FC2ブログ

M. Watkinson & P. Anderson 『Crazy Diamond: Syd Barrett & the Dawn of Pink Floyd』

「"Hello Mr Barrett, our names are Pete Anderson and Mike Watkinson and we're endeavouring to write your life story. Can you spare us a few minutes of your time? The book will seem incomplete without you."
Syd just stood there scowling. After a few tense seconds he murmured: "No, I'm not him - I don't live here, I'm only staying here."」

(Mike Watkinson & Pete Anderson 『Crazy Diamond』 より)


Mike Watkinson
& Pete Anderson 
『Crazy Diamond:
Syd Barrett
& the Dawn of
Pink Floyd』



Omnibus Press, 1991, New revised edition 2006
192pp, 18pp of plates, 20x13cm, paperback
Cover & book designed by Robert Fairclough



ピンク・フロイドのオリジナル・メンバーとして若くして脚光を浴び、二枚のソロ・アルバムをリリース後、引きこもって自宅療養に後半生を過ごし、2006年7月7日に60歳で逝去したシド・バレットの伝記であります。2001年に水声社から日本語版『クレイジー・ダイアモンド/シド・バレット』 が出ていますが、本書は2006年の逝去後に刊行された改訂新版(初版刊行はバレット存命中の1991年)。「Epilogue」の章で本書初版刊行以後の情報が増補されています。序文はジュリアン・コープ。

片付けをしていたら出てきたので久しぶりによんでみました。バレットさんの『その名はバレット』は子どものころからの愛聴盤であります。



crazy diamond - syd barrett



Contents:

Foreword (Julian Cope, July 1990)
Introduction (July 2006)
Acknowledgments

Chapter One: Remember When You Were Young
Chapter Two: Leonard's Lodgers
Chapter Three: An Orange, A Plum & A Matchbox
Chapter Four: Is There Anybody In There?
Chapter Five: The Piper At The Gates Of Dawn
Chapter Six: Blown On The Steel Breeze
Chapter Seven: The Madcap Laughs
Chapter Eight: Full Of Dust And Guitars
Chapter Nine: Wish You Were Here
Chapter Ten: Unforgotten Hero

Epilogue

Appendix One: Where Are They Now?
Appendix Two: Syd Barrett Discography




◆本書より◆


「Chapter Two: Leonard's Lodgers」より:

「Barrett may have been a person of undoubted charisma and immense popularity, but occasionally he retreated deep into himself and would wander off into the hills near Cambridge or go for a solitary walk around the town's botanical gardens.
Another teenage friend Tim Francis says: "Syd was someone who, despite being very gregarious on the surface, had a very secret side. There was a part of him you could never reach."」


(バレットはまぎれもないカリスマの持ち主であり人気者であった一方、しばしば自分自身に深くひきこもって、ケンブリッジ近郊の丘をふらふらとさ迷ったり町の植物園を一人で徘徊したりするのであった。
幼馴染によれば、「シドには表面的な社交性とはうらはらな、他人には伺い知れない隠された一面がありました」)


「Chapter Three: An Orange, A Plum & A Matchbox」より:

「Rock journalist Hugh Fielder ( . . . ) decided to check out Floyd at UFO.」
「"We went along and thought the Floyd were rubbish. What was this noise? There was no R&B and it seemed to have no form at all. We thought it was ludicrous. Then we went back to see them ( . . . ) a couple of weeks later and it suddenly clicked. There was a definite feeling that you were in on something. It was only a question of getting on the right wavelength. Once you were, you could connect with anything they were doing musically.
"Syd was fascinating. He seemed to spend most of his time with his back to the audience, detuning his guitar, which was astonishing. You could see the rest of the band struggling to keep up. Syd was already experimenting and it only worked half the time. ( . . . ) The rest of the band could only follow. ( . . . )"」


(ロックジャーナリストのヒュー・フィールダーによると、UFOクラブのフロイドは「クズだと思った。R&Bどころか雑音ばかりで形になっていない。ばかげていると思った。でも数週間後にまた見に行ってピンときた。ちゃんとしたフィーリングがあるのだが、それがわかるには波長が合わないとダメなのだ。シドはすばらしかった。ほとんど観客に背中を向けたままで、ギターのチューニングを狂わせたり、いろいろ試していて、バンドのメンバーはついていくのがやっとだった」)

「The Who's guitarist Pete Townshend ( . . . ) has fond memories of UFO.
"When the Floyd played it was very exciting. Their sound fitted that period with echo on all the instruments. I once got Eric Clapton to come down because I thought what Syd was doing was very interesting. We both enjoyed him, although you could never quite hear what he was up to because he used two or three different echo units in a row. He used to have them coming out of different amps which formed a kind of sound field - a textural wash of sound that wasn't always melodically or harmonically correct but always very interesting and satisfying."」


(ザ・フーのギタリスト、ピート・タウンゼントによると、「フロイドの演奏はすばらしかった。シドがやっていることがとても興味深かったのでエリック・クラプトンを誘って行った。シドは幾つもエコーユニットをつないでそれぞれちがったギターアンプから音を出して一種のサウンドフィールドというか音の洪水を作っていて、メロディーやハーモニーの点ではへんなところがあるにしてもとても興味深く充実したものだった」)

「There were, as Syd had often proclaimed: "No rules!"」

(そこには、シドも明言していたように、「ルール」などなかった)


「Chapter Four: Is There Anybody In There?」より:

「Keith West, lead singer with Tomorrow, ( . . . ) was another who witnessed Syd's strange behaviour. The first of many experiences was when the Floyd's leader was frying an egg over a small camping stove on the stage at UFO during a performance.
"Syd was very vague conversationally and you couldn't really communicate with him. Later that year when we were sharing a hotel in Rotterdam with the Floyd, the other members of the band were trying to communicate by passing notes to him."」


(トゥモロウのリードシンガー、キース・ウェストもシドの奇妙なふるまいを何度も目撃している。UFOクラブのステージ上で演奏中に目玉焼きを作ったりとか。
「シドは会話していても何をいいたいのかわからなくて意思疎通は不可能だった。ロッテルダムのホテルではフロイドのメンバーはメモを渡して意思疎通を図っていた」)


「Chapter Six: Blown On The Steel Breeze」より:

「Waters: "The thing got to the point where we had to say to Syd that he should leave because we respected him as a writer but his live performances were useless. He was working out so many things none of us understood. He would detune his guitar and strum the loose strings. We used to come off stage bleeding because we hit things in frustration."」

(ロジャー・ウォーターズ「とうとうシドにバンドをやめてくれといわなければならなくなった。作曲家としてはともかく演奏家としては用無しだった。ライブでは勝手にわけのわからないことばかりして、ギターのチューニングを狂わせてゆるんだ弦をかき鳴らしたりするから、他のメンバーはストレスをモノにぶつけて流血するありさまだった」)


「Chapter Nine: Wish You Were Here」より:

「"I'm very sad about Syd. Of course he was important and the band would never have fucking started without him because he was writing all the material. It couldn't have happened without him but on the other hand it couldn't have gone on with him. 'Shine On' is not really about Syd - he's just a symbol for all the extremes of absence some people have to indulge in because it's the only way they can cope with how fucking sad it is, modern life, to withdraw completely. I found that terribly sad."」

(ロジャー・ウォーターズ「シドのことはとても悲しい。シドがいなかったらピンク・フロイドは存在していなかっただろう。でもシドがいたらバンドを続けられなかった。「クレイジー・ダイアモンド」は特にシドについての歌というわけではなくて――シドは今の世の中では完全にひきこもるしかすべがないようなある種の人たちのシンボル的存在なんだ。それはとても悲しいことだ」)

「Although Johnny Rotten strutted down the Kings Road in an 'I hate Pink Floyd' T-shirt, Syd himself was far from an object of derision.」

(「ピンク・フロイド大嫌い」Tシャツを着てキングス・ロードをのし歩いたセックス・ピストルズのジョニー・ロットンにしても、シドその人は決して嘲りの対象ではなかった)


「Epilogue」より:

「It has been suggested that Barrett suffered from Asperger's Syndrome, a form of autism in which sufferers show marked deficiencies in social skills and have difficulty dealing with change. They frequently have obsessive routines and may be preoccupied with a particular subject of interest.」

(バレットはアスペルガー症候群だったという説がある。自閉症の一種で、ソーシャル・スキルの欠如や変化に対応できにくいという特徴があり、こだわり行動や特定の興味の対象への没頭がしばしばみられる)

「"He had seemed very content with his life during the last few years," reflects Breen, who since the early 80s, has grown used to fielding endless press enquiries about his brother-in-law. "He just did what he wanted to do, whether it was painting or doing DIY to what I would term an interesting standard. He didn't seek conversation with anyone; just seemed content to potter about in his garden. He showed no interest in his old life. ( . . . )"」

(バレットの妹の夫であるポール・ブリーンによると、「最後の数年の生活は彼にとってとても満ち足りたものでした。絵を描くことでもDIYでも、自分がしたいことをして、かなりのレベルに達していました。誰とも会話しようとはしなかったけれど、庭でのんびりすごすだけで満足そうで、過去のこと――ピンク・フロイドや音楽ジャーナリズム――には全く無関心でした」)



Syd Barrett - Dominoes






こちらもご参照ください:

Carl Seelig 『Walks with Walser』 Translated by Anne Posten
Ben Watson 『Derek Bailey and the Story of Free Improvisation』
Jenny Uglow 『Mr Lear: A Life of Art and Nonsense』




































スポンサーサイト



Catapilla 『Catapilla』『Changes』


Catapilla 
『Catapilla』



catapilla 1


LP: Vertigo 6360 029 (1971)
CD: Green Tree/Repertoire GTR 009 (1993)

1. Naked Death 15:36
2. Tumbleweed 3:58
3. Promises 5:43
4. Embryonic Fusion 24:09
All tracks written by: Wilson/Reinhardt/Calvert/Frith/Meek

Anna Meek: vocals
Thierry Reinhardt: tenor alto flute clarinet
Hugh Eaglestone: tenor saxophone
Robert Calvert: alto tenor saxophone
Dave Taylor: bass
Malcolm Frith: drummer
Graham Wilson: lead guitarist

Producer: Patrick Meehan Jnr.
Engineer: Lou Austin
Sleeve Design: Rick Breack




Catapilla 
『Changes』



catapilla 2


LP: Vertigo 6360 074 (1972)
CD: Green Tree/Repertoire GTR-010 (1993)

1. Reflections (Wilson/Calvert/Meek) 12:06
2. Charing Cross (Wilson/Calvert/Meek) 6:45
3. Thank Christ for George (Wilson/Calvert/Meek) 12:07
4. It Could Only Happen To Me (Wilson/Calvert) 6:45

Graham Wilson: guitar
Ralph Rolinson: organ and electric piano
Carl Wassard: electric bass
Brian Hanson: drums
Robert Calvert: soprano alto tenor electric and acoustic saxophones
Anna Meek: vocals

Producer: Colin Caldwell
Lyrics on all tracks written by: Anna B. Meek
Titles by: George Wlodzimier Borkowski
Designed by: Martin Dean




◆感想◆


キャタピラの二枚のアルバムは Repertoire からの再発でききました。プログレファン、というかプログレマニアにとって、1990年代における Repertoire の存在はたいへんありがたいものでした。
それはそれとして、ブラック・サバスのマネージャーだったパトリック・ミーハンのプロデュースでヴァーティゴ・レーベルからデビューしたキャタピラのファーストは、サックス・アンサンブルで重装備したヘヴィ・サイケでした。ワウギターが延々とソロをとったりします。しかしキャタピラでキーになるのはなんといっても女性ヴォーカルのアンナ・ミークです。レコーディング直前に脱退してしまった姉に代ってヴォーカリストに抜擢されたということで、不安定な声でいっしょうけんめい歌ったり叫んだりしています。そのへんはたとえばカーヴド・エアのソーニャ・クリスティーナのライブでの暴れっぷりに近いような、しかしそれほどふっきれているわけでもない、きいていてひやひやするような、あたたかく見守ってあげなければならないような、そんなフラワーチルドレンな感じです。音の方はいろいろ工夫していますが、たいしてオリジナリティがあるわけでもないです。しかしこれはこれでよいです。
そして「音楽性の違い」によるメンバーの入れ替えを経てリリースされた、夢にでてきそうな不気味なジャケ絵が印象的なセカンドでは、不安感を煽るサックスとヴォーカルのイントロから始まって、ゴング(ジリ・スマイス)、あるいは後にニュークリアスのジェフ・クラインが結成したターニング・ポイント(ペピ・レマー)を思わせるようなジャズ・ロックをやっていますが(あれほどテクニカルではないですが)、相変らず不安定な(よくいえば浮遊感のある)アンナ・ミークのヴォーカル、というかヴォイス・パフォーマンスがここでは奏効しています。とはいえ、幻の名盤というほどではないです。しかしながらこのへんのマイナーバンドが醸し出すもやもや感はわりと好きなのでこれはこれでよいです。



Catapilla - Tumbleweed





Catapilla - Charing Cross











































プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
 
うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから
 
◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本