FC2ブログ

After All 『After All』 / Prof. Wolfff 『Prof. Wolfff』


After All 
『After All』



after all


LP: Athena 6006 (1969)
CD: Gear Fab GF-161 (2000)

1. Intangible She (Ellerbee/Hargrove) 7:16
2. Blue Satin (Ellerbee/Hargrove) 3:46
3. Nothing Left To Do (Ellerbee/Hargrove) 7:07
4. And I Will Follow (Ellerbee/Hargrove) 4:51
5. Let It Fly (Ellerbee/Hargrove) 4:32
6. Now What Are You Looking For (B. Moon) 3:05
7. A Face That Doesn't Matter (Ellerbee/Hargrove) 4:31
8. Waiting (Ellerbee/Hargrove) 4:23

Bill Moon: bass and vocals
Mark Ellerbee: drums and vocals
Alan Gold: organ
Charles short: guitar

Produced by Tom Brannon and Dick Powell
Recorded at Athena Recording Studios, Brentwood, Tennessee
Recording Engineer: Tom Brannon
All Lyrics by Linda Hargrove




Prof. Wolfff 
『Prof. Wolfff』



prof wolfff


LP: Metronome MLP 15.422 (1972)
CD: Second Battle SB 045 (1998)

1. hetzjagd (Schickle/Zech/Schweitzer) 9:59
2. hans im glück (Schweitzer/Zech) 7:47
3. mißverständnis (Schweitzer) 4:06
4. das zimmer (Schweitzer) 4:53
5. weh' uns (Schweitzer/mit einer Textpassage con Wolfgang Borchert) 9:49
6. hetzjagd (radio mix) 3:18

Klaus Peter Schweitzer: guitar, electric piano, vocals
Romi Schickle: organ
Mondo Zech: bass, vocals
Michael Sametinger: drums
Fritz Herrmann: lead guitar, vocals, harmonica

Producer: Ihre Kinder
Engineer: Klaus Reiser
Recorded: Jankowsky Studio, Stuttgart, October 1971
Cover Design and Layout: Günter Blum




◆感想◆


リコーダーとかオルガンとかは小学校で教わるせいか、われわれにとっては妙に郷愁をそそる楽器でありますが、それと、学校では決して教わらないメロトロンやディストーションのかかったエレキ・ギターの、マジカルでシュルレアリスティックな「相反するものの一致」「遠いものの連結」の場こそプログレッシヴ・ロックだったのではないでしょうか。
それはそれとして、マイルス・デイヴィス経由のインスト主体のテクニカルな「ジャズ・ロック」ではない、プロコル・ハルムの『青い影』やクレシダやスティル・ライフやトントン・マクートのような、純然たる「オルガン・ロック」には、われわれ日本人の妙に日向臭い郷愁を誘ってやまないものがあります。
そんなオルガン・ロックの本場といえばイギリスでありますが、今回はあえてアメリカとドイツのオルガン・ロックの埋もれた名作をセレクトしてみましたよ(決して「埋もれた人形ジャケ」でセレクトしたわけではないです)。

アフター・オールはフロリダ州タラハシーのローカルバンド、というか本アルバム制作のために集められた地元ミュージシャンによる一作限りのセッション・バンドのようです。歌詞は一曲を除いて後にカントリー歌手(シンガー&ソングライター)として活躍することになる同郷のリンダ・ハーグローヴ(キャッチフレーズは「ブルージーンズのカントリー・クイーン」)が提供しています。本作もカントリー音楽の本場テネシー州で録音されていますが、カントリー・ミュージックとプログレッシヴ・ロックのありそうでなさそうな関係について考えてみるのもよいかもしれないです。
本作のコンセプトは、当時の新しいスタイルであったシュルレアリスム的な歌詞と複雑な形式をもったアシッド・ロック、クラシカル・ロックを自分たちもやってみよう、ということだったそうで、「アルビノーニのアダージョ」ふうに始まって、エモーショナルなヴォーカルを交えつつ、ジャズっぽいリズムに輝かしいオルガンの音色とウェス・モンゴメリーふうオクターヴ奏法全開のギターが大活躍する一曲目から、日本人の心を鷲掴みです。特にドラムとベースは1950年代から地元で演奏活動をしていたということなので(このドラマーがアフター・オールの中心人物だったようです)、演奏はたいへんしっかりしていて危なげなところがないです。ムーディ・ブルースの「サテンの夜」へのオマージュとおぼしい二曲目「ブルー・サテン」などはピアノがメインですが、最後にフルートも入ったりしていてよいです。アメリカということと、悪趣味ジャケゆえに敬遠されがちとおもいますが、オルガン・ロック好きには必聴盤なのではなかろうか。ベルアンティークから紙ジャケ盤もでています。

そして、「アルビノーニのアダージョ」ふうに始まって(というか偶然でしょうがレアーレ・アカデミア・ディ・ムジカの「Padre(父)」にそっくりです)、エモーショナルなヴォーカルを交えつつ、妙なシンコペーションをしたり、10/8+10/8+9/8のリズムで混乱させる展開部を含んだ複雑な構成をきかせる一曲目からプログレファンの心を鷲掴みなプロフェッソア・ヴォルフ(Prof. Wolfff。ヴォルフ教授。Wolf(狼)にフォルティッシモ(ff)が付いています)はドイツのバンドで、出だしはブリティッシュ系オルガン・ロックですが、アコギとピアノがメインの三曲目くらいからジャーマン色が増し、オルガンとギターがディープ・パープルふうの締めくくり曲「weh' uns」のコーダでは、軽めのジャジーなインストをバックに、瓦礫文学の作家ヴォルフガング・ボルヒェルトの詩「Dann gibt es nur eins!」(選択枝は一つしかない!)の終結部が朗読されています(戦争で廃墟になった街をさまようただ一人生き残った人間の悲惨な問いかけ「なぜ?」、それは答えるものもなく血の池に沈んでいく。戦争協力を強要する者たちに対して「否」と言わないかぎり、それが明日のわれわれの姿だ)。そしてこれが一見悪趣味なジャケ絵の意図するところだったわけです。



After All - Intangible She (1969)




Prof. Wolfff - Hetzjagd (1972)




Reale Accademia di Musica - Padre (1972)





























































スポンサーサイト



Itziar 『Itziar』


Itziar 
『Itziar』



itziar 1


LP: Xoxoa X-11.111 (1978)
CD: Elkar KD-10.111 / Lost Vinyl L.V.-005 (1994)

1. Ameskoi (Egileor/Prieto/Belartxo) 5:50
2. Espetxeratuarena (Lauaxeta/Prieto) 5:50
3. Manifestu Atxeratua (Azurmendi/Zabala) 2:50
4. Harri Eta Herri (Aresti/Zabala) 3:20
5. Gauaren Iratsoa (Prieto/Belartxo) 3:00
6. Mendigoxaliarena (Lauaxeta/Prieto) 4:45
7. Haizearen Gogoa (Zabala) 5:30
8. Beartsu Fameliak? (Otsalar/Prieto) 2:40
9. Agur Mikel (Mikel Zarateri) (Robador/Bazterra) 2:22

Itziar Egileor: ahotsa
Javi Robador: bateria
Alex Zabala: kitarra akustikoa, elektrikoa eta ahotsa
Eduardo Bazterra: behekitarra, kitarra elektrikoa eta ahotsa
Mikel Prieto: kitarra klasikoa, elektrikoa, akustikoa eta tekleria
Joseba Erkiaga: flauta eta saxoa
Laguntzaileak
Rafa Aranguren: kitarra elektrikoa
Maite Diego: Esku soinua




◆感想◆


本作『イツィアール』はイトイス(Itoiz)のセカンドアルバム『エゼキエル』(Ezekiel)にゲストヴォーカルとして一曲だけ参加していたバスクの女性歌手イツィアール・エギレオールによる唯一のソロアルバム、というかソロ・プロジェクトでありまして、イトイスのフルート奏者が参加しています。
アコギはフォーク路線ですが、ベースとドラムはフュージョン系、ヴォーカルは線は細いもののフローラ・プリム(リターン・トゥ・フォーエヴァー)っぽいかもしれないです。サックスも入ります。4曲目などはロック調のエレキギターが入りますが、スキャットはいいとしても調子に乗って「アーオ!」とか叫んだりされるとちょっとどうかなと思います。しかし全体的に生成(きな)り感のある(垢抜けしない)しっとりとした抒情性とノスタルジアが感じられるのでよいです。2曲目では波の音まで聞かせてくれますが、なぜかこの曲は男の人がメインで歌っています。
これもやはりマーキー/ベルアンティークの「バスク幻想」シリーズで出たときに購入しましたが(輸入盤ディストリビュート)、後に(2009年)紙ジャケ/リマスター盤がマーキーから再発されているので(イトイスも)、少し(十数年・・・)待ってそっちで買えばよかったです。



Itziar - Ameskoi

























































Haizea 『Haizea』『Hontz Gaua』


Haizea 
『Haizea』



haizea 1


LP: Herri Gogoa HG-149 LS (1977)
CD: Elkar KD-HG-149 (1990)

1. Brodatzen Ari Nintzen (Herrikoia) 5:16
2. Urzo Aphal Bat (Herrikoia) 4:11
3. Loa Loa (Herrikoia) 4:51
4. Goizeko Euri Artean (Artola) 4:43
5. Ura Ixuririk (Herrikoia) 5:03
6. Oreina Bila (Lasa) 4:06
7. Arrosa Xuriaren Azpian (Herrikoia) 10:04

Xabier Lasa: Kitarra eta flauta
Grabiel F. Barrena: kontrabajoa
C. Busto Hondar: perkusioa
Txomin Artola: kitarra eta abeslaria
Amaia: abeslaria




Haizea 
『Hontz Gaua』



haizea 2


LP: Xoxoa X-11.105 (1979)
CD: Elkar KD-10105 / Lost Vinyl L.V.-006 (1994)

1. Anderea (Herrikoia) 3:32
2. Egunarn Hastapena (Lasa) 5:39
3. Argizagi Ederra (Herrikoia) 4:10
4. Arnaki (Haizea) 5:19
5. Hontz Gaua (Herrikoia/Haizea) 14:14
(a- Hegoa Heldu da)
(b- Maritxiki Korupeko)

Xabier Lasa: gitarra elektriko eta akustikoa, adarrak, alboka
C. Busto: bateria, perkusioa, xilofoia, kongak
Xabier Iriondo: flauta, gitarra akustikoa eta portugesa
Gabriel Barrena: kontrabaxua eta baxu elektrikoa
Amaia: ahotsa
Laguntzaileak
Pello: ahotsa
Borja Lertxundi: bibolina




◆感想◆


アイセア(Haizea)はバスクのトラッドフォークグループですが(作曲者が「Herrikoia」になっているのはトラディショナル曲(伝承民謡)です)、しかし一概にフォークと呼んでしまってよいものか、そのへんはおいおい説明しますが、セカンドの『アウツ・ガウア』はマーキー/ベルアンティークの「バスク幻想」シリーズで、ファーストは後に輸入盤CDで購入しました。「バスク幻想」シリーズからはヴォーカルのアマイア・スビリアとパスカル・ゲイニュ(ビクトル・エリセの『マルメロの陽光』の音楽を担当した人)による映画音楽を集めたアルバム『ツィネマン』もリリースされています。

そこでファーストアルバムですが、谷内六郎というか滝田ゆうのようなほのぼのとした童画ふうジャケ絵になごみつつレコードに針を下ろすと、じゃなかった、CDをドライブに入れて回転させると、アコギ2本に男女ヴォーカル+ウッドベース(弓)によるピーター・ポール&マリーふうフォーク曲「Brodatzen Ari Nintzen」から始まって、フォルクローレふうの「Urzo Aphal Bat」、このへんまでは健全フォーク路線ですが、3曲目の「Loa Loa」あたりからバックの音がちょっと妙な感じになって、アコギにエフェクトをかけたり、グロッケンシュピールが入ったり、アマイアの妙なスキャットがきこえてきたり、「Ura Ixuririk」に至ってはスキャットにシンバルに逆回転ギター、ややおとなしめながらセカンドアルバムでの壊れぶりへの伏線になっています。最後の曲「Arrosa Xuriaren Azpian」になって、ようやく(?)ペンタングルっぽくなりますが、しかしまっとうにやろうとすればするほど演奏の単調さ(稚拙さ)は免れないです。

そしてセカンド『アウツ・ガウア』ですが、ジャケ絵はファーストのほのぼの路線から一転して妖しげな月の光に照らされた夜の都会。ファーストの歌のおにいさん(Txomin Artola)も方向性の違いを理由に脱退してしまいました。CDをドライブに入れて回転させると、きこえてくるのはカントリーふうの曲調でフィドルも入るのになぜか沈み込むような妙な違和感のある「Anderea」、ギターにもエフェクトをかけまくっています。続く「Egunarn Hastapena」は民謡風メロディにコントラバス(弓)にヴァイオリンにフルート、ドラムが入ってエフェクト処理で唐突に終ると、アマイアのスキャットにフリーキーな演奏がからむ「Argizagi Ederra」、サイケデリックな「Arnaki」、さらに14分の大曲「Hontz Gaua」はグレゴリオ聖歌ふう詠唱から始まってアコギ、フルート、ウッドベース(弓)、パーカッション、コーラス、鉦が鳴って狂乱のスキャットでおどろおどろしい展開になって最後はアマイアの歌で〆るものの呪術的余韻が尾を引きます。当初はPP&Mやペンタングルを目指していたはずが、これはもはやサン・ジュストとかピエロ・ルネーレとかヤクラとかエレヤーナス・トレッゴードとかキング・クリムゾン『アイランド』の世界であって、ある意味、禁断の領域に足を踏み入れてしまったといってもよいです。ファーストとの落差が(ジャケも含めて)あまりに凄まじいので夢に出てきそうです。

そういうわけでアイセアのオススメはセカンド『Hontz Gaua』です。あえてオススメするとすればです。



Haizea - Hontz Gaua






















































































Enbor 『Enbor』『Katebegiak』


Enbor 
『Enbor』



enbor.png


LP: Xoxoa X-11.117 (1979)
CD: Elkar KD-11.117 / Lost Vinyl L.V.-007 (1994)

1. Ekaitzak (Aresti/Portela/Gardeazabal) 6:38
2. Ene Olatu Odolduak (Arregi/Portela/Urkijo) 3:17
3. Zu Maitatzea (Izagirre/Portela) 2:50
4. Chorinoac Kaiolan (Herrikoiak/Robador/Gardeazabal) 4:37
5. Ondoan Ez Dut Inor (Arregi/Portela/Gardeazabal) 6:12
6. Zuek Ez Dakizue (Izagirre/Portela) 5:35
7. Agurra (Herrikoa) 4:21

Inaki Gutierrez: ahotsa, gitarra akustikoa eta elektrikoa
Manu Urretxaga: ahotsa, saxoa, dultzaina, klarinetea eta flauta
Amaia Kareaga: ahotsa
Javi Robador: bateria
Ramon Gardeazabal: gitarra elektrikoa
Joxe Portela: ahotsa eta gitarra akustikoa
Inaki Arnal: baxua




Enbor 
『Katebegiak』



enbor 2


LP: Xoxoa X-11.147 (1980)
CD: Elkar KD-11.147 / Lost Vinyl L.V.-008 (1994)


1. Katebegiak (Rodriguez/Portela/Gardeazabal) 17:15
2. Kutsadura (Rodriguez/Portela) 5:36
3. Behin Une Batetan (Rodriguez/Portela)  3:49
4. Neska Adiskidea (Rodriguez/Portela)  6:25
5. Agurra II (Rodriguez/Portela)  3:26

Joxe Portela: ahotsa eta gitarra akustikoa
Ramon Gardezabal: gitara
Inaki Urretxaga: saxoa, flauta, klarinetea eta dultzaina
Josean Torrentegi: bateria
Inaki Gutierrez: soinu hartzaile jendeaurrean
Laguntzaileak
Carlos Jimenez: saxoa
Paco Diaz: bateria
Aitor Amezaga: teklatuak
Amaia Kareaga: "Agurra II" ren ahotsa




◆感想◆


Enbor(エンボル)はバスクのプログレッシヴ・ロック・バンドで、かつてマーキー/ベルアンティークから「バスク幻想」シリーズとして輸入盤に解説シート(端っこが折り返されてオビになっている)付きでディストリビュートされていたCDを購入しました。同時にアイセア、イトイス、イツィアール、アマイア・スビリア(これは正式な日本盤としてリリースされていました)なども入手しましたが、エロビとイスカイスはうっかりして買い忘れてしまいました。

そこでエンボルですが、ツイン煙突に夕陽のジャケ写真が郷愁をそそるファーストアルバムは、ざっくり云うとカンタベリー系というか、歌もの中心でキャラヴァンのノスタルジックな抒情性に通じるものがあります。中盤でのサックスアンサンブルが印象的な、やや憂鬱な曲調の「Ekaitzak」(嵐)、疾走感のある「Ene Olatu Odolduak」(私の波は血まみれ)、アコースティックな「Zu Maitatzea」(あなたを愛する)、とここまで聞いてきて、さっきはキャラヴァンとか云ってしまいましたが、むしろノヴァリス(『Brandung』『Vielleicht bin Ich ein Clown?』)に近いです。しかし次の女声ヴォーカルをフィーチャーした「Chorionak Kaiolan」(鳥籠の卵殻)の、クラリネットとエレピのジャズふうの中間パートなどはやはりカンタベリー風味なのではなかろうか。さらに哀愁ナンバー「Ondoan Ez Dut Inor」(いま私には誰もいない)、ギターがかっこいい「Zuek Ez Dakizue」(あなたはあなたを知らない)、このへんはキャメルっぽいです。そしてしんみりとした憧憬にみちた「Agurra」(挨拶)で締めくくりですが、地味ながら捨て曲なしの名盤といってよいのではないでしょうか。

セカンドアルバムに移って、クラシカルなピアノで始まるタイトル曲「Katebegiak」(鎖)は17分の大曲ですが、アコギとフルートをバックに哀切感のあるヴォーカルが入って盛り上がるような盛り上がらないような展開をみせた後でブレイクしてフルートのパートが入って、再びヴォーカルが切々と歌い上げ、泣きのギター(アンディ・ラティマーふう)が続いたかとおもうと転調して希望にみちた曲調になってフルートとギターのパートを経てコーラス(「あーあーあー」)で盛り上げて最後にギターがソロをとってフルートが入ってあっけなく終わってしまいましたが、レコードだとたぶんこれ一曲でA面を占めていたのではないでしょうか。
「Kutsadura」(汚染)、「Behin Une Batetan」(昔々)と歌ものジャズロックというか、サックスがフィーチャーされたり、「Neska Adiskidea」(女友達)はジョージ・ベンソンふうというかエリック・ゲイルふうというかそれふうのギターが入ったりします。アコギ主体の爽やかな曲調の「Agurra II」(挨拶Ⅱ)は女声ヴォーカルも入って、ラストにバスクの伝統楽器ドゥルサイナ(オーボエ族、というかチャルメラ)がフィーチャーされて民俗色を醸し出しています。

そういうわけでエンボルはファーストがジャケもよいしオススメです。あえてオススメするとればです。



Enbor - Zuek Ez Dakizue










































































プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
 
うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから
 
◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本