守随憲治 校訂 『役者論語』 (岩波文庫)

「一 女形にてゐながら。もしこれでゆかずば立役へ直らんと思ふこゝろつくがいなや。藝(げい)は砂(すな)になる物なり。ほんのをなごが。をとこにはならぬにてがてんすべし。ほんの女もはやこれではすまぬとて。男にならるべきや。その心にては女の情(じやう)にうときはずなりと。申されしも尤ぞかし」
(「あやめぐさ」 より)


守隨憲治 校訂
『役者論語』

岩波文庫 黄 30-266-1

岩波書店 
1939年1月10日 第1刷発行
1991年10月9日 第3刷発行
99p 
文庫判 並装 カバー
定価260円(本体252円)



「やくしゃばなし」。正字・正かな。


本書「解説」より:

「一、書名
別に「優家七部書(ゆうかしちぶのしょ)」ともいふ。所收の佐渡嶋日記についても「古來芝居巻(こらいしばゐのまき)」といふ別稱がある。
一、編者
八文舎自笑。この自笑は二代目の自笑であつて、初代の八文字屋自笑の孫の八文字屋瑞笑の弟に當る。但、八文字屋は明和三年瑞笑の歿した翌四年、一切の版權を升屋大藏に譲渡したのである。
一、刊行
安永五年。但、所收のあやめ草は、明和八年新刻役者綱目の中に、第六巻として刊行され、佐渡嶋日記と賢外集とは、安永三年役者全書の第四巻第五巻に於て、何れも八文字屋から、刊行されてゐる。安永五年といふ年は、伊賀越乘掛合羽の初演などがあり、上方劇壇で敵討物お家物全盛のたゞ中であつた。」



役者論語


カバーそで文:

「小説「藤十郎の恋」で知られる坂田藤十郎や名女形芳沢あやめなど、主に元禄期に活躍した歌舞伎役者の教訓や逸話を集めた芸談集。」


目次:

役者論語 一
 舞臺百ケ條
 藝鑑
 あやめぐさ
役者論語 二
 耳塵集
役者論語 三
 續耳塵集
 賢外集
役者論語 四
 佐渡嶋日記
 しよさの秘傳

 三ケ津盆狂言藝品定

解説 (守隨憲治)




◆本書より◆


「役者論語(やくしやばなし)

此書(このしよ)やむかしより上手(じょうず)名人(めいじん)と稱(しよう)ぜし役者(やくしや)のはなしどもを古人(こじん)書留(かきと)め置(おき)し巻々(まきまき)なり

舞臺(ぶたい)百ケ條(でう) 元祖(ぐわんそ)坂田藤十郎師匠(ししやう)杉九兵衞といふ花車形(くわしやがた)の書置る書也

藝鑑(げいかゞみ) 富永(とみなが)平兵衞(むかしの狂言作者也)書置る

あやめ草(ぐさ) 元祖(ぐわんそ)よし澤あやめはなしどもを福岡彌五四郎書とめたる書也

耳塵集(にぢんしふ) 上手のはなしを金子(かねこ)吉左衞門書しるす

續耳塵集(ぞくにぢんしふ) 民屋(たみや)江音(かうおん)四郎五郎事書留し書也

賢外集(けんぐわいしふ) 染川十郎兵衞聞覺し事をはなせしを東三八(狂言作者也)書置る 賢外(けんぐわい)といふは十郎兵衞法名(ほふみやう)也

佐渡嶋日記(さどしまにつき) むかし今の藝者(げいしや)心得に成べき事を蓮智坊(れんちばう)が書置なり蓮智は佐渡嶋(さどしま)長五郎法名也

右七部(ぶ)の書(しよ)は優家(いうか)の龜鑑(きかん)なれども梓(あづさ)にちりばめ付録(ふろく)に當時(たうじ)三ケ津役者藝品定を加入(かにふ)する而已」



「あやめぐさ」より:

「一 女形は色がもとなり。元より生れ付てうつくしき女形にても。取廻しをりつぱにせんとすれば色がさむべし。又心を付て品やかにせんとせばいやみつくべし。それゆゑ平生(へいぜい)ををなごにてくらさねば。上手の女形とはいはれがたし。ぶたいへ出て爰(ここ)はをなごのかなめの所と。思ふ心がつくほど男になる物なり。常(つね)が大事と存るよし。さいさい申されしなり」

「一 女形にてゐながら。もしこれでゆかずば立役へ直らんと思ふこゝろつくがいなや。藝(げい)は砂(すな)になる物なり。ほんのをなごが。をとこにはならぬにてがてんすべし。ほんの女もはやこれではすまぬとて。男にならるべきや。その心にては女の情(じやう)にうときはずなりと。申されしも尤ぞかし」

「一 下手を相手に取たる時。その下手を上手に見する樣にするが。藝者のたしなみなり」

「一 小勘太郎次くせに。左の手にて膝(ひざ)をたゝく癖(くせ)あり。去とは見苦敷(ぐるし)と人々いけんせしに。尤なりとて心を付てたゝかぬやうにせしに。扨仕内にはり合がぬけて。俄(にはか)に七ぶぎりも仕内下りたるやうなり。それより又膝(ひざ)をたゝいてすればいき返りたる樣にはり合が出來たり。しかれば癖(くせ)といふものあしき事なれ共。無理直(なほ)しはならず。無理に直せば。いきほひのぬける事ありとぞ」





こちらもご参照ください:

『舞曲扇林・戯財録 附 芝居秘伝集』 守随憲治 校訂 (岩波文庫)











































































関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本