FC2ブログ

『定本 西脇順三郎全集 III 詩集 3』 

「そういう存在論は最高の美学で芸術論だ
それは一文にもならないからだ
一文にもなつてはいけないからだ」

(西脇順三郎 「アブラゼミ」 より)

「あーあ すばらしい
うるわしい河童の天使が
やって来る!」

(西脇順三郎 「カワワラワの歌」 より)


『定本 西脇順三郎全集 III 詩集 3』 
鹿門 人類 未刊詩篇・拾遺詩篇 雑篇・詩稿ノート
UNE MONTRE SENTIMENTALE SPECTRUM 
POEMS BARBAROUS EXCLAMATIONS その他の欧文詩篇

筑摩書房 1994年2月20日初版第1刷発行
xxxii 701p 口絵i
A5判 丸背紙装上製本 貼函
定価8,800円(本体8,544円)

月報: 
1971年5月初掲/1994年2月再録 8p
西脇さんをめぐって(粟津則雄)/西脇先生の全集をお祝いして(金子光晴)/西脇さんの淡彩画(小島信夫)/初期の西脇本(春山行夫)/図版3点(昭和45年12月早大にて/昭和44年5月前橋にて/絵画作品)



本書「後記」より:

「本巻に収めた詩集『鹿門』『人類』は、初版本を底本とした。」
「旧漢字表記はすべて新漢字表記に改めた。ただし仮名は旧表記に従った。」
「筑摩書房版『人類』には、巻末に編者による後記があるが、本巻では省略した。」


「雑篇」「自作詩訳詩」「詩稿ノート」は二段組、「欧文詩集・他」は横組。


西脇順三郎全集3-1


目次:

鹿門 (昭和45年 筑摩書房)
 クラマ
 復活
 屑屋の神秘
  レカミエ夫人
  イソップ物語
  回顧的物体
  宿命
  ペトラルカ
  象徴消滅
  ブルトン
  ダヴィンチ
  アンドレ・マルロー
  崇高な諧謔
  ロートレアモン
 日記の秋
 アポカリプス
 元
 風景の失墜
 風景
 旅人の話 I
 旅人の話 II
 原罪 《旅人の話》
 旅
 恩寵
 ガラント
 遠足
 乾杯の辞
 ヴァリエーション
 北海の旅
 海の微風
 テンゲンジ物語
 五月のトックリ
 月
 正月のことば
 元旦
 多摩人
 春
  I ひばり
  II 梨
  III 桃
  IV アブラナ
 絶壁
 カボチャの切断
 ヨシキリ
 シルクハットのたそがれ
 オンブル
 ウンブリア
 イーコロジストの夜半
 望遠鏡のふるさと
 ロクモン
 奇蹟
 秋の歌
 醮

人類 (昭和54年 筑摩書房)
 I
  秋の乾杯
  橋上
  愁人
  草野心平君
  元旦
  君の名は
  舌代
  リムボウ
  花
  ホーラ
  三田山
  青写真
  元旦
  たで科
  パイ
  スフィンクス・イケダ
  夏至
  しほつち
  地蜂
  青銅
  キササゲ
  ウーズル
  桂樹切断
 II
  ヒルガホ
  ドングリ
  タンポポ
  ケヤキノキ
  火
  空地
  ウグイス
  郁李
  矢
  桃
  月桂樹
  アブラゼミ
  茄
  ドゼウ
  モヂズリ
  スカンポ
  栄光
  栗
  蛇
  あの人
  エロス
  茶碗
  フルート
  カミキリ
  河骨
  祭
 III
  ある日
  トゲ
  風景
  秋
  元旦
  憂酒
  夏
  春
  夏の日
  元旦
  秋
 IV
  夏日
  年始
  三月の末
  元旦
  郷愁
 後記

未刊詩篇 (「人類」以後)
 海潮音
 春
 正月
 スプレーン
 冬のシャンソン
 自然

拾遺詩篇
 六月
 高原
 ディスュラムボス
 秋
 喜びの人
 詩
 女神の希望
 シヤン フユネーブル
 秘話
 一月
 六月の三人の男
 庭の宿命

雑篇
 新潟県小千谷市立小千谷中学校校歌
 新潟県立小千谷高等学校校歌
 雪の人
 結婚歌
 カワワラワの歌
 新潟県立小千谷西高等学校校歌
 小千谷小学校百周年
 新潟県立長岡大手高等学校校歌
 献詩
 照専寺詩碑碑文
 山の湯
 舟陵の鐘
 百田を憶う
 百田夫人へ(一)
 百田夫人へ(二)
 秋祭り

自作詩訳詩
 旅人のよろこび
  I アウグストゥスへ
  II 崩壊する粘土
  III 青ざめたパール
  IV 枯れたスゲ
  V ザクロ
  VI 春の雷
  VII 抛物線
  VIII 胚種
  IX 花咲く蘆
 クロマトポイエマ
  (1)野原を夢みる人の
  (2)黎明
  (3)イチハツの根
  (4)幻影
  (5)錯覚の
  (6)メバウキの鉢が
  (7)欲望
  (8)血液

詩稿ノート
 Ambarvalia
  〔天気〕
  〔手〕
  〔眼〕
  〔哀歌〕
  拾遺詩篇
  〔六月〕
 旅人かへらず
  ○
  拾遺詩篇
  〔庭の宿命〕
 近代の寓話
  〔粘土〕
  〔アタランタのカリドン〕
  〔秋〕
  〔花や毛虫〕
  〔夏 (失われたりんぼくの実)〕
  〔午後の訪問〕
  〔甲州街道〕
  〔かなしみ〕
  梨
  冬の日 
  〔近代の寓話〕
 第三の神話
  〔あかざ〕
  〔元旦〕
  蘭
  〔猪〕
  〔茶色の旅行〕
  〔人間の没落について〕
 
欧文詩集

UNE MONTRE SENTIMENTALE (大正13年 未公刊)
 JEUNESSE
 DIGITALE
 OCTOBRE
 UN FAUBOURIEN
 PROMONTOIRE
 TRISTESSE
 GLOXINIE
 HYMNES HOMÉRIQUES
 MONTRE SENTIMENTALE
 PAIX
 MULET
 L'AUTO
 GÉNUFLEXION
 PEINTRE
 CIVILISATION
 AURORE
 JOUR DE NAISSANCE
 BONNE CONCLUSION
 VOYAGEUR
 AMOUR DE TRAIN
 NATURE
 ÉLÉGIE
 PASSAGE DE L'ETERNITE
 PHILOSOPHIE
 DÉMÉTER
 CICÉRON
 TROP BEAU !
 UN AMI
 MINE DE ZINC
 DÉSESPOIR
 UNE NUIT EN ÉGYPTE
 DOULEUR
 PALETTE
 PAN
 FATIGUE DE ROUTE
 VACANCES
 MÉLODIE D'ÉTÉ
 LA MORT
 NIMBE
 PATERNITÉ
 MUSIQUE DES ENFANTS
 ALOUETTE
 CYTISE
 CHANSON D'OR
 HAMPTON COURT
 MA JOURNÉE
 MENTALITÉ INCONNUE
 GRAVITATION
 SOT CRÉPUSCULE
 SOLITUDE
 DE PROFUNDIS
 APRÉS LE THÉÂTRE
 À W. W.
 STATUE
 VILLE RIVERAINE
 REMARQUABLE DESTINATION
 MA PIPE
 MON COEUR
 INDEX
 DISCOURS À LA MER
 ABSOLUMENT !
 LES MISÉRABLES
 ART FAMILIAL
 IRONIE
 CHANSON A BOIRE
 PARC DE BUSHY
 PRINTEMPS
 BOUTIQUE
 BÂILLEMENT
 PLUIE
 RETOUR AU FOYER
 TRISTESSE DU PÉTROLE
 TRÉS CHAUD
 MAÎTRE FORAIN
 COURAGE
 LA MAISON
 RIEN

SPECTRUM (大正14年 The Cayme Press)
 THE APRICOT TEACHER
 UMBRELLAS
 “WINE-DARK”
 EXPULSION
 JOHN
 NIGHT SONGS
 CACTUS DREAMS
 COVENT GARDEN ELEGY
 TWO CHRISTMAS SONGS
 THE TORTOISE-SELLER
 BUTTERCUP DREAM
 LE BON DIEU
 GOAT-SONG
 PALMY SUMMER
 A HYMN
 MONOCOTYLEDON
 THE GOLDEN HIPPODROME
 THE COD-FISH SEA
 CHESTNUT TWILIGHT
 A HAIR-DRESSER
 SAD BELLS
 THE PANTHEIST
 AUTUMN
 NORTHERN SPRING
 IN THE TRAIN
 CLEANING
 NIGHT
 SUNDAY
 DOGS
 FINE DAY
 SUN BATH
 AFTERNOON
 EVENING
 MEMORIES
 DAWN
 THE CAT
 AT RICHMOND
 THE SICK HANDS
 MORNING
 THE SADNESS OF BOTTLES
 A SUNDAY WALK
 MARSH-MALLOW
 A VALLEY
 SYCAMORE
 A HYMN TO THE SUN

POEMS BARBAROUS (昭和5年 私家版)
 THE NARCISSUS AT NAPLES
 NEAR HAMPTON COURT
 CANO SHUZENJI
 GREEK SCULPTURE
 AEGEAN SEA
 ODE TO THE VASE
 SUMMER AFTERNOON
 ON A PRIMITIVE-PAINTER
 THE BIRTH OF VENUS
 CEYLON
 BY THE FOUNTAIN
 SUICIDE IN A GALLERY
 A GRAECO-ROMAN RIDDLE
 A DORIAN LYRE (OR LIAR)
 RITUAL

欧文詩篇
 APRIL
 THE POMEGRANATE
 ST. JULIAN THE PARRICIDE
 A KENSINGTON IDYLL
 PARADIS PERDU
 MHΛA
 LE CERVEAU COMBUSTIBLE
 In nova fert animus mutatas / Dicere formas corpora......
 JANUARY IN KYOTO
 DAPHNE
 TRAVELLER'S JOY
 HOMAGE TO FAULKNER
 CHROMATOPOIEMA
 SPHINX-IKEDA
 INVERTED GRACES

未発表欧文詩集
 
EXCLAMATIONS
 A STATUE
 DEMETER
 THE GRAPE
 THE ISLE
 THE HOUSE
 ETERNITY
 THE GLORY
 THE CREATOR
 THE PARK DIMENSIONS
 THE LONDON TOWER PARK
 THE SHOWMEN'S EVENING
 THE DRINKING SONG
 APHRODITE
 THE BASKING FOOL
 DOWN WITH THE OLD POETRY !
 HAMLET
 MOST DANGEROUS !
 IRONY OF ETERNITY
 THE YAWN
 TO CHARLES BAUDELAIRE
 “I MUST BE IDLE”
 TO MONA LISA
 THE CONQUEST
 ABSOLUTELY
 THE SEA
 TO W. W.
 TO F. N.
 GOOD !
 SHAKESPEARE
 THE SOUL'S LAUGHTER
 SATAN
 NOWHERE TO GO !
 MIDNIGHT
 MAY AGAIN
 DESPAIR
 HEIMATKUNST
 A WONDERFUL DESTINATION
 BUSHY PARK
 A GOLDEN WAY
 HAMPTON COURT
 THE RIVER WALK
 SORROWS AGAIN
 WHITE !
 ON THE BUS
 LABURNUM
 THE CHILDREN'S CORNER
 DEATH !
 SUMMER MELODY
 AN ODE TO SUMMER
 A HOMERIC HYMN
 A FIT !
 CONTINUATIONS
 FATIGUE
 A FRIEND
 THE SORROWS OF PARAFFIN OIL
 TOO BEAUTIFUL !
 PHILOSOPHY !
 DIGITALIS
 THE PASSAGE OF ETERNITY
 NATURE
 PRETTY INDIGNATION
 THE LOVE OF TRAINS
 A CONCLUSION
 TO PAM
 ONE NIGHT IN EGYPT
 THE DAWN
 REALISM UNSURPASSED !
 THE REASON OF POETICAL BEING !
 AN IDLE WALK
 THE SENTIMENTAL WATCH
 THE VOLUME
 ON GLOXINIAS
 A SKETCH
 HIGH STREET KENSINGTON
 SUBURBAN AFTERNOON
 MY POETRY
 THE OLD SOUL
 THE EXCURSION
 ODE TO THE MOOn
 THE VACATION
 ODE TO THE LARKS
 HELLENISM
 ODE TO MUSIC
 MOST DANGEROUS IDEA !
 THE NEW SOUL
 THE NIGHTINGALE
 THE HEADLAND
 THE PASSION AND EMOTION
 A SUBURBAN ELEGY
 TWILIGHT THE FOOLISH !
 UNKNOWN MENTALITY
 THE ZINC MINE
 THE FUNERAL OF MY TUTOR
 MY FATHER !
 HOME-COMING
 THE CAR
 THE CHILD'S DREAM
 YOUTH
 TO MR J. T.
 OCTOBER
 MY PIPE !

(EXCLAMATIONS 異稿)
 A STATUE
 DEMETER
 THE GRAPE
 APRIL RAIN
 THE HOUSE
 ETERNITY
 THE GLORY
 THE CREATOR
 SACRED !
 THE SHOWMEN'S EVENING
 APHRODITE
 TO PAMELA
 LARKS
 UNKNOWN MENTALITY

(未定稿 SENTIMENTAL EXCLAMATIONS !)
 In my small bath-room ...
 There is a sea in the lungs
 MY EVENING
 A STUDY
 A STUDY
 LE BONHEUR DE LIVRE (To H. M.)
 A SKETCH
 SUMMER MORNING, CHELSEA
 A LANDSCAPE
 LONELINESS
 TEATIME
 ON THE TABLE
 SUBURBAN SUNDAY TEA
 UNDER THE SHOWER
 PROVINCIAL MUSIC
 NOTHING
 SUMMER AFTERNOON
 IN THE HOSPITAL GARDEN
 RESTAURANT
 A self-portrait ...
 PHOTO D'AMOUR
 O my dear electricity
 NATURAL POETRY
 CONFECTIONER'S SHOP
 Crome-yellow skirt
 Round the wings ...
 LILY-POND

(その他の未定稿)
 ON THE WORLD
 I feel sad ...
 SAD !
 HUNGER
 Geraniums hang ...
 His world ends ...
 SHOWER
 He runs up ...

未発表欧文詩篇
 〔Three poems〕
  〔1〕 How good of the three learned men
  〔2〕 Traveller
  〔3〕 A roach and a cucumber
 〔Five poems〕
  ZEUS
  HORNSEY RISE
  SUMMER
  GOYA
  RICARDO

後記 (鍵谷幸信・新倉俊一)



西脇順三郎全集3-2

口絵 (1975年頃)。



◆本書より◆

『鹿門』より:

「アポカリプス」より:

「ああ
生物は永遠の中に生れ
永遠の中で死んでいく
ただそれだけであると
いうことは
人間の唯一の栄光で
生物の唯一の哀愁だ」

「この青ざめた
コンクリートの野原を
さまよう脳髄の戦慄は
生物の宿命の哀愁だ」


「ガラント」より:

「ただ歩いているだけで
それは無限の存在である」


「イーコロジストの夜半」より:

「ああ
おどろくべき生物よ
人間の中で
人間でないものを夢みることは
何んと困難なことであろう」


「醮」より:

「もう人間について述べることは
ない」



『人類』より:

「ドングリ」より:

「とにかく生物というものは
やつかいなものだとくに人間は――
ドングリも人間も同一の創造物だが
ドングリはドンヨクでなくおとなしい」

「野原に落ちる
ドングリの音」

「もしドングリの落ちる音が
永遠を象徴する音のヴィジョンならば
それは最高の美だ
もし永遠が哀愁ならば
ドングリの音は最高の哀愁である」


「タンポポ」より:

「私はなぜ現在に生きていると
思つているのであろうか
もう一度よく考えてみよう
現在はただ
未来と過去という相反する方向を
定めるだけの点だ
それは人間の意識の時間であつて
物理的な時間の経過でない
それは時間のヴィジョンにすぎない
現在は過去が始まると同時に
未来が始まる点である
ああパパパパーイ」

「人間は何を願うのか
人間でないものになりたい

スミレ

死のないものになりたい
そんなものはない
存在しないものになりたい
ああ生れた日をのろう
そんなものはない
すべては存在する
無もある
すべて存在するものは
なくなるからだ
ゼロも一つの存在だ
無も有も一つのものだ
これが放浪者の心だ
放浪者は古代人だ」


「アブラゼミ」より:

「すべてのものはすべてに関連されて
すべての存在は関係的なものだ
絶対の存在は関係がなくなつた
ときにだけそうみえるヴィジョンだ
そういう存在論は最高の美学で芸術論だ
それは一文にもならないからだ
一文にもなつてはいけないからだ


「郷愁」より:

「なにしろ
絶大な孤独感におそわれるのが
人間の故里の宿命でどうしようもない。
ああ遠くで犬がほえているようだ
またよそ人が近づいたのであろう。」



『EXCLAMATIONS』より:

「“I MUST BE IDLE”」:

「Another lovely morning
Soft sunshine rains
Three men in white smocks are whitewashing
An Onslow Gardens house
Funny to stay indoors doing nothing
Shall we go to the Zoo ?
And let me see the lonely people of the forest !
O fine spring
I will play a harp of breezes on you
What a beautiful soap !」



「〔Five poems〕」より:

「SUMMER」:

「oh, a young lady,
with her hair waving in golden dreams,
her nails painted poppy colour,
seems teaching a little boy
dumb from birth how to make
forms of human oral symbols,
articulating her scarlet lips and tongue.
- amo
- amaryllis
- azur
- abeille
the summer's come.」



西脇順三郎全集3-3










































































関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
 
うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから
 
◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。
歴史における自閉症の役割。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本