Swaraga - Kataka (2012)

Swaraga - Kataka

GVR-015 (2012)
定価2,100円 (税込)



「スワラーガ」のファースト・アルバム「カタカ」。YBO2 の北村昌士がやっていたプログレバンド「キャニス・ルーパス」のギターの人のバンドらしい。


swaraga - kataka


1. 猩猩緋
2. レクイエム
3. Perfector
4. アウルクリーク
5. 例えばダーガーのこと
6. D
7. JAPON
8. モルデント
9. 澪標
10. cluster

川上啓之 (gt)
松本玲子 (vo)
近藤慎一 (drs)
松田直也 (b)



変拍子ハードロック/プログレ路線だが、いろいろな要素が入っているようだ。メロトロンぽい音も入っている。
キャニス・ルーパスをそこはかとなく髣髴とさせる…と思っていたら、4曲目の「アウルクリーク」は、キャニスのサードアルバム(CD)に入っていた「Final Speak」のリメイクだ。そういえば北村昌士もディフェランスのCDで、キャニスのファースト(LP)に入っていた「彷徨する原子核エネルギーの行方を悼む」のリメイクをやっていた。そして7曲目の「JAPON」も、キャニスのファースト収録の名曲「花の嵐」の再構成のようだ。10曲目「cluster」もファーストの「Exercise」かな。
「アウルクリーク」は、「ふくろうの河」という映画に着想を得たとアマゾンの紹介文にあったが、原作はアンブローズ・ビアスの短篇であろう。そういえばピーター・ブレグヴァドの新作の冒頭にも「悪魔の辞典」というタイトルの歌が入っていたと思うので、ひょっとしたらビアス・ブームが到来しつつあるのかもしれない。来年はビアスが行方不明になってからちょうど100年だ。

そしてビアスといいダーガーといい、Swaragaの人たちが、いかにもこの世になじめなかったアウトサイダーな人々に共感的らしいところに共感を覚える。80年代クリムゾン(Sunday All Over the World)や70年代イエスふうの曲もあるよ。

ギターの人はキャニス・ルーパスの人だと思うが、キャニスの時とは名前が違っている。そういえばキャニスのドラムの人もイル・ボーンの時とは名前が違っていた。同じ人だと思うがなぜ名前が違うのか、謎だが、世の中はわからないことだらけ、懐疑こそが実存との絆だ、と北村昌士も「リヴィング・ライフ」のライナーノートで書いていたような気がするので、それはそれでよいのであろう。


猩猩緋 by swaraga




cluster/swaraga



ベースが女の人だ。


swaraga LIVE @ 二万電圧



猩猩緋。

ペンタングルだ。ぴよぴよ。


「タオ」 by swaraga




「君にこの羽をあげる」 BY swaraga




swaraga official website
ツバメスタジオ swaraga – kataka(カタカ)
Youtube annakinab さんのチャンネル
Reiko Matsumoto website












































































































関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本