パウル・クレー 『クレーの日記』 (南原実 訳)

「こういろいろと思いをめぐらしているあいだも、蓄音機は、倦むことなく鳴りつづける。人間の首がゆらゆらと浮んでは、顔を歪め歯をむき出して笑う。悪魔の仮面が窓からのぞく。怪獣がわがもの顔にのしあるく。私をとりまく世界がいつも地獄じみているとは、どういうわけか。」
(パウル・クレー 「第四の日記」 より)


パウル・クレー 
『クレーの日記』 
南原実 訳


新潮社 
1961年10月15日 印刷
1961年10月20日 発行
479p 
四六判 丸背布装上製本 
本体ビニールカバー 機械函 
定価700円

Tagebuecher Paul Klee, 1956



パウル・クレー(1879-1940)の1918年までの日記(フェリックス・クレー編)。
本文二段組、本文中図版(モノクロ)多数。
巻末の、編者フェリックス・クレーによる文章以降のページは(奥付も含めて)青っぽい紙に印刷されています。


クレーの日記 01


クレーの日記 02


目次:

第一の日記
第二の日記
第三の日記
第四の日記
フェリックス・カレンダー

父クレーの思い出 (フェリックス・クレー)
編者あとがき (フェリックス・クレー)
家系図 (フェリックス・クレー)
年譜
訳者あとがき (南原実)



クレーの日記 04



◆本書より◆


「第一の日記」より:

「自分が描いたおばけが急に動き出す(三歳から四歳のころ)。私はこわくなって母のところへ逃げてゆき、おばけが窓からのぞいていると言っては泣いた(四歳のとき)。」

「おばあさんの屍を見たとき、私の心ははげしく動いた。おばあさんの顔はすっかり変っていて、私のおばあさんだということがなかなか分らなかった。(中略)遺体の安置されていた病院の地下へ入る扉の前を通る時、その後も長いあいだ気味が悪かった。人が死ぬとこわいということは、私自身このように経験したわけであるが、涙を流すというのは、大人の世界のしきたりであると思っていた(六歳のとき)。」

「まがった足を矯正するため、脚に器具をつけた女の子がいた。少しも可愛げのない子だった。私は時々いじめた。(中略)私はよい子のふりをしてその子の家にあらわれ、《お嬢ちゃんを散歩におつれしましょう。おあずけ下さい》と言う。はじめのうちは、二人で仲よく手をつないで行ったが、(中略)近くの畠までくると、私はうしろへまわり、うまい頃合をみはからって、軽くつきとばす。女の子はころぶ。大声で泣く子の手をひいて、母親のところへ連れて帰って、《ひとりでころんでしまった》と自分のせいではないふりをしていう。こんな芝居を繰り返したが、母親のエンガー夫人は、だまされているのがしまいまでわからなかった。(中略)(五歳から六歳の間)。」

「浮浪人に襲われる夢をよく見た。命を助けてもらうには、自分自身浮浪人の仲間に入るに如くはない。このことを知っていると、また夢のなかで浮浪人に襲われても平気だった(七歳のころ)。」

「庭の垣根のあいだから、隣のダリヤの球根を盗んできて、自分の一平方米の花壇に植えた。そのうち、可愛らしい葉が出てきた。ひょっとしたら、きれいな花が咲くかも知れないとあやしい期待に胸をはずませた。ところが、まるで木のように大きくなって、どぎついまっかな花が数えきれない程咲いたのだ。私は心配になった。人に花をあげて、盗んだのを帳消しにしてもらおうかと思ったりした。」



「第三の日記」より:

「創作中、ある一つの型が生成の段階を離れ完成してしまうと、私はたちまち熱がさめて、ほかの新しい道を探しもとめる。創造的なのは、まさに途中の過程であり、これこそもっとも大切なもので、生成(Werden)は存在(Sein)にまさる。」


クレーの日記 03




























































































関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本