カルロ・ギンズブルグ 『闇の歴史 ― サバトの解読』 (竹山博英 訳)

「様々な衝突のある社会では(つまり、おそらく、どの社会にもあてはまるはずだが)、ある人物にとっての悪はその敵にとって善とみなされることだろう。だがだれが何を「悪」と決めるのだろうか? ヨーロッパで魔女狩りをしていた時、特定の人物が「魔女」あるいは「魔術師」だと、だれが決めていたのか? その判定は、常にある力づくの関係の結果であり、その結果が縦横に走るように普及すればするほど効果的になった。迫害者が提起した、敵対的な型にはまったイメージを取り入れることによって(中略)、犠牲者は自らの文化的アイデンティティを失うことになった。」
(カルロ・ギンズブルグ 『闇の歴史』 より)


カルロ・ギンズブルグ 
『闇の歴史 ― サバトの解読』 
竹山博英 訳


せりか書房 1992年11月20日第1刷発行
513p 索引v 図版16p
四六判 丸背紙装上製本 カバー
定価4,429円(本体4,300円)
装幀: 工藤強勝+竹内雄二
Carlo Ginzburg : Storia Notturna: Una decifrazione del sabba



『ベナンダンティ』続編。
歴史の闇に葬られたユーラシアのシャーマニズム的古代信仰の世界。

本書「訳者あとがき」より:

「『ベナンダンティ』は十六、十七世紀に、北イタリアのフリウーリ地方で農民たちが行なっていた、不思議な農耕儀礼を研究した本だった。それは夜に畑の豊饒のために恍惚状態で戦う男たちと、やはり夜に恍惚状態で死者を見る女たちとを扱っていた。この男女は、やがて異端審問官たちによって、サバトを行なう魔女、魔術師として告発され、ベナンダンティの農耕儀礼はサバトとして断罪された。
ギンズブルグは『ベナンダンティ』を執筆中に一つの問題点に出会った。それはベナンダンティの告白の中に、夜間の飛行、動物への変身といったシャーマニズムに通ずると思える要素があることだった。ユーラシア大陸北部の広大なステップ、タイガ地帯に存在したこの信仰が、なぜ中世ヨーロッパの魔女裁判に出て来たのだろうか? 一体いかなる関係が存在したのか?」



闇の歴史1


帯文:

「魔女の饗宴サバトとは何か。ユダヤ人迫害や異端審問の資料から、ユーラシア大陸に時空を越えて出現するオイディプス、シンデレラ等の神話、寓話、儀礼を詳細に検討し数千年にわたる民衆文化の基底に潜むシャーマニズム的要素を開示し、人間存在のもう一つの核心に迫る。」


帯背:

「魔女の饗宴と通底する
ユーラシアの闇の世界」



カバー:

「人間が何千年ものあいだ、神話、寓話、儀礼、恍惚体験によって象徴的に表現してきた、不可解な体験は、われわれの文化、われわれが地上に存在するあり方の、一つの隠された中心として存在し続けている。過去を知ろうとする試みもまた、死者の世界への旅の一つなのだからである。」


カバー裏:

「オイディプスの跛行から、シンデレラの靴まで、その道のりは曲がりくねり、錯綜していたが、形態的類似に導かれてたどることができた。われわれはまったく異なった文化的文脈に起源を持つ、それらの神話や儀礼に見られる、内奥の相似を再構成することで、探究の過程で遭遇した、一見すると説明不可能であったり、二次的な細部を解釈することができた。それはリヴォニアの狼憑きの集団を率いる跛行の子供と、オリエンテが生き返らせた動物たちである。だがこの神話と儀礼の複合体に、大まかであっても、何らかの地理的区分を導入すると、対立が姿を現わすのが見えてくる。半身の人間、あるいは再生のために殺された動物の骨を集める風習は、ユーラシア大陸、北アメリカ、アフリカ大陸に見られる。」


目次:

序論
第一部 
 第一章 ハンセン病患者、ユダヤ人、イスラム教徒
 第二章 ユダヤ人、異端者、魔女
第二部
 第一章 女神を追い求めて
 第二章 例外の検証
 第三章 恍惚状態での戦い
 第四章 動物への仮装
第三部
 第一章 ユーラシア的推測
 第二章 骨と皮
結論

訳者あとがき
索引



闇の歴史2



◆本書より◆


「序論」より:

「様々な衝突のある社会では(つまり、おそらく、どの社会にもあてはまるはずだが)、ある人物にとっての悪はその敵にとって善とみなされることだろう。だがだれが何を「悪」と決めるのだろうか? ヨーロッパで魔女狩りをしていた時、特定の人物が「魔女」あるいは「魔術師」だと、だれが決めていたのか? その判定は、常にある力づくの関係の結果であり、その結果が縦横に走るように普及すればするほど効果的になった。迫害者が提起した、敵対的な型にはまったイメージを取り入れることによって(中略)、犠牲者は自らの文化的アイデンティティを失うことになった。この歴史的暴力の結果を記録するのに留まりたくないものは、資料が単に形式的対話に終わらない稀な場合に働きかけるよう、努めなければならない。つまり迫害が消し去ろうとした文化の断片が、変形とは比較的無縁な形で取り出せるような資料である。」


「ハンセン病患者、ユダヤ人、イスラム教徒」より:

「普通の人にとってさらに重要だったのは、十三世紀から十四世紀にかけて、ユダヤ人とハンセン病患者を社会の外縁に追放しようとした収斂的傾向だった。一二一五年のラテラン公会議は、ユダヤ人は服に、普通は黄色か、赤か、緑の丸い布をつけるように定めた。ハンセン病患者も特殊な服を着なければならなかった。灰色か、(希には)黒の外套で、赤い帽子と頭巾をかぶり、時には木製の鳴子(クリケット)を持たなければならなかった。(中略)マルシアク公会議(一三三〇)で、ユダヤ人とハンセン病患者はすぐに見分けられるように、目印をつけるべきと義務づけられたことは、両者にどれだけ汚名の烙印が押しつけられていたかを物語っている。パリの聖イノサン墓地の扉には、「狂人、ユダヤ人、ハンセン病患者と交わらないよう注意せよ」という碑文が掲げられている。」
「外縁化が彼らに集中したのは、彼らの状態が不分明で、枠の縁にあったからだった。(中略)だが十三世紀末から十四世紀初頭にかけて、外縁性は差別に変化した。」



「女神を追い求めて」より:

「エリク、パルシファル、ランスロットといった英雄は、橋、草原、荒野、海などで人間の世界とへだてられた不思議な城へ旅をするが、それは死者の世界への旅だと認められている。時には地名自体がその素性を明らかにする(リモール、シャステル・ル・モール)。それは生き物が時の流れから解放された土地である。旅行者はそこで食べる食べ物に注意しなければならない。死者の食べ物は、古い伝承によると、生者に禁じられているのである。」


「ユーラシア的推測」より:

「教会法学者や異端審問官たちにはディアーナと同一視され、シャーマニズム的恍惚体験信仰の中心にいて、動物に囲まれたり、半分動物の姿で表わされた夜の女神。われわれはその中に、狩猟や森の保護者である、ユーラシア的女神の遠い子孫を認めた。二千年の年月と、何千キロものタイガとステップ地帯を(中略)一飛びで飛び越えさせるこの近似は、純粋に形態学的根拠をもとに定式化された。今、それをある歴史的系列に転換する可能性がかい間見えている。ステップ地帯の遊牧民、スキタイ人、トラキア人、ケルト人とつながる系列である。われわれは恍惚状態、魔術的飛行、動物への変身といったシャーマニズム的主題が、スキタイ人の領域にも、ケルト人の領域にも存在したことを見てきた。」


「結論」より:

「生者の社会では、死者は、社会体制に不完全に組入れられているものたちによってしか体現できない、と言われている。この原理は、コーカサスのクセヴスル族の間で行なわれる、ドゥギの葬送儀礼によって完全に明らかにされる。この儀礼では、死者と女は暗黙裡に同一視される。両者とも部族の参加者であり部外者で、内部にいるのと同時に外部にいるからである。だが陰謀の側面でも、シャーマン的仲介者の側面でも、外縁性、つまり不完全な同化が、魔女や魔術師の歴史的先行例となるものたちの共通項となっている。木の鳴子、色のついた小車輪、羊膜袋、余分な数の歯が、ハンセン病患者、ユダヤ人、異端者、ベナンダンティ、タルトスらを、それぞれの場合に、社会的共生と隔離、真の信仰と異端、生者の世界と死者の世界との間に介在する存在として明示していた。一三二一年、ハンセン病患者たちは、健常者の侮蔑に復讐するため、健常者に病気をうつそうとしている、とされた。その二年前、アルミエのアルノー・ゲリは、普段つきあっている死者たちが、あらゆる男女の生者たちの死を願っている、と語った。陰謀という主題の奥底には、たとえ新しい言葉で練り上げられているにしても、非常に古い主題があった。それは最近死んだ死者が――まさに最上の外縁的存在である――生者の社会に抱く敵意である。」
「もし埋葬が死者に対抗する儀礼でもあることを認めるなら、魔女や魔術師の火刑に付与された浄化的価値を理解できることだろう。特に魔女の持つ浄化価値である。周知のように、悪魔崇拝裁判での女性の被告(あるいは有罪者)の割合は、地域によって大きく違っていたにもかかわらず、女性の火刑は非常に多かった。(中略)もちろん、悪魔崇拝で告発される可能性があったものたちの中で、女性が、外縁者の中でも特に外縁的に見えたことは(特に一人で生きている女性の場合、つまり社会的に無防備の場合)、想像するに難くない。だがこの外縁性は、弱さの同義語である以外に、人々が、生命を生み出すものと、死者やいまだ生まれざるものの無定形の世界との隣接性を、多少なりとも漠然と感知したことをも反映しているのである。」



闇の歴史3



こちらもご参照下さい:
カルロ・ギンズブルグ 『ベナンダンティ ― 16-17世紀における悪魔崇拝と農耕儀礼』 (竹山博英 訳)




































































関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本