『南方熊楠全集 第十巻 英訳方丈記・英文論考・初期文集 他』

「The great man grows avaricious, the solitary man is disliked by the world.」
(南方熊楠訳 「HOJOKI」 より)


『南方熊楠全集 第十巻 
英訳方丈記・英文論考・初期文集 他』

監修: 岩村忍/入矢義高/岡本清造
校訂: 飯倉照平

平凡社 昭和48年11月12日初版第1刷発行
139p+424p vii 口絵(モノクロ)4p
A5判 丸背布装上製本 貼函
定価2,800円
装幀: 原弘

月報 10(8p):
南方熊楠翁の菌類図譜について(小林義雄)/『信貴山縁起絵巻』と南方熊楠(杉山二郎)/南方熊楠先生追想記(六)(雑賀貞次郎)/英文・和文論考対照表



本書「凡例」より:

「本全集は、南方熊楠が公表した論考、随筆、英文著述、ならびに未公表の論考、手稿類などを集大成することを期した。」
「国内で、著書として、あるいは雑誌に発表された文章は、内容がはなはだしく重複する一、二の例外を除き、すべて収録する。また新聞に掲載された文章も、主要なものは収録する。」
「外国の刊行物に発表された英文著述および未公表の英文論考は原文で収録する。」
「書簡は、学術的および伝記的に重要な内容をもつものを、入手しうる限り、完全な形で収録する。」
「その他、未公表の論考、手稿類、日記の一部、年譜、著述目録索引を付載する。」
「表記は原則として「現代かなづかい」に改め、送りがなも(中略)読解の便をはかって付加し、大部分の接続詞、副詞、助詞なども、漢字をかな書きに改めた。」
「漢字は、当用漢字、同補正案、人名用別表にある字体は、これを使用し、また一部の俗字、同字などで現在常用されないものは、通用のものに改めた。」
「引用文は、(中略)可能な限り原典と照合、校訂した。また漢文の引用文は「読み下し文」に改め(中略)た。読み下しには飯倉照平が当たり、(中略)入矢義高が校閲した。」

「本書(第十巻)は、初期文集・上京日記・神島の調査報告・鷲石考のほか、英訳方丈記・英文論考を収録する。」
「当初収録を予定していた未刊稿“The Origin of the Swallow-Stone Myth”(いわゆる「燕石考」)は、(中略)別巻第一に譲ることにした。」
「なお、これらの英文関係のページは、横組、左開きとした。」



目次:

凡例

初期文集
 作文三題
  祝文
  火ヲ慎ム文
  教育ヲ主トスル文
江島記行
日光山記行
日高郡記行
明治十九年十月二十三日松寿亭送別会上演説草稿
上京日記
神島の調査報告
鷲石考

英文論考/Works in English by Kumagusu Minakata 1893-1933
 A Japanese Thoreau of the Twelfth Century (HOJOKI) 1905
 Nature 1893-1914
  The Constellations of the Far East
  Early Chinese Observations on Colour Adaptations
  Some Oriental Beliefs about Bees and Wasps
  The Earliest Mention of Dietyophora
  An Intelligence of the Frog
  On Chinese Beliefs about the North
  Chinese Beliefs about Caves
  The Antiquity of the "Finger-Print" Method
  "Finger-Print" Method
  Chinese Theories of the Origin of Amber
  Hesper and Phosphor
  The Mandrake
  The Invention of the Net
  The Story of the "Wandering Jew"
  The Antiquity of the "Finger-Print" Method
  Remarkable Sounds
  Remarkable Sounds
  Remarkable Sounds
  Remarkable Sounds
  The Mandrake
  Marriage of the Dead
  On Augury from Combat of Shell-fish
  The Centipede-Whale
  Acquired Immunity from Insect Stings
  The Mandrake
  Oat Smut as an Artist's Pigment
  Notes on the Bugonia-Superstitions - The Occurrence of Eristalis Tenax in India
  The Centipede-Whale
  The Invention of the Gimbal
  Plague in China
  The Natural Prey of the Lion
  Walrus
  Indian Corn
  Crab Ravages in China
  Indian Corn
  Illogicality concerning Ghosts
  Artificial Deformations of Heads, and Some Customs connected with Polyandry
  Pithophora Oedogonia
  Distribution of Pithophora
  The Discovery of Japan
  Distribution of Calostoma
  The Earliest Mention of Hydrodictyon
  Early Chinese Description of the Leaf-Insects
  Polypus Vinegar - Sea-blubber Arrack
  An Alga growing on Fish
  Baskets used in Repelling Demons
  Colours of Plasmodia of Some Mycetozoa
  A Singular Mammal called "Orocoma"
  Colours of Plasmodia of Some Mycetozoa
  Trepanning among Ancient Peoples
 Notes and Queries 1899-1933
 Vragen en Mededeelingen 1910
 Title Index

南方熊楠の英文著作 (岩村忍)
英文著作解題




◆本書より◆


「HOJOKI」より:

「Of the flowing river the flood ever changeth, on the still pool the foam gathering, vanishing, stayeth not. Such too is the lot of men and of the dwellings of men in this world of ours. Within City-Royal, paved as it were with precious stones, the mansions and houses of high and low, rivalling in length of beam and height of tiled roof, seem builded to last for ever, yet if you search few indeed are those that can boast of their antiquity. One year a house is burnt down, the next it is rebuilded, a lordly mansion falls into ruin, and a mere cottage replaces it. The fate of the occupants is like that of their abodes. Where they lived folk are still numerous, but out of any twenty or thirty you may have known scarce two or three survive. Death in the morning, birth in the evening. Such is man's life - a fleck of foam on the surface of the pool. Man is born and dieth; whence cometh he, whither goeth he? For whose sake do we endure, whence do we draw pleasure? Dweller and dwelling are rivals in impermanence, both are fleeting as the dewdrop that hangs on the petals of the morning-glory. If the dew vanish the flower may stay, but only to wither under the day's sun; the petal may fade while the dew delayeth, but only to perish ere evening.」








































































関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本