「CINE VIVANT No. 8 ミツバチのささやき」

「怪物の方が、アナにとっては家族よりも近い存在といえるでしょう。フィルムの最後にアナが家の窓を開けるのは、超自然の、闇の世界をみずからの内に呼びこむというパフォーマンスを意味しています。」
(ビクトル・エリセ 「ミツバチの巣箱を出て ビクトル・エリセ自作を語る」 より)


「CINE VIVANT No. 8 
ミツバチのささやき」


制作: リブロポート
発行: シネ・ヴィヴァン六本木
1985年2月9日 発行
1986年6月1日 第10刷
48p
B5判 中綴じ
定価600円



ビクトル・エリセ『ミツバチのささやき』パンフレット。


cine vivant ミツバチのささやき 01


目次:

ミツバチの巣箱を出て ビクトル・エリセ自作を語る (インタビュアー: 四方田犬彦)
dialogue vivant 記憶の集積、イメージの再生 (武満徹/蓮實重彦)
怪物フランケンシュタインとオルゴール懐中時計と井戸のある一軒家。『ミツバチのささやき』の可愛いアナ。 (淀川長治)
神隠しにあった少女 (川本三郎)
夢の縁 (天沢退二郎)
三番目の質問の手前で (山口昌男)
閉ざされた部屋の中に住む人々の空想 (小松弘)
フランケンシュタインが来た (高橋睦郎)
アナも火を跳んだ (萩尾望都)
ソイ・アナ・ソイ・ビクトル・エリセ (奈良原一高)
現代スペイン映画群像 (出口丈人)
『ミツバチのささやき』の神話構造 ビクトル・エリセ インタビュー (旦敬介 訳)
『ミツバチのささやき』解説/ストーリー
『ミツバチのささやき』採録シナリオ

連載 interview 作家主義⑦ la politique des auteurs ジャン・ルノアールに聞く (奥村昭夫 訳)



cine vivant ミツバチのささやき 02



◆本書より◆


「ミツバチの巣箱を出て ビクトル・エリセ自作を語る」より:

「あの家では、アナだけが外へ出ようとしている存在、閉ざされたものを見つめようとする存在なのです。アナが歩んでゆく過程とは、知を獲得する過程になっています。最初、彼女はいつでも姉のイサベルに頼っている。『フランケンシュタイン』のフィルムを見たときから、今度は姉にいろいろなことを尋ねるようになる。つまり学習が始まるわけです。アナの質問とは基本的な問いで、すべてのものに共通する普遍的なものです。たとえば、なぜ怪物は女の子を殺しちゃったのか、とかね。大人がこうした問いに答えるかどうかは別として、少なくともイサベルのした答は偽りです。それに父親の解答は合理的なものでしかない。どちらの解答も、アナには何の役にもたたない。アナだけが幻(ファンタスマ)を本当に信じています。だから、彼女は少しずつ、少しずつ家族から離れてゆく。離れてゆくにつれて、だんだん自分のアイデンティティーが確立されてゆく。脱走兵が登場したあたりが、彼女の成長過程の第一段階かもしれません。最終段階は、フランケンシュタインの怪物と深夜の森の池のほとりで巡りあう場面です。怪物の方が、アナにとっては家族よりも近い存在といえるでしょう。フィルムの最後にアナが家の窓を開けるのは、超自然の、闇の世界をみずからの内に呼びこむというパフォーマンスを意味しています。」


「『ミツバチのささやき』の神話構造 ビクトル・エリセ インタビュー」より:

――途中のその段階では、フランケンシュタインというのは何を表わしていたんですか?
 この映画は、文学的・映画的神話――今日では低級になって、扱われ方によってはフェティッシュになってしまい、消滅の瀬戸際にあるもの――のいくつかに関して、その神話の現代的な運命を考えてみるというところから出発しています。フランケンシュタインが、メアリー・シェリーの置き去りにしていったその同じ場所、つまり北極から、ある神秘的な呼び声に応えてぼくらのもとへ戻ってきたという設定です。彼は北極で何年も何年も冬眠していたわけです。プロットの中心には、あの本の主要人物たちが、ある種警察機構的な性格ももった組織に働く現代の文化・科学テクノクラートとぶつかりあう、という場面がおかれていました。アクションの大半は収容所的な空間の中で展開するはずでした。それはもちろん、抑圧的な施設で、精神病院や刑務所そのものではなくとも、その両方に似たところがある場所です。
 この話しの中では、その施設に監禁されている登場人物の何人かが、しょっ中、身元の知れないある女について話し合うのです。この女というのはその同じ建物の中の一番奥まった部分に住んでいて、決してその外には出てこない、けれども時折その女の歌声が聞こえてくるんです。それもいつも真夜中に。収容されている人物の中にはフランケンシュタイン博士と彼の手になる怪物も含まれているんですが、このふたりだけが例の女の声に、他の人たちとは違った何かを感じとっている様子なのです。ある時、ぼくらはこの場面をどういうふうにしようかと考えたものです。けれども、これだけじゃなくて、この女の歌の歌詞やリズムは、女の知らないうちに、囚人たちの即興の暗号として、壁ごしに房から房へと情報を伝えるのに利用されている、という話もからんでいました。映画の最後になって、一回だけ、この女が閉じこめられている場所にカメラが入っていきます。女は年齢不詳で、その容姿や服装は非時間的なものである。それに、人から見られていることにも気づかずにいる、少なくとも気づいているようなそぶりは見せないわけです。彼女は自分のうちに閉じこもって一心に絵を描いている。その絵には、嵐にもまれる帆船の姿が描かれています。そして、ちょうどその時、女は全神経を集中させてゆっくりと、帆船の竜骨にある名前を書きこんでいる――「エアリエル」とそれは読める。まさにこれが、あの詩人のシェリーが溺れ死んだ時に乗っていた船の名なんですね。つまり、例の女はメアリー・シェリーだと考えられるわけです。この映画のために頭の中にあったスタイルは、明らかに無声映画の特徴から影響を受けていました、特にドイツ表現主義、中でもフリッツ・ラングの作品とムルナウの『ノスフェラトゥ』ですけれども。
――どうしてその計画はあきらめてしまったんです?
 製作の側から見て、この着想には問題が多すぎたんですよ、つまり、予算を超えちゃうだろうと思わせる要素がたくさんあったんですね。まあいずれにせよ、ぼくがこれをあきらめることにした最大の理由は、こういう捉え方をすると、当時ぼくが不可欠だと感じていた何かが落ちてしまうと気づいたからです。それが何なのかは、しばらくたってから突然、非常にはっきりとわかったわけですけれども。
 このテーマを選んだ時から、ジェームズ・ホエイルの映画『フランケンシュタイン』(1931)のスティル写真を切り抜いてきて、仕事机の上に置いといたんですよ。この写真は、よく知られているものですけど、川べりで怪物が少女と出会う場面を撮ったやつです。ある朝、あらためてこの写真をながめていたら、急に、この中にすべてが含まれているって気がつきましてね。このイメージが、ぼく自身とフランケンシュタイン神話との最初の関係を深いところで要約しているんだなって。つまり、フランケンシュタインが文学的な虚構の存在だと知る前には、ぼくはフランケンシュタインとどういう関係をもったものだったか? そう考えてみると、それは、惹きつけられるけれども拒絶したいという両方の色に染まったもので、幼児期のある瞬間にどこかの暗い広間(映画館)の中で体験したものだったわけです。(中略)あらゆる神秘的体験のうちで最も重要なのは、幻影(ファンタズム)の姿が露わになる瞬間、通過儀礼(イニシエーション)の瞬間なのであり、ぼくはそれに身を任せることにしたわけです。そこで、ニ、三日で物語をひとつ書き、これが、いずれ形を変えながらも『ミツバチのささやき』の下じきになったんです。」



cine vivant ミツバチのささやき 03


























































スポンサーサイト

『e/m ブックス⑧ ビクトル・エリセ』

「『マルメロの陽光』でわたしが最も関心があったことの一つは、最も客観的な言語――ドキュメンタリーの言語――と最もひそやかな言語、すなわち夢の表現とを結び合わせることでした。」
(ヴィクトル・エリセ 「描かれる陽光」 より)


『e/m ブックス⑧ 
ビクトル・エリセ』

E/M BOOKS Vol. 8 Víctor Erice
監修: 金谷重朗
編集: 遠山純生

エスクァイア マガジン ジャパン
2000年3月29日 初版第1刷発行
191p
A5判 並装 カバー 
定価2,000円+税
アート・ディレクション: 岡本明彦(レスポンス)
デザイン: 阿部素子(レスポンス)



図版(カラー/モノクロ)多数。
本文中、アントニオ・ロペスの図版のある16頁分がアート紙になっています。


ビクトルエリセ emブックス 01


帯文:

「――映像を記憶する――e/m ブックス⑧
ビクトル・エリセ
夢の縁、現実の縁。
沈黙の声を聴き、言葉にすることなく語る。
慎ましい表現から喚起される豊かな想像力。
多彩なインタヴューと論考から探る孤高の映画詩人エリセの、静かで奥深い世界。
◆本書独占エリセ・インタヴュー掲載。」



目次:

ビクトル・エリセ略歴 金谷重朗

ビクトル・エリセ オリジナル・インタヴュー (訳: 金谷重朗)

関連作品解説 金谷重朗
 『対決』 金谷重朗
 『ミツバチのささやき』 金谷重朗
 『精霊の足跡』 金谷重朗
 『エル・スール』 金谷重朗
 『マルメロの陽光』 金谷重朗
 エリセについてのプロポ――エリセとの撮影の思い出(『黄昏に問う』) 宮岡秀行
 脚本作品『秋になれば』『八月の暗い夢』 金谷重朗

ビクトル・エリセとの対話(84年・聞き手: ビセンテ・モリーナ・フォイクス/翻訳: 野村正人)

カラーグラビア

論考
 スペイン内戦から見た『ミツバチのささやき』と『エル・スール』 若松隆
 沈黙の言語、視線の言語 斉藤綾子
 アデライダとビクトル――『エル・スール』の家をめぐって 杉浦勉
 ビクトル・エリセの映画における目に見えない力 細川晋
 アントニオ・ロペス・ガルシアと『マルメロの陽光』 木下亮

ビクトル・エリセとの対話(92~93年)
 ものの姿を再現することの可能性(聞き手: トマス・ペレス・トゥレント/翻訳: 野村正人)
 描かれる陽光(聞き手: リッキ・モーガン/翻訳: 篠儀直子)

論考 ささやきと恍惚――エリセ映画における政治と芸術 ポール・ジュリアン・スミス (翻訳: 篠儀直子)

書誌
フィルモグラフィ



ビクトルエリセ emブックス 02



◆本書より◆


「ビクトル・エリセ オリジナル・インタヴュー」より:

「私のなかで、十年間で映画を一本だけ撮ろうという意志が働いたことなどは一度もありません。私にはこれまでの間に、多大な努力を費やしたあとになって残念ながら実現させられなかった企画がいくつかありました。私は常々、この経験は痛ましい損失のようだと言っています。(中略)私にとって、自分が映画を撮っていない時間は、たとえ映画を撮っていなくてもシネアストの基準で自分の周りで推移する生活を観察し続けている時間なのです。私は映画を見に行く時だけでなく、常にシネアストであり続けているのです。街を散歩する時も、人と話しをする時も、映画を撮っていないにせよ。もし平静さを保って生活することが出来るならば、その待ち時間すら非生産的ではありません。それゆえ、私はいつもこう言うようにしています。私が最終的に撮ることの出来た映画はまた、それまでに撮ることが出来なかった映画によってもたらされたものであると。」


「ものの姿を再現することの可能性」より:

「画家は、ある光の効果のもとに置かれた果実を、自分の作品の中に定着しようとするだけではありません。ある瞬間、つまりおそらくその輝きが頂点にある時の果実をもキャンバスに定着させようとするのです。しかし、樹木は、画家の目的とは関係なく、自然の法則に従うしかありません。果実は最盛期に達したあと、凋んでしまい、ついには落ちてしまうのです。そこから、とりわけ正確さを基本にして仕事をする芸術家にとって、ひとつの葛藤が生まれます。絶えず変化し続けている生きた素材をもとにして、キャンバスになんとか時間を定着しようとすることは、空想的であるほかなく、失敗を運命づけられているのです。アントニオ・ロペスは、大げさな感情を全く抜きにしてどこまでも自然体でこれを体験したわけですが、そのやり方をじっくり観察できたことがすばらしかったと思います。彼は、自分の人生と作品の中にこの種の運命を組み込みながら、それを心の中で受け入れていると感じました。だから彼にとって結果はどうでもいいことである、そう断言できます。彼がなによりもまず望んでいるのは、その樹木の側にいるということです。それが彼の教えなのです。」
















































































『The Cinema of Víctor Erice: An Open Window Revised Edition』 Edited by Linda C. Ehrlich

「In the nineteenth century, writers and travelers dreamt about other realities. They got on a boat, left their homelands, and went to the opposite ends of the earth, searching perhaps for the dawn of civilization, the beginings of humanity, because in preindustrial and industrial societies they thought those values would disappear. Back then there were still places to escape to. Today perhaps there's no greater adventure left than solitude.」
(Victor Erice)


The Cinema of Víctor Erice:
An Open Window
Revised Edition
Edited by Linda C. Ehrlich


The Scarecrow Press, Inc. 2007
xvii, 357pp, plates 17pp, 21.4x13.6cm, paperback
Manufactured in the United States of America



2000年に刊行された英語版ビクトル・エリセ論集の増補改訂版ペーパーバック(2007年)です。日本からは蓮實重彦、前田英樹、宮岡秀行の三氏の文章が収録されています。
口絵(モノクロ)1点、図版(モノクロ)33点。


the cinema of victor erice 01


Contents:

Editor's Note (Linda C. Ehrlich)
Acknowledgments
The Translator's Art (Julie H. Croy and Guy H. Wood)

I. Introduction
Objects Suspended in Light (Linda C. Ehrlich)

II. Conversations
An Interview with Víctor Erice (Conducted by Linda C. Ehrlich, with the assistance of James Amelang, in Madrid, March 1998. Translated by Guy H. Wood and Julie H. Croy, with revisions by Linda C. Ehrlich and Víctor Erice)

III. Reflections on Early Cinema
Why Do You Make Films? (Víctor Erice. Translated by Linda C. Ehrlich)
Can You See Now?: A Detailed Commentary about a Sequence in *City Lights* (Víctor Erice. Translated by Julie H. Croy and Guy H. Wood)
To the Cinema, In Memoriam (Víctor Erice. Translated by Linda C. Ehrlich)

IV. Commentary on Early Writings
Excerpts from *Victor Erice* (Carmen Arocena. Translated by Guy H. Wood and Julie H. Croy)

V. The Feature Films: The Spirit of the Beehive
Screen: A Perilous Country (Vincent Canby)
The Risks of Initiation into the Spirit (Fernando Savater. Translated by Guy H. Wood and Julie H. Croy)
"I Am Ana": The Play of the Imagination in *The Spirit of Beehive* (Luis O. Arata)
The War behind the Window: Notes on *The Spirit of the Beehive* (Vicente Molina Foix. Translated by Guy H. Wood and Julie H. Croy)
About *The Spirit of the Beehive* (Alain Mitjaville. Translated by Martine Thibonnier)
Familial Discourse in *The Spirit of the Beehive*: The Parents' Estrangement (Miguel Angel Lomillos. Translated by J. Christopher Eustis)

VI. The Feature Films: *El sur*
Childhood against the Light (Alain Philippon. Translated by Charlotte Sanpere-Godard)
Thirty-Three Scholarly Questions about *El sur* (Angel Fernández-Santos. Translated by Joanna Reynolds)
A Narrative of Star-Cross's Lovers (Peter Evans and Robin Fiddian)
Living Stones, Dead Souls: The Other Side of the Map. *El sur* Novel and Film (Antonio Santos. Translated by Antonio Santos and Linda C. Ehrlich)

VII. The Feature Films: *Dream of Light (The Quince Tree Sun)*
Review: *Dream of Light* (William Johnson)
Whispers and Rapture: On Politics and Art in the Films of Erice (Paul Julian Smith)
Watching as a Painting Comes Slowly into Being (Janet Maslin)
Projected Shadow (Laurence Giavarini. Translated by Michelle LeGault)
Interior Gardens: *Dream of Light* and the *Bodegón* Tradition (Linda C. Ehrlich)
from Documenting the National and Its Subversion in a Democratic Spain (Marsha Kinder)
Excerpt from Interview with Antonio López García (Conducted by Michael Brenson)

VIII. General Essays / Other Film Projects
From *Velázquez's Mirror* to *Dream of Light*: A Conversation about Film (Hasumi Shigehiko. Translated by Ann Sherif)
The Dragon in My Life (Miyaoka Hideyuki. Translated from Japanese by the author)
Reality in Juan Marsé (Helena Rotés. English version by Helena Rotés and Philippa Moon)
Víctor Erice and "The Only Time" (Maeda Hideki. Translated by Mieko and Nathaniel Preston)
Silences: Víctor Erice's Use of Sound (Dominique Russell)
Victor Erice's Reasonable Doubts (Miguel Marías. Translated by Guy H. Wood and Julie H. Croy)
Cinema and Poetry (Víctor Erice. Translated by Guy H. Wood and Julie H. Croy)
Writing Cinema, Thinking Cinema . . . (Víctor Erice. Translated by Guy H. Wood and Julie H. Croy)

IX. Since 2000
Víctor Erice's *La Promesa de Shanghai* and *Alumbramiento*: The Promise of Words, The Promise of Time (Juan F. Egea and Linda C. Ehrlich)
Erice-Kiarostami: The Pathways of Creation (Alain Bergala)
Correspondence: News of a Process (Jordi Balló)
*La Morte Rouge: Soliloquy* (Víctor Erice. Translatead by Steve Wenz)
Epilogue: Traveling Light (Jorge Latorre)

Appendix. Reviews (Synopses of Films)
*Frankenstein in Castile* (Alberto Moravia. Translated by Denise Caterinacci)
In the World: *El sur (The South)* (John Pym)
*Dream of Light (The Quince Tree Sun)* (Phillip Strick)

Filmography
Selected Bibliography
Credits
Contributors
Index



the cinema of victor erice 02



◆本書より◆


「An Interview with Víctor Erice」より:

「L.E.: If you were to choose one, or several, images from your films as images that have a special resonance for you, which one(s) would you select?
V.E.: There's one, without a doubt, that I believe has a very evident sacred component. It's the image of Ana Torrent in the theater discovering Frankenstein. Ana stands up from her seat, drawn by her curiosity and by the emotion of the scene she is contemplating. The camera is in attendance there, and I felt somewhat uncomfortable about my presence at such an extraordinary moment of truth. That scene is a document. It has the entity of a document because it wasn't brought forth artificially. Evidently, it is one of the more intense images of the film because the little girl was living all of that in a totally truthful form. without distinguishing between reality and fiction, and the movie camera was capable of capturing it. She wasn't yet distinguishing between reality and representation. For her, it's a sacred instant. The camera is capturing it. It's an unrepeatable moment, unrepeatable.
This has nothing to do with my ability, talent, or qualities as a director. It all depended on Ana, on her innocence. I had the sensation of being there observing something that was truly a mystery. But cinema in this sense is a tough language. It's a different language than that of painting or music because it uses people who have a real significance, who are real people. When one is dealing with an actor . . . well, he or she has the technique and training to be there as a physical presence, acting. But a six-year-old child is not acting: she's living. These moments are in *The Spirit of the Beehive*, and *El sur* too. I'd say they are the moments - not the images (because there can be [artificially] beautiful images) - life's moments where one feels he or she has captured something that has a great existential intensity, something in its pure state.
Maybe that's a special quality cinema has, because I see those moments in the movies Lumière made when he filmed people walking along the street and they waved at the camera. When I see the faces of those people the camera has captured an unrepeatable instant of their lives, well, there's something emotional about seeing them today, some extraordinary quality that time has given them. Techinically the films are nothing special - the cameraman was just there with his camera - but he's captured something that, with the passing of time, has an extraordinary value.」



 




















































『現代スペイン・リアリズムの巨匠 アントニオ・ロペス』 図録

「すべての芸術はなにかしら共通しているものです」
― アントニオ・ロペス

『Antonio Lopez 
現代スペイン・リアリズムの巨匠 
アントニオ・ロペス』
公式カタログ


美術出版社 2013年4月27日第1刷
182p 28.7×23.2cm 角背紙装上製本 カバー 定価2,381円+税

編集: 長崎県美術館/Bunkamura ザ・ミュージアム/岩手県立美術館/西日本新聞社/美術出版社
執筆: 木島俊介/木下亮/ギリェルモ・ソラーナ/森園敦
学術・翻訳監修: 木下亮
翻訳: スタンレー・N・アンダソン/宮澤政男/吉本由江
デザイン: 川野直樹(美術出版社)
制作: 名塚雅絵(美術出版社)
印刷・製本: 大日本印刷株式会社

Bunkamura ザ・ミュージアム
2013年4月27日(土)―6月16日(日)
長崎県美術館
2013年6月29日(土)―8月25日(日)
岩手県立美術館
2013年9月7日(土)―10月27日(日)



アントニオロペス1


開催中のアントニオ・ロペス展の図録が届いたので紹介します。しっかりした造本で、黄色い栞紐(スピン)付。定価は2,381円(+税)ですが、わたしは通販で購入したので、送料540円、代引手数料315円が加算され、合計3,355円でした。
絵画だけでなく木彫作品も出品されています(出品作品64点)。作品数は少ないですが、日本初のロペス展なので、見に行ける人は見に行くとよいです(わたしは広場恐怖症なので行けません)。
「リアリズムの巨匠」となっていますが、リアル空間に異次元空間が紛れこんでくるので油断できません。そして「巨匠」という呼称は、ビクトル・エリセの映画『マルメロの陽光』でわれわれが知っているロペスには、どうもふさわしくないような気がします。


アントニオロペス2

本体(ハードカバー)表紙。


アントニオロペス3


内容:

[あいさつ]
主催者 The Organizers
ミゲル・アンヘル・ナバロ(駐日スペイン大使) Miguel Angel Navarro
アントニオ・ロペス Antonio Lopez

謝辞 Acknowledgement

アントニオ・ロペスの絵画についての瞑想 (木島俊介)
アントニオ・ロペスという画家 (木下亮)
アントニオ・ロペスのマドリード都市景観作品 (木下亮)

故郷 Hometown
家族 Family
静物 Still-life
植物 Plants
室内 Interiors
マドリード Madrid
人体 The Human Body

アントニオ・ロペスの終わりなき旅 (ギリェルモ・ソラーナ/宮澤政男 訳)
アントニオ・ロペスの初期作品と古代美術との関わりについて (森園敦)
アントニオ・ロペスへのインタビュー (吉本由江 訳)
年譜
主要個展・グループ展歴
主要参考文献一覧

The Madrid Cityscapes of Antonio Lopez (Akira Kinoshita)
The Endless Voyage of A.L.G. (Guillermo Solana)
On the Relationship between the Early Work of Antonio Lopez and the Art of Antiquity (Atsushi Morizono)
Entrevista con Antonio Lopez

出品作品リスト



アントニオロペス4

「トイレと窓」(1968-1971)


アントニオロペス5

「マルメロの木」(1990)



































プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本