FC2ブログ

『Tarot de Marseille, Jean Noblet』 (restored by Jean-Claude Flornoy)

『Tarot de Marseille,
Jean Noblet』

Restored by Jean-Claude Flornoy


Editions "letarot.com", 2007
78 cards and 64-page booklet
10x6.5cm
Made in the European Union



ノブレ版マルセイユ・タロットがヤフオクで2,310円(送料込)で出品されていたので落札してみました。
正確にいうと17世紀にパリで発行されたジャン・ノブレ(Jean Noblet)のタロットをジャン=クロード・フロルノワが復元(現存するノブレのデッキに欠けている剣の6~10は「マルセイユ・スタイル」で再創造)したものです。
ノブレ版は現存するマルセイユ系タロット・デッキのなかでは最古のものだそうですが、それにふさわしい古拙感がただものではないです。殊にフロルノワはクリスタルクリアーな線と色彩で原画を描き直しているので、絵そのものの持つ古拙感にターボがかかっています。
その点、フロルノワとは別にノブレ版の復元(復刻)を手がけたジョゼフ・H・ピーターソン(Joseph H. Peterson)は、原典のかすれた線やくすんだ色彩を再現しようとしているので、古拙感がしっくりします。じつをいうとそっちが欲しかったのですが、売ってないので買えないです。



tarot noblet 01


サイズはやや小さめです。



tarot noblet 02



「魔術師」の左手の先端部分が欠けています。

全員おとぼけ顔ですが、特に女帝(L EMPERATRISE)のおとぼけぶりは並大抵ではないです。そこへいくと愚者がいちばんキリッとしていて知的かもしれないです(フォーク・ギタリストのジョン・レンボーンにそっくりです)。とはいえパンツをはいていないのでたいへん無防備です。



tarot noblet 03



マルセイユ系タロットでは大アルカナ13番にはカードの名称(「死」)が記載されていないのがふつうですが、ノブレ版では「LA MORT」と記入されているのが特徴的である、と解説書にはありますが、それよりもガイコツなのに「ハタ坊」みたいな髪の毛が生えているのが特徴的です。





Jean Noblet Tarot c. 1650s Comparison PART 1: Peterson (Facsimile, 2016) v Flornoy (Redrawing, 2014)




















































スポンサーサイト



『Oswald Wirth Tarot』 (U.S. Games)

『Oswald Writh Tarot』


U.S. Games, 1976, 2011, 2016
13.2x7.2cm
Includes 78 cards & instruction booklet
Made in China



アマゾンで注文しておいたオズヴァルド・ヴィルトのタロットデッキが届いたので開封してみました。

スイスのカバリスト、オズヴァルド・ヴィルトによって、スタニスラス・ド・ガイタの指導の下、エリファス・レヴィの理論を取り入れつつ、マルセイユ・タロットのデザインに基づいて1889年に制作され、1926年に改訂された大アルカナのみのセットを、1976年にさらに改訂して、元は無かった小アルカナを新しくデザインして増補したデッキです。



wirth tarot 01


箱。



wirth tarot 02


中のカードもシュリンクラップされていました。

「愚者」にちょっかいをだしているのが犬でなく猫なのが特徴的です。股のあいだに見えているのが草でなく花なのもそうですが、このへんはジェルジェ版のデザインを踏襲しているとおもわれます。向うにみえる緑色の物体はワニです。ちなみに「隠者」のカードには蛇(というかドラゴン)が描かれています。



wirth tarot 03


マルセイユ・タロットにくらべると顔立ちがすっきりしていますが、ライダー・タロットほど洗練されていない朴訥な感じがよいです。
裏面のデザインは左右非対称です。



wirth tarot 04



22枚の大アルカナにローマ数字とヘブライ文字のアルファベットを配し、ヨーロッパ中世風の絵柄に古代エジプト風のデザインを取り入れたエソテリックでうさんくさい折衷感がよいです。背景の金も光り過ぎず落ち着いた感じでよいです。スチュアート・R・キャプランによる解説ブックレット(英文)付。
オズヴァルド・ヴィルトといえば『中世絵師たちのタロット』の翻訳が国書刊行会からめでたく刊行されましたが、ちょっと高価なので様子見中であります。












































Alejandro Jodorowsky and Marianne Costa 『The Way of Tarot』 (Translated by Jon E. Graham)

「An art that does not heal is not an art.」
(Alejandro Jodorowsky and Marianne Costa 『The Way of Tarot』 より)


Alejandro Jodorowsky
and Marianne Costa 
『The Way of Tarot:
The Spiritual Teacher
in the Cards』 
Translated by Jon E. Graham



Destiny Books, 2009
viii, 536pp, 8pp of color plates, 22.8x15.2cm, paperback
Originally published in French under the title *La Voie du Tarot* by Éditions Albin Michel, 2004



本書はマルセイユ・タロットの入門書で、著者とタロットの出会いを語る序文(アンドレ・ブルトンとのエピソードもあります)、タロット概論(第一部)、個々のカード(アルカナ)の意味(第二部 大アルカナ、第三部 小アルカナ)、二枚の大アルカナの組み合わせの意味(第四部)、具体的なリーディングの方法(第五部)、ニューエイジなタロット哲学(結論)、から成っています。
著者のアレハンドロ・ホドロフスキーはあの伝説的カルト・ムービー「エル・トポ」「ホーリー・マウンテン」の監督ではないですか。
本書は『タロットの宇宙』として邦訳も出ていますが、英訳が安かったのでそっちでよんでみました(原文はフランス語)。別丁カモワン・タロット図版(カラー)8頁、本文中カモワン・タロット図版(モノクロ)多数。



jodorowsky - the way of tarot 01



ところで一口にマルセイユ・タロットといってもいろいろな系統がありまして、本書に掲載されているタロットは著者ホドロフスキーとタロット印刷業者フィリップ・カモワンによって「復元」されたマルセイユ・タロット(ニコラ・コンヴェル版)、いわゆる「カモワン・タロット」で、図柄の細部や色彩などが他のマルセイユ・タロットと異なる部分も多いです(細部や色彩のシンボリズムも詳細に検討されています)。リーディングもそれに拠っていますが、特徴的なのは「塔」や「悪魔」、「死」(本書では「名前のないアルカナ」(The Nameless Arcanum/L'Arcane sans Nom)と呼ばれています)など、マイナスイメージの強いカードのリーディングで、「塔」(本書では「神/家」(La Maison Dieu)と呼ばれています)は開放、出現、「悪魔」は無意識の力、情熱、創造性、「名前のないアルカナ=死」は変容、変革など、積極的・肯定的な意味付けがなされていることで、これは本書の主旨である個々のカード(あるいはその細部)を全体との関連で見ることの重要性(「The Tarot is a union of the Arcana」)そしてヒーリング的意義の重視(「You should acquire only the power of helping others. An art that does not heal is not an art.」)によるものであろうと思われます。そういう意味では従来のロマン主義的なタロット観(予言・運命論・有無を言わせぬ占い師オーラ・自分のことは占えない)とは対蹠的な著者のタロット観――「タロットは未来を占うためのものではない」「未来は自由意志にまかされている」「タロティスト(Tarotist)は謙虚でなければならない」「タロットは自分自身を知るための道具である」――も特徴的です。



jodorowsky - the way of tarot 03



Contents:

Preface by Marianne Costa
Introduction by Alejandro Jodorowsky

PART ONE: Structure and Numerology of the Tarot
Opening: The Tarot Is a Complete Entity
To Begin
Composition and Rules of Orientation
The Numerology of the Tarot
The Ten Stages for Constructing the Mandala
The Eleven-Color Scale

PART TWO: The Major Arcana
Opening: An Architecture of the Soul
To Begin
Le Mat/The Fool
I Le Bateleur/The Magician
II La Papesse/The High Priestess
III L'Impératrice/The Empress
IIII L'Empereur/The Emperor
V Le Pape/The Pope
VI L'Amoureux/The Lover
VII Le Chariot/The Chariot
VIII L'Hermite/The Hermit
X La Roue de Fortune/The Wheel of Fortune
XI La Force/Strength
XII Le Pendu/The Hanged Man
XIII L'Arcane sans Nom/The Nameless Arcanum
XIIII Tempérance/Temperance
XV Le Diable/The Devil
XVI La Maison Dieu/The Tower
XVII L'Étoile/The Star
XVIII La Lune/The Moon
XVIIII Le Soleil/The Sun
XX Le Jugement/Judgment
XXI Le Monde/The World

PART THREE: The Minor Arcana
Opening: The Humble Guardians of the Secret
To Begin
The Degrees of the Numerology
 The Aces
 The Twos
 The Threes
 The Fours
 The Fives
 The Sixes
 The Sevens
 The Eights
 The Nines
 The Tens
 The Numerological Degrees by Suit
  Swords ● Cups ● Wands ● Pentacles
The Honors or Court Cards
 The Pages
 The Queens
 The Kings
 The Knights
 A Summary of Meaning by Suit
  Swords ● Cups ● Wands ● Pentacles

PART FOUR: The Tarot Two by Two
Opening: Consciousness as a Joint Work
To Begin
The Duets of the Two Decimal Series
 I The Magician - XI Strength
 II The High Priestess - XII The Hanged Man
 III The Empress - XIII The Nameless Arcanum
 IIII The Emperor - XIIII Temperance
 V The Pope - XV The Devil
 VI The Lover - XVI The Tower
 VII The Chariot - XVII The Star
 VIII Justice - XVIII The Moon
 VIIII The Hermit - XVIIII The Sun
 X The Wheel of Fortune - XX Judgment
The Couples of the Tarot
 The Fool - The World
 The Magician - Strength
 The High Priestess - The Pope
 The Empress - The Emperor
 The Chariot - The Star
 Justice - The Hermit
 The Moon - The Sun
The Pairs That Add Up to 21
Numerical Succession and Transfer

PART FIVE: The Reading of the Tarot
Opening: How to Become a Mirror
To Begin
First Steps to Reading the Tarot
 With One Arcanum
 With Two Arcana
 With One, Two, Then Several Arcana
 With One Partner
Reading Three Cards
Reading Four and More Cards
Reading Ten and More Cards

Conclusion: The Tarotic Philosophy
Notes




jodorowsky - the way of tarot 02



◆本書より◆


「Introduction」より:

「During the course of one of my journeys to Mexico as Marceau's assistant, I made the acquaintance of Leonora Carrington, a surrealist poet and painter who had had a love affair with Max Ernst during the Spanish Civil War. When Ernst was imprisoned, Leonora went mad, with all the horrors that implies but also with all the doors that this malady opens in the prison of the rational mind. Inviting me to eat a skull made from sugar with my name carved on its forehead, she told me: "Love transforms death into sweetness. The bones of the skeleton of the Thirteenth Arcanum are made of sugar." When I realized that Leonora used the symbols of the Tarot in her work, I begged her to initiate me. She answered: "Take these twenty-two cards. Examine them one by one and then tell me what you feel is the meaning of what you see." Overcoming my shyness, I obeyed her. She rapidly wrote down everything I said to her. When I finished, with my description of The World, I was soaked in sweat. With a mysterious smile on her lips the painter whispered to me: "What you just dictated to me is the secret. As each Arcana is a mirror and not a truth in itself, become what you see in it. The Tarot is a chameleon."」

(マルセル・マルソーの助手としてメキシコに行ったとき、シュルレアリスムの詩人・画家レオノーラ・カリントンと知り合いになった。スペイン戦争中に恋愛関係にあったマックス・エルンストが投獄されて、レオノーラは精神に異常を来たし、それによって理性という牢獄から解放されたのだった。額に私の名前が彫られた砂糖製のスカルでもてなしてくれて、「愛が死を甘美なものにする。タロットのアルカナ13番のガイコツは砂糖でできているのよ」と教えてくれた。タロットの手ほどきをお願いしたら、「大アルカナ22枚を一枚ずつよく見て、それが何を意味しているか感じたことを教えて」というのでその通りにすると、レオノーラは私が言ったことを全て書き留めて、ミステリアスな笑みを浮かべてささやいた。「これがタロットの秘密です。アルカナはそれ自体が真理なのではなくて、鏡のように、あなたがそこに見るものになる。タロットはカメレオンのように変幻自在なの」)

「In 1993 I received a postcard in which Philippe Camoin, direct descendent of the Marseilles family that had been printing Nicolas Conver's Tarot since 1760, told me about the auto accident in which his father, Denys Camoin, had died. ( . . . ) He could not get past his mourning and following futile attempts to rejoin society, Philippe Camoin became a hermit. He spent ten years shut up in his father's house in the small town of Forcalquier with no other communication with the world except that provided by a satellite antenna that allowed him to receive more than one hundred different channels on his television. This was how he was able to learn the basics of a dozen languages.」
「He had difficulties expressing himself. Long silences interrupted every word that fell from his mouth. ( . . . ) He wanted to attend my Tarot classes. The other students wondered if Philippe was mute. He had immense difficulty establishing relations with human beings. It was easier for him to communicate with beings from other worlds.」
「If the death of his father had broken the bonds connecting his son to the world, it would be necessary to reconnect Philippe to the family tradition in order to restore them. To do this, I suggested we together restore the Tarot of Marseille.」


(1993年に、マルセイユ・タロットの印刷者の一族の直系であるフィリップ・カモワンから葉書が来た。父親が事故死した悲しみから実家に引きこもって、十年のあいだ衛星放送だけを相手に暮しているうちに十数か国語の基礎を学んだという。自己表現が困難で、口ごもりがちで、私のタロット教室に参加したものの、人間関係を築くのに甚だしい困難があった。父親の死が世界との絆を断ち切ったのであれば、絆を修復するには一族の伝統に再び繋げる必要がある。そのためにも一緒にマルセイユ・タロットの原型を復元しようとフィリップに持ち掛けた。)


「PART ONE」「Opening」より:

「The majority of authors of Tarot books are content to describe and analyze the cards one by one without imagining the entire deck as a whole. However, the true study of each Arcanum begins with the consistent order of the entire Tarot; every detail, tiny as it may be, stand these myriad symbols, one needs to have seen the final symbol they all form together: a mandala.」

(タロット入門書のほとんどは個別のカードの説明に終始していて、タロットデッキを一つの統一体として思い描くことがない。しかしながらそれぞれのアルカナを真に学ぶためにはまずタロット全体の一貫した秩序、多様なシンボルとしての細部すべてが集まって形作る最終的なシンボルであるマンダラを見なければならない。)

「I should acknowledge, though, that the Arcana can be oerganized into one whole in countless ways. As the Tarot is essentially a projective instrument, there is no definitive, unique, perfect form within it.」
「Our study of the Tarot begins with the understanding of this mandala. It is not possible to analyze the parts without understanding the whole. ( . . . ) The Tarot is a union of the Arcana.」


(とはいえアルカナを統一体として組織するやり方は無数にあって、タロットは本質的に自分を投影する道具なので、それ自体のうちにあらかじめ定められた唯一完全な方式などはない。
タロットを学ぶことはマンダラを理解することから始まる。全体を理解することなく細部を分析することはできない。タロットはアルカナの結合体である。)


「Le Mat/The Fool」より:

「AND IF THE FOOL SPOKE」
「"Did you know that transformation of consciousness is possible at any moment, that you can suddenly change the perception you have of yourself? People sometimes imagine that taking action means triumphing over the Other. What a mistake! If you wish to act in the world, you must explode that perception of the ego that has been imposed and embedded since childhood, and which refuses to change. Expand your boundaries endlessly and without cease.
 "Go into a trance. Let yourself be possessed by a more powerful mind than your own, an impersonal energy. It is not a question of losing consciousness but of allowing the original sacred madness, already within you, to speak.」
「"Do not be afraid of freeing the instinct, no matter how primitive. Going beyond the rational does not mean denying the mental force: be open to the poetry of intuition, to flashes of telepathy, to voices that do not belong to you, to words that come to you from another dimention. ( . . . ) The actions of an individual in a trance are not motivtated by what he has learned, but by what is."」


(もし「愚者」のカードがしゃべったら:
「意識のあり方を変えることはいつだって可能だし、自分自身についての認識を瞬時に変えることもできる。人は他人に勝つために行動するが、それは間違いだ。世界のなかで行動したいのなら、子どもの頃から押し付けられ植え付けられ固定化してしまった「自我」を打ち砕かねばならない。絶え間なくどこまでも境界を押し広げるのだ。
我を忘れて没頭せよ。自分の心よりも強い心、非人格的なエネルギーに突き動かされるがよい。それは自分を見失うことではなくて、元々自分の内にある、根源的な聖なる狂気に発言権を認めることだ。
原初的な本能を解き放つことを怖れてはならない。道理を踏み越えることは精神の力の否定ではない。直観や精神感応、自己の外からの声、異なる次元からの言葉に心を開くこと。没我状態における個人の行動は後天的に学んだことによってではなく、個人の固有性そのものによって動機付けられているのだ」)































































































プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
 
うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから
 
◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本