FC2ブログ

ウィリアム・モリス 『民衆の芸術』 中橋一夫 訳 (岩波文庫)

「しかしながら、あらゆる美を破壊した怪物――その名前は商業の利潤という――この怪物に依然として対抗している人々は昔と同じように今日でもいる。」
(ウィリアム・モリス 「芸術の目的」 より)


ウィリアム・モリス 
『民衆の芸術』 
中橋一夫 訳

岩波文庫 白 34-201-2

岩波書店 
1953年4月5日 第1刷発行
1977年4月30日 第3刷発行
194p 
文庫判 並装 
定価200円



本書「解説」より:

「ウィリアム・モリスの芸術的社会主義といわれる方面をしめす小論文を集めてみた。その大部分は講演であって、後にパンフレットあるいは単行本の形で出版された。『民衆の芸術』は一八七九年バーミンガムの市公会堂で行われた講演で、同年パンフレットとして出版され、一八八二年に『芸術の希望と恐怖』の中に収められた。『芸術の目的』は一八八七年パンフレットとして出版、一八八八年『変化の徴』の中に収められた。『芸術と社会主義』は一八八四年パンフレットとして出版、一九〇二年に『建築、産業、財貨』の中に収められた。『如何にして私は社会主義者になったか』は一八九四年、雑誌『ジャスティス』誌上に発表、一八九六年パンフレットとして出版された。『芸術、財貨、富』は一八八三年マンチェスターで行った講演で、同年『マンチェスター・コータリー』誌上に発表された。『独占』は一八八七年頃、執筆され、一八九〇年にパンフレットとして出版された。『ゴシック建築論』は一八八九年「美術工芸展覧協会」のために行った講演で、一八九三年に出版された。」


旧字・新かな。


モリス 民衆の芸術


帯文:

「真の芸術とは、人間の労働における幸福の表現であり、民衆により民衆のために作られるものであると説く「民衆の芸術」ほか六編。」


目次:

一 民衆の藝術
二 藝術の目的
三 藝術と社會主義
四 如何にして私は社會主義者になったか
五 藝術・財貨・富
六 獨占――如何にして勞働は奪われるか
七 ゴシック建築論

解説




◆本書より◆


「民衆の芸術」より:

「今日、文明世界の主なる義務は、すべての人々にとって労働を幸福なものにし、不幸な労働の量を極力少くするということにある。このことを諸君に納得させることができるならば(中略)、私の今夜の仕事は無駄ではなかったといえよう。
 とにかくも、諸君がもっているかもしれない疑惑からのがれるために、今日の芸術味のない労働が幸福な労働だなどという誤った見解の背後にかくれてはならない。このような労働から生ずる偽せ芸術は喜びがない、ということを諸君にしめし、諸君に充分に理解してもらうには長いことかかるであろう。しかし、ここにそれが最も不幸な労働であるもう一つの証拠がある。それは諸君もすぐに理解できるであろう。しかも非常に嘆かわしい証拠なのであって、ここに立ってそれについて語っていても私は恥かしくて仕方のないことを諸君も信じていただきたい。しかし病気であることを認めなければ、それを癒すことはできないのだから、止むをえない。その不幸な証拠というのは、文明世界によってなされる労働は大部分は不誠実な労働だということである。
 文明があるものをよく作る――意識的にも無意識的にも、現在の不健康な状態に必要であると判っているあるものをよく作ることは私も認める。簡単にいうと、これらのものは主として、あやまって商業とよばれている売買の競争を遂行するための機械である。そして、また、それは生命を破壊する機械でもある――すなわち、二つの種類の戦争のための材料である。そのうち、後者は疑もなく最も悪い。多分、ものそれ自体として悪いのではなく、この点において世界の良心はどうやら苛責を感じはじめているが故に最も悪いのである。しかし、一方では威厳のある日常生活を遂行するために必要なもの、思索する人々の唯一の真の生活である相互信頼と忍耐と互助との生活に必要なもの――こういうものを文明世界は悪くつくり、日々に悪くしつつある。」
「多くの人々が、無理に駆りたてられ、希望も快楽もないような仕事を、ずるけようとしないで、やれるものかどうかは疑わしい。いつも、このような状態では、そういう仕事を人々はずるけようとしてきたのだ。一方には、正しい心をもっていて、退屈で希望もないのに、あたえられた仕事をやりとげようとしている人々のいることは私も知っている。(中略)しかし、こういう人々を悲惨なヒロイズムにおしやり、大部分の人々をずるけさせ、なかば無意識の自己嫌悪と堕落の淵におとすようなことをする社会の状態には、なにか悪いところがあるに相違ない。確かに、盲目的で忙しい現在の文明こそ、この尨大な量の不愉快な労働にたいして重大な責任を負うべきである。このような労働は肉体のあらゆる筋肉や頭脳のあらゆる分子をなやまし、楽しみも、目的もなく為される労働であり、これに関係する人々はみな飢死と破滅の恐怖さえまぬがれるならば、できるだけ早く止めたいとおもっている労働である。」
「人々は堕落的な労働を制限し、結局これを廃止する方法を考察することが文明の今後の進歩のために必要である。」
「土地を耕し、網を投げ、羊を欄に入れたりする、こういう労働は荒い仕事であり、多くの困難をともなうが、(中略)よい仕事である。煉瓦工、石工といったような人々は、もし芸術が当然にあるべき本来の姿をもつものならば、これらの人々は芸術家であって、単に必要であるだけではなく、美しい、故に幸福な労働をしているのである。われわれが廃止する必要のあるのは、このような労働ではない。誰も必要としていない幾千という品物を作り、私が前に語った、誤って商業と称している、競争的な売買の要素としてしか用いられないような品物を作るような労働こそ廃止すべきなのだ。こういう労役が廃止されなければならぬことは、私の理性だけではなく、心情においても私は知っている。」






























































関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
 
うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから
 
◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

すきなことば: 「だれもいない」「ギブアウェイ」「ウポポイ」「隠密」
きらいなことば: 「人と人とのつながり」「キャリアアップ」「ほぼほぼ」「三密」

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。
歴史における自閉症の役割。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本