『ポール・デルヴォー展 ― その生涯と人物像』 (2004-2005) 図録

「芸術家は日常生活と接点がないので、子供の心を持っている。彼らは現実の外に生き、自分独自の世界、あるいは雲のなかの住人だ。これはたいへん恵まれた境遇で、たやすく達成できることではないが、私は気に留めないこと、あまり意識しないようにすることで、困難を乗り越えてきた。」
(ポール・デルヴォー、1987年)


『ポール・デルヴォー展
― その生涯と人物像』 図録

Portraits et autoportraits de Paul Delvaux
2004-2005

編集: (株)ブレーントラスト
発行: 展覧会カタログ委員会 2004
制作: 印象社
113p 28×22.5cm 並装 

新潟市美術館
2004年6月19日―7月25日
宮崎県立美術館
2004年7月31日―9月5日
福岡県立美術館
2004年9月10日―10月17日
松坂屋美術館(名古屋)
2004年10月23日―11月7日
福島県立美術館
2005年2月5日―3月13日



デルヴォー展1


油彩21点、素描(鉛筆・墨・水彩)59点。カラー。
他図版(モノクロ)多数。


デルヴォー展2


目次:

ごあいさつ (主催者)
メッセージ (シャルル・ヴァン・ドゥーン ポール・デルヴォー財団理事長)
Message (Ch. Van Deun)

肖像画 (J・ヴァン・ドゥーン/ミシェル・フランソーズ)
ポール・デルヴォーによるジュール・ボルデの肖像、あるいはジュール・ボルデによるポール・デルヴォーの肖像 (イニャス・ヴァンドヴィヴァレー)

図版
 注文による肖像画
  イッシアにある宿屋の主人の肖像 (1938) 素描
  ルック・アザーツの肖像 (1962) 素描
  サシャ・グーマンスの習作 (1945) 素描
  「イヴォンヌ・ジロンの肖像」の習作 (1930) 素描
  「ポレ夫人の肖像」のための習作 (1945) 素描
  「ポレ夫人の肖像」のための習作 (1945) 素描
  ポレ夫人の肖像 (1945) 油彩
  「アン・スティネンの肖像」のための習作 (1959) 素描
  「アン・スティネンの肖像」のための習作 (1959) 素描
  「アン・スティネンの肖像」のための習作 (1959) 素描
  「アン・スティネンの肖像」のための習作 (1959) 素描
  アン・スティネンの肖像 (1959) 油彩
  「アン・スティネンの肖像」のための習作 (1959) 素描
  「アン・スティネンの肖像」のための習作 (1959) 素描
  テレーズ・デブラの肖像 (1961) 油彩
  「テレーズ・デブラの肖像」のための習作 (1961) 素描
  「テレーズ・デブラの肖像」のための習作 (1961) 素描
 自画像
  自画像 (1928) 素描
  男のトルソ (1929) 油彩
  デマルトゥラー夫人宅でのダンス (1930) 素描
  語り手 (1937) 油彩
 家族の肖像
  ジョジィンヌと娘ジャクリーヌ、ブリュッセル、ヴィクトワール通りにて (1940) 水彩
  ジョジィンヌと娘ジャクリーヌ (1931) 水彩
  ベンチ(祖父をかこんで) (1927) 油彩
  「ポーズ」のための習作 (1979) 水彩
  ポーズ (1979) 油彩
  読書する年配の女性(ジョセフィーヌ・ロテール) (1937) 素描
  マリエット・グライエの肖像(画家のいとこ) (1930) 素描
  ナターシャ・ヴァン・ドゥーンの肖像 (1973) 素描
  ステファン・ヴァン・ドゥーンの肖像 (1976) 素描
 愛の肖像
  タムの肖像 (1930) 素描
  タムの肖像 (1949) 素描
  タムの肖像 (1930) 素描
  タムの肖像 (1929) 素描
  タムの胸像 (1929) 素描
  タムの胸像 (1929) 素描
 追悼の肖像
  死の床に横たわるエマ・ガブリエル (1949) 素描
  ポールの母の最期 (1933) 素描
  ポールの父の最期 (1937) 素描
 学者の肖像
  「ジュール・ヴェルヌへのオマージュ」のための習作 (1971) 素描
  噂 (1980) 油彩
  ジュール・ヴェルヌへのオマージュ (1971) 油彩
  魔女たちの夜宴 (1962) 油彩
  「キリストの埋葬」のための下絵 (1953) 油彩
  キリストの埋葬 (1957) 油彩
 ジュール・ボルデの肖像
  「ジュール・ボルデ氏の肖像」のための習作 (1951) 素描
  「ジュール・ボルデ氏の肖像」のための習作 (1952) 素描
  「ジュール・ボルデ氏の肖像」のための習作 (1951) 素描
  ジュール・ボルデ氏の研究室 (1952) 素描
  ジュール・ボルデ氏の肖像 (1952) 油彩
  「ジュール・ボルデ氏の肖像」のための習作 (1951) 素描
  「ジュール・ボルデ氏の肖像」のための習作 (1950) 素描
  「ジュール・ボルデ氏の肖像」のための習作 (1950) 素描
  「ジュール・ボルデ氏の肖像」のための習作 (1951) 素描
  「ジュール・ボルデ氏の肖像」のための習作 (1951) 素描
  「ジュール・ボルデ氏の肖像」のための習作 (1952) 素描
 モデルの肖像
  キャロルの習作 (1974) 水彩
  キャロルの習作 (1976) 水彩
  キャロルの習作 (1975) 素描
  キャロルの習作 (1974) 素描
  フルート奏者 (1975) 油彩
  「海辺の夜」のための習作 (1976) 素描
  「海辺の夜」のための習作 (1976) 素描
  「海辺の夜」のための習作(「フルート奏者」) (1976) 素描
  海辺の夜 (1976) 油彩
  ダニエルの習作 (1971) 素描
  座るダニエル (1973) 素描
  ダニエルの習作 (1977) 水彩
  ダニエルの習作 (1978) 水彩
  ダニエルの習作 (1969) 素描
  青い長椅子 (1967) 油彩
  ダニエルの習作 (n.d.) 素描
  ダニエルの習作 (n.d.) 素描
  ダニエルの習作 (1978) 素描
  ダニエルの習作 (1978) 水彩
  見捨てられて (1964) 油彩
 晩年の女性像
  砂の町 (1977) 油彩
  テラス (1979) 油彩
  ディオスキュール (1982) 油彩
  謎めいた女たち (1981) 油彩
  

出品目録
Liste des oeuvres

ポール・デルヴォーの生涯
 少年時代
 出発
 画家デルヴォー
 シュルレアリスムとの出会い
 円熟期
  舞台美術
  ラ・カンブル
 ジュール・ボルデの肖像
  壁画
  ペリエ邸
  版画
 デルヴォー美術館
 晩年
ポール・デルヴォー美術館紹介



デルヴォー展3

左: 「ポーズ」のための習作 (1979)
右: ポーズ (1979)


デルヴォー展5

タムの肖像。
タムことアンヌ=マリー・ド・マルトラールとデルヴォーは1929年に出会い、生涯の伴侶となる。


デルヴォー展4

「アコーディオンを弾くポール・デルヴォー、1986年」。


「私は穴だらけの古い蒸気機関車のようだけれども、まだ人生をあきらめる気はない。以前にましてよく眠るようになったが、それは単に年をとってきたからだ。もう見ることも、聞くこともできないけれども、私には内なる音楽がある。その音楽は自分で音を組み合わせてつくる。立派な音楽ではないが、自分だけのものだ。音楽は絵画と同じくらい重要だ。どこの、どのような音楽でも。それはなぜだろう。それが生命の表現だからだろうか。ひとたび奇跡の存在を信じることができたなら、他に大事なことなどあるだろうか。」
(ポール・デルヴォー、1992年)























































関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本