文: 斎藤文一/写真: 武田康男 『空の色と光の図鑑』

「じつは虹については距離は問題にならない。というのは、光っている相手は空間のどこかきまった距離にある(中略)のではなく、観測者の眼から見て、きまった視線方向にある“すべての水滴”が、そろって同じ方向に向けて光を出しているのである。」
(斎藤文一 『空の色と光の図鑑』 より)


文: 斎藤文一 
写真: 武田康男 
『空の色と光の図鑑』


草思社 
1995年10月11日 第1刷発行
1997年5月20日 第6刷発行
180p 索引2p 参考文献1p
A5判 丸背紙装上製本 カバー
定価2,900円+税
装丁: 吉冨浩



図版(カラー)多数。


空の色と光の図鑑 01


帯文:

「虹や稲妻やオーロラなど
空を彩る不思議な色と光の現象(大気光学現象)を
美しい写真で解説した初めての図鑑。
虹、稲妻、オーロラ、青空、薄明、火映、光茫、グリーン・フラッシュ、
光冠、ブロッケンの妖怪、彩雲、幻日、太陽柱、ダイヤモンド・ダストなど
41項目、写真99枚。」



カバーそで文:

「空は美しく、不思議である

 空には私たちの心をひきつけてやまないものがある。大空の美しさは格別なもので、地上のほかのなにをもってしても比べることができないほどだし、そこに多くの不思議も秘めている。その素材は空気と水蒸気と太陽の光だけだというのに、空はその表情を微妙に変え、また劇的にその光と色を変えるのである。空はなぜあのように青いのか。また空はなぜあのように赤くなるのか。そして空は、美しい虹や蜃気楼の舞台でもあるが、こういうものも一つとして同じものがない。そういう微妙な違いの背後で、科学的にいったいどういうことが起こっているのだろうか。本書は、そういう空の美しさや多くの「なぜ」について、新しい知識や解釈を含めて、一般の読者のために解説したものである。(斎藤文一/まえがきより)」



目次:

まえがき (斎藤/武田)

1 空はなぜさまざまな色をあらわすのか
 青空
 【基礎知識 1】 空気分子による光の散乱(レイリー散乱)
 朝の薄明(東の空)
 【コラム 1】 人麿が見た「かぎろひ」とは何か
 薄明(西の空)と地球影
 夕の薄明(西の空)
 火山噴火後の朝焼けと夕焼け
 雲の色
 【基礎知識 2】 水滴や塵などの粒子による光の散乱
 朝焼け雲と夕焼け雲
 さまざまな霧の色
 火映
 【観測ガイド 1】 (武田)

2 太陽の光はどのように変わるのか
 朝日と夕日
 光芒(放射状の光線)
 山影
 日の入り
 つぶれた形の太陽
 【基礎知識 3】 大気差とは何か
 ワイングラス型の太陽
 【コラム 2】 日本列島でいちばん初日の出が早いのはどこか
 グリーン・フラッシュ
 【観測ガイド 2】 (武田)

3 さまざまな蜃気楼はどのようにしてできるのか
 下に映る蜃気楼(上冷下暖の蜃気楼)
 【基礎知識 4】 蜃気楼とはどういうものか 1 「上冷下暖」の場合
 上にのびる蜃気楼(上暖下冷の蜃気楼)
 【基礎知識 5】 蜃気楼とはどういうものか 2 「上暖下冷」とファタ・モルガナ
 浮島現象と二つの太陽
 【コラム 3】 「狐火」とはどういうものか
 【観測ガイド 3】 (武田)

4 虹はなぜあのような形と色をあらわすのか
 主虹
 副虹
 【基礎知識 6】 水滴の中で光はどのように進むのか
 過剰虹
 【コラム 4】 虹はかつて竜や蛇だと信じられていた
 時雨虹
 いろいろな虹
 【コラム 5】 「白虹(はっこう)日を貫く」とはどういうことか
 【観測ガイド 4】 (武田)

5 なぜ太陽や月のまわりに光の輪や暈があらわれるのか
 光環(光冠、コロナ)
 【基礎知識 7】 粒子による光の回折と「ビショップの環」
 光輪(グローリー)
 ブロッケンの妖怪
 【コラム 8】 ゲーテはブロッケン山で何を見たか
 暈(ハロ)
 【基礎知識 8】 氷の結晶のなかで光はどのように進むか
 幻日
 環天頂アーク
 太陽柱
 彩雲
 ダイヤモンド・ダスト
 【観測ガイド 5】 (武田)

6 さまざまな稲妻はどのようにつくられるか
 落雷
 【基礎知識 8】 雷の電気はどうしてできるか
 空を走る稲妻
 【コラム 8】 「セント・エルモの火」とはどういうものか
 幕電
 【コラム 9】 「火の玉」とはどういうものか
 【コラム 10】 「地震発光」とは何か
 【観測ガイド 6】 (武田)

7 オーロラや大気光はどのように光るのか
 縞状のオーロラ
 カーテン状や帯状のオーロラ
 コロナ状とその他のオーロラ
 【基礎知識 10】 オーロラはどうしてできるか
 低緯度オーロラ
 大気光
 黄道光
 【基礎知識 11】 大気光とはどういうものか
 【観測ガイド 7】 (武田)

付章 夜空の色や光のスカイ・ショウを楽しもう
 太陽コロナ/太陽プロミネンス
 皆既日食時の空の色
 満月/皆既月食/地球照と惑星
 星の見え方(カノープス)
 星の色/天の川
 流星/人工衛星
 光害
 薄明と夜景と星

索引
参考文献



空の色と光の図鑑 02



◆本書より◆


「主虹」より:

「虹は、空中に浮かんでいる多くの雨粒(水滴)に太陽光があたり、その内部で屈折と反射をすることによって生じる。虹の出る方向は、太陽を背にして、ちょうどその反対方向(対日点という)を中心に半径約42°のもの(「主虹」という)と約51°のもの(「副虹」という)とがある。」

「いま空中に浮かんでいる水滴に太陽光があたっているとしよう。太陽光線はさまざまな角度で水滴の中に入って屈折し、内面で一回反射したあと出ていく。主虹の場合、この出ていく方向も当然さまざまであるが、われわれが対日点とよぶ方向に対して42°という方向の光は、他の方向の光よりもとくに集中していることが証明されている。そして、42°の方向にある空中のすべての水滴からの光が寄せ集まって一つの主虹をつくるのである。つまり虹は空間のどこかに位置がきまった1個の物体が出す光ではなく、空中に広く分布している無数の水滴の出す光を見ているのである。」



空の色と光の図鑑 03






































































































































関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本