『別冊太陽 絵本名画館 探偵・怪奇のモダニズム 竹中英太郎・松野一夫』

「所在なさのあまり、私はうす暗いランプの下で活動館や芝居小屋の絵看板を真似て、石川五右衛門や猿飛左助を夢中で画いていた」
「革命こそこの世の最高の正義と、生命を賭すべき一生の仕事と信じ、断頭台をこそと念じていた私の殉情はさらにいっそう熾烈に、苦しくも燃え盛っていった」

(竹中英太郎)


『別冊太陽 絵本名画館 
探偵・怪奇のモダニズム 
竹中英太郎・松野一夫』


平凡社 1986年5月12日発行
128p 27.2×22cm 並装 カバー
定価2,400円
編集人: 高橋洋二
アートディレクション: 佐藤浩
エディトリアルデザイン: 野村俊夫・平間美千子



竹中英太郎と松野一夫というカップリングは実に見事で、昭和の「少年ジャンプ」でたとえるなら諸星大二郎と星野之宣ですが、わたしは後者にはまったく興味がわかないので困ったものです。
「夜想」で「夢野久作・竹中英太郎」特集号が出て、本書が出て、創元推理文庫の『孤島の鬼』(竹中英太郎挿絵)が出て、竹中英太郎の立派な画集が出て、そういう時代の流れでした。


探偵怪奇のモダニズム1


内容:

◆巻頭エッセイ 
視覚文化の青春 (埴谷雄高)

◆怪奇絵師 竹中英太郎
夢幻画廊――英太郎幻想画集
戒厳令の夜
ポスター/レコード・ジャケット/装幀集
まぼろしの『祗園祭』
闇からの叫び――小説挿絵傑作選
陰獣
鬼火
大江春泥作品画譜
◆エッセイ
異形への安らぎ (大島渚)
花と戦い (重信房子)

◆モダニズムの旗手 松野一夫
モボが行く――「新青年」表紙絵集
黒死館殺人事件
モダンボーイと探偵と――小説挿絵傑作選
サ・セ・パリ
ヴォーグ新女苑
名作絵物語
よい子の絵本
懐かしのパリ
小倉絵巻
◆エッセイ
父の仕事部屋 (松野安男)

◆評伝
幻視の果ての小宇宙 (高橋康雄)
 見者の眼――竹中英太郎
 いつも超然として――松野一夫
◆作品論
戦慄と頽廃の双曲線――松野一夫と竹中英太郎の世界 (山下武)
◆年譜
竹中英太郎/松野一夫年譜 (藤川治水・松野安男編/協力: 岡部いくこ)



探偵怪奇のモダニズム6

竹中英太郎。


探偵怪奇のモダニズム5

竹中英太郎。


探偵怪奇のモダニズム2

竹中英太郎。


探偵怪奇のモダニズム4

松野一夫。


探偵怪奇のモダニズム3

雑誌「新青年」表紙。松野一夫。
YBO2のシングル「Dogla Magla」(1985)のジャケでおなじみです。



駿河屋購入履歴 2014.12.06
中古ムックその他 別冊太陽 探偵・怪奇のモダニズム ¥860
中古ムックその他 月岡芳年 ¥1,500
中古新書 物語マリー・アントワネット ¥260
中古単行本(小説・エッセイ) 魔法物語 ¥630
中古文庫 砂漠に埋もれた文字 パスパ文字のはなし ¥360

























































関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本