FC2ブログ

寺山修司 『寺山修司の仮面画報』

「朝のコーヒーのつれづれに私が、「この世で一ばん遠い場所はどこだと思いますか?」と訊くと、デュラスは、「じぶん自身の心」と答えた。」
(寺山修司 「ヨーロッパ軽気球紀行」 より)


寺山修司 『寺山修司の仮面画報』

平凡社 1978年11月20日初版第1刷発行
/1991年8月21日再版第1刷発行
/1993年2月19日再版第5刷発行
127p 25.7×18.4cm 並装 カバー
定価1,800円(本体1,718円)
造本・装幀: 北村武士



この画報のなかに、1980年代のサブカルチャーのすべてがあらかじめ封印されてありました。というのはどういうことかというと、「自我」を持たない「寺山修司」という名前の誰かが、いろんなところから拾い集めてきたイメージを、並べ換えたり入れ換えたり作り変えたりして愉しんだアモラルなひとり遊びが、そのまま次の時代のサブカルチャーになってしまったということです。
ところで、戦後の日本にカルチャーはありません。かろうじてサブカルチャーはありましたが、それは寺山修司がいたからです。


寺山修司1


帯文:

「私の幻想ユートピア
イメージの
犯罪宇宙誌

寺山修司

不思議機械、魔術芝居、
面白映画など
怪奇なイメージの小宇宙を
一冊の本にまとめたら、
こんな画報ができ上りました。
これは今までの私の仕事の
視覚的な集大成であり、
私版のパノラマ島
奇譚です。」



帯背:

「怪奇からくり絵本」


帯裏:

「映画に演劇
写真にエッセイ
イメージの世界
ことばの宇宙を
縦横無尽に
飛びまわった
スーパースター
寺山修司
いま、テラヤマが
時代と
呼応する」



寺山修司6


目次:

第1章 不思議機械
 聖主人のための機械
 書見機
 機械仕掛のフランケンシュタイン
 空中散歩機械
 快楽的折檻機械
 怠惰な観客のための名作鑑賞機械
 少年礼儀作法機械
 箱男
 博士の靴類図鑑
 小竹信節博士のデッサン・ノート

第2章 怪奇魔術芝居
 『奴婢訓』
 演劇実験室天井桟敷の創生期
 『中国の不思議な役人』
 『身毒丸』
 『観客席』
 ピノキオ
 『盲人書簡』
 演劇実験室天井桟敷ガラクタ美術館
 懐かしの名場面集
 『書簡演劇』

第3章 密室遊戯
 密通チェス
 わが占い骨牌 悪魔からよろしく

第4章 犬神兄弟写真商会幻想写真
 冩眞屋不器男氏の冒險
 冩眞語録

第5章 面白映画
 『トマトケチャップ皇帝』
 『書を捨てよ町へ出よう』から『田園に死す』
 ぼくの映画史
 『さえぎられた映画』

第6章 仮面画報
 ぼくは夜ごと女たちの人形使いに変身する
 わたしの鉄仮面紀行
 変身人名辞典
 変身博物誌

第7章 ヨーロッパ軽気球紀行
 感傷美術館 ダントンが死んで髭剃り道具が生きのこった
 ロシアバレエ衣裳展 肉市場でニジンスキーの死体が踊った
 玩具美術館 人形が人間よりも大きくならない理由は?
 写真撮影 「実在しない怪奇映画のスチール写真」の撮り方
 地下映画『テレフォン・ブック』は悪魔の囁き
 怪奇人形展 マーク・プレントの身体刑としての彫刻展示
 前衛劇 ロバート・ウィルスンの記憶の劇場とその行方は?
 フィニーの猫の絵本 『牝猫の鏡』に何がうつっているか見よう
 パゴタ 支那の寺院の男色映画祭の爆弾騒ぎ
 ベルリン映画祭 デュラスはこの世で一ばん遠い場所へ

グラフィティ天井桟敷館



寺山修司9

「「詩人とか霊的認識力を持つものにとって、可視の宇宙は幻影かまちがいである」(ボルヘス)」



寺山修司8

「冩眞とは「眞を冩す」のではなく「僞を作る」のだ。其れは「實際に起つた事も起らなかつた事も歴史の裡である」といふことの爲の證據物件であり、記憶の修正の爲の資料である。」
(「犬神兄弟写真商会幻想写真」より)


寺山修司

渋谷・天井桟敷館。


寺山修司3

「これは新人画家薄奈々美さんとの合作になる占いカルタ「タロットカード」である。謎に包まれたタロットの起源を勝手に解読し、新しい魔術教理によって編み出したこの運命占いは、そのまま実用できるようになっている。」
(「わが占い骨牌 悪魔からよろしく 」より)


寺山修司2


絵本作家のエドワード・ゴーリーも後年、同様な「タロットカード」を作成していますが(詳細はこちら)、寺山修司のタロットの絵柄は、まさにゴーリーの絵本を思わせるもので興味深いです。


寺山修司5





























































関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
 
うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから
 
◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本