Leonora Carrington 『The Hearing Trumpet』 

"I can't help feeling some deep affinity with Joan of Arc and I often feel I am being burned at the stake just because I am different from everybody else because I have always refused to give up that wonderful strange power I have inside me and it becomes manifested when I am in harmonious communication with some other inspired being like myself."
- Leonora Carrington "The Hearing Trumpet"


Leonora Carrington
『The Hearing Trumpet』

Illustrations by Pablo Weisz Carrington

Exact Change, Boston, 1996
xix, 199pp, 20x15cm, paperback
Introduction 1991 Helen Byatt
Introduction first published in Great Britain by Virago Press Ltd
Cover painting: detail from "The Giantess" by Leonora Carrington



画家レオノーラ・キャリントン(カリントン)の長篇小説『耳ラッパ』。
レオノーラの息子パブロによる挿絵14点入り。


leonora carrington - the hearing trumpet 1


息子一家と同居する92歳のマリアン(Marian)は二匹の飼猫の抜け毛を集めてセーターを編みたいと考えている。そんな変わり者の彼女が唯一信頼しているのは変わり者仲間のカーメラ(Carmella)。世界中の見知らぬ人に偽名で手紙を送りつけるのが趣味で予知能力もあるカーメラは主人公に「耳ラッパ」をプレゼントする。耳ラッパは螺鈿細工が施された牛の角のような器具で、補聴器のように耳にあてると遠くにいる人々の会話を盗聴することができるのだ。息子の様子を不審に思ったマリアンは耳ラッパで家族の会話を聞いてみた。どうやらマリアンをコーンフレーク会社が経営する怪しげな老人福祉施設に厄介払いしようと画策しているらしい。


leonora carrington - the hearing trumpet 3



◆本書より◆


"I am never lonely, Galahad. Or rather I never suffer from loneliness. I suffer much from the idea that my loneliness might be taken away from me by a lot of mercilessly well-meaning people."

(「息子よ、わたしは孤独じゃないんだよ。というか孤独が厭だと思ったことは一度もないんだよ。それより思いやりのない善人どもの群れにわたしの孤独を奪われると考えただけで厭でたまらないんだよ。」)


"You never know," said Carmella. "People under seventy and over seven are very unreliable if they are not cats. You can't be too careful."

(「いいこと、」とカーメラは言いました。「7歳以上70歳未満の人間ほど信用できないものはないのよ、猫の人なら別だけど。警戒しなくてはダメよ。」)


7歳以上70歳未満というのは、小学校から定年退職まで、要するになんらかの社会的集団に所属している人間たち。猫の人というのは変わり者、よそ者、あぶれ者、魔法使いとかそういう人たち、要するにアウトサイダー以外は信用できないといっているのだとおもいます。



leonora carrington - the hearing trumpet 2


leonora carrington 0
















































































































関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本