紀行文ふう図版入り長編小説の英訳です。「目眩まし」のタイトルで邦訳も出ています。英訳タイトルは「Vertigo」(めまい)でわかりやすいですが、原題は「Schwindelgefühle」(英語だと「vertigo」、「dizzy feeling」)をピリオドで二つに分けた「Schwindel. Gefühle」(英語だと「Dizzy. Feeling」)になっています。しかしそれにはどういう意図があるのか、ヒッチコックのめまい(Vertigo)では主人公が実際に身体症状としての「めまい」に襲われますが、本作でのめまいは心情的なものであるということなのでしょうか。



sebald - vertigo 01



Contents:

I Beyle, or Love is a Madness Most Discreet
II All'estero
III Dr K. Takes the Waters at Riva
IV Il ritorno in patria




◆本書より◆


「Beyle, or Love is a Madness Most Discreet」より:

「So it was that Beyle, on the way from Tortone, stopped in the early morning of the 27th of September, 1801, on the vast and silent terrain - only the larks could be heard as they climbed the heavens - where on the 25th of Prairial the previous year, exactly fifteen months and fifteen days before, as he noted, the Battle of Marengo had been fought. The decisive turn in the battle, brought about by Kellermann's ferocious cavalty charde, which tore open the flank of the main Austrian force at a time when the sun was setting and all already seemed lost, was familiar to him from many and various tellings, and he had himself pictured it in numerous forms and hues. Now, however, he gazed upon the plain, noted the few stark trees, and saw, scattered over a vast area, the bones of perhaps 16,000 men and 4,000 horses that had lost their lives there, already bleached and shining with dew. the difference between the images of the battle which he had in his head and what he now saw before him as evidence that the battle had in fact taken place occasioned in him a vertiginous sense of confusion such as he had never previously experienced. It may have been for that reason that the memorial column that had been erected on the battlefield made on him what he describes as an extremely mean impression. In its shabbiness, it fitted neither with his conception of the turbulence of the Battle of Marengo nor with the vast field of the dead on which he was now standing, alone with himself, like one meeting his doom.」

(1801年9月27日の朝、トルトーナからの帰途、マリ=アンリ・ベール(スタンダール)は揚げ雲雀の声だけが聞こえる広漠たる土地に歩を止めていたが、そこで前年の牧月25日、ちょうど15カ月と15日前(とベイルは注記している)、マレンゴの戦いがあった。戦況については話に聞いていたし、さまざまに思い描いてもいたのだが、戦死した兵士と馬の骨が晒されて露にぬれて光っている平野を目の前にして、頭の中にある戦闘のイメージとの落差に、かつてない眩暈がするような困惑感が引き起こされた。おそらくそれゆえに、戦いの記念柱が、頭で考える戦闘の荒々しさとも、今自分が自分自身の運命に直面するようにして一人佇んでいる死者の野ともそぐわない、卑俗なものに思われた。)


「All'estero」より:

「I only know that the view from Burg Greifenstein is no longer the same. A dam has been built below the castle. The course of the river was straightened, and the sad sight of it now will soon extinguish the memory of what it once was.」

(グライフェンシュタイン城からの眺めは全く変わってしまった。ダムが出来、川の流れも真っすぐにされて、この景色に見馴れるうちに、かつてそうであったものの記憶は失われてしまうことだろう。)

「I had gone to Klosterneuburg with Clara to visit her grandmother, who had been taken into the old people's home in Martinsstrasse. On the way back we went down Albrechtstrasse and Clara gave in to the temptation to visit the school she had attended as a child. In one of the classrooms, the very one where she had been taught in the early 1950s, the selfsame schoolmistress was still teaching, almost thirty years later, her voice quite unchanded - still warning the children to keep at their work, as she had done then, and also not to chatter. Alone in the entrance hall, ( . . . ) Clara was overcome by tears, as she later told me.」

(クララがクロスターノイブルクのお祖母さんの許を訪ねるのについて行ったが、帰り道、子どものころ通っていた学校に寄ったクララは、かつて教えを受けた教室で当時のままの女性教員が30年前のままの授業をしているのに接して、涙が出て仕方がなかったという。)

「It seemed to me then that one could well end one's life simply through thinking and retreating into one's mind,」

(人はただ自分の内にこもって物思いに耽って一生を過ごすことだってできるように思えた。)

「Over the days that followed I was occupied more or less exclusively with my study of Pisanello, on whose account I had in fact decided to travel to Verona.」
「What appealed to me was not only the highly developed realism of his art, ( . . . ) but also the way in which he succeeded in creating the effect of the real, without suggesting a depth dimension, upon an essentially flat surface, in which every feature, the principals and the extras alike, the birds in the sky, the green forest and every single leaf of it, are all granted an equal and undiminished right to exist.」


(続く数日はヴェローナ旅行の主目的であったピサネッロ研究にかかりきりだった。ピサネッロが奥行きのない平面に現実感を与えるやり方に惹かれたのだが、そこでは主役も脇役も、飛ぶ鳥も、緑豊かな森とその葉の一枚一枚まで、全てが同じように平等な生存権を認められているのだ。)

「Opposite me sat a Franciscan nun of about thirty or thirty-five and a young girl with a colourful patchwork jacket over her shoulders. ( . . . ) The nun was reading her breviary, and the girl, no less immersed, was reading a photo story. Both were consummately beautiful, both very much present and yet altogether elsewhere. I admired the profound seriousness with which each of them turned the pages. Now the Franciscan nun would turn a page over, now the girl in the colourful jacket, then the girl again and then the Franciscan nun once more. Thus the time passed without my ever being able to exchange a glance with either the one or the other.」

(向いの座席には30半ばくらいのフランシスコ会の尼さんとカラフルなジャケットを纏った少女がいて、尼さんは祈祷書に、少女は漫画本に、同じくらい没頭していた。二人ともここにいながら心はここにあらずで、真剣に頁を繰っている様子は敬服に値するものだった。尼さんが頁をめくると少女が頁をめくり、少女がまた頁をめくると尼さんがまた頁をめくる、そうして二人とも本から目をそらすことなく時間が過ぎていくのだった。)

「Once I am at leisure, said Salvatore, I take refuge in prose as one might in a boat. All day long I am surrounded by the clamour on the editorial floor, but in the evening I cross over to an island, and every time, the moment I read the first sentences, it is as if I were rowing far out on the water. It is thanks to my evening reading alone that I am still more or less sane.」

(暇があれば僕は散文のなかに避難する、とサルヴァトーレは言った。一日じゅう編集部の騒音に囲まれて過ごし、夜は本とともに無人島に赴く。本を読むのはボートに乗って船出するようなものだ。僕が曲りなりにも正気を保っていられるのはひとえに夜の読書のおかげだ。)


「Il ritorno in patria」より:

「Moreover, it rained incessantly. So there was no question of walking into town or taking a stroll along the river Inn. I looked out across the deserted station forecourt. Now and then some vehicle would crawl slowly along the gleaming black roads, the last of an amphibian species close to extinction, retreating now to the deeper waters.」

(絶え間なく雨が降っていたから、散歩など論外だった。人気のない駅前広場を眺めていると、時折り車輛がのろのろと黒光りする線路を這っていった。絶滅しかけている両棲類の最後の一匹が大海原へと撤退していくように。)

「the erstwhile landlady of the Engelwirt, Rosina Zobel, ( . . . ) she had given up running the inn several years ago and ever since had spent the entire day in her partially darkened parlour. She either sat in her wing chair, or walked back and forth, or lay on the sofa. No one knew whether it was red wine that had made her melancholy or whether it was because of her melancholy that she turned to red wine. She was never seen doing any work; she did not shop, or cook, nor was she to be seen laundering clothes or tidying the room. Only once did I see her in the garden with a knife in her hand and a bunch of chives, looking up into the pear tree which had recently come into leaf. The door to the Engelwirt landlady's room was usually left slightly ajar, and I frequently went in to her and would spend hours looking at the collection of postcards she kept in three large folio volumes. The landlady, wine glass in hand, sometimes sat next to me at the table as I browsed, but only ever spoke to tell me the name of the town I happened to be pointing to.」
「It was also from her that I learned how to tie a bow; and whenever I left the room she laid her hand upon me. To this day I can sometimes feel her thumb against my forehead.」


(引退した大家さんのロジーナ・ゾーベルは薄暗い客間にこもりきりで、安楽椅子に座っているか、うろうろしているか、ソファに寝そべっているかだった。酒のせいで鬱状態になったのか鬱状態ゆえに酒に頼ったのかはわからない。誰も彼女が買物をしたり料理をしたり掃除洗濯をしたりといった何らかの仕事らしい仕事をしているところを見たことがなくて、私も一度だけ彼女が庭でナイフと一束のセイヨウアサツキを手に、葉を出し始めたセイヨウナシの木を見上げているのを見たことがあるだけだ。私はひんぱんに彼女のところに出入りして絵葉書のコレクションを見せてもらった。大家さんはワイングラス片手に私の傍に腰掛けることもあったが、口をきくのは私が指差す町の名を教えてくれる時だけだった。ネクタイの結び方を教えてくれたのも彼女だった。部屋から出て行く私の頭に置かれた彼女の指の感触を私は今でも時々感じることがある。)

「Hengge the painter was perfectly capable of extending his repertoire. But whenever he was able to follow his own artistic inclination, he would paint only pictures of woodcutters.」

(画家ヘンゲはその気になればどんな画題でもこなせたが、自らの芸術的好みに従ってもよい場合にはいつも樵(きこり)の絵ばかり描いたのだった。)

「Yes, said Lukas, there was something strange about remembering. When he lay on the sofa and thought back, it all became blurred as if he was out in a fog.」

(記憶というのは奇妙なものだ、とルーカスは言った。ソファにくつろいで過去に思いを馳せると、霧の中にいるようにすべてがぼやけてしまう。)

「It was as if mankind had already made way for another species, or had fallen under a kind of curfew.」

(それはまるで人類がすでに他の種に道を譲ってしまったか、人類に外出禁止令が出たかのようだった。)



sebald - vertigo 02


スタンダールが机上に置いて愛でていたマティルデ・デンボウスキーの手の石膏模型。



sebald - vertigo 03


水治療法の図。



sebald - vertigo 04


同じく。



◆感想◆


第一章「ベール、あるいは愛とはもっとも控えめな狂気である」では、スタンダールを論じつつ、本書のテーマである、頭の中のイメージと実際に目にしているものとの間の相異がひきおこす「めまい」感覚が提示されています。第四章に「Mind the gap (ギャップに気をつけて)」というセリフが出てきますが、第一章と第四章(最終章)は対応関係にある、というか、「In my beginning is my end」「In my end is my beginning」(T・S・エリオット)といったような関係にあるようで、第一章で言及されている「マレンゴの戦い」や「壊疽による死」が第四章で再び登場しています。
第二章「外国で」では、「私」のイタリア旅行が語られます。地上の悲惨な光景に嘆き悲しむ天使たち。そしてカザノヴァの幽閉生活と脱獄、すなわち死と再生(resurrection)、ひきこもりと超出。人類の絶滅と別の種による地上の支配権のテークオーバー。万霊節。「私」は過去と現在の閾を超えて現われるダンテやルートヴィヒ二世に遭遇します。そして謎の殺人集団「Organizzazione Ludwig」。
第三章「ドクトル・カフカ、リーヴァで水治療を受ける」では、イタリアでのカフカの挿話や、リーヴァにちなんだカフカの短篇「猟師グラフス」(生きている死者=ねたきりの放浪者)が紹介されます。
第四章「祖国への帰還」では30年ぶりの故郷訪問の様子が語られます。それにしても、子どもの頃に負った火傷がいったんは治癒するものの50代になってから再び傷口を開き、ついには壊疽によって死ぬに至る人の話など、終末論の色が濃いです。そしてロンドン大火=世界燃焼(エクピュローシス)の夢。すなわち死と再生、ひきこもりと超出。人間の死と人間でない天使的な存在によるテークオーバー。そんなところなのではないでしょうか。





こちらもご参照ください:

グスタフ・ヤノーホ 『カフカとの対話 増補版』 吉田仙太郎 訳 (筑摩叢書)
窪田般彌 『カザノヴァの生涯と回想』
L. Syson and D. Gordon 『Pisanello, Painter to the Renaissance Court』
































スポンサーサイト



W. G. Sebald 『On the Natural History of Destruction』 (Penguin Books)

W. G. Sebald 
『On the Natural History of Destruction』 

With essays on Alfred Andersch, Jean Amery and Peter Weiss
Translated from the German by Anthea Bell

Penguin Books, 2004
x, 205pp
19.6x13cm, paperback
Printed in England by Clays Ltd, St Ives plc
Cover image: Imperial War Museum (C3371)

First published in Germany by Carl Hanser Verlag in 1999 with the title *Luftkrieg und Literateur*
First published in Great Britain by Hamish Hamilton in 2003



ドイツの作家W・G・ゼーバルトの評論集(英訳)です。


sebald - on the natural history of destruction 01


Contents:

Foreword

Air War and Literature: Zurich Lectures
Between the Devil and the Deep Blue Sea: On Alfred Andersch

Against the Irreversible: On Jean Améry
The Remorse of the Heart: On Memory and Cruelty in the Work of Peter Weiss

Notes



sebald - on the natural history of destruction 02



◆感想◆


第二次世界大戦末期にドイツの多くの都市は連合軍の空爆により潰滅し、多くの人々が凄惨な死を遂げましたが、破壊された都市の状況を文学作品の主題として取り上げたのはハインリッヒ・ベルやノサックのようなごく一部の作家のみで、都市の再建と経済成長に邁進する戦後のドイツにおいて、空爆による被害について語ることはタブーとされてきました。そうした記憶が次の世代に伝えられることなく失われてしまうことに危惧を感じた1944年生まれの著者ゼーバルトは、「Air War and Literature: Zurich Lectures」において、ドイツ人はなぜ自らの被害について口を閉ざすのか、なぜ過去を忘れようとするのかを考察しています。

「Between the Devil and the Deep Blue Sea: On Alfred Andersch」では、ナチス時代のドイツに留まってファシズムに抵抗した internal emigration の作家としての自己イメージを作り上げようとしたアルフレート・アンデルシュが、実際には名声欲によって歪められたファシスト的心性の持主であったことが検証されます。

以上二篇がドイツ語原書に収録されていた論文で、次の二篇は英訳において追加されたものです。

「Against the Irreversible: On Jean Améry」では、ゲシュタポの拷問を受けた経験をもつジャン・アメリーが、バタイユやシオランのごとき非妥協的な否定の思想家として称揚されます。
「被害者(victim)は自らに対してなされたことに対する補償を受けいれることができない。一度被害者になった者は被害者でありつづける他ない。拷問の記憶は消えることがなく、拷問による肉体的苦痛を言葉によって伝えようと試みること自体が拷問となる。」

「The Remorse of the Heart: On Memory and Cruelty in the Work of Peter Weiss」は、「世の終わりの時に犠牲者の側に立つ意志(the will to be on the side of the victims at the end of time.)」を表明した作家/画家ペーター・ヴァイスへのオマージュです。




こちらもご参照下さい:

ペーター・ヴァイス 『敗れた者たち』 飯吉光夫訳
ノサック 『短篇集 死神とのインタヴュー』 神品芳夫 訳 (岩波文庫)






































































































































































プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
 
うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから
 
◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本