FC2ブログ

マーベル・コリンズ 『道を照らす光』

「悪い人間やばかな人間と関わらずに生き得るなどと思ってはならない。(中略)お前自身こそが悪い人間、ばかな人間の一人なのだ。お前が、悪い物や人から離れて生き得るという考えを抱けば、それによってお前はカルマをつくることになる。そのカルマは、お前の魂が、悪い物も人もお前から切り離すことができず、世界の罪と恥辱とはお前自身の罪と恥辱に他ならないということを認識するまで消えないであろう。お前は世界の一部である。」
(マーベル・コリンズ 『道を照らす光』 より)


マーベル・コリンズ 
『道を照らす光』
浅田豊 訳



村松書館 
1979年7月30日 初版発行
44p 
22×13.5cm 
並装(フランス表紙) カバー 
定価1,200円




コリンズ 道を照らす光



帯文:

「学ぼうとするすべての人のための人生の規則と東洋の知恵
《この冊子は決して読み物ではなく生き物なのです。これは、精神化とより高きを目ざす生の営みのための小さな手引き書なのです。「人はこの規則を生きる程度に於てそれを本当に理解する。この規則を実行しないなら、それは閉された書物にとどまり、人はこれを、実行不可能で無価値であると見なすでしょう。しかし、この規則を生きようというまじめな努力は、光をもたらします。ただこのようにしてのみこの無限の宝は評価され得るのです」》――(「独訳者序文」より)」



帯裏:

「《倫理的な観点の高さからいっても、本書は喜びにつけ悲しみにつけ、読者の魂を浄化し、その時その時の時点で、更によりよき人間関係を作り出していこうという意欲を呼び起こしてくれる。しかし本書が神秘学徒にとって特別重要な意味をもつのは、喜び、悲しみという感情的な次元にとらわれることなく、ひたすら「観る」行為、換言すれば認識の行為に徹しようとする行を教えているからである。冒頭の言葉、「涙が涸れてしまったとき初めて目が見えるようになる」から、最後の「内面の感覚によっても外的感覚によっても見えないものをのみ見よ」にいたるまで、本書は一貫して「認識の行」のための具体的な道を示している。》――(高橋巌「跋」より)」


目次:

第一部
第二部
原注
独訳者序文
跋 (高橋巖)




◆本書より◆


「第一部
一、名誉心を棄てよ。
ニ、生への欲を棄てよ。
三、快適さへの欲を棄てよ。
四、自分を特殊の存在だと思うことをやめよ。
五、肉体の刺激を求めることをやめよ。
六、成長しようと思うことをやめよ。
七、お前の中にあるものだけを求めよ。
八、お前より上にあるものだけを求めよ。
九、得ることのできないものだけを求めよ。
一〇、勉めて克己の力を求めよ。
一一、心より平安を求めよ。
一二、何にもまして宝を求めよ。
一三、道を求めよ。
一四、心の内に沈潜して道を求めよ。
一五、心の外に見開いて道を求めよ。

第二部
一、来たるべき戦いを避けよ。もし戦うとしても自らは戦士であるな。
ニ、戦士を見いだし、彼をお前の中で戦わせよ。
三、彼の戦いへの命令を待ち、それに従え。
四、生の歌に耳を傾けよ。
五、お前の聞きとった調べを記憶せよ。
六、そこから調和(ハーモニー)の教えを学べ。
七、お前をとりまく生を深く観察せよ。
八、他人の心を見、理解することを学べ。
九、お前自身の心を最も真剣に調べよ。
一〇、地と風と水とに、それらがお前のために隠している秘密をたずねよ。
一一、地上の聖なる人たちに、彼らがお前のために隠している秘密をたずねよ。外面的感覚の望みを克服したのだから、お前にはそうする権利がある。
一二、最も内面にある一つのものに、それがあらゆる時代を通じてお前のために隠してきた最後の秘密をたずねよ。
一三、形も体もないものに堅く頼れ。
一四、音でない声にのみ耳を傾けよ。
一五、内面の感覚によっても外的感覚によっても見えないものをのみ見よ。」




「原注」より:

「悪い人間やばかな人間と関わらずに生き得るなどと思ってはならない。(中略)お前自身こそが悪い人間、ばかな人間の一人なのだ。お前が、悪い物や人から離れて生き得るという考えを抱けば、それによってお前はカルマをつくることになる。そのカルマは、お前の魂が、悪い物も人もお前から切り離すことができず、世界の罪と恥辱とはお前自身の罪と恥辱に他ならないということを認識するまで消えないであろう。お前は世界の一部である。お前のカルマは全体の大きなカルマと分かちがたく絡みあっている。このような知恵を得るまでに、お前は、すべての場所、清いところ汚ないところを通りぬけねばならない。」






こちらもご参照ください:

P・D・ウスペンスキー 『奇跡を求めて ― グルジェフの神秘宇宙論』 浅井雅志 訳 (mind books)









関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
 
うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから
 
◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

すきなことば: 「だれもいない」「ギブアウェイ」「ウポポイ」「隠密」
きらいなことば: 「人と人とのつながり」「キャリアアップ」「ほぼほぼ」「三密」

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。
歴史における自閉症の役割。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本