ジュリエット・グレコ 「オーヴェルニュ人に捧げる歌」 

Juliette Greco - Chanson pour l'Auvergnat (1954)





ジョルジュ・ブラッサンス: 作詞・作曲
ジュリエット・グレコ: 歌

「オーヴェルニュ人に捧げる歌」

この歌はあんたへの歌
オーヴェルニュ人のあんたへの歌
寒さに震えていたときのあたしに
ぶっきらぼうに薪を分けてくれたあんた
ご立派な良心がご自慢の
村の善男善女たちみんなが
あたしを門前払いにした時に
火にあたらせてくれたあんたへの歌
ほんのわずかの薪の火だったけど
それであたしの体は温まって
それは今でもあたしの心の奥で
祝火のように燃えている

オーヴェルニュ人のあんたが死んで
葬儀人に運ばれていくその時には
あんたの行く先が 空の向こう
永遠なる父の御許でありますように

この歌はあんたへの歌
宿屋のおかみさん あんたへの歌
飢えてふらふらだったときのあたしに
さりげなくパンを分けてくれたあんた
ご立派な良心がご自慢の
村の善男善女たちみんなが
食べるものの無いあたしを笑った時に
大事なパンを出してくれたあんたへの歌
ほんの一切れのパンだったけど
それであたしの体は温まって
それは今でもあたしの心の奥で
饗宴のように燃えている

宿屋のおかみさん あんたが死んで
葬儀人に運ばれていくその時には
あんたの行く先が 空の向こう
永遠なる父の御許でありますように

この歌はあんたへの歌
よそ者のあんたへの歌
あたしが憲兵達に捕まった時に
悲しげに微笑みかけてくれたあんた
ご立派な良心がご自慢の
村の善男善女たちみんなが
連行されるあたしを嘲笑った時に
付和雷同しなかったあんたへの歌
ほんのわずかのやさしさだったけど
それであたしの体は温まって
それは今でもあたしの心の奥で
太陽のように燃えている

よそ者のあんたが死んで
葬儀人に運ばれていくその時には
あんたの行く先が 空の向こう
永遠なる父の御許でありますように



世間から排斥されている「あたし」を、オーヴェルニュ人は家に招き入れて、薪をくべて暖をとらせてくれた。宿屋のおかみさんは大事なパンをわけてくれた。だが何も持たない無力な「よそ者」は、ただ「あたし」に対して悲しく微笑むことしかできなかった。しかしながら「あたし」は、憐れみからものをわけてくれたオーヴェルニュ人よりもおかみさんよりも、「共苦」の微笑みを浮かべることしかできなかった「よそ者」に、より強い感謝の念をいだき、その弱々しい微笑みを「太陽」にすら喩える。そして同様に何も持たない無力な「あたし」にできることといえば、かれらの死後の幸福を祈ることだけなのだ。
ブラッサンスの真骨頂というべきであり、そしてグレコの歌唱はみごとの一言に尽きる。「Les croquantes et les croquants / Tous les gens bien intentionnés」(善意ある自重自恃の人たち)というフレーズに込められた痛烈なアイロニーに留意してほしいと思う。



Elle est à toi cette chanson
Toi l'Auvergnat qui sans façon
M'as donné quatre bouts de bois
Quand dans ma vie il faisait froid

Toi qui m'as donné du feu quand
Les croquantes et les croquants
Tous les gens bien intentionnés
M'avaient fermé la porte au nez

Ce n'était rien qu'un feu de bois
Mais il m'avait chauffé le corps
Et dans mon âme il brûle encore
A la manière d'un feu de joie

Toi l'Auvergnat quand tu mourras
Quand le croque-mort t'emportera
Qu'il te conduise à travers ciel
Au père éternel

Elle est à toi cette chanson
Toi l'hôtesse qui sans façon
M'as donné quatre bouts de pain
Quand dans ma vie il faisait faim

Toi qui m'ouvris ta huche quand
Les croquantes et les croquants
Tous les gens bien intentionnés
S'amusaient à me voir jeûner

Ce n'était rien qu'un peu de pain
Mais il m'avait chauffé le corps
Et dans mon âme il brûle encore
A la manière d'un grand festin

Toi l'hôtesse quand tu mourras
Quand le croque-mort t'emportera
Qu'il te conduise à travers ciel
Au père éternel

Elle est à toi cette chanson
Toi l'étranger qui sans façon
D'un air malheureux m'as souri
Lorsque les gendarmes m'ont pris

Toi qui n'as pas applaudi quand
Les croquantes et les croquants
Tous les gens bien intentionnés
Riaient de me voir emmener

Ce n'était rien qu'un peu de miel
Mais il m'avait chauffé le corps
Et dans mon âme il brûle encore
A la manière d'un grand soleil

Toi l'étranger quand tu mourras
Quand le croque-mort t'emportera
Qu'il te conduise à travers ciel
Au père éternel















































関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本