ユズキカズ 『枇杷の樹の下で』 (青林工藝舎)

「おまえは悪い奴だな
何でわしの言いつけを守らんのか」

(ユズキカズ 「みずほと林子」 より)


ユズキカズ 
『枇杷の樹の下で』


青林工藝舎 
2001年9月25日 初版第1刷発行
200p 
A5判 並装 カバー 
定価1,400円+税
装丁: 原口健一郎


「本書は一九八六年三月に日本文芸社より出版されたものの改訂版である。」



本書「後書き」より:

「「庭と植物が出てくるマンガを集めて一冊の本を作りましょう」と持ちかけられて、この作品集ができました。
 「枇杷の樹の下で」という本のタイトルで、ぼくは1986年に日本文芸社から生まれて初めて作品集を出しました。その作品集に載せていた「シカゴパレス」という古い映画館を描いたマンガと「昼下がりのルパン」という床屋さんを描いたマンガをはずして、かわりに「みずほと林子」と「夏の庭」を入れました。」
「きれいだな美しいなと花を愛でる心情は、ぼくには希薄で、元々は人間の手によって植えられた庭木が、いつしか人間の意志や心情に関係なく身勝手に繁茂している様が凶凶しくもあったし、エロティックでもあると思いました。」
「庭と植物と縁側に少女、これだけあれば、絶対おもしろいマンガが描ける筈と思い込んで、これらのマンガを描いていました。
 縁側でゴロリと横たわって無為、無償の時間を過している少女の眼前に迫る、おびただしい植物の繁茂している庭というイメージがまず初めにありました。(中略)ぼくの思い描く庭は、ひとことで言えば管理されていない庭、あるいは管理をはるかに上まわるスピードで繁茂する庭で、縁側ぎりぎりまで植物が迫ってきているし、時には縁側をのり越えて、部屋の中まで侵入してきてしまうというものでした。」



ユズキカズ 枇杷の樹の下で 01


「入手困難な2冊の作品集から、〈少女〉〈縁側〉〈庭と植物〉をテーマにベスト作品をセレクト。単行本未収録作品「夏の庭‐ヘチマ娘危機一髪」を加えた決定版!」
http://www.seirinkogeisha.com/book/090-8.html


目次 (初出):

枇杷の樹の下で (「COMICばく」5号 1985年6月)
八月の妹 (原題「やわらかい場所」 「COMICばく」3号 1984年12月)
沖の小娘 (「COMICばく」6号 1985年9月)
黄金時代Ⅰ (「劇画パニック」 1984年4月)
黄金時代Ⅱ (「劇画パニック」 1984年5月)
まゆこ理科室 (「ガロ」 1982年5月)
火喰鳥の庭 (「COMICばく」8号 1986年3月)
みずほと林子 (「COMICばく」15号 1987年12月)
夏の庭 (「ガロ」 1995年3月)

あとがき (2001年8月10日)



ユズキカズ 枇杷の木の下で 02


まゆこは先生から身に覚えのない疑いをかけられ、罰として理科室の掃除を命令されます。理科室には妖怪じみたオブジェが繁茂しています。双子にからかわれたり新田君にいじめられたりしているうちに人体模型の頭がとれてしまいます。お説教好きな女教師にケンキョになりなさいとお説教されても、まゆこにはどうしようもないです。


ユズキカズ 枇杷の樹の下で 03


「黄金時代Ⅱ」の扉絵はミレイの「オフェリア」です。図書館という「文明」が子どもたちという「野蛮」によって蹂躙されます。図書館の棚には「操行ゼロ」とか「若い娘」とか「世界の全ての記憶」とかいうタイトルの本がならんでいます。作者は映画好きなのでありましょう。そういえば本作のさいごのほうのシーンはブニュエルの「小間使いの日記」のかたつむりのシーンを連想させます。初出誌が自販機本なのでやや「エロ」要素があります。

ユズキカズ氏の作風は、一見してわかるとおり、「つげ義春」ですが、南方志向が強いのと、女の子の目線で描かれている作品が多い点に特徴があります。片山健氏の影響(画集『美しい日々』そのほか)もあるように思います。逆柱いみり氏の初期作品(『象魚』)につながっていくような要素もあります。作者による「あとがき」には、当時、若冲と田中一村の絵に惹かれていたとあります。妖怪じみた植物や鳥、海、そんなものたちがはびこる世界が縁側の向こうに広がっています。

「南は特権的な方角である。(中略)強烈な太陽の輝き、変わることのない永遠の青空、植物の豊かな繁茂、幻想的な色彩の花々や蝶や小鳥、束縛されることのない本能のままの生活、謎と神秘と陶酔……、北が合理と秩序と勤勉であるならば、南は、夢とアナーキーと放恣だ。」(岡谷公二『ピエル・ロティの館』より)

若冲ふうの妖怪じみたニワトリが出てくる「火喰鳥の庭」は、純然たる傑作であって、登校拒否の女の子が縁側でごろごろ、だらだらし、遊びに来た友だちと上の空の会話を交したり、自堕落なことをしたりするだけの話ですが、それだけの話だからこそすばらしいのではないでしょうか。

「夏の庭――ヘチマ娘危機一髪」は、魔術的リアリズムというか、女の子がヘチマになってしまう話で、そこからファンタジーなイニシエーション物語が展開するわけでもなく、ただヘチマになって元に戻るだけの話であり、そしてやはり、それだからこそすばらしいです。


ユズキカズ 枇杷の樹の下で 04


「火喰鳥の庭」より。ズル休みの葉子ちゃんのお見舞いに来たソウウツ病の久子ちゃんは、タツユキ君からまきあげたモデルガンをみせびらかします。銃をかまえた姿がかっこいいです。




こちらもご参照下さい:

『田中一村 新たなる全貌』 (千葉市美術館ほか 2010年)

























































関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本