FC2ブログ

酒井善孝 解説註釈 『Poems by Edith Sitwell』 (研究社現代英文学叢書)

「I always was a little outside life, -
And so the things we touch could comfort me ;
I loved the shy dreams we could hear and see -
For I was like one dead, like a small ghost,
A little cold air wandering and lost.」

(Edith Sitwell 「Colonel Fantock」 より)


酒井善孝 解説註釋 
『Poems by Edith Sitwell』
 
Selected Poems of Edith Sitwell
with Introduction and Notes by Yoshitaka Sakai
研究社現代英文學叢書 2 

研究社 
昭和11年5月25日 印刷
昭和11年6月10日 発行
lvi 437p 口絵(モノクロ)1葉
「小序」「CONTENTS」6p
B6判 
丸背バクラム装上製本 
カバー



栞紐2本。
イーディス・シットウェル詩選集。原文と註釈のみで対訳(日本語訳)はありません。註解者の肩書は「第一高等學校教授」。この叢書には他に「臺北帝國大學教授」矢野峰人による「Essays by T. S. Eliot」や、「慶應義塾大學教授」西脇順三郎による「Richardson, Dorothy: Pointed Roofs」などが入っていたようです。


edith sitwell - poems 01


本書「小序」より:

「本書は *The Collected Poems of Edith Sitwell*(1931)を原本とした。此の全集は Sitwell 初期の作品、即ち 1918 年頃の詩から 1930 年に至る間の作品の集成である。而して是等は彼女の作品全部ではないけれども、その序文に “They are all that I care to preserve” と斷つてあるので、他の詩集から採ることは詩人の心情に對して控へざるを得なかつた。又省いて惜しい程のものもなかつたので、主として此の全集を基準にし、これにその後出版せられた *Five Variations on a Theme*(1933)からの “Romance” を加へた。
 前述の *The Collected Poems* は詩人自らの好尚に從つて分類配列せられ、制作年代順になつてゐない。そこで私はそれらを制作年代順に配列し直した。一つには難解な彼女の詩を鑑賞する上の便宜、具體的に換言すれば “Aubade” や “Water Party” 等、特に彼女の特異性を示す詞藻表現が屢々後期の作品に反映するため、制作年代順に配列することにより鑑賞する上にも註解をなす上にも便宜であることと、一つには詩心發展の過程を窺ひ知る一助になることと考へたからである。」
「正直のところ若し獨斷的にせよ全篇の一行一行に思ひ殘す所なく註を加へるならば、その註解が Text の幾倍に達するか全く料り難い。Sitwell 自身でさへ、その詩に對し、「詩人自らの觀方を人に押しつける氣はない、人々に彼等自身の觀方を與へることが目的である」といふ見解を取つてゐるのであるから、私は出來るだけ讀者自身の觀方を期待して、語句や聯想の註解は基本的な事實に重きを置いた。」



CONTENTS: 

INTRODUCTION
 I. EDITH SITWELL 評傳
 II. BIBLIOGRAPHY

POEMS OF EDITH SITWELL
 CLOWN'S HOUSES
  1. MARINER MEN
  2. THE MADNESS OF SAUL
 THE WOODEN PEGASUS
  1. THE AVENUE
  2. CLOWN'S HOUSES
  3. THE SATYR IN THE PERIWIG
  4. SPRINGING JACK

 BUCOLIC COMEDIES
  1. EARLY SPRING
  2. SPRING
  3. AUBADE
  4. FOX TROT
  5. CACOPHONY FOR CLARINET
  6. ROSE
  7. GARDENER JANUS CATCHES A NAIAD
  8. THE FIVE MUSICIANS
  9. THE HIGHER SENSUALISM
  10. KING COPHETUA AND THE BEGGAR MAID
  11. CLOWN ARGHEB'S SONG
  12. POOR MARTHA
  13. FLEECING TIME
  14. COUNTRY DANCE
  15. EVENING
  16. ON THE VANITY OF HUMAN ASPIRATIONS
  17. GREEN GEESE
  18. TWO KITCHEN SONGS
  19. SPINNING SONG
  20. WHY
  21. THE TOILETTE OF MYRRHINE
  22. EN FAMILLE
  23. FAÇADE
   1. PÈRE AMELOT
   2. THE WIND'S BASTINADO
   3. LULLABY FOR JUMBO
   4. TRIO FOR TWO CATS AND A TROMBONE
   5. DARK SONG
   6. FÊTE GALANTE
   7. THE OWL
   8. ALONE
   9. FADING SLOW
   10. SAID KING POMPEY
   11. ASS-FACE
   12. THE OCTOGENARIAN
   13. SAID THE NOCTAMBULO
   14. WATER PARTY
   15. HORNPIPE
   16. WHEN SIR BEELZEBUB
  24. RAIN
  25. THE PROFESSOR SPEAKS
  26. WINTER
  27. HERODIADE
  28. THE DOLL
  29. BY THE LAKE
  30. LADY IMMORALINE

 THE SLEEPING BEAUTY

 TROY PARK
  1. COLONEL FANTOCK
  2. AN OLD WOMAN LAMENTS IN SPRING-TIME
  3. THE LITTLE GHOST WHO DIED FOR LOVE
  4. THE BEAR
  5. COUNTRY COUSIN
  6. WHEN THE SAILOR
  7. THE DRUM
  8. FOUR IN THE MORNING
  9. "I DO LIKE TO BE BESIDE THE SEASIDE"
  10. PANDORA'S BOX
  11. MADEMOISELLE RICHARDE

 RUSTIC ELEGIES
  ELEGY ON DEAD FASHION

 FIVE POEMS
  1. THE PEACH TREE
  2. THE STRAWBERRY
  3. THE GREENGAGE TREE
  4. DAPHNE
  5. METAMORPHOSIS

 GOLD COAST CUSTOMS
  1. GOLD COAST CUSTOMS
  2. THE CAT
  3. THE BAT

 COLLECTED POEMS
  1. THE GHOST WHOSE LIPS WERE WARM
  2. THE LAMENT OF EDWARD BLASTOCK
  3. THE WARMTH OF SPRING
  4. POPULAR SONG

 FIVE VARIATIONS ON A THEME
  1. ROMANCE
  2. TWO SONGS

NOTES
INDEX TO NOTES
INDEX OF TITLES
INDEX OF FIRST LINES



edith sitwell - poems 02



◆本書より◆


「TROY PARK」より「COLONEL FANTOCK」:

「THUS spoke the lady underneath the trees :
I was a member of a family
Whose legend was of hunting - (all the rare
And unattainable brightness of the air) -
A race whose fabled skill in falconry
Was used on the small song-birds and a winged
And blinded Destiny . . . . I think that only
Winged ones know the highest eyrie is so lonely.

There in a land, austere and elegant,
The castle seemed an arabesque in music ;
We moved in an hallucination born
Of silence, which like music gave us lotus
To eat, perfuming lips and our long eyelids
As we trailed over the sad summer grass,
Or sat beneath a smooth and mournful tree.

And Time passed, suavely, imperceptibly.

But Dagobert and Peregrine and I
Were children then ; we walked like shy gazelles
Among the music of the thin flower-bells.
And life still held some promise, - never ask
Of what, - but life seemed less a stranger, then,
Than ever after in this cold existence.
I always was a little outside life, -
And so the things we touch could comfort me ;
I loved the shy dreams we could hear and see -
For I was like one dead, like a small ghost,
A little cold air wandering and lost.

All day within the straw-roofed arabesque
Of the towered castle and the sleepy gardens wandered
We ; those delicate paladins the waves
Told us fantastic legends that we pondered.

And the soft leaves were breasted like a dove,
Crooning old mournful tales of untrue love.

When night came, sounding like the growth of trees,
My great-grandmother bent to say good night,
And the enchanted moonlight seemed transformed
Into the silvery tinkling of an old
And gentle music-box that played a tune
Of Circean enchantments and far seas ;
Her voice was lulling like the splash of these.
When she had given me her good-night kiss,
There, in her lengthened shadow, I saw this
Old military ghost with mayfly whiskers, -
Poor harmless creature, blown by the cold wind,
Boasting of unseen unreal victories
To a harsh unbelieving world unkind, -
For all the battles that this warrior fought
Were with cold poverty and helpless age -
His spoils were shelteres from the winter's rage.
And so for ever through his braggart voice,
Through all that martial trumpet's sound, his soul
Wept with a little sound so pitiful,
Knowing that he is outside life for ever
With no one that will warm or comfort him. . . .
He is not even dead, but Death's buffoon
On a bare stage, a shrunken pantaloon.
His military banner never fell,
Nor his account of victories, the stories
Of old apocryphal misfortunes, glories
Which comforted his heart in later life
When he was the Napoleon of the schoolroom
And all the victories he gained were over
Little boys who would not learn to spell.

All day within the sweet and ancient gardens
He had my childish self for audience -
Whose body flat and strange, whose pale straight hair
Made me appear as though I had been drowned -
(We all have the remote air of a legend) -
And Dagobert my brother whose large strength,
Great body and grave beauty still reflect
The Angevin dead kings from whom we spring ;
And sweet as the young tender winds that stir
In thickets when the earliest flower-bells sing
Upon the boughs, was his just character ;
And Peregrine the youngest with a naïve
Shy grace like a faun's, whose slant eyes seemed
The warm green light beneath eternal boughs.
His hair was like the fronds of feathers, life
In him was changing ever, springing fresh
As the dark songs of birds . . . the furry warmth
And purring sound of fires was in his voice
Which never failed to warm and comfort me.

And there were haunted summers in Troy Park
When all the stillness budded into leaves ;
We listened, like Ophelia drowned in blond
And fluid hair, beneath stag-antlered trees ;
Then, in the ancient park the country-pleasant
Shadows fall as brown as any pheasant,
And Colonel Fantock seemed like one of these.
Sometimes for comfort in the castle kitchen
He drowsed, where with a sweet and velvet lip
The snapdragons within the fire
Of their red summer never tire.
And Colonel Fantock liked our company ;
For us he wandered over each old lie,
Changing the flowering hawthorn, full of bees,
Into the silver helm of Hercules,
For us defended Troy from the top stair
Outside the nursery, when the calm full moon
Was like the sound within the growth of trees.

But then came one cruel day in deepest June,
When pink flowers seemed a sweet Mozartian tune,
And Colonel Fantock pondered o'er a book.
A gay voice like a honeysuckle nook, -
So sweet, - said, "It is Colonel Fantock's age
Which makes him babble." . . . Blown by winter's rage
The poor old man then knew his creeping fate,
The darkening shadow that would take his sight
And hearing ; and he thought of his saved pence
Which scarce would rent a grave . . . that youthful voice
Was a dark bell which ever clanged "Too late" -
A creeping shadow that would steal from him
Even the little boys who would not spell, -
His only prisoners. . . . On that June day
Cold Death had taken his first citadel.」



「NOTES」より:

「TROY PARK」
「Troy Park は 1925 年出版、Amabel Williams-Ellis へ dedicate したるもの。この詩集は自傳的要素が多いけれども、お伽話と詩人自身の追憶とが同じ風景を有し、Mégroz の所謂 ‛the co-ordinating control of the intellect’(*The Three Sitwells*, p. 136)に欠けてゐる。前にも述べたる如く、Mégroz によれば Troy Park は Wales にある地名であるが、この詩に於ては Sitwell が少女時代を過した Renishaw Park と同一視されてゐる。」

「COLONEL FANTOCK」
「詩人の傳記的事實に基く個人的告白の詩である。この大佐は詩人の幼時、家庭教師として、又兩親の助力者として働いてゐた實在の人物である。住居は Scaborough の黄色の煉瓦造りの家、熱心な園藝家で、Sitwell の家に來ると、勉強と花壇手入れと半分半分であつた。末子の Sacheverell がこの大佐から教へて貰はなくてもよくなつた頃は、妙に活潑な人物であり、顔は燒けた煉瓦色、口髭は下向きの捲き毛で頭は禿げ、いつでもカナリア色の長靴を穿いてゐた奇人である。Sacheverell は彼を A Military Ghost と呼んだ。」

「a member of a family Whose legend . . . 」
「乳の祖先は第十一世紀北英に來たノルマンの首領で、英國の系圖學者 Sir John Bernard Burke(1815-92)の *Burke's Peerage* によれば del Wode, de Boys 即ちラテンで de Bosco の surname を取る Hallamshire 家で、第十四世紀に Lords of Midhope and of Barnby との結婚により、Derbyshire の東北隅 Echington に居所を定めた。その近くにある Renishaw (現在の Sitwell 家の居所)には六百年所有して來た庭園がある。母の祖先は父よりも名家で、Ireland のノルマン家に始まり、母の祖父 Albert Denison(1805-60)即ち Lord Londesborough はアイルランドの侯爵、英國貴族としては 1821 年 Baron Minister, Lord Steward of the Household となり、妻は英國の百萬長者といはれた William Joseph Denison(1770-1849)の娘である。なほ Sitwell 家の歴史については詩人の父 Sir George Sitwell がその著 *The Pilgrim* に述べてゐる。」



















































































スポンサーサイト



イーディス・シットウェル 『英国畸人伝』 松島正一・橋本槇矩 訳 (新装版)

「この高貴で、勇敢で、愛される老人の全生涯は、別の惑星の住人のような人生であった。」
(イーディス・シットウェル 『英国畸人伝』 より)


イーディス・シットウェル 
『英国畸人伝』 
松島正一・
橋本槇矩 訳 
(新装版)


青土社 
2001年5月7日 第1刷印刷
2001年5月14日 第1刷発行
336p
四六判 丸背紙装上製本 カバー
定価2,400円(税別)
装幀: 高麗隆彦



本書「訳者あとがき」より:

「本書『英国畸人伝』は Edith Sitwell, *English Eccentrics*. (初版一九三三年、改訂一九五八年。現在はペンギン・ブックスに入っている)の全訳である。」
「なお、翻訳の分担に当たっては偶数章を松島が、奇数章を橋本が担当したが、最後に読み合わせをして文体の統一を計った。」



「全訳」とありますが、訳文は原文通りではなく、適宜要約されているようです。脱落(「11」の終わり近くで「1」の冒頭の「goose-weather」に再言及している部分が段落ごと抜けている)もあります。


シットウェル 英国畸人伝


目次:

1 雪空
 ごみ漁りで家を建てたメアリー・コリンズ
 脳のまったくない赤ん坊を産んだメアリー・クラーク
 死後八十年間、屋根裏部屋に置かれていたベズイック嬢
 この世はすべてあべこべだからと、下向きに埋葬されたピーター・ラズベリエール少佐
 貧困のために気が狂い、盲人の視力を治せると思い込んだ水夫リチャード・ブラザーズ
 「性行為こそこの世の堕落の原因」と説いた女教祖アン・リー
 指で色を識別できるマーガレット・マックアヴォイ
 死んだ兄に会えると思い込んで銀行に二十五年間通い続けたサラ・ホワイトヘッド

2 古老とお雇い隠者
 百二十歳で結婚して子供をつくったトマス・パア
 百四十歳でりんごの木から落ちて死んだデズモンド伯爵婦人
 百六十年前の戦争をはっきり覚えていたヘンリー・ジェンキンズ
 帽子や上着から庭の隅々まで名前やエンブレムをつけまくったレスターシャ州の隠者
 腰まで顎髭をのばし、年じゅう湯につかっていたロウクビィ卿
 鶏や鼠とベッドを共にしたセレスティナ・コリンズ夫人

3 いかさま師と錬金術師
 「いかさま師」の語源となった、ヘンリー八世の主治医アンドリュー・ボード
 ガーターを硫酸に浸すだけで怪我人を治したサー・ケネルム・ディグビィ
 道化師を連れてインチキ薬を売り歩いたドン・ローパス
 石を二百個飲み込んだ患者を梯子にさかさまに縛りつけたサー・チャールズ・ホール
 黒猫を幌馬車に積んで太陽顕微鏡を見せて歩いたドクター・カターフェルト
 死んだ妻をミイラにして見世物にしたドクター・マーチン・ヴァン・ブッチェル
 不妊の女性をたった一晩で身籠もらせる「天のベッド」の持ち主ドクター・グレアム
 金次第でお客の運勢が変わる占星師ジャック・アダムス
 万人平等説を唱えて扇動罪で捕まった書籍の行商人T・スペンス
 祈りによって農場まで手に入れた石炭人足の説教師ウィリアム・ハンティントン
 自分の中に「百合の女王」がいると主張して女性を抱いた教祖トマス・レイク・ハリス
 「聖なる合一」を教えるため、あらゆるアラブ人とベッドを共にしたオリファント夫人

4 スポーツマンたち
 貨幣をボタン代わりにして豪華な身振りを競った御者クラブの面々
 色違いの馬四頭に馬車を引かせたサー・ロバート・マックワース
 幽霊のように白い顔で白ずくめ、白馬四頭を駆るメリッシュ大佐
 猟犬の代わりに豚を連れ、牛を駆って狩猟に出掛けたジェミー・ハースト
 落馬して頭を真っ二つに割ったと主張するソーントン大佐
 しゃっくりを止めるために寝巻きに火をつけたジョン・ミトン殿

5 ダンディな男たち
 最も醜い男といわれながらバラ色のパウダーを髪にふりかけていたデリル修道院長
 朝の一時に四人の召使に四色のパウダーをふりまかせたプリンス・ロウニッツ
 フランス人の美容師を何人もかかえていたエフィンガム卿スカバラ公
 仲の良かった皇太子に見放されて落ちぶれたボウ・ブランメル
 ダイヤの衣装を着て舞台に立つたびに観客と悶着を起こした役者ロバート・コーツ
 栗毛色の馬車に時代物の鎧、厳めしい御者を従えたピーターシャム卿
 金ぴかの軍服に純金の拍車をしたフェルディナンド・デ・ジェラーム男爵

6 人間性の観察家 フィリップ・シックネス大尉
 「連隊旗を捨てた逃亡者」と非難され、泥仕合を演じて世間の注目を浴びる
 大富豪の未亡人と再婚するためスキャンダルまで画策しながら、他の女性にのりかえる
 息子たちの財産を手に入れようと兄弟喧嘩をお膳立て
 インディアンの王と親しくなり、王妃の侍女と結婚しようとするが失敗
 ジャマイカ島で黒人軍団とゲリラ戦
 犬が夫人のインコを食べたので、その犬を連れていた少女二人を修道院に送ってしまう
 死後切断した右手を息子に送るよう遺言

7 あるインテリ女性の肖像 マーガレット・フラー
 女性解放運動の申し子
 エマソンに、哲学的思索のせいで忘れていた笑いを取り戻させる
 年下の恋人が女性不信に陥るのを恐れて、冷淡にされても誠を尽くす
 愛の証に飢え、花を唇や胸に押しつけて夢想にふける
 若いイタリア人の夫と赤ん坊とともに船の難破で死去

8 学識者たち
 他人の家で何晩も徹夜する、歩く大図書館ポルソン教授
 「出版の自由」の議論中に足を踏んづけ合ったパー博士ジョンソン博士
 ライオンにならって日に一食しかとらない解剖医兼科学者ジョージ・フォーダイス
 可愛い娘に「キスしたいわ」と言われて舞い上がった哲学者ハーバート・スペンサー
 レストランから集めた魚の骨で造花の巨大コレクションをつくったダード夫人

9 旅行家たち
 アラビア語を学び、各地で女を渡り歩いたエドワード・ウォトレイ・モンタギュー
 船旅で危険な目にあった経験をもとに説教を作り上げたヘンリー・ブレイン師
 ナポレオンの寵愛を受けた自称「東国の姫君」プリンセス・カラブー
 人食い人種の酋長として三十年間過ごしたと主張するM・ルイ・ド・ルージュモン

10 チャールズ・ウォタトン:南アメリカ放浪者
 八十歳にしてカシの木のてっぺんに登る
 峡谷の岩端で片足跳び
 テーブルの下に隠れていて、友人の足に犬のように咬みつく
 何種類かの動物を組み合わせて怪物をつくる
 かわいがっているヒキガエルを「醜い畜生」と言われて激怒
 吸血コウモリに吸ってもらいたくてハンモックから足を出して寝る
 獰猛なオランウータンの檻に入って抱き合う
 南米で、歯並びを調べるために大蛇を捕えたり、鰐の背中に乗ったりの大冒険
 マラガのペストを生き延びて見事な報告を残す

11 金の亡者たち
 馬車で往復することを病気の治療法としていた最後の錬金術師ピーター・ウルフ
 自分の所有権のある場所だけは火事にしてくれるなと神に祈ったジョン・ウォード
 四十三年間、一つの帽子と一着のコートで過ごしたジョーンズ牧師補
 泊めてもらった家の毛布から毛糸を盗んでは繕い物をしたトルーマン牧師
 十万ポンドの財産がありながら餓死したジョン・エルウィズの母親
 腐った肉、乞食の落とした鬘で我慢したジョン・エルウィズ
 隠し金を積み上げた地下室に閉じ込められ、半死半生で発見されたフォスキュー将軍
 瀉血を三回に分けてやる代金をケチり、一遍に血を取って死んでしまったヴォディユ
 燃料費が惜しくて、料理の上に坐って温めようとしたダニエル・ダンサー
 風邪をひくことを恐れて決して体を洗わなかったレイディ・リューソン

補遺 1 
12 死後の名声の恩恵について
 歯や毛髪や肋骨を持ち去られたうえに、真贋論争が起きた、ジョン・ミルトンの遺骨

補遺 2 
13 しなやかな人々
 畸人と呼ぶべきほど頑なではない人々のためのはしがき

14 良い霊、悪い霊、そして見事な移動術
 写真のネガのように白黒逆転した姿で現れるレイディ・ホウビィの亡霊
 つむじ風の音を聞いて呪文を唱えたらフランス王の部屋まで飛んでいったデュファス卿
 息子の召使をいじめて半時間も空中に浮かべておいたファーズ夫妻の亡霊
 ロンドン塔に囚われた親友に脱走できると教えてやった大地主ボッコニーの亡霊

15 風見鶏
 長髪学生の頭を刈り、怠け学生に渾名をつける、女嫌いのラルフ・ケトル博士

16 真面目な仲間
 オラトリオを聴いて大声で泣いたメアリアン・エヴァンス、のちのジョージ・エリオット
 骨相学の本を実地に検証するために頭を丸坊主にしたリボン製造業者ブレー
 催眠術に失敗して観客から金を返せと怒号されたラフォンテーヌ
 結婚前に相手の頭を徹底的に検査した骨相学者ジョージ・コウム
 隣家の鶏をはじめ様々な音に悩まされ続けたトマス・カーライル夫妻
 カーライル家を訪れるすべての男性を追いかけたジェラルダイン・ジュウズベリ

17 海の冒険者たち(海賊行為と信心)
 船員たちの信心のために牧師を雇おうとした海賊バーソロミュー・ロバート
 疫病死体の隣に寝てしまった海賊たちを硫酸塩で救ったトマス・ドーブル医師
 グランデ島の宗教儀式に音楽隊を連れて参加したウッズ・ロジャーズ船長と海賊たち
 無人島で猫とダンスをしていたアレグザンダー・セルカーク(ロビンソン・クルーソー)
 黒いアホウドリを射ち落として有名な詩にうたわれたサイモン・ハトレイ副船長

訳者あとがき (平成2年12月)
新装版への訳者あとがき (平成13年3月)





Edith Sitwell 
『English Eccentrics』


Pallas Athene, London, 2006
372pp, 21.3x13.9cm, paperback
Printed in Finland


「First published in 1933 by Faber and Faber Limited and reprinted by them in 1936
Re-issued in 1950 by Dennis Dobson
New and enlarged edition published in 1958 by Dobson Books
This edition includes all the text of the enlarged edition, together with the illustrations used in the first edition.」



詩人イーディス・シットウェルによる奇人伝。図版16点。Richard Ingrams による序文が新たに付されています。


sitwell - the english eccentrics 01


Contents: 

INTRODUCTION by Richard Ingrams
AUTHOR'S NOTE

I. 'GOOSE-WEATHER'
II. ANCIENTS AND ORNAMENTAL HERMITS
III. QUACKS AND ALCHEMISTS
IV. SOME SPORTSMEN
V. SOME AMATEURS OF FASHION
VI. AN OBSERVER OF HUMAN NATURE
VII. PORTRAIT OF A LEARNED LADY
VIII. SOME MEN OF LEARNING
IX. SOME TRAVELLERS
X. CHARLES WATERTON
XI. THE GOD OF THIS WORLD
XII. OF THE BENEFITS OF POSTHUMOUS FAME (APP. I)
XIII. MORE PLIANT BEINGS (APP. II)
XIV. OF REVELATIONS, COURTEOUS AND OTHERWISE, AND OF ADMIRABLE REMOVALS (APP. II)
XV. WEATHERCOCK WITS (APP. II)
XVI. SERIOUS CIRCLES (APP. II)
XVII. MARINE ADVENTURERS (PIRACY AND PIETY) (APP. II)

INDEX




◆本書より◆


「雪空」より:

「今日は雪空で、雪や黒く縁取られた雲までが、古い舞台装置や今は亡き俳優が脱ぎ捨てていった衣装のようにみえる。『タトラー』紙から引用すれば「人殺し役の役者がメイキャップに使う消し炭と真っ黒な鬘のような」色である。風も冷たく、あたりは人気(ひとけ)もない舞台の背景に描かれた「波を所々大きく描いて崩してある海」のようだ。こんな日には私はバートンの『メランコリーの解剖』にあった薬を思い出し、薬用に盗掘されたミイラや、宝を生むごみの山のことを思う。」

「一七八八年五月二十六日、すでに六人の子持ちであった二十六歳のメアリー・クラークはカーライル病院で出産した。この子は「発育もよく、手足も丸々として活発に動いた。しかし、医者からみると頭部が異様に見えたのだが、健康だったのでそのままにしておいたところ、五日目に危篤に陥った。医者たちが検査したところ大脳、小脳ともまったく見当たらなかった」。
 この話はカービィの本からとったものだが、この人自身、ものがよく見えない幸せな人だったらしく、このようなケースにぶつかると気が動転したのか、次のような意味深長な書き方をしている。「この特異なケースからヒーシャム医師が導き出した控え目な結論によれば、生命の根幹である身体と手足の神経は脳のはたらきとは無関係である、ということだ」。」



「'Goose-Weather'」より:

「In this strange 'goose-weather', when even the snow and the black-fringed clouds seem like old theatrical properties, dead players' cast-off rags, 'the complexion of a murderer in a bandbox, consisting of a large piece of burnt cork, and a coal-black Peruke', and when the wind is so cold that it seems like an empty theatre's 'Sea, consisting of a dozen large waves, the tenth a little bigger than ordinary, and a little damaged,'¹ I thought of those medicines that were advised for Melancholy, in the Anatomy of this disease, of mummies made medicine, and of the profits of Dust-sifting.」
「1. List of Theatrical Properties', *Tatler*, No. 42.」

「On the 26th of May, 1788, Mary Clark, aged twenty-six, and the mother of six children, was delivered of a child in Carlisle Dispensary. I will not enter into the medical details, but it seems that this interesting infant was 'full grown, and seemed in perfect health. Her limbs were plump, fine and well proportioned, and she moved them with apparent agility. It appeared to the doctors that her head presented a curious appearance, but this did not trouble them much, for the child behaved in the usual manner, and it was not until the evidence of its death became undeniable, at the age of five days, that these gentlemen discovered that there was not the least indication of either cerebrum, cerebellum, or any medullary substance whatever.'
 Mr. Kirby, from whose pages I have culled this story, and who seems to have been one of those happy persons who never look about them, but who, when confronted with an indubitable fact, are astonished very easily, concludes with this pregnant sentence: 'Among the inferences deduced by Dr. Heysham from thsi extraordinary conformation, but advanced with modest diffidence, is this: that the living principle, the nerves of the trunk and extremities, sensation and motion, may exist independent of a brain.'」



「古老とお雇い隠者」より:

「アンブローズ・パレは、満月のときには、疫病の危険がすべての人に迫っていると信じた。また一方、プリニウスによれば、四日目の月がその月の風を決定するという。ゲリウスを信じるなら、月が満ちていくにつれ猫の目は大きくなり、タマネギは月が欠けていくときに芽を出し、月が満ちていく間に萎れる――このためペルジウム〔ナイル河の東河口にある町〕の人々は不吉で不自然な植物であるタマネギを嫌った。蟻は、プリニウスによれば、月が変化しようとする間は仕事をしない。またアリストテレスによれば、地震は新月になるときに起こるし、この光の不思議な眠気を誘う影響の下で(それは太陽からその力を引き出すにつれて起こる川の音や小波によって育まれるのだが)、月光の下で寝る人は一層眠くなり、月が照らし出しているすべての屠殺死体は腐る。アリストテレスはこれをファン・ヘルモントによって確証している。ヘルモントは月光に照らされた傷は最も治しにくいと言う。羊飼いは月に祈らなければならない。というのは、ガレノスによれば「月が八分の一の鎌状のときに生まれる動物はすべて弱々しく短命であるのに対し、満月のときにこの世に生まれ落ちたものは健康で力強い」からである。
 森の中の家で、月光が木の葉を通して緑に輝き、小さな眠気を誘いながらだんだんと消えていく家事の音のほか、何も聞こえなくなる頃、月光の下に肉を吊るすと腐る、と料理番たちは信じている。遠く離れた異国の風変わりな木々に囲まれて、野蛮な民族、アラブ人、エジプト人、西インド諸島の黒人たちは月光の中で眠るのを恐れる。(中略)人間の心に対する月の悪影響の記録がこれだけあると、モゼレー博士とやらがその研究によって、極端に年とった人は満月か新月のときに衰えて死ぬという結論を引き出しても驚きではない。」

「チャールズ・ハミルトン閣下の地所はサリー州コバムの近郊、ベインズ・ホールにあった。彼はジョージ二世の治世下に生きた人だが、奇癖と沈黙を愛し、隠者の募集広告を出して、自分の地所の険しい小山に、このお雇い隠者のための隠遁所を建てた。」
「隠者は契約条件によって「七年間、庵に居続け、そこで聖書、光学ガラス、脚かけマット、枕用ひざぶとん、時刻を知るための砂時計、飲料水、食物を与えられることになっていた。隠者はらくだ織の服を着なければならず、どんな状況になっても髪、顎髭、爪を切ってはならず、ハミルトン家の敷地の外にさまよい出てはならず、召使とは一言も言葉をかわしてはいけないことになっていた」。」



「Ancients and Ornamental Hermits」より:

「Ambrose Pare believed that the danger of contagion from the plague is nearer to all men at the time of the full moon, whilst, according to Pliny, the fourth day of the moon determines the wind of the month. The growth of the moon, if we may believe Gellius enlarges the eyes of cats, and onions bud at the decrease of the moon, and wither whilst she grows - a sinister and unnatural vegetation which induced the people of Pelusium to avoid their use. Ants, we are told by Pliny, never perform their work whilst the moon is about to change. Aristotle is convinced that the time for earthquakes is when the new moon is born, and that under the strange and drowsy influence of this light (which is nourished by the sound and the ripples of rivers, as the sun draws its strength from the sea), those sleepers who lie beneath its beams grow drowsier still, whilst the moon corrupts all slain carcases she shines upon. He is confirmed in this matter by Van Helmont, who assures us that a wound inflicted by moonlight is most difficult to heal. Shepherds must pray to the moon, for according to Galen 'all animals that are born when the moon is falciform, or at the half-quarter, are weak, feeble, and short-lived, whereas those that are dropped at the full moon are healthy and vigorous.'
 In the house in the wood, where the moonlight shines green through the leaves, and there is no sound excepting for the little drowsy household noises dying away into silence, the cook will warn you that meat hung in the moonlight soon becomes rotten. Far away, amongst other and very different trees, wild races, the Arabs and the Egyptians and the negroes in the West Indies, fear sleeping in the moonlight. ( . . . ) With these records of the moon's evil influence in our mind, we cannot be surprised that the researches of a certain Doctor Moseley led him to the conclusion that persons in extreme old age wane into death at the time of the full or the new moon.」

「The Hon. Charles Hamilton, whose estate was at Pains' Hall, near Cobham, Surrey, and who lived in the reign of King George the Second, was one of these admirers of singularity and silence, and, having advertised for a hermit, he build a retreat for this ornamental but retiring person on a steep mound in his estate.」
「( . . . ) the hermit, who, according to the terms of the agreement, must 'continue in the hermitage seven years, where he should be provided with a Bible, optical glasses, a mat for his feet, a hassock for his pillow, an hourglass for his timepiece, water for his beverage, and food from the house. He must wear a camlet robe, and never, under any circumstances, must he cut his hair, beard, or nails, stray beyond the limits of Mr. Hamilton's grounds, or exchange one word with the servant.'」



「学識者たち」より:

「ポルソン教授の面前での会話は、それが学問のことになると特に危険であった。そのことは、(中略)オクスフォードを出たばかりの若い紳士の不幸な冒険からも分かる。この紳士は貸し馬車の中で、御婦人方にいいところをみせようと、あえてギリシャ語から引用しようとしたのであった。彼に顔を知られていなかった教授は、眠っているようにみえたが、若い紳士のこの大胆さにすぐに目を覚まされ、身を乗り出して、こう言った。「お若い方よ、あなたは今、ソフォクレスを引用してくださったと思いますが、私にはどのページにあったか思い出せませんでしてね」。「ああ、あなた」と若い紳士は油断して答えた。「引用は私が繰り返した通り一語一語正確で、ソフォクレスの中にあります。あなたが大学にいらしたのは随分と昔のことでございましょう」。教授は厚地のオーバーの中をしばらく手さぐりして、ソフォクレスの小さなポケット版を取り出し、若い紳士に引用箇所を示せと命じた。不幸にも枯れはちょっとページを引っくり返してから、そこには見つからないと白状し、考え直して、「この引用文はユーリピデスにあります」と言わされてしまった。教授は眉をひそめ、若い紳士のためにユーリピデスの作品集を取り出して言った。「その小さな本の中に、それを見つけてくださったら、とてもありがたいですね」。その若い紳士はこの頃までには完全におびえてしまっていたが、御婦人方の前で譲歩する気にはなれず、こう絶叫したのだった。「おやおや、なんと私は鈍いのでしょう。今、思い出しました。そう、そう、その引用文はアイスキュロスにあります」。教授はポケットから本を一冊取り出した。若い紳士は、とても学識があったのだが、こう叫んだ。「馬車を止めてくれ。降ろしてくれ。私を降ろしてくれと言っているのだ。ポケットにボドレアン図書館〔オクスフォード大学の世界屈指の大図書館〕を持っている奴がここにいる。降ろしてくれと言っているのだ。降ろしてくれ。奴は悪魔か、でなければポルソンその人にちがいない」。こんなふうに教授は「恐るべき記憶力で相手を攻撃する」のであった。
 しかし記憶力が教授を見捨てたときもあった。彼は引用は決して忘れなかったが、食事をとるのを忘れることがあった。一度、ロジャーズが教授を食事に招いたとき、うわの空でこう答えたのであった。「いや、どうもありがとう。だけど昨日食事したから」。」



「Some Men of Learning」より:

「Conversation in the presence of Professor Porson, when it turned upon matters of learning, was an especial danger, as we may understand ( . . . ) from the unhappy adventure of the young gentleman, fresh from Oxford, who, whilst in a hackney coach, dared to make a quotation from the Greek, in the hope of impressing the ladies. The Professor, a stranger to him, had appeared to be asleep, but was roused immediately by this daring on the part of the young gentleman, and, leaning forward, he said: 'I think, young gentleman, you favoured us just now with a quotation from Sophocles; I do not happen to recollect it there.' 'Oh, sir,' replied the unwary young gentleman, 'the quotation is word for word as I have repeated it, and in Sophocles too; but I suspect, sir, it is some time since you were at college.' The Professor, after fumbling for some time in his greatcoat, produced a small pecket edition of Sophocles, and commanded the young gentleman to produce the quotation. After some moments' unhappy turning of the pages, he was obliged to confess that he could not find it, recollecting upon second thoughts, that 'the passage is in Euripides.' The Professor, with a frown gathering upon his brow, produced the works of that author for the young gentleman's inspection, saying: 'Then perhaps, sir, you will be so good as to find it for me, in that little book.' The young gentleman was, by now, thoroughly terrified, but, unwilling to give way before the ladies, he ejaculated: 'Bless me, sir, how dull I am; I recollect now, yes, yes, I remember that the passage is in Æschylus.' The Professor produced a book from his pocket. But the young gentleman, who had had enough of learning, cried, 'Stop the coach. Let me out. Let me out, I say. There's a fellow here has got the Bodleian Library in his pocket; let me out I say, let me out, he must either be the devil, or Porson himself.' In such a manner did the Professor 'pounce with his terrible memory.'
 But there were moments when his memory failed him; and he would forget to eat dinner, though he never forget a quotation. Once when Rogers invited him to dine, he answered, in an abstracted tone: 'Thank you, no, I dined yesterday.'」



「旅行家たち」より:

「彼(引用者注: M・ルイ・ド・ルージュモン)はマラリヤの後遺症の悪寒を治すために素晴らしく効き目のある治療法を用いた。大きな牛を殺して「原住民の間で信じられている方法を試みることにした。ヤンバの持ってくるどんな薬草を食べても効き目がなかったからである」。
 「牛の息が絶えるとすぐに私は腹を裂いて中に潜り込み、生暖かな内臓に身を浸した。ヤンバに見張りを頼んでそこで丸一日眠ることにした。翌朝目が覚めたとき驚いたことに私は堅く締まった死体の中から出られなくなっていた。なんとか掘り出してもらったものの、見るも恐ろしい無残な姿だった。体中が凝結した血で汚れ、長い髪も血でべっとりだった。しかし体中に力が漲り、爽快だった。私はすっかり回復していた」。」



「Some Travellers」より:

「Monsieur de Rougemont now underwent a most remarkable and efficacious cure for the chilly feeling by which he was beset as a result of his illness. Having killed a big bull, 'I determined to test the efficacy of a very popular native remedy for fever - for shivering fits still continued to come upon me at most abnormal times - usually late inthe day. No matter how much grass poor Yamba brought me, I never could get warm, and so now I thought I would try some animal heat.
 Scarce had the life left the body before I ripped the buffalo open between the fore and hind legs, and then crawled into the interior, fairly burying myself in a deluge of warm blood and intestines. My head, however, was protruding from the animal's chest. Yamba understood perfectly well what I was doing, and when I told her I was going to indulge in a long sleep in my curious resting-place, she said she would keep watch, and see that I was not disturbed. I remained buried in the bull's interior for the rest of the day, and all during the night. Nest morning, to my amazement, I found I was a prisoner, the carcase having got cold and frigid, so that I had literally to be dug out. As I emerged I presented a most ghastly and horrifying spectacle. My body was covered with congealed blood, and even my long hair was all matted and stiffened with it. But never can I forget the feeling of exhilaration and strength that took possession of me as I stood there looking at my faithful companion. *I was absolutely cured* - a new man, a giant of strength.'」



「チャールズ・ウォタトン:南アメリカ放浪者」より:

「すでに述べたように、ハノーバー種の鼠以外は、彼はすべての生物を愛した。例えば、たまたま観察するだけの者には魅力に欠けるナマケモノでも、ウォタトン氏の筆にかかると、(中略)次のような美しく感動的な一節となるのであった。「ナマケモノの容貌、動作、叫び声、すべてが同情を誘う。これらは自然が彼に与えた唯一の防御武器である。他の動物がこの広大な荒野に群を成して集まるか、つがいで生息するのに、ナマケモノはひとりで連れがおらず、ほとんど動かないのである。ナマケモノは人間から逃げられない。その悲しそうな呻き声に虎さえも優しく道をあけるといわれる。だから銃を向けるな。また毒のついた矢で射るな。ナマケモノは生物を決して傷つけないのだから。数枚の葉っぱ、どこにでもあるような普通の葉っぱがあれば、生きていけるのである。他の動物と比べると、体のつくりには欠陥、畸形、超過多があると言えるだろう。(中略)四足動物の中での優雅さの序列で値をつければ、哀れにも不格好なこの動物が最下位になるであろう」。
 そのあとに、ナマケモノへの愛と理解においてさらに美しい文章がくる。「ナマケモノはとても侘しく惨めにみえ、身体が不格好で、その他の生物に神が与えた祝福を享受するにはなんとも不向きである――前に述べたように、ナマケモノには足の裏がなく、地面の上を動こうとするときは明らかに不安だからである。そういうときに『私を哀れんで下さい。私は苦しみ悲しんでいるのですから』と言っているような顔付きで、人間の顔を見上げる。確かにその容貌と動作は不幸な境遇を露わにし、時々もれる嘆息から、本当に苦しんでいるのだと結論できる」。
 ウォタトン氏はナマケモノを数ヵ月、自分の部屋で飼ったことがあるが、侘しく不幸なこの生物は彼の愛に報いたようである。ナマケモノは自分に可能な最も快適な位置を占めて、両足を椅子の背に一列に乗せ、そこに数時間居つづけ、「低くてはっきりしない叫び声をしばしばあげて」、友人に自分を見てと誘っているようにみえたのであった。」

「この高貴で、勇敢で、愛される老人の全生涯は、別の惑星の住人のような人生であった。
 彼は偉大な紳士、称号のない貴族という大種族の一人であり、長い人生のあらゆる行動の中で自分の種族の誇りと輝きを示したのであった。彼をこの書物に入れたのは、その勇敢さが、身体の底から湧いてくる、喜びを求める気質から生まれているからである。彼は偉大な紳士はすべて畸人であるという意味においてのみ畸人である。私が畸人というのは、その動作が、慣習とか、大衆の臆病さに合うようには生まれていないという意味である。彼の伝記作者、J・ウッド神父は、実に見事にこう言っている。「強い宗教的信念をもって、それに合わせて行動するのはおそらく畸人である。サッカレーが言ったように『パン一切れで食事をとり、隠者のように汚れなく生活し、自分のものをすべて貧者に施す』のは畸人である。(中略)自然愛に没頭するのも畸人である。(中略)幼稚ではない子供らしさを保つのも畸人である。畸人の例は次々と挙げられるが、このような畸人がもっと世に多くいたら、世界は今よりもずっとましになるだろうと言っても差しつかえなかろう」。」



「Charles Waterton」より:

「There was in fact no living creature - excepting, as I have said, the Hanoverian Rat - to which he did not extend love and pity. The Sloth, for instance, which to the casual observer might lack charm, called forth from Mr. Waterton the following beautiful and moving passages in the history of his South American wanderings:
 'His looks, his gestures, and his cries, all conspire to entreat you to take pity on him. These are the only weapons of defence which nature hath given him. While other animals assemble in herds, or range in pairs, through these boundless wilds, the sloth is soliltary, and almost stationary. He cannot escape from you. It is said that his piteous moans make the tiger relent and turn out of the way. Do not then level your gun at him, or pierce him with a poisoned arrow, he has never hurt one living creature. A few leaves, and those of the commonest and coarsest kind, are all that he asks for his support. On comparing him with other animals you would say that you could perceive deficiency, deformity, and superabundance in his composition. ( . . . ) Were you to mark, upon a graduated scale, the different claims to superiority amongst the four-footed animals, this poor ill-formed creature's claim would be the last upon the lowest degree.'
 Then comes this paragraph, mroe beautiful still in its love and understanding: 'He appears to us so forlorn and miserable, so ill put together is he, and so unfit to enjoy the blessings which have been so bountifully given the rest of animated nature - for as it has formerly been remarked, he has no soles to his feet, and he is evidently ill at ease when he tries to move upon the ground. It is then that he looks up in your face with a countenance that says "Have pity on me, for I am in pain and sorrow." Indeed, his looks and his gestures betray his uncomfortable situation, and, as a sigh every nwo and then escapes him, we may be entitled to conclude that he is actually in pain.'
 Mr Waterton once kept a Sloth in hsi room for months, and thsi forlorn and unhappy creature seems to have returned his affection. He would place himself in a position of the most comfort that was possible to him, and, after getting all his legs in a line on the back of a chair, would hang there for hours, and 'often, with a low and inward cry' would seem to invite his friend to take notice of him.」

「The whole life of this noble, brave, and beloved old man was the life of a denizen of another planet.
 He was a great gentleman, one of a long race of untitled nobles, and showed the pride and splendour of his race in every action of his long life. He comes into this book because his very bravery is born of such an irrepressible senses of fun that it is impossible to exclude him. He is an eccentric only as all great gentlemen are eccentric, by which I mean that their gestures are not born to fit the conventions or the cowardice of the crowd. His biographer, Father J. Wood, says, very rightly: 'It was perhaps eccentric to have a strong religious faith, and act up to it. It wasa eccentric, as Thackeray said, to "dine on a crust, live as cheaply as a hermit, and give his all to the poor." ( . . . ) It was eccentric to be saturated with the love of nature. ( . . . ) It was eccentric to be childlike, but never childish. We might multiply instances of his eccentricity to any extent, and we may safely say that the world would be much better than it is if such eccentricity were mroe common.'」



「新装版への訳者あとがき」より:

「「わたしはヒラメの水槽にいる電気ウナギみたいに嫌われ者だ」とうそぶくデイム・シットウェルはそのくせ、竜宮城の乙姫様みたいにいろいろな魚に取り巻かれるのを好んだ(彼女は自分は美男の廷臣たちに取り囲まれていたエリザベス一世の生まれ変わりだと思い込んでいたふしがある)。」


「Introduction」(Richard Ingrams)より:

「'The reason I am thought eccentric' she declared with an air of typical defiance 'is that I will not be taught my job by a lot of pipsqueaks. I will not allow people to bore me. Nobody has ever been more alive than I. I am an electric eel in a pond full of flatfish.'」




この本をよんだ人は、こんな本もよんでいます:

G・マイリンク 『西の窓の天使』 佐藤恵三+竹内節 訳 (世界幻想文学大系) 全二冊








































































プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
 
うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから
 
◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本