FC2ブログ

Keri Walsh (ed.)  『The Letters of Sylvia Beach』

『The Letters of Sylvia Beach』
Edited by Keri Walsh, with a foreword by Noel Riley Fitch

Columbia University Press, New York, 2010
xxxiii, 347pp, plates 16pp, 24.5x16.5cm, hardcover
Cover design: Catherine Casalino



ジョイスやパウンド、ヘミングウェイ、ガートルード・スタイン、フィッツジェラルドらが集ったパリの「シェイクスピア・アンド・カンパニー書店」の経営者で、親友となった「本の友の家」書店のアドリエンヌ・モニエとともに米・英・仏文学間の架け橋的役割を果し、自らもアンリ・ミショーの『アジアにおける一野蛮人』の英訳者であったパリのアメリカ人、シルヴィア・ビーチの書簡集です。
シェイクスピア・アンド・カンパニー書店の歴史やジョイスをはじめとするさまざまな人物との交流を綴った著書『Shakespeare and Company』が面白かったので、本書も購入してみました(2011年8月)。

図版(モノクロ)30点(別丁16p)。


beach - letters of sylvia beach 01


CONTENTS:

List of Illustrations
Foreword by Noel Riley Fitch
Acknowledgments
Introduction
References
Chronology

The Letters of Sylvia Beach:
I. Friendship and Travel
II. World War I
III. Shakespeare and Company: Expatriates
IV. Shakespeare and Company: 1930s
V. Postwar
VI. Old Friends and True
VII. Legacies

Appendix I. Morrill Cody's Article on Shakespeare and Company for Publishers Weekly (April 12, 1924)
Appendix II. Beach's Letter of Protest against the Pirating of Ulysses (February 2, 1927)
Appendix III. beach's Unsent Letter to James Joyce (April 12, 1927)
Appendix IV. Beach's Speech for the Institut Radiophonique d'Extension Universitaire (May 24, 1927)

Glossary of Correspondents
Index




◆本書より◆


「Introduction」より:

「Translations, exhibitions, and advising consumed Beach alongside bookselling, but as a publisher her career was singular. The success of *Ulysses* in 1922 meant that Shakespeare and Company might easily have gone on to become a publishing dynamo like Virginia and Leonard Woolf's Hogarth Press, but Beach was only interested in bringing out Joyce's book. Among the many manuscripts turned down in its wake was D. H. Lawrence's *Lady Chatterley's Lover: "It was all preaching, preaching," Beach later recalled. "It's nobody's duty to go in for sex if he doesn't want to, is it?"」

「Beach put the full weight of her opinion behind only one other writer, Henri Michaux. She spent several years engaged in translating Michaux's 1931 Un barbare en Asie (A Barbarian in Asia) for New Directions, an achievement for which she won the Denyse Clairouin Memorial Award for Translation in 1950. Beach's enthusiasm for the work of MIchaux looks surprising now (his reputation has not worn well), though it is one she shared with Joyce's biographer Richard Ellmann, who also translated some of Michaux's work, and who declared in the *Kenyon Review* in 1949 that he was "one of the most original and important writers of his generation". ( . . . ) Beach's letters of the late 1940s revea the time and effort she spent promoting Michaux, whom she insisted "must not be lost sight of."」



「To Adrienne Monnier No date (c. 1940)」より:

「You do me the honor of asking me to say a word about which English writers I like. Is this a struggle? First, it's no longer a secret that my favorites are my associate "Bill" Shakespeare, William Blake and James Joyce. And I like De Quincey and Melville.」


beach - letters of sylvia beach 03


シェイクスピア&カンパニー書店。
窓から二階の部屋に入ろうとする作曲家アンタイルと、それを見ているシルヴィア・ビーチ。


beach - letters of sylvia beach 02

 
上: 第一次世界大戦中、畑仕事をするシルヴィア・ビーチ(左)。
下: シルヴィア・ビーチの妹、シプリアン(Cyprian)。元の名前はエリナー(Eleanor)。サイレント時代に映画女優として活躍しました。アラゴンもお熱をあげるなどシプリアンのもてもてぶりがシルヴィアの著書『Shakespeare and Company』に詳述されています。


シルヴィア・ビーチは、ナチの将校ふうの男にジョイスの本を売るのを断った為に嫌がらせを受け、それがきっかけで書店をたたんでしまいました。



シェイクスピア・アンド・カンパニー書店 ウィキペディア
コロンビア大学出版局


書評(英語):

ニューヨークタイムズ ブックレビュー
サンデータイムズ ブックレビュー
ガーディアン ブックレビュー
ワシントンタイムズ ブックレビュー
































































































関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
 
うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから
 
◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本