飯吉光夫 『パウル・ツェラン』 (小沢コレクション)

「大きな一般的状況に立ちむかう者にはいくらでも逃げ途がある、しかし個別的な、個人的な境遇に立ちあわせられたものには真の苦痛よりない。」
(飯吉光夫 「『誰でもないものの薔薇』」 より)


飯吉光夫 
『パウル・ツェラン』

小沢コレクション 28

小沢書店 
1990年6月20日 初版発行
202p 
四六判 丸背紙装上製本 カバー 
定価2,060円(本体2,000円)


「本書初版は昭和五十二年九月、小沢書店より刊行された。」



本書「あとがき」より:

「パウル・ツェランについて過去十一年のあいだに書きためた文章を、小沢書店の長谷川郁夫氏のご好意によって、一冊の本にまとめることになった。」
「一九七三年から七四年にかけてパリでツェランの未亡人や次男エリック、そして彼の友人である画家や詩人に会ったおり、ふと口の端にのぼった苦悩(ドルール)ということばに対する表情は、どこまでも悲痛の底に落ちていきかねないものだった。」



飯吉光夫 パウルツェラン


帯文:

「一九七〇年四月、セーヌの流れに身を投げた戦後ドイツ最高のユダヤ詩人――パウル・ツェラン。苦闘にみちた生涯と、狂気を孕んだ言葉のかがやき。すぐれた翻訳によってツェラン詩を紹介しつづける著者が、共感をこめて描いた詩人の肖像。」


帯背:

「ユダヤ詩人
その哀しみの魂と
言葉の光――」



帯裏:

「パウル・ツェランによって開示された〈もう一つの世界〉を体験することができたのは、飯吉光夫という病める光学者の訳業の力による。ツェランの非在の世界は、言語によってかろうじて存在しながら、一瞬のうちに、ダイヤモンドのごとき硬度の光を発する。この危機的な逆説のうちにしか存在しえない硬物質の詩を、病める光学者はあざやかに捉えた。本書は、その劇的な詩と批評である。
田村隆一」



目次 (初出):

ツェラン素描 (『死のフーガ』(パウル・ツェラン詩集) あとがき 1972年9月刊)
飛ぶ石・石たちのまなざし (「国学院大学新聞」 1966年10月10日号)
狂気の光学の下の…… (「ユリイカ」 1970年1月号)
砕かれたことばから (「Walpurgis '67」(国学院大学外国語研究室紀要) 1967年6月)
〈亡きものたち〉への祈り――ネリ・ザックスへ (「都立大学人文学報」第72号 1969年3月)
『誰でもないものの薔薇』 (「都立大学人文学報」第65号 1968年3月)
亡きパウル・ツェランへ――一九七〇年 (「ユリイカ」 1970年11月号)
Ich の闇へ (「現代詩手帖」 1970年10月号)
迫りくるもの――十九世紀の劇作家ビュヒナー (「文芸」 1970年10月号)
ツェランとその周辺――ひとつの想い出 (原題: パウル・ツェランその死/「芸術生活」 1971年3月号)
ツェランの墓 (「日本読書新聞」 1975年5月12日号)

あとがき
パウル・ツェラン年譜




◆本書より◆


「ツェラン素描」より:

「普段のツェランは、異常なほど人怖じするたちだったと報告されている。パリにおいては、ボンヌフォアやジャック・デュパン、ルイ=ルネ・デ・フォレ、ミシェル・レリス、アンドレ・デュ・ブーシェらとの季刊雑誌『エフェメール』の同人でありながら、交友はあまりなく、文字通りひっそりと暮していたという。妻ジゼルは、彼にとって看護婦のような存在だったのではないか? ツェランがドイツへ旅行した回数は、朗読会のためとか文学賞受賞講演のためとかの限られたものだったらしいが、そのような際の彼はいつも極度に緊張したり、聴衆のまえに出る以前の控えの間でがたがた震えたりしていたという。そのくせ彼は、聴衆のひとりひとりに対して異常なまでの心くばりを示して、彼の詩朗読の合間に咳をする者があると、どのようにして彼がそれを待ち、その相手を傷つけないような間合いで再び次の詩の朗読にとりかかるかは(録音のレコードで聞いていても)感動的なほどである。」


「亡きパウル・ツェランへ」より:

「あなたは権威というものとおよそ関係のない存在でした。ぼくが資質上あなたに最も近いと考えるホフマンスタールすら晩年にもってしまった代表者意識、(中略)ありとあるこれまでの偉大といわれたドイツの詩人たちがどうしても持ってしまった何ものかを代表している意識、それとおよそ無縁なところにあなたは一生涯、まるで普段着姿のままに暮しつづけていました。風采のあがらぬセーターを着て、恰好のつかぬ襟を出し、しかもあなたの眼は鬱積のうちにも虐げられたもののみが知る隅ずみまでの優しみをこめて、あるときは日蔭でひっそりと、あるときは日当で眩しげに写っているのでした。」

「あなたの晩年が精神錯乱の症候を見せていたという記事には、しかし、保留つきでなければ同意できません。あなたのようなプロセスをとった人間の日常が、たとえば生きているもの(引用者注: 「生きているもの」に傍点)を極端に怖れるといった外見をとらないことがどうしてありえましょう。外目には異常に見えようとも、あなたのような詩的出発点をもつ人間が自殺へいたるまでにたどった内面の進行は、正常な必然的なものであったとぼくは理解します。」




こちらもご参照下さい:

川村二郎 『黙示録と牧歌』








































































関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本