FC2ブログ

Colin Harper 『Dazzling Stranger: Bert Jansch and the British Folk and Blues Revival』

「Bert Jansch had been determinedly following and honouring his muse for thirty-five years. His style of writing, playing and performing, even his lyrical vocabulary, had changed essentially not one iota from the time his first album had dazzled and astounded in 1965.」
(Colin Harper 『Dazzling Stranger』 より)


Colin Harper 
『Dazzling Stranger:
Bert Jansch
and the British Folk
and Blues Revival』

with a foreword by Johnny Marr


Bloomsbury, London, first published in 2000, paperback edition 2006, revised 2011
xi, 403pp, 8pp of plates, 19.8x12.8cm



別丁モノクロ図版44点。

バート・ヤンシュさんの『ローズマリー・レーン』は子どものころからの愛聴盤なので、遅ればせながら本書をよんでみました。本書はバートさんの存命中に出版され、2006年に改訂版がペーパーバックとして再刊されましたが、2011年のバートさんの逝去後に2006年以降の情報があとがき(Pete Paphides による)とディスコグラフィー補遺によってアップデートされています。
本書前半は主に1960年代のブリティッシュ・フォーク&ブルース・リヴァイヴァルの概観に当てられていて、勉強になりますが、1970年代以降がやや手薄なのは副題にあるように本書の主旨が「Bert Jansch and the British Folk and Blues Revival」なので仕方がないです。ちなみに「Jansch」は本人によれば「ジャンチ」、一般的には「ヤンチ」と発音するようです。
「バート・ヤンシュは長いキャリアの間これっぽっちも変化しなかった」というのはたいへんすばらしいです。ジャズ・フォークの60年代ペンタングルでもフュージョン・フォークの80年代ペンタングルでもバートさんの演奏はまったく同じです。世間に合わせて変わる必要などこれっぽっちもないです。



harper - dazzling stranger 01



Contents:

Foreword by Johnny Marr (2006)
Author's Note (2006)

Prologue
1. Birthday Blues
2. London: The First Days
3. Edinburgh: The First Days
4. Three Dreamers
5. Peregrinations
6. Nineteen Sixty-Five
7. Pentangling
8. Rosemary Lane
9. After the Goldrush
10. Heartbreak
11. Renaissance
Epilogue

Afterword (Pete Paphides, 2011)

Notes
Select Bibliography
Discography
Acknowledgements
Index




harper - dazzling stranger 03


本書図版ページより。上右がバート・ヤンシュ。上左と下前列左端はアン・ブリッグス。



◆本書より◆


「3. Edinburgh: The First Days」より:

「He was also a regular visitor at Owen Hand's flat in St Leonard's Street: 'I think it was just to play guitar.' says Owen. 'His own had been stolen, so he was usually around places where he could borrow one. He'd pick up the guitar first thing in the morning and he would play all day. You'd say, "Bert, there's a meal on the table," and you'd actually have to take the guitar off him to get him there. Come night-time we'd switch on the television and there was always this "*kerchunk, kerchunk, kerchunk*" going on in the background - "Bert, for God's sake would you shut up!" But he was totally dedicated. He spent almost his entire day playing.'」

(バートはフォーク仲間のオーウェン・ハンドのところにもよく出入りしていた。オーウェンによると「ギター目当てだったんだろう。自分のが盗まれてしまったんで、ギターを借してくれるところを訪ねまわっていた。朝一番にギターを手に取ると一日中弾いていたものだ。食事時になってもやめないのでギターを取り上げてテーブルに引っぱって来なきゃならなかった。夜は夜でテレビをみているとギターでガチャガチャやっている音がBGMになってずっと聞こえてくる。「バート、お願いだからやめてくれ!」。でもほんとうに没頭して終日弾いていたよ」。)


「4. Three Dreamers」より:

「'The only three people that I've ever copied were Big Bill Broonzy, Davy Graham and Archie Fischer,' says Bert. 'After hearing Davy play, it was just all there.'」
「Davy Graham was indeed an eccentric and singular individual and right down to the present day one can sense from Davy, however subdued it may be, a feeling of antipathy or, at least, ambivalence toward Bert. Bert has always held Davy, as a musician, in the highest regard.」


(バートによれば「僕がコピーしたのはビッグ・ビル・ブルーンジーとディヴィー・グレアムとアーチー・フィッシャーだけだ。ディヴィーには全てがあった」。
ディヴィー・グレアムは本当の変わり者で並外れた個性の持ち主で、バートに対してずっとある種の反感を抱いていたようだ。バートの方ではつねにディヴィーをミュージシャンとして高く評価していた。)


「5. Peregrinations」より:

「( . . . ) says Bert Jansch, '( . . . ) The thing about Anne was she was wild. She got drunk onstage and fell over all the time - it was a regular thing, along with a few others like myself. If she got fed up with a song she'd just stop in the middle and say, "Oh, forget that, I'll sing you another one." I had a similar approach myself. But at that time, her impact in that world, she was more akin to a punk than to anything that had gone before.' There was a softer, more vulnerable and solitary side to Anne too, a side of her personality that would bear comparison to Bert's. 'I remember thinking she seemed quite sad at the beginning,' says Ray Fisher, who had shared Centre 42 stages with Anne. 'She sang very mournful songs. She was certainly a lot quieter than I was. A much gentler person altogether.'」

(バートによると、「アン・ブリッグスはなにしろワイルドで、酔っぱらってステージから落っこちるのは毎度のことで、それは僕なんかも同様だった。歌がいやになると途中でやめて別のを歌ったりするのも僕のやり方に近かった。彼女は当時のフォーク界にとってパンク的存在だった」。アンにはバートにも通じる穏やかで傷つきやすい孤独な一面もあって、アーチー・フィッシャーの妹レイによると、「最初に会ったときから寂しそうで、とても悲痛な歌を歌って、私よりずっと無口でほんとうに温和な人でした」)


「6. Nineteen Sixty-Five」より、John Challis の発言:

「'He never looked ahead, but he was very focused on what he was doing. ( . . . ) I think at the time what really bothered him was that what seemed so obvious to him was completely obscured to most other people. ( . . . ).'」

(「バートは決して先のことを考えたりせず、今自分がしていることに集中していた。当時バートを悩ませていたのは、自分にとって明白なことが他人には全然見えていないことだったと思う」)


「7. Pentangling」より:

「'Everybody asks me what my message is. The answer is that I'm not trying to do anything in particular,' he had told the *MM* in August 1965. At the beginning of 1966 his views appeared in print again, in an Oxford University magazine: 'When I record I'm not recording for anyone, just myself,' he told his questioner, Robin Denselow.」

(「僕の歌にはどんなメッセージがあるのかとよく訊かれるけれど、特になにをしようというつもりはないんだ」とバートは1965年の雑誌「メロディ・メイカー」で語っている。1966年にはオックスフォードの学生だったロビン・デンスロウに、「レコーディングをするときは誰のためでもなくただ自分自身のためにやるんだ」と語っている。)


「10. Heartbreak」より:

「'There's an otherness about Bert, like he's not of this earth, like he's detached,' says Charlotte. 'I always felt very much that he wasn't meant to deal with the realities of life and the hardnesses. Being from where he comes from he is very aware of the hardnesses but those were not things that were in him: he's an artist. He can be quite funny sometimes, ( . . . ) but Bert has always seemed to me a very blue kind of character.'」

(シャーロット・クロフトン=スレイ(バートの何度目かの結婚相手)によると、「バートにはなにか孤立しているような、異質な感じがありました。厳しい人生の現実に対処するようには生まれついていないと感じました。彼自身辛い人生を歩んできたのですが、そんなことは吾が事に非ずといったような。要するに彼は芸術家なのです。時々面白いことを言って笑わせたりするけれど、つねに憂鬱に取りつかれている人のように思えます」)



harper - dazzling stranger 02



Anne Briggs & Bert Jansch - Blackwaterside




Bert Jansch - Rosemary Lane






こちらもご参照ください:

Mick Houghton  『I've Always Kept a Unicorn: The Biography of Sandy Denny』
Ben Watson 『Derek Bailey and the Story of Free Improvisation』
平野敬一 『バラッドの世界』
Patti Smith 『M Train』

































スポンサーサイト



Mick Houghton  『I've Always Kept a Unicorn: The Biography of Sandy Denny』

「I've always lived in a mansion
on the other side of the moon.
I've always kept a unicorn」
「I could tell you that the grass is really greener
on the other side of the hill,
But I can't communicate with you
and I guess I never will.」

(Sandy Denny 「Solo」 より)


Mick Houghton 
『I've Always Kept a Unicorn:
The Biography of Sandy Denny』


Faber & Faber, London, 2015, paperback edition 2016
xxiii, 502pp, 8pp of plates, 19.8x12.8cm



本文中モノクロ図版49点、別丁図版(カラー/モノクロ)21点。

サンディ・デニー評伝。著者は2010年リリースの19枚組ボックスセットにも一枚噛んでいたようです。
19枚組ボックスセットを購入する気力&財力はないですが、サンディ・デニーさんの『海と私のねじれたキャンドル(The North Star Grassman and the Ravens)』はニコさんの『ジ・エンド』、浅川マキさんの『幻の男たち』と並ぶ長年の愛聴盤なので、せっかくなので本書もよんでみました。


houghton - sandy denny 02


Contents:

List of Illustrations
Foreword by Richard Thompson
Preface: Your Fickle Friends Are Leaving...

1. No Fear of Time: 1947-1964
2. Learning the Game: 1965-1966
3. Alex Campbell and His Friends: 1967
4. Two Weeks Last Summer: 1967-1968
5. I Must Have Grown Some Wings: 1968-1969
6. The Wild Colonial Boy: 1943-1969
7. Farewell, Farewell: 1969
8. Possibly Parsons Green: 1970-1971
9. The Queen of Light Took Her Bow: 1971-1972
10. The Lady: 1972
11. Things We'll Always Hold Dear: 1973-1974
12. A Curse on the House of Fairport: 1974-1975
13. All Our Days: 1976-1977
14. Stranger to Himself: 1977-1978
15. In a Lonely Moment: 1947-1978

Acknowledgements
Sources
Further Reading
Playlist
Index



houghton - sandy denny 01



◆本書より◆


「1. No Fear of Time」より:

「Sandy, meanwhile, 'hated school, every minute of it. I just resented the way the teachers used their authority. I certainly wouldn't tell any children of mine that schooldays are the happiest of your life. They weren't for me, anyway.'」

(サンディは「学校が大嫌いだった。そもそも教師が威張っているのがいやだった。自分に子どもができても絶対に「人生で最も楽しいのは学生時代だ」などとは教えない。とにかく私にとってはそうじゃなかった」)

「In one of her notebooks from 1974 she wrote: 'I wasn't like the others, it seemed, and I believe have apparently always lived in a world of my own.'」

(1974年の手帳にはこう書かれている。「私は他の人たちとは違っていた、私は私だけの世界で生きてきた。」)


「2. Learning the Game」より:

「'One of the things that always struck me about Sandy,' says Geoff Clark, 'was just how single-minded she was. ( . . . )'」

(兄の同級生ジェフ・スミスによると、「サンディはとても一途な人でした」)

「'"Fotheringay" came out of my interest in Mary Queen of Scots,' she explained many years later. 'I was fascinated by what it must have been like to spend all those years as a prisoner like Rapunzel or the Lady of Shalott. ( . . . )'
Aside from 'Fotheringay', it was 'Who knows Where the Time Goes?" which marked Sandy's breakthrough as a songwriter. ( . . . ) Its lyrical themes - the passage of time, the turning of the seasons and 'sad deserted shores' - would recur throughout her work.」


(「「フォザリンゲイ」はスコットランド女王メアリーへの関心から生まれた歌だ」と彼女はのちに説明している。「ラプンツェルやシャーロットの乙女のように長い年月を幽閉されて過ごしたらどんなだろうという考えに魅了された。」
 「時の流れを誰が知る」のテーマ――時は過ぎ去り、季節は移り、「寂れた海岸」にただ一人取り残される――はその後の作品に繰り返し現れることになる。)


「3. Alex Campbell and His Friends」より:

「I've never really had any definite plans. Even when I left college to sing professionally I didn't have any future thoughts in my mind. I just wanted to do something from day to day, which is something that I always do.
Sandy Denny, NME, January 1972」


(はっきりした計画など立てたことはない。学校を出てプロの歌手になった時も将来どうなろうとかは考えなかった。私はいつだってその日ぐらしだ。)


「9. The Queen of Light Took Her Bow」より:

「'Sandy was so fascinated by words relating to the sea,' says Bambi Ballard, 'and the smell of the sea and the light of the moon over the water, that kind of language which was part of the Celtic folk tradition and a seafaring tradition. Her favourite writer was Joseph Conrad;」


(「サンディは海に関する言葉が好きでした」とバンビ・バラード(コスチューム・デザイナー)は言う、「海の匂いとか海を照らす月とか、そういうケルトの民間伝承や船乗り伝承に属する言い回しです。お気に入りの作家はジョゼフ・コンラッドでした」)


「14. Stranger to Himself」より:

「It was during that visit that Sandy fell down the stairs onto a stone floor, gashing her head.」

(実家に帰っていたサンディは階段から落ちて頭に傷を負った。)

「but Sandy falling downstairs was a far from uncommon occurrence. 'She fell down our stairs, she fell down everybody's stairs,' says Chris Pegg. 'If there were three stairs, she would fall down them. She'd fall off stools. It was her party piece. ( . . . )'」

(サンディが階段を転げ落ちるのは珍しいことではなかった。クリス・ペグ(デイヴ・ペグ――フェアポート・コンヴェンションのベーシスト――の奥さん)によると、「うちの階段も転げ落ちたし、どこに行っても転げ落ちた。階段が三つあったら三つとも転げ落ちたことでしょう。それがサンディの得意芸で、椅子からもしょっちゅう落っこちていた」)



◆感想◆


サンディ・デニーは「友人の家の階段から落ちて死んだ」といわれていましたが、本書によるとたまたま階段の前で昏倒しているのを発見されて病院に運ばれたので、友人の家の階段からは落っこちなかったようです。
晩年は飲酒やクスリでだいぶひどい状態だったようですが、しかしそもそも「階段から落ちる」とはどういうことなのか。
『ブリキの太鼓』の主人公オスカルは、子どものままでいられるようにあえて階段から落ちてみずからの成長を止めますが、サンディ・デニーは子どものままでいるのに失敗して死んだといってよいのではなかろうか。あるいはお月さまから落っこちて帰れなくなって死んだといってもよいです。

ところで、シェラ・マクドナルドによると、「サンディはまったき英国の声であり、この国が生んだ最も独創的な声のひとつである(Sandy was a totally British voice, and one of the most original voices this country has ever produced.)」とのことですが(本書第11章)、英国的な声とはどんな声なのか。ノヴァーリス(ドイツ人)によると「すべての英国人は孤島である」、そしてボルヘス(アルゼンチン人)によると「おおむねの英国人は自分が幽霊であるかのような非現実感にさいなまれつつ生きている」ということになるのですが。



Sandy Denny - Late November















































































































プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
 
うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから
 
◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本