FC2ブログ

小池滋 『ロンドン ― ほんの百年前の物語』 (中公新書)

「これを読めばディケンズが公開処刑に反対したのが、ただの甘っちょろい人道主義者だったからとは思えなくなるだろう。マス・サディズム、マス・ヒステリアの芽が、狩りをする原始人時代から一貫してわれわれ人間の心の奥底にひそんでいること、文明の発達はそれを摘み取るどころか、逆に促進するばかりであること、マスコミや政治的野心家がそれを利用して、いわゆる「民衆の敵」「非国民」その他、近代的村八分や貝殻追放の対象を今後も簡単に作る可能性が十分あることを、彼は鋭く指摘しているだけだ。」
(小池滋 『ロンドン』 より)


小池滋 
『ロンドン
― ほんの百年前の物語』
 
中公新書 495


中央公論社
昭和53年2月15日 印刷
昭和53年2月25日 発行
5p+221p 
新書判 並装 ビニールカバー
定価400円
装幀: 白井晟一



本書「あとがき」より:

「だから、実感で知り得たロンドンについて何か言おうとか、ましてや日英文化についての比較論をやろうなどというつもりは毛頭ない。私がここで試みたことは、他人の目が見てそのペンで記した文献をかりて、ほぼ一世紀前頃のロンドンを描くこと――スケッチではなくて、文字どおり貼りあわせのコラージュを制作することであった。」


巻頭に「ロンドン略図」1点、本文中に図版(モノクロ)49点。



小池滋 ロンドン



帯文:

「有名無名の人びとが彩る都市の多面的な素顔、驚くべき真実」


帯裏:

「産業革命で急激に肥大するこの町は、旺盛な消化力によってあらゆるものを呑み込むばけもの都市の観を呈した。オペラと裁判と青物市場が隣り合わせ、泥棒と売春婦の数は数えきれず、なんと窮貧者の監獄まで出現する有様であった。テムズの河さらい、拾い屋、俗謡売りなど、しがない無名の人々の哀歓と、小説の中に見え隠れする当時の名探偵、大盗、不幸な女たちの実の姿を描いて、イギリス光輝の時代の陰影を鮮やかに隈どる。」


目次:

序章 大きなおできの町
 コベットの日記
 増殖する腫れもの
 ディケンズ一家

第一章 逃れの町
 音楽市場
 有名無名の亡命者たち
 貧困からの逃亡者
 円形長屋の住人たち

第二章 コヴェント・ガーデン盛衰記
 劇場・法廷・青物市場
 尼僧院の庭
 朝の街頭風景
 フィールディング――法律と文学
 ウェストミンスターの判事殿
 奉行と大盗ワイルド
 フィールディング旦那の一党
 十八世紀の犯罪白書
 ジョン・フィールディングの活躍
 その後の界隈

第三章 スコットランド・ヤード交響曲
 テムズ河畔の往時
 ラトクリフ大通りの殺人事件
 警察近代化への着手
 ピーラーとラナーズ
 ラング判事をめぐる挿話
 特別犯罪捜査班のはしり
 名探偵のモデルたち
 新しい時世のなかで

第四章 犯罪者の監獄と貧困者の監獄
 大きな汚水溜
 ニューゲイト・カレンダー
 処刑のショウ化
 監獄の近代化
 貧困者の監獄
 マモンの神への怨み

第五章 薔薇と堆肥
 万国博の輝かしい年に
 下水道で生活する人びと
 テムズのさらい屋
 ロンドンのごみ集め
 煙突の町の掃除少年
 詩の大道商人
 乞食商売さまざま
 ストリート・ガールズ
 ヴィクトリア朝ロンドンの憂鬱

あとがき




◆本書より◆


「地獄はロンドンによく似た町――
  人ごみと煙にあふれた町だ。
あらゆる種類の人間が破滅し、
面白いこと楽しいことはまるでなく、
  正義はごく稀、
   憐れみはさらに稀にしか見られぬ。
(P・B・シェリー『ピーター・ベル三世』第三部)」


「きみ、ロンドンに倦(あ)きた人は、人生に倦きているのさ。だってロンドンには、人生が与え得るものすべてがあるのだからね」
――『サミュエル・ジョンソン伝』一七七七年九月二十日」



「序章 大きなおできの町」より:

「「なんということだ! これが『繁栄』というものなのか。これが『戦争景気』というものなのか。腐敗によって生まれ、犯罪と悲惨と奴隷状態を生み出す、この不自然な膨張、この白い腫れもの、このいまわしいできものの存在を、私はこの二十年の長きにわたって歎き続けてきたのではなかったか」

 ウィリアム・コベットは、イングランド南部に生まれて育った自作農、そのままでいけば骨の髄からの頑固なイギリス人、保守主義者、愛国者となるはずの男だった。ところが周知のとおり、十八世紀末から十九世紀の初頭にかけて、社会の大激変がやってきた。」
「農村出身者のコベットの目に、人為的な都市の膨張が、ひどく不自然で不安定で、病的なおできのように映ったのも無理はない。」
「囲い込みがはなはだしくなるにつれて、農業牧畜でほそぼそと生計をたてていた人びとはしだいに追い立てられ、文字どおりルンペンとなって放浪せざるをえなくなる。大都市周辺の農村地帯は、土地を生活の基盤としてではなく、投資と金儲けの対象としてのみ考える、都会の旦那方に蚕食され、汚染されていく。彼らは勝手に都市をふくらましたり、逆に「焚きつけのガラクタ」の廃墟にしたりする。コベットはこの不条理を「二十年の長きにわたって歎き続けてきたのではないか」といっているが、これは予言者として自分の先見の明を得々として吹聴しているのではなく、事態がちっとも改善しないことにいらだっているのである。」

「「だが、すべてのおできの大親玉、ジャーナリストどもが愚かにも気取って『大英帝国のメトロポリス』と呼ぶばけものの運命はどうなるのか。そのまわりにくっつけられた多くの町は、どうなるのか」

 人で急激にふくれあがった都会を「おでき」(wen)と呼ぶこの比喩が、彼はよくよく気に入ったのか、これ以後のべつまくなしに使っている。とくに首都ロンドンに対しては、頭文字を大文字にしたり(the Wen)、「大きな」(great)という形容詞をつけたりしているが、彼の文章には「ロンドン」という語があまり見かけられず、そう呼ぶべきところはほとんどいつも、この「おできの親玉」で代用されている。」

「この文章に見られるコベットの態度には、熱血漢と臨床医の奇妙な混合のようなものがある。彼の目の前には大きなおできをこしらえた病人の、不健康な、醜い、吐気をもよおすような身体がある。ひと思いにすっぱり切開してしまえば、医者としては気持がいいだろう。しかし一回切ったくらいではこのおできは治りっこないし、へたに切れば患者の生命そのものを脅かすことを、彼はよく知っているのだ。だから彼はいらだち、しつこいほど例の「おできの親玉」という言葉をくりかえす。彼の文章上の先達だった、ジョナサン・スウィフトの墓碑銘ではないが、「激しい憤怒に心もひき裂かれる」ばかり。
 だが、コベットにはスウィフト司祭のような狂気はない。彼の精神を健康にしてくれたのは、結局のところ自分はあの「おでき」のなかの哀れな住人ではない、という確信である。彼はロンドンに住んではいたものの、あくまで農村社会と対比して、そこからおできを観察し、診察する人間なのだ。自分はおできの親玉のなかの「あらゆる種類の病気と悲惨」をこの身に体験した人間ではない、と知っていればこそ、冷静に客観的に現実を直視できた。
 だから、コベットの文章にあえてないものねだりをするならば、それは次のようになるだろう。大都会の悲惨と病気の実の姿を、医者ではなくて患者として、感覚的に、いわば悪夢にうなされたような筆で描いてくれれば、もっと読者の心を強くゆさぶったであろうに。おできの膿(うみ)に自分自身がまみれて、泥棒や売春婦を描いてくれたら……そうすれば不愉快な大都会ロンドンにも、思いもかけぬ魅力があることを、自らも発見し、読者にも伝えてくれることができたできたかもしれない。」

「というわけで、ウィリアム・コベット氏にはこの辺でお引取り願って、これからはしばらくチャールズ・ディケンズ一家の後について、(中略)ロンドンに入って行くことになるが、行く手にあるのは、ジョンソン博士が「人生そのもの」と呼び、詩人シェリーが「地獄そっくり」と呼んだおできの親玉である。ダンテすら地獄へ行く時には案内人としてウェルギリウスを必要としたのだから、明暗交錯するこの都会へ足を踏み入れるには、私たちも誰かに導いてもらわねばなるまい。ディケンズを中心にして、そのほか多数の有名無名の人びとが、その役を分担してくれるはずである。」









こちらもご参照ください:

小池滋 『ロンドン 世界の都市の物語』 (文春文庫)
出口保夫 『ロンドン塔 ― 光と影の九百年』 (中公新書)
小池滋 『チャールズ・ディケンズ』 (ちゅうせき叢書)
小池滋 『英国鉄道物語』



































































































スポンサーサイト



小池滋 『ロンドン 世界の都市の物語』 (文春文庫)

「チャールズの憎悪はうっ積屈折した形でしか復讐(ふくしゅう)の方法を見出すことができなかった。善意の無知ほど世の中で恐ろしい迷惑はない、ということを思い知らされたのだ。自分で気付かぬうちに他人を迫害している人間ほど、始末に負えぬ悪人はいない、とつくづく思ったのだ。なぜなら、そうした加害者に対しては、正当単純な形での復讐が許されないというのが世の常識だから。
 チャールズに残された唯一の意趣返しは、想像力によって架空(フィクション)の世界の中で行なうことだった。」

(小池滋 『ロンドン』 より)


小池滋 
『ロンドン 
世界の都市の物語』
 
文春文庫 こ-21-1


文藝春秋
1999年2月10日 第1刷
333p 
索引xii 参考文献vi ロンドン年表vii
文庫判 並装 カバー
定価514円+税
カバー: 安野光雅


「単行本 文藝春秋 一九九二年六月刊」



本書は「世界の都市の物語」シリーズの一冊として刊行されました。本書はその文庫化です。
本文中図版(モノクロ)96点、地図13点。



小池滋 ロンドン 世界の都市の物語



カバー裏文:

「伝統と繁栄を誇る大英帝国の首都ロンドン。その歴史ゆえに時と場所が交錯し、訪れる人々を混乱させる、このミステリアスな都市をディケンズ、亡命中のマルクス、フォールスタッフ、演奏旅行中のモーツァルト、切り裂き屋ジャックらこの街ゆかりの人物たちが案内してくれる、歴史と観光スポットを織りまぜたロンドン総合ガイド。」


目次:

序章 あの人と一緒にロンドン漫歩
 居間に座って時間旅行
 ローマ人の占領時代
 中世のロンドン

1 フォールスタッフと夜の散歩
 いざボアーズ・ヘッド亭へ
 辛口白ワインの効能
 ご馳走は一番乗り、いくさはどん尻
 爺さんの言うことにゃ
 曰く、勇気の神髄は分別
 ウィルの旦那とのお付き合い
 イーストチープの夢枕

2 ピープスとイーヴリンの火事見物
 シティ・オヴ・ロンドンが焼野原
 旦那さま火事です
 何と長い時間が経ったように思えたことか
 昼間同様の明るさ
 日記に見る性格

3 ジョナサン・ワイルド この世の最後の道行き
 ロンドンに名高い二つの監獄
 恐怖の司法制度
 「ロンドン犯科帳」
 ここは地獄の三丁目
 ニューゲイト紳士録
 タイバーンへの道
 悪人は死して名を残す
 
4 引越しにもあきなかったジョンソン博士
 博士の華麗なるロンドン遍歴
 シャツが清潔な日にぼくは人を訪ねた
 三文文士と大文豪
 引越し魔の跡を追う
 「オールド・チェシャー・チーズ」亭
 道楽者ボズウェルとグルメな博士
 ソーホーが出来るまで
 ダウニング街いまむかし

5 モーツァルト一家が歩いたロンドン
 八歳の神童
 クィーンズ・パレスの御前演奏
 縞馬とシンフォニー
 モーツァルトの崇拝者たち

6 ディケンズ少年の「ホーム」カミング
 ウォレン靴墨工場のある土地
 痩せても枯れてもホワイトカラー
 監獄の内と外
 チャールズくんのどたん場の知恵
 ウォータールー橋の南側
 作家ディケンズの誕生

7 カール・マルクスの放浪
 資本主義帝国へ亡命
 律義者の子沢山?
 降る日照る日も図書館通い
 大いなる遺産

8 英国式鉄道殺人事件
 走る密室
 犯行現場にて
 帽子と金時計の行方
 大西洋抜きつ抜かれつ
 処刑台への道
 ミューラー事件の波紋
 列車通勤の時代
 時代は三等へ

9 イースト・エンドの恐怖(その一)
 二つの未解決事件
 テムズ河のパーキング・エリア
 ドックのための産業城下町
 第一の殺人事件
 引き続く兇行
 真犯人は誰か?
 死体を“処刑”

10 イースト・エンドの恐怖(その二)
 「ジャック・ザ・リッパー」のあばれた街
 猟奇的な殺人
 元祖「怪人二十一面相」
 ジャック最後の犯行
 二〇世紀都市型犯罪

11 長谷川如是閑のロンドン 一九一〇年
 ジャーナリスト長谷川如是閑
 高級下宿の「ペイイング・ゲスト」
 レディとそろばん
 明治男の見たフェミニズム運動
 「女性に投票権を!」
 女の細腕で飲み干す大杯

ロンドン年表
参考文献
索引




◆本書より◆


「ディケンズ少年の「ホーム」カミング」より:

「既に述べたように、当時の法によると、個人間の借金でも返済しないと、訴えられれば投獄されることになっていたのである。これはひどく残酷非道のように思えるかもしれないが、実はそれほどでもない。というのも、借金が払えない人の入れられる監獄は、(中略)人殺しや泥棒が入れられる監獄とは別種の、債務者監獄という場所であった。ここは普通の監獄とはかなり規則が違っていて、より寛大だった。なにしろ、ここは家族ぐるみで入ってもよい監獄で、もちろん当人は外へ出ることは許されないが、家族は門の開いている昼間は自由に出入りできる。」
「何のことはない宿泊費無料の公営住宅のようなもので、ここにいる限り外の債鬼に責めたてられることはなく安全なのだから、一生入っていたくなるくらいなものだ。(中略)ジョン・ディケンズも監獄の門を入る時には息子チャールズに向って、「わしにとって太陽は永久に沈んでしまったのだ」なんぞと芝居がかったセリフを吐いたものの、むしろ塀の中の生活の方が気楽と思っていたのではあるまいか。」

「両親がチャールズに労働を強いたのは、決して意地悪からではなかった。むしろ、悪意からであった方が、少年にとっては楽であったろう。父母を公然と責めることができたろうから。ところが、両親は善意から、チャールズのためによかれと思って、彼に仕事を課したのだ。つまり、息子の繊細な気持を想像すらできないという、善意の無知がその原因であった。これがチャールズにとっては故意の悪意よりも我慢できなかった。
 ボブの場合も同じで、もともとは彼の善意から生じた迷惑だった。いやみや底意地悪いいじめから、家まで送ってやるとしつこく言い張ったのなら、ボブを憎み返す正当な理由を見つけ出すことができたはずだ。ところが友人の心中を察することができないという、善意の無知から生じた行為だから、相手を憎んで、それで忘れるという単純な意趣返しで自分の気持を鎮めることができない。
 チャールズの憎悪はうっ積屈折した形でしか復讐(ふくしゅう)の方法を見出すことができなかった。善意の無知ほど世の中で恐ろしい迷惑はない、ということを思い知らされたのだ。自分で気付かぬうちに他人を迫害している人間ほど、始末に負えぬ悪人はいない、とつくづく思ったのだ。なぜなら、そうした加害者に対しては、正当単純な形での復讐が許されないというのが世の常識だから。
 チャールズに残された唯一の意趣返しは、想像力によって架空(フィクション)の世界の中で行なうことだった。」



「イースト・エンドの恐怖(その一)」より:

「ロンドンのイースト・エンド――と、こう書いただけで、いつまでも変らない一つのイメージが人びとの頭の中に定着してしまいそうだ。貧困、無法、暴力、などなどが、霧の中に渦巻いて、恐ろしい地獄絵図を展開させる。水夫たちが飲んだくれて、殴り合い、殺し合いが日常茶飯事の安酒場。中国人が経営する地下のアヘン窟、その裏の落し戸から夜な夜な何者かの死体がテムズの底知れぬ水面に葬られる。狭い路地には売春婦が立ち並んで客を待つ。」
「だが、現実はこうした悲惨さを売りものにしたロマンチシズムのヴェールを、どんどんはぎ取ってしまった。二〇世紀になってから再開発と社会福祉の波が、真先にこの地区に押し寄せた。そこへ第二次世界大戦中の空爆が重なり合って、多くの地表面を瓦礫(がれき)の山に変え、その整理が終ったところには、現代的な――しかしながら散文的な都市風景が姿を現わした。
 ことに最近急激に押しよせたドックランド再開発は、東京におけるウォーターフロント計画と同じように、テムズ河下流沿岸地域の様相を、よかれ悪しかれ、目ざましく変えてしまった。これを非難するか支持するかは人によってさまざまであろうが、ともかく今では切り裂き屋ジャックの幽霊が一〇〇年後に甦(よみがえ)ったとしても、戸惑うしかあるまい。
 というわけで、今日のイースト・エンドを通る人は、周囲を見まわして他のロンドンとほとんど変るところがない――いや、他のロンドンよりもずっと新しく、整然とした街頭が見られることで驚き、かつ失望させられたような気持になるようである。」







こちらもご参照ください:

小池滋 『ロンドン ― ほんの百年前の物語』 (中公新書)
仁賀克雄 『ロンドンの恐怖 ― 切り裂きジャックとその時代』 (ハヤカワ文庫)
野尻抱影 『ロンドン怪盗伝』 (野尻抱影の本 4)


































































































































プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
 
うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから
 
◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。
歴史における自閉症の役割。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本