『WAVE 24 リリアン・ギッシュ』

「「なにを見てるの、リリアン?」
「なんにも、アリスおばさん、ただ見てるだけ。」」



『WAVE 24 
リリアン・ギッシュ』


ペヨトル工房 1990年3月28日発行 
156p 
A5判 並装 カバー 
定価1,200円(本体1,165円)
企画: 細川晋
編集: 今野裕一
装丁: ミルキィ・イソベ
編集・発行: WAVE+ペヨトル工房



雑誌「WAVE」のリリアン・ギッシュ総特集号。この頃はまだリリアン・ギッシュは生きていて、1987年の主演作『八月の鯨』は記憶に新しかった。


wave リリアンギッシュ1


目次:

VIVE LILLIAN GISH (フランソワ・トリュフォー/ダグラス・フェアバンクス・ジュニア/アレン・タルミー/コリン・ムーア/アルバート・ペイン/キャサリン・ヘップバーン/ヘンリー・キング/モイラ・シアラー/ヴァレンティナ・コルテーゼ/ハーブ・スターン/メアリー・アスター)
リリアン・ギッシュ (野口久光)
舞台出演記録/テレビ・ドラマ/テレビ映画/ドキュメンタリー映画出演記録 (野口久光 編)
四〇年が流れた (梅本洋一)
D・W・グリフィスとの離別 (向後友恵)
リリアン・ギッシュ フィルモグラフィー (鈴木圭介 編)
リリアン・ギッシュとの会話 「サイト・アンド・サウンド」誌 (1958)
リリアン・ギッシュの演技解釈 (エドワード・ワーゲネクト/細川晋 訳)
ほのかにきらめく黄金のかけら (チャールズ・シルヴァー/細川晋 訳)



wave リリアンギッシュ5



◆本書より◆


「リリアン・ギッシュ」(野口久光)より:

「『散り行く花』は(中略)東洋人の若者と貧しい白人少女の悲恋物語である。イギリスの短篇小説家トマス・バークの原作で、ロンドン市郊外に近い中国人街ライムハウスを舞台に、中国から仏教の布教にロンドンにやってきた中国人の若者、無慈悲な荒くれ男に虐待されている娘の白人少女に人知れず純愛を捧げ、少女が父親になぶり殺されたことを知り、父親を殺し、自らは少女のあとを追って自害するという暗い話だが、(中略)インドアのセットで撮影されたライムハウスの雰囲気のなかに浮き彫りにされたヒーロー「イエロウ・マン」と少女ルーシーの姿とドラマ、その美しさは他のグリフィス映画にもなかった映像によって綴られた詩篇の観がある。リチャード・バーセルメスが扮したイエロウ・マンはいかにもアメリカ人の考えた中国人のメイクであり、演技なのだが、この映画では不自然にみえない。鬼のような父親にいびられ、虐げられ絶えずオドオドしている少女ルーシーは原作では一二才の少女なのを映画では一四、五才くらいにしているが、このリリアン・ギッシュはまぎれもない彼女のベスト・パフォーマンスのひとつといえる。一九八二年にイギリスで再公開された時、ギッシュはイギリスを訪れ、(中略)テレビ放送の際この映画について想い出を語っているが、彼女自身もこの作品をグリフィスのベストと考えているようである。その話の中で、リリアンは父親からたまには笑顔を見せてみろ、といわれる場面で人差し指と中指を開いて口元にあてて無理に笑顔をつくる演技は彼女が考えたもので、グリフィスは「どうしてそんな仕草を思いついたのだ…それで行こう」といった話や、物置きに逃れ込んだルーシーに出て来いと怒鳴りながら斧で扉を打ち破る父の怒りにふるえながらくるくる廻る動作も罠にかかった動物の動作から彼女が思いついた演技だと語っているなど、リリアンが単なる美貌のスターでないことを物語っている。」



wave リリアンギッシュ2


「リリアン・ギッシュとの会話」(「サイト・アンド・サウンド」誌)より:

「素朴なものから、鳥や動物からなによりも多くを学ぶことができると思うわ。これはミスター・グリフィスがわたしたちに助言したことです。わたしたち無声映画の俳優は国際的観客に向かって話すことができなければならなかったわ。たとえばアメリカの慣習やしきたりをなにひとつ知らない東洋の観客にわからせることができなければなりません。そのことがわたしたちの演技に偉大な普遍性を与えました。わたしたちは万国共通語(エスペラント)の芸術の一種を完璧に行なおうとしました。」
「わたしの考えではこの職業に欠かせないものは審美眼(テイスト)、才能(タレント)、粘り強さ(テナシティ)です。わたしにはこの三つのどれもたいしてなかったと思うわ。」



wave リリアンギッシュ3


リリアン・ギッシュ演じる『散りゆく花』(1919)のルーシーは、ディケンズ『骨董屋』のネリーからエドワード・ゴーリーの『不幸な子供』に至る「薄幸少女」アイコンの典型です。


wave リリアンギッシュ4



ウィキペディア英語版
オフィシャルサイト(英語)


「八月の鯨」 (YouTube)

























































































































関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本