Susan L. Aberth  『Leonora Carrington: Surrealism, Alchemy and Art』

「I think I was mainly expelled for not collaborating. I think I have a kind of allergy to collaboration and I remember I was told, 'apparently you don't collaborate well either at games or work.' That's what they put on my report.」
(Leonora Carrington)


Susan L. Aberth 
『Leonora Carrington:
Surrealism, Alchemy and Art』


Lund Humphries, 2004, paperback edition 2010
160pp, 29x25cm, paperback
Designed by Chrissie Charlton & Company
Printed in China



スーザン・L・アバースによるレオノーラ・キャリントン評伝。
並装フランス表紙。
本文中カラー図版多数(一部モノクロ)。


leonora carrington - aberth 1


目次:

Introduction The Magical Art of Painting
Chapter 1 The Reluctant Debutante
Chapter 2 Ernst, Surrealism and the femme sorciere
Chapter 3 Heaven and Hell: Wartime Experiences
Chapter 4 The Alchemical Kitchen: Domestic Space as Sacred Space
Chapter 5 Esoteric Interests
Notes
Jazzamathatics or Introduction to the Woderful Process of Painting by Leonora Carrington
Index



leonora carrington aberth 2


本書収録図版:

1. Photo Kati Horna "Leonora Carrington collage, April 6th 1987"
2. The Lovers (1987)
3. Orookhey Hall (1947)
4. Crookhey Hall, exterior
5. Conservatory at Crookhey Hall
6. Great Hall at Crookhey Hall
7. Leonora Carrington on her horse Winkie, c.1931
8. Leonora Carrington as a young girl, c.1930
9. Untitled (c.1949-50)
10. Figuras Miticas: Bailarin I (1954)
11. Figuras Miticas: Bailarin II (1954)
12. Leonora Carrington with Saint-Bernard dogs in Switzerland, c.1932
13. Leonora Carrington and her mother at their presentation at the court of King George V, 1934
14. Leonora Carrington, 1934
15. Portrait of Joan Powell (c.1936)
16. Green Tea (La Dame ovale) (1942)
17. Lee Miller, Ady Fidelin, Leonora Carrington, and Nusch Eluard, Lambe Creek, Cornwall, England 1937
18. Self-Portrait (Inn of the Dawn Horse) (1937-8)
19. The Horses of Lord Candlestick (1938)
20. The Meal of Lord Candlestick (1938)
21. Max Ernst at St. Martin d'Ardèche, sitting with sculptures, 1938
22. Leonora Carrington at St. Martin d'Ardèche, 1938
23. Leonora Carrington and Max Ernst at St. Martin d'Ardèche, France, 1939
24. Leonor Fini "Portrait of Leonora Carrington" (1939)
25. Leonor Fini "The Alcove: An Interior with Three Women (c.1939)
26. Portrait of Max Ernst (1939)
27. Jacques Hérold, Max Ernst and Danny Bénédite, Varian Fry's co-worker, hang paintings by Ernst and Leonora Carrington from a tree, for an auction of artworks, Villa Air Bel, 1941
28. Down Below (1941)
29. Portrait of Dr. Morales (c.1943)
30. Map of Down Below (c.1943)
31. Group photograph of Artists in Exile, New York, 1942
32. Brothers and Sisters Have I none (1942)
33. Les Distractions de Dagobert (1945)
34. Leonora Carrington and Emerico 'Chiki' Weisz at their wedding, Mexico City, 1946
35. Leonora Carrington and Chiki Weisz on their wedding day, Mexico City, 1946
36. Günther Gerzso "The Days of Gabino Barreda Street" (1944)
37. Chiki, ton pays (1947)
38. Mujeres Conciencia (1972)
39. The House Opposite (1945)
40. Tuesday (1946)
41. Leonora Cattington in her studio, 1947
42. Hieronymous Bosch "The Temptation of St Anthony (1500s)
43. The Temptation of St Anthony (1947)
44. Plain Chant (1947)
45. Nine, Nine, Nine (1948)
46. The Hour of the Angelus (1949)
47. Bird Pong (1949)
48. Darvault (c.1950)
49. Pastoral (1950)
50. The Giantess (c.1950)
51. The Dead Queens of Cockerham (c.1950s)
52. The Conjurer (c.1950s)
53. Red Mask (c.1950s)
54. Untitled three-panelled folding screen (1964)
55. Hunt Breakfast (1956)
56. Sidhe, the White People of the Tuatha dé Danaan (1954)
57. Ferret Race (1950-1)
58. Samain (1951)
59. Good Morning Dr. Fischer (c.1951-2)
60. And Then We Saw The Daughter of the Minotaur (1953)
61. Are You Really Syrious? (1953)
62. The Flying Ur Jar (1953)
63. Casting the Runes (1951)
64. Untitled (1952)
65. AB EO QUOD (1956)
66. Coitus, Alchemical drawing from J.D. Mylius, in Anatomia auri, Frankfurt, 1628
67. Gabriel, Leonora and Pablo Carrington c.1959-60
68. The Chair, Daghda Tuatha dé Danaan (1955)
69.Cat Woman (La Grande Dame) (1951)
70. Sacrament at Minos (1954)
71. Temple of the Word (1954)
72. The Snakes (1961)
73. El mundo mágico de los mayas (1963)
74. Penelope, Play by Leonora Carrington staged by Alexandro Jodorowsky in Mexico City (1957)
75. Letter to Dana (1957)
76. The Chrysopeia of Mary the Jewess (1964)
77. The Bath of Rabbi Loew (1969)
78. Pig Rush (1960)
79. Naturaleza Muerta (Still Life) (1960)
80. The Garden of Paracelsus (1957)
81. Syssigy (1957)
82. The Floor 4706th (1958)
83. Le Grand adieu (1958)
84. El Rarvarok (1963)
85. Litany of the Philosophers (1959)
86. Reina de los mandriles (1959)
87. Who art thou, White Face? (1959)
88. Animus Macquina (1962)
89. Friday the 13th (1965)
90. The Candle Game (1966)
91. Sachiel, the Angel of Thursday (1967)
92. The Ancestor (1968)
93. Lepidopteros (1969)
94. Forbidden Fruit (1969)
95. Untitled, One of three preparatory panels (1964ß5)
96. Self-Portrait in Orthopedic Black Tie (1973)
97. The Powers of Madame Phoenicia (1974)
98. Grandmother Moorhead's Aromatic Kitchen (1975)
99. Took My Way Down, Like a Messenger, to the Deep (1977)
100. The Magdalens (1986)
101. La Virgen de la Cueva (1995)
102. Samhain Skin (1975)
103. La Vaca (1975)
104. Tribeckoning (1983)
105. The Labyrinth (1991)
106. Tell the Bees (1986)
107. Night of the 8th (1987)
108. Cabbage (1987)
109. Kron Flower (1987)
110. Ikon (1988)
111. Crow Catcher (1990)
112. March Sunday (1990)
113. Dog, come here into the dark house, Come here black dog (1995)
114. The Q Symphony (2002)
115. How Doth the Little Crocodile (2003)



leonora carrington aberth 3



◆本書より◆


「The Bishop of Lancaster intervened on behalf of the Carrington family and Leonora was accepted into a second convent, St Mary's in Ascot. She hated this school and was yet again expelled in less than a year. Her cousin Patricia Paterson recalls Leonora's behaviour at school:
 We were both at St. Mary's at Ascot and she was a rebel. She was anti any discipline and rather inclined to go her own way. She was rather musical, as well as artistic, and the great craze was to have a saw and she would play on it and we were caught and there was trouble. She just didn't fit into school.」


(学校嫌いのレオノーラはカトリック校から一年足らずで放校される。いとこのパトリシア・パターソンによるとレオノーラは反逆児で、押し付けがましい教育(ディシプリン)をいっさい受け付けず、自分のやり方を押し通そうとした。のこぎり(ミュージカル・ソー)が流行したときは学校に持ちこんで演奏し問題になった。)


「Carrington also believes she was punished for her inability to conform to prevalent social standards and behaviour deemed appropriate for a girl of her class:
 I think I was mainly expelled for not collaborating. I think I have a kind of allergy to collaboration and I remember I was told, 'apparently you don't collaborate well either at games or work.' That's what they put on my report. They wanted me to conform to a life of horses and hunt balls and to be well considered by the local gentry I suppose.」


(キャリントンは自分が、普通の社会的基準に従ったり女生徒にふさわしいふるまいをしたりすることができないゆえに罰せられたのだと信じている。
「わたしには協調性が欠如していたから追い出されたのだとおもう。共同作業には虫唾が走る。「遊びでも勉強でも協調できない」と通信簿に書かれた。乗馬やら舞踏会やらに精を出して地元の名士に気に入られるような生活をさせたかったのでしょうね」)


leonora carrington aberth 4


















































































スポンサーサイト

Leonora Carrington 『The Hearing Trumpet』 

"I can't help feeling some deep affinity with Joan of Arc and I often feel I am being burned at the stake just because I am different from everybody else because I have always refused to give up that wonderful strange power I have inside me and it becomes manifested when I am in harmonious communication with some other inspired being like myself."
- Leonora Carrington "The Hearing Trumpet"


Leonora Carrington
『The Hearing Trumpet』

Illustrations by Pablo Weisz Carrington

Exact Change, Boston, 1996
xix, 199pp, 20x15cm, paperback
Introduction 1991 Helen Byatt
Introduction first published in Great Britain by Virago Press Ltd
Cover painting: detail from "The Giantess" by Leonora Carrington



画家レオノーラ・キャリントン(カリントン)の長篇小説『耳ラッパ』。
レオノーラの息子パブロによる挿絵14点入り。


leonora carrington - the hearing trumpet 1


息子一家と同居する92歳のマリアン(Marian)は二匹の飼猫の抜け毛を集めてセーターを編みたいと考えている。そんな変わり者の彼女が唯一信頼しているのは変わり者仲間のカーメラ(Carmella)。世界中の見知らぬ人に偽名で手紙を送りつけるのが趣味で予知能力もあるカーメラは主人公に「耳ラッパ」をプレゼントする。耳ラッパは螺鈿細工が施された牛の角のような器具で、補聴器のように耳にあてると遠くにいる人々の会話を盗聴することができるのだ。息子の様子を不審に思ったマリアンは耳ラッパで家族の会話を聞いてみた。どうやらマリアンをコーンフレーク会社が経営する怪しげな老人福祉施設に厄介払いしようと画策しているらしい。


leonora carrington - the hearing trumpet 3



◆本書より◆


"I am never lonely, Galahad. Or rather I never suffer from loneliness. I suffer much from the idea that my loneliness might be taken away from me by a lot of mercilessly well-meaning people."

(「息子よ、わたしは孤独じゃないんだよ。というか孤独が厭だと思ったことは一度もないんだよ。それより思いやりのない善人どもの群れにわたしの孤独を奪われると考えただけで厭でたまらないんだよ。」)


"You never know," said Carmella. "People under seventy and over seven are very unreliable if they are not cats. You can't be too careful."

(「いいこと、」とカーメラは言いました。「7歳以上70歳未満の人間ほど信用できないものはないのよ、猫の人なら別だけど。警戒しなくてはダメよ。」)


7歳以上70歳未満というのは、小学校から定年退職まで、要するになんらかの社会的集団に所属している人間たち。猫の人というのは変わり者、よそ者、あぶれ者、魔法使いとかそういう人たち、要するにアウトサイダー以外は信用できないといっているのだとおもいます。



leonora carrington - the hearing trumpet 2


leonora carrington 0
















































































































『レオノーラ・キャリントン展』 (1997年)

「私たちメキシコ人は彼女をちょうど別の惑星で生を受けた人間のように見つめる。つまり私たちの芸術的で文化的な環境が同化し統合したすばらしき自己完結的な他者性という視点から、その多様性を示す貴重なしるしとして見つめるのである。」
(ルイス=カルロス・エメリッチ)


『レオノーラ・キャリントン展』

東京新聞 1997年
148p 
26.5×19.5cm 丸背紙装上製本(薄表紙)
執筆: 野中雅代/ルイス=カルロス・エメリッチ
翻訳: アルフレッド・バーンバウム/マチュー・マッケルウェイ/木下亮
デザイン: 桑畑吉伸
制作: コギト
編集・発行: 東京新聞

東京ステーションギャラリー
1997年10月14日―11月12日
大丸ミュージアム・梅田
1998年2月11日―2月23日
飛騨高山美術館
1998年2月28日―3月29日
三重県立美術館
1998年4月4日―5月5日

監修: 野中雅代
企画・構成: 東京新聞



レオノーラキャリントン展1


1997年に開催されたレオノーラ・キャリントン(カリントン)展の図録。
カラー図版(カタログ)72点。モノクロ図版多数。


レオノーラキャリントン展9


"I would like to
say
I wish I were here
sorry but I am very
old - However
I appreciate that you
are looking at some of
the places where I have
been Thank you"

Leonora Carrington



内容:

ごあいさつ (主催者)
Foreword (The Organizers)
メッセージ (メキシコ合衆国外務大臣 アンヘル・グリア)
Mensaje (Angel Gurria)
メッセージ (メキシコ国立文化芸術審議会総裁 ラファエル・トバール)
Mensaje (Rafael Tovar)

序 (野中雅代)
レオノーラ・キャリントン――メキシコ:他者性と帰属性 (ルイス=カルロス・エメリッチ)

カタログ
1 夜明けの馬の宿(自画像) The Inn of the Dawn Horse (Self Portrait) (1938年頃)
2 ダウン・ビロウ Down Below (1941年)
3 馬、狐、城 Horses, Foxes, Chateau (1941年)
4 無題 Untitled (1941年)
5 アルテス 110 Artes 110 (1941―42年)
6 グリーン・ティー(卵型の貴婦人) Green Tea (La Dame ovale) (1942年)
7 狩猟 La Chasse (1942年)
8 ダゴベールの気晴らし Les Distractions de Dagobert (1945年)
9 太陽とほかの星を動かす愛 Amor che move il sole e l'altre stella (1946年)
10 赤いマルス神祭壇画 Mars Red Pradella (1946年)
11 チキ、あなたの国 Chiki, ton pays (1947年)
12 夜の子供部屋のすべて Night Nursery Everything (1947年)
13 セラプティーナのリハーサル Seraputina's Rehearsal (1947年)
14 老嬢たち または 招かれざる客 The Old Maids (Unexpected Guest) (1947年)
15 壮麗な下層土 The Pomps of the Subsoil (1947年)
16 聖アントニウスの誘惑 The Temptation of Saint Anthony (1947年)
17 ナイン、ナイン、ナイン Nine, Nine, Nine (1948年)
18 牧歌 (天使の狩人) Pastoral (Angel Hunters) (1950年)
19 白イタチ・レース Ferret Race (1950―51年)
20 「すぐ片づけなさい」と大司教は言った "Clean Up at Once", Said the Archbishop (1951年)
21 サマイン Samain (1951年)
22 そしてそれから私たちはミノタウロスの娘に逢った! And Then We Saw the Daughter of Minotaur! (1953年)
23 あなたはほんとうに大犬座(シリウス)(真面目)なの? Are You Really Syrious? (1953年)
24 空飛ぶウルの壺 The Flying Ur Jar (1953年)
25 ミノスの聖なる儀式 Sacrament at Minos (1954年)
26 シー、ツァーハ・デ・ダーナンの白い人々 Sidhe, the White People of Thuatha de Danann (1954年)
27 言葉の神殿 Temple of the Word (1954年)
28 オープライド Orplied (1955年)
29 資産目録 The Inventory (1956年)
30 パラケルススの庭 The Garden of Paracelsus (1957年)
31 別れ Le Grand adieu (1958年)
32 無題(王太子妃の秘儀神官) Sans titre (Hierophante pour Dauphine) (1958年)
33 4706階 The Floor 4706th (1958年)
34 哲学者たちの連祷 Litany of the Philosophers (1959年)
35 モノポテオシス Monopoteosis (1959年)
36 神託の反映 Reflections on the Oracle (1959年)
37 マンドリル Reina de los mandriles (1959年)
38 テロノータス Terronautas (1959年)
39 おまえは誰、白い顔よ? Who Art Thou, White Face? (1959年)
40 カバラ Kabala (1960年)
41 静物 Naturaleza muerta (Still Life) (1960年)
42 ピッグ・ラッシュ Pig-Rush (1960年)
43 アニムス・マキナ Animus Maquina (1962年)
44 テルム・パシオニス Tellum Passionis (1962年)
45 アルキミア・アヴィウム Alchimia Avium (1963年)
46 マヤ族の魔術的世界 El mundo magico de los mayas (1963年)
47 ゴモラの歌 Song of Gomorrah (1963年)
48 偉大なクヅーの死 Death of the Great Kudu (1964年)
49 ユダヤ婦人マリアの錬金術 The Chrysopeia of Mary the Jewess (1964年)
50 13日の金曜日 Friday the 13th (1965年)
51 オクシリンカス Oxyrhynchus (1965年)
52 火占い Pyromantia (1965年)
53 泉の中国人 Chinos en una fuente (1967年)
54 電話遊び Playing Telephone (1967年)
55 私は彼らの目を見た I Saw Their Eyes (1968年)
56 円舞 Round Dance (1968)
57 最後のレース The Last Race (1968年)
58 レピドプテロス Lepidopteros (1969年)
59 私たちは抗議する! No! (1969年)
60 蛇時計 Snake Clock (1969年)
61 それ行けジャック、急いでジャック Jack Be Nimble, Jack Be Quick (1970年)
62 チェンの孔雀 Peacocks of Chen (1971年)
63 豚がキャベツを聞きながら Cerdo escuchando una col (1972年)
64 スネーク・バイク(朝鮮朝顔) Snake Bike (Floripondio) (1976年)
65 使者のように、私は深淵に降りた Took My Way Down, Like a Messenger, to the Deep (1977年)
66 アデリータが逃げる Adelita Escapes (1987年)
67 ベッド・ルーム The Bedroom (1987年)
68 恋人たち The Lovers (1987年)
69 秘密 Secrets (1987年)
70 聖像(イコン) Ikon (1988年)
71 カラス飛ぶ Crowfly (1989年)
72 赤い牛 Red Cow (1989年)

年譜

Introduction (Masayo Nonaka)
Leonora Carrington, ajenidad y pertenencia a Mexico (Luis-Carlos Emerich)
Selected Exhibitions
Selected Bibliography



レオノーラキャリントン展3

「狩猟」(1942年)


レオノーラキャリントン展2

「ミノスの聖なる儀式」(1954年)


レオノーラキャリントン展4

「円舞」(1968)


レオノーラキャリントン展6

「恋人たち」(1987年)


レオノーラキャリントン展5

「私たちは抗議する!」(1969年)



◆本書より◆


ルイス=カルロス・エメリッチ「レオノーラ・キャリントン――メキシコ: 他者性と帰属性」より:

「「メキシコに着くということは、まるで別の惑星に着くようなものでした」。レオノーラ・キャリントンは最近のインタヴューでこう答えている。1942年に国道を通ってアメリカとの国境を越えた時の、よそ者だという最初の感覚がいまだに記憶に残っているのだとしても、どうやらこの「全く不可思議な国」は、彼女を十分温かく迎えてくれたし、当時のヨーロッパと比べれば少なくとも悩まされるところではなかったようだ。キャリントンはこの地で生活を続け、また今日にいたるまで理性、創造、そして狂気をも宿した自己を探し求め、絵画ばかりでなく、彫刻、物語、演劇によっても表現活動をしてきたのであった。」

「私たちの国に移住してきたとはいえ、キャリントンの作品が高まり充実してきたのは彼女自身の精神的なエネルギーに負うもので、改めてメキシコでの充電は必要としなかった。したがって、私たちメキシコ人は彼女をちょうど別の惑星で生を受けた人間のように見つめる。つまり私たちの芸術的で文化的な環境が同化し統合したすばらしき自己完結的な他者性という視点から、その多様性を示す貴重なしるしとして見つめるのである。」



レオノーラキャリントン展8









































































レオノーラ・キャリントン 『恐怖の館』 (野中雅代 訳)

「デビュタント[社交界へのデビュー]の頃、私はよく動物園に行きました。あまりたびたび行ったので同じ年頃の少女よりも、動物と友達になりました。私が毎日動物園にいったのは人間から逃れるためでした。」
(レオノーラ・キャリントン 「デビュタント」 より)


レオノーラ・キャリントン 
『恐怖の館
― 世にも不思議な物語』 
野中雅代 訳


工作舎 1997年9月10日発行
251p(うち別丁図版16p) 著者・訳者紹介1p
四六判 丸背紙装上製本 カバー
定価2,600円+税
エディトリアル・デザイン: 西山孝司+小林千鶴



本書「訳者あとがき」より:

「本書は一九八八年E・P・ダットン社から出版された英語版『恐怖の館』の日本語翻訳である。」


レオノーラキャリントン 恐怖の館1


帯文:

「「レオノーラ・キャリントン展」開催記念出版
エルンストとの
至上の恋愛の精華
◎エルンストのコラージュ11点◎キャリントンとエルンストをめぐる写真20点
◎キャリントンのスケッチ2点収録」



帯裏:

「海外の反響
レオノーラの魂の深奥にて綴られたファンタジーは、
彼女の絵の魔術的神秘の一端を明かしてくれる
  ルイス・ブニュエル
レオノーラ・キャリントンのような女性の生命には、
美しくも恐ろしいロマンティックな女神が甦る
  オクタヴィオ・パス」



カバーそで文:

「「風の花嫁」とは誰だろう? …花嫁は激しい生命と神秘と詩を燃料に、肉体を暖める。彼女は本を読んだことはないが、すべてを飲み干した。花嫁は文字を知らない。だがナイチンゲールは、花嫁が泉の石に腰かけて、読書しているのを見た。自分に朗読していたのだが、動物や馬が近づいてうっとり聞き惚れた。それは花嫁が、あなたたちが今手にしているこの真実の物語、美しい言葉で書いた誠実で純粋な物語『恐怖の館』をよんでいたからだ。
MAX ERNST
マックス・エルンスト(序文より)」



レオノーラキャリントン 恐怖の館3


目次:

恐怖の館 The House of Fear
 序文、またはロプロプは風の花嫁を紹介する
 恐怖の館
卵型の貴婦人 The Oval Lady
 卵型の貴婦人
 デビュタント
 女王陛下の召喚状
 恋する男
 サム・キャリントン叔父さん
リトル・フランシス Little Francis
 リトル・フランシス

[キャリントン・アルバム]

ダウン・ビロウ Down Below
 ダウン・ビロウ
 一九八七年 後記

訳者あとがき



レオノーラキャリントン 恐怖の館2



◆本書より◆


「恐怖の館」より:

「ある日正午を三〇分過ぎた頃にある場所を歩いていると、私は一頭の馬に呼びとめられました。
 「ついておいで」暗く狭い路地の方に頭を振って、馬は言いました。「君だけに見せたいものがある」。
 「時間がないのですけれど」と答えながらも、私は馬について行きました。」



「恋する男」より:

「ある夜狭い路地を歩いていたとき、私はメロンを盗んでしまいました。果物の影に潜んでいた主人が、私の腕をつかみました。
 「お嬢さん、この機会を四〇年待っていたんですよ。四〇年というものこのオレンジの山に隠れて、果物を盗んでくれるひとを待っていたのです。それというのも誰かに私の話を聞いて欲しかったのです。聞いてくれないと警察に引き渡しますよ」。
 「聞きます」と私は答えました。
 彼は私の腕をつかんで、果物と野菜の隙間を店の奥まで引きずっていきました。裏のドアから部屋に入ると、ベッドに女性が横たわっていました。身動きひとつせず、きっと死んでいたのでしょう。彼女は長い間横たわっていたのに違いありません、ベッドに草が茂っていたからです。」



「サム・キャリントン叔父さん」より:

「満月を見るといつでも、キャリントン叔父さんは笑いがとまらなくなりました。エッジワース叔母さんは日が沈むのを見ると、笑いがとまらなくなりました。この二人にはさまれて私の哀れな母はとても苦しむ羽目に陥りました、母には社会的体面というものがあったからです。」


「ダウン・ビロウ」より:

「正確に三年前、私はスペインのサンタンデールにあるモラレス医師のサナトリウムに強制収容されました。マドリッドのバルド医師とイギリス領事に回復の見込みのない狂人だと宣告されたからです。」

「夕方にドン・ルイスがひとりの女性、アンジェリータを伴ってふたたび姿を見せた。彼女はとても小奇麗な街着を着ていたので、私はいくらか楽観的になって尋ねた。
 「あなたはジプシー?」
 「そうよ」。
 「どこから来たの?」
 「ダウン・ビロウから」。
 「ダウン・ビロウは素敵なところ?」
 「とっても素敵。そこではみんな幸せよ」。
 「私をそこに連れていって」。
 「できないわ」。
 「どうして?」
 「あなたはまだそこにいく準備ができてないから」。」
































































































































レオノーラ・カリントン 『耳らっぱ』 (嶋岡晨 訳/妖精文庫)

「「ここは〈冥界(アンフェール)〉ですよ」と、彼女は微笑みながら申します。「でも〈冥界〉というのは、一般的な呼称に過ぎませんの。じっさいは、ここは、〈世界の母胎(マトリス)〉――あらゆるものが生まれるところなんですよ」」
(レオノーラ・カリントン 『耳らっぱ』 より)


レオノーラ・カリントン 
『耳らっぱ』 嶋岡晨 訳

妖精文庫 17

月刊ペン社 昭和53年11月10日初版発行
261p
四六判 丸背紙装上製本 カバー
定価1,400円
装幀: 秋山道男
表紙絵・本文挿絵: まりのるうにい

妖精文庫月報⑩ (2p):
妖精画廊 図版(モノクロ)2点/編集部だより



本書「解説」より:

「この本の原書は、一九七四年、フラマリオン社の〈黄金時代(ラージュ・ドール)〉草書の一巻として刊行された“Le Cornet acoustique”です。」
「“Le Cornet acoustique”の原稿が、“The ear trumpet”のタイトルをもつ英文原稿だったこと、またそれが最初予定していたようにイギリスで出版されず、アンリ・パリゾの仏訳によって初めて、フランスで刊行されるはこびとなったいきさつは、マンディアルグが本書の「序」で詳しく触れているとおりです。」



画家レオノーラ・カリントン(キャリントン)の長篇小説。
本文中挿絵(モノクロ)6点、「解説」中図版(モノクロ)3点。


レオノーラカリントン 耳らっぱ1


帯文:

「九十九歳のアリスの奇想天外な冒険!!
養老院に閉じ込められた老婆たちが、輪になって踊り、呪文を称えると、地軸は傾き、メキシコに雪が降り、僧院に匿蔵された〈聖杯〉を求めて、原子力の〈方舟〉に乗った狼の王が登場する。
序文 A・P・ド・マンディアルグ」



帯裏:

「あなたは この謎々が解けますか。
 わたしは頭とお尻に白い縁なし帽をかぶってる。
 わたしはいつでも、かならず二つの縁なし帽をもってる。
 わたしの帯は、おなかを巻いて燃えている。
 わたしはいつもぐるぐる廻っている、足はないけど。
さて、わたしは誰でしょう。」



内容:

序 (アンドレ・ピェール・ド・マンディアルグ)

耳らっぱ

解説 (訳者)



レオノーラカリントン 耳らっぱ2



◆本書より◆


「カルメラが耳らっぱをくれたとき、この気前のいい贈り物がわたしにどんな運命をもたらすか、彼女はちゃんと見ぬいていたようです。といっても、カルメラは底意地の悪い女ではありません。ただ、奇妙なユーモアの趣味があるのです。
 耳らっぱは、この種の器具としては、きれいに作られていました。モダンなものではないけれど、銀と螺鈿(らでん)の花模様が象眼してあってとても美しく、野牛の角みたいにカッコよく曲がっています。美しいだけが特徴ではなく、この耳らっぱは、わたしのような者にでも、普通の声量の会話が完全に聞きとれるほど、音声を拡大してくれるのでした。」

「「わかってないのね」とカルメラはいう。「六十歳以下、いいえ、七十歳以下の人たちを、信用するもんじゃないわ、相手が猫でもないかぎりね。用心するに越したことはないのよ。それに、あなたが聞こえないと思いこんでる人たちの会話を、知らん顔して聞いてるなんて、愉快じゃないの」」

「「『友愛光明園』のこと、どう思う? なんだかおっかないところみたいだけど」
  「『友愛光明園』ね、なんだかひどくいまわしい匂いがすることは、確かだわ。(中略)ひややかで、不吉な場所よ、きっと、いやな音が聞こえて……。『友愛光明園』めの顎に噛み砕かれないうちに、あなたを助けてあげなくっちゃね」
 (中略)
 「猫を飼うことは許されないでしょうね?」
 「猫なんて、とんでもないわ」と、カルメラはいいます。「施設では、動物は御法度(ごはっと)よ。あそこの人たちは、動物たちの存在を、食料になるから仕方なく認めてはいるけど、一種の必要悪だと心得てるわ。じっさい、施設では何かをかわいがるなんて、許されないことなの。そんな時間のゆとりもないのよ」
 「どうすればいいの?」と、わたしは聞きました。「せっかく九十九歳まで生きて、それに、まだ何ひとつほんとに理解してないというのに、自殺するのもしゃくな話だわ」
 「〈北極圏(ラポニー)〉へ逃げていきなさいよ」とカルメラはいいました。」

「猫の毛のように柔らかくつややかで、長くのびたわたしの黒い髪。わたしは、美しい。それは、わたしの大きな喜びです。わたしはちょうど、自分の美しさを意識し始めたばかりなのです。それは何かをわたしに約束しています。でも、何を? 美とは、他のあらゆる特権にひとしく、責任をともなうものです。美しい女性は、ありふれていない人生をおくります、総理大臣のように。でも、そんな人生を、わたしはほんとに望んでいるのじゃなくて、別の何かがそこになくては……。書物。今のわたしには、書物の意味するものが、よくわかります――ハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話、〈雪の女王〉。
 〈雪の女王〉。〈北極圏(ラポニー)〉。氷の城のなかで、殖(ふ)えつづける難問にいどむ小さなカイ。
 今、わたしには、はっきり解っています――何年も前から解こうとしていたようだけれど、いまだに解けない難問が、自分につきつけられていることが。」

「いえ、むずかしい本じゃなくて、おとぎばなしばっかり。その年齢で、おとぎばなしを? どうしていけないかしら? 年齢は関係ないんじゃないかしら? あなたにはお解りにならないことですわ。」

「「奇蹟、魔法使い、おとぎばなし。もっと大人になってほしいな!」
 「魔法を信じないのは、あなたのかってよ。でも、とてもふしぎなことが、今の今、起ころうとしているんです。あなたの頭は、それとわからないまま溶けているし、わたしの目には、あなたの胴体をすかしてシャクナゲの花が見えてるの。死ぬんじゃないけど、とにかく死と同次元のドラマが始まっているわ。あっけなくあなたはわたしの視界から消えて、もう名前も思い出せないの。思い出せるのは、白いフランネルのシャツぐらいのものね。あなたの白い服にまつわるすべての感覚的反応は思い出せても、その白い服をあっちこっちに歩かせていた存在は、完全に消えてるんです。
 同様に、あなたはわたしを、袖なしのバラ色の寒冷紗の服として、思い出してます。わたしの顔は、たくさんの他人の顔と溶けあってて、もうわたしには名前がありません。それなのに、どうしてひとは、自分の個性をごてごて飾ってみたりするのかしら?」
 めったに笑わない〈雪の女王〉の笑い声が、聞こえたような気がしました。」

「「わたしは、いつだって一人ぼっちじゃないわ。けっして孤独感に苦しんだりはしませんよ。むしろ逆に、ひどく好意的だけどひとの気持ちを無視したがる連中に、自分の孤独感が踏みにじられてしまう場合を考えると、とてもやりきれないわ。もちろん、わたしは、一瞬たりと、あんたたちに理解してもらおうなんて、思ってやしません。どうかおねがいだから、わたしを説得してるなんて考えないでちょうだい。じっさいは、あきらかにわたしに自説を押しつけてるんだとしてもよ」」

「奇妙なことに、聖書を読むと、聖書の窮極の目的が、悲惨と破局にある、と認めざるを得なくなります。しばしば、首をかしげるのは、どうして聖書のいう神、怒りっぽく手に負えない〈神〉が、あれほどに広く信仰をかち得たか、ということです。人間性とは、じつにおかしなものです。人間性がどんなものかが、わたしに解っているというつもりはありません。でも、災禍と大量殺人しかもたらさない存在を、なぜたたえるのでしょうか。なぜイヴは、その行為のすべてを非難されたのでしょう?」

「先刻だれもが知ってのとおり、時間は流れ去ります。が同様に、去った時間が完全にもとへもどる、と考えられないわけではありません。これまで、接触がないまま、みなさんにお話ししなかった、わたしの男友達のひとりは、いつかこんなことをいってました――バラ色の世界と青の世界が、二種の蜜蜂の群れのように、微粒子状をなして互いに交差しあって流れている。そのうち、一匹の青い蜜蜂が、一匹のバラ色の蜜蜂と衝突すると、さまざまの奇蹟が起きる。――うまく表現できたかどうか、あやしいものですが、こうしたことはすべて、時間をかけてみないと、解りません。
 この親しい男友達、マールボローは、ヴェニスに住んでいて、妹さんがいっしょでした――もっとも、わたしは、しばらくそのことに気づかずにいましたが。マールボローさんはえらい詩人で、ここ数年の間にかなりの名声を獲得しました。(中略)マールボローさんは、妹さんが生まれつきの不具者(かたわもの)だ、というのですが、とても神秘的ないいかたをなさるんで、ときどき、妹さんにとってそれが幸せな状態であるかのような気がします。」

「睡眠と不眠状態とは、一般にひとが信じてるほど違ったものでなく、わたしにとっては、しばしば、まざりあったものに思えます。」

「アルバアッカ通りを行きつめたところにあるのが、養老院でした。カルメラやわたしが想像したものとは、すごく違っていました。むろん、そこにも塀がめぐらされていますが、それを別にすると、なにもかも違うのです。外部からは、野ブドウや木蔦(きづた)におおわれた、古びた大きな建物の外壁しか見えません。入り口の扉は、大むかしの野獣を連想させる鉄の突起物があちこちに打ちつけてある、大きな木の厚板で出来ていました。(中略)病院か刑務所のようなイメージを、わたしは予想していたのですが、建物全体は、中世の城に似ていました。」
「中心をなす建物は、じっさいに城館で、その周辺にさまざまの珍奇なかたちをした別棟の建物がありました。妖精たちは、毒キノコのかたちをした家や、スイスの牧人小屋や、鉄道の貨車を好むものです。そのほかに、そこには、長靴のかたちをした別館と、エジプトのミイラのばけものという感じの別館とが、ありました。
 すべて、自分の目が確かだろうかといぶかるほど、へんてこなものばかりでした。(中略)しばらく歩かされてから、野菜畑のまんなかにぽつんと建っている塔に、たどり着きました。中心をなす城館に付属する塔ではなく、新たに建てられたもので、塔とはいえ三階程度の高さでした。白く塗られてて、燈台に似てて、庭には何もありませんでした。案内役の婦人が扉をあけ、しばし待たせてから、なかに入れました。このへんてこな建物が、わたしにあてがわれることは、明白でした。柳の枝で編んだ椅子と小さなテーブルの二つだけが、家具といえるしろもので、あとはすべて、描かれたものでした。つまり、そこにない家具は壁に、初めうっかり触ってみたくなったくらい、実物そっくりに描いてあるのです。じっさい開けてみたくなった、衣裳ダンスや、外から書物とその題名が読めるガラスのはまった本棚など、ことごとく完璧な実在感をそなえていました。
 開かれた窓は、カーテンといっしょに描かれ、ほんもののカーテンのように風にゆれていました。ドアも、いろんな飾りものを並べた置き棚も、画でした。」

「案内役の婦人は、残って気狂いみたいにしゃべってました。」
「わたしは、彼女がしゃべりつづけている間に、階段を何回も上がったりおりたりし、トランクのなかみを出して片付けたのです。それから、耳らっぱを活用してやろうと思いつきました。浴室は、一階にあり、耳らっぱの性能をテストするのに、そこはかっこうの場所です。彼女は、つぎのようにしゃべっていました。」
「「わたしはね、時間なんてくだらないものだと思ってるわ。秋の枯れ葉と雪、春と夏、小鳥たちと蜜蜂のことを考えると、ほんとうに時間なんて取るに足りないものだって、思ってしまう。ところが、世間の人たちは、時計の針にめくじら立ててる。わたしが信じてるのは、霊感ですよ。神秘な糸にむすばれた二人の人物の間でとりかわされる会話は、もっとも高価な時計がもたらすよろこびよりも、はるかに大きなよろこびを人生にもたらしますわ。残念ながら、霊感を受けるひとは、ごくまれにしかいません。あなたも、ご自分の生命の炎の奥底にまで降りていらっしゃらなくては。それは、すごくエネルギーを消耗させることだし、何より、お解りでしょうけど、昼となく夜となく働かなくちゃいけないから、全身の骨は痛くなるし、頭はもうろうとなって、疲労のため失神するくらいなの。ところが、だれも解っちゃくれない。わたしが何とか立ったまま、生きているよろこびを伝えてくれる霊感を、失うまいとすることが、どんなにつらい作業か。全身ぶるぶるふるえているのに、あわれな駄馬みたいに、ひとはわたしをひきずりまわすんだもの。わたし、よく、自分はあのジャンヌ・ダルクだって思うの。あの恐ろしい司教や枢機卿たちの前にひきずり出され、無用な質問をさんざん浴びせられ、あわれなたましいを拷問にかけられる、ひどい誤解を受けたジャンヌ・ダルク。わたし、どうしようもなく、そんな彼女と深いつながりがある、と感じてしまう。そしてよく、ただ自分が他の人たちと違っているという理由だけで、火刑に処されるような気がするんです。自分同様に霊感を受ける他のだれかと、自然なコミュニケーションをもつとき、外にあらわれる、自分の内にあるこのふしぎなすばらしい力を、わたしは、ずっと捨てないできたんですものね」――彼女の人生哲学にまったく賛成だと、わたしは告げてやりたくなりました。でも、それはできませんでした。(中略)彼女が、ひっきりなしにしゃべりつづけていたからで、わたしは彼女の前で、むなしく口を開いては閉じていました。」
「やがて、彼女の名が、アンナ・ヴェルツだと知りました。彼女の口から聞いたのではありません。自己紹介のような月並みなことを、しゃべる人ではありませんでした。」

「さていよいよ、いとしい黄金の花(フロス・アウレウス)なるきみよ、わしらは問題の核心に触れねばならん。――ある夜のこと、アンギュス少年は、彼自身にひとしく優美なる年齢にはふさわしからぬ量の葡萄酒を飲みすごし、かれらの修道会の重大なる秘密を、というよりむしろ、かれらの組織を表象する生きたるシンボルについて、わたしに打ち明けてくれた。それは、アイルランドのテンプル騎士団が〈聖杯〉を所有しておるという事実じゃ。この驚異の杯は、そなたも承知のように、これまで、不老長寿の霊薬が汲み込まれており、女神ヴィーナスのものたる独自無類の杯なり、とされてきた。ヴィーナスは、キューピッドをみごもっているとき、その魔法の液体を一気に飲みほし、ために彼女の腹のなかでキューピッドは跳(は)ね上がり、〈生命の源泉〉を吸収して、恋愛の女神になった、と伝えられておる。ついで出産に苦しむうちに、ヴィーナスは杯を取り落とし、それは、大地にぶつかり、冥界の女神のすまいである地下の深い穴ぐらのなかへ、ころげ込んで見えなくなった。
 何千年もの間、杯は地下の女神の手でまもられてきた。この女神は、髭を生やした両性具有神として知られ、名前はバルバルスといった。
 女神バルバルスは、生命をもたらす者、あるいは、大いなる〈子宮〉として、あがめられてきた。この女神に仕える司祭たちは、両性具有者のなかから選ばれた、とは、一般にだれしもが想定していることだ。」

「「もちろん、これは一種の反乱なんだから、もし、権力者どもに見つかったら、あんた方は、遠慮なく、機関銃などをぶっ放してやればいいのよ。
 なんなら、装甲車とか小型タンクを使ったっていい。そいつを手に入れるのは、ちょっと難しいかもしれないけど。」」

「「まちがいなく、南北両極が移動し始めてるわね」と、カルメラはいいました。「飢饉(ききん)が来るのは、目に見えてるわ。今日のうちに、あたし、買い物をしてきてあげる。貯蔵用の食品、運んできといてあげる。いずれきっと、飢えた狼どもとたたかわなきゃならなくなるわ」こうした予測を、むしろ彼女は楽しんでるようでした。そして、つぎのような仮説を立てました。「もちろん、アフリカやインドにいる象たちは、全身、しだいに毛におおわれてくるし、氷結した地上で、何とか生きのびようとすれば、マンモスと化すほかないわけよ。極度の寒気にすぐさま適応する能力がないかぎり、熱帯地方では、植物も動物も、滅亡するでしょうね。とりわけ動物たちのことを考えると、あたし、たまらなくなるわ。幸いにして、動物たちの大半は毛皮を着てるし、その毛は急速に伸びるけど。近い将来に起きることを予測し得なかった人間は、ぞくぞく、肉食動物に食われてしまうか、凍死してしまうでしょうね。こんなことになるのも、すべて、人間が大威張りで実験してきた、あの恐ろしい原子爆弾のせいなのよ」
 「新しい氷河期に入る、とおっしゃるの?」と、わたしはやりきれない気持ちでたずねました。
 「どうして? すでに始まってるじゃないの、それ」とカルメラは冷静にいいます。「――あたしは、こういいたいくらいなの。あのいまわしい政治というものが、いっさい、国会議事堂のなかで、また各官庁の建物のなかで、堅く凍りつくさまを考えると、まさしく、詩的な感情を覚える、とね。(中略)かれらに残された唯一のチャンスとは、凍りついて死ぬことなのよ。むしろ、この天変地異は、よろこばしいことだわ。何しろ、一九一四年以来、あわれな国民を戦場という屠殺場に送り込むあいつらを、いやというほど見てきましたからね。
 何千万という人たちが、ひとかたまりの気狂いどものいいなりになってるなんて、まったく理解しがたい奇妙な事実だわ。政治ということばで、民衆は金(かな)しばりにされてるのよ。政治というものは、地球上の人間ぜんたいを催眠状態におとしいれるもの、とりわけ病的な状態におとしいれるものなんだわ」」

「「人間って、ほんとに理解しがたい存在だわ」とカルメラはいいました。「みんないちど、死ぬほどの寒さを経験すればいいのよ。人間が、どんな権力にも屈従しないようになるために、それはむしろ、ためになるよろこばしいことだ、と思うの。人間にとって、自分自身で考えるいい機会なのよ、――こんなふうに行動しろ、こんなふうに考えろと迫ってくる、広告や映画や警察や議会なんてものの代わりにね」」

「「ここは、どこなんですか?」ぶるぶる体がふるえ、膝がガクガクするのを意識しながら、わたしはやっとたずねました。
 「ここは〈冥界(アンフェール)〉ですよ」と、彼女は微笑みながら申します。「でも〈冥界〉というのは、一般的な呼称に過ぎませんの。じっさいは、ここは、〈世界の母胎(マトリス)〉――あらゆるものが生まれるところなんですよ」」

「マールボローの妹アヌベートの頭は、何と、狼でした!」

「「とにかく、どんな事情にしろ、狼男の血筋が絶えるのは、とても残念なことですわ。人類の歴史全体にわたって、わたしたちに霊感を与えてきたのは、動物の頭をもつ神々なんですもの」」

「わたしが死んでも、アヌベートの子どもたちが、この記録文書を書き継いでいってくれるでしょう、――地球上が、猫や、狼人間や、蜜蜂や、山羊たちで、いっぱいになる日まで。そのことが、人類をして、〈女神〉の〈生命の源泉〉を独占しようという欲望を断固放棄せしめ、人類の改善に役立つことを、わたしたちはひたすら願ってやみません。
 カルメラの天体観測図によれば、わたしたちは今、かつて〈北極圏(ラポニー)〉だった地域に、生活しているのだそうです。」




◆この本をよんだ狼人間は、こんな本もよんでいます◆

『野溝七生子作品集』
西郷信綱 『古事記注釈 第二巻』
























































































































プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本