レーモン・クノー 『地下鉄のザジ』 (生田耕作 訳/中公文庫)

「「おかしくない人間なんて」とザジ。「けつ喰らえ」」
(レーモン・クノー 『地下鉄のザジ』 より)


レーモン・クノー 
『地下鉄のザジ』 
生田耕作 訳

中公文庫 C 11

中央公論社 
昭和49年10月10日初版
昭和57年12月15日9版
232p
文庫判 並装 カバー
定価340円
表紙・扉: 白井晟一
カバー絵: 「一九六六年ガリマール版『地下鉄のザジ』所載のジャック・カルルマンによる挿画より。」
本文挿画: ジャック・カルルマン



Ramond Queneau "Zazie dans le métro" (1959)

久しぶりに『ラフォルグ抄』をよんだらレイモン・クノーをよみたくなったので久しぶりによんでみました。ラフォルグとクノーはたいへん似ています。ラフォルグだと公園のベンチが濡れていて座れないですが、クノーだと地下鉄がストで乗れないです。
ついでにルイ・マルによる本書の映画化も久しぶりにみてみましたが、これはこれでよいですが、ザジは笑ったりせずに無表情でふてくされているほうがよいです。

本文中挿絵(モノクロ)11点。


クノー 地下鉄のザジ1


カバー裏文:

「田舎からパリにやって来た少女ザジは、地下鉄に乗ることをいちばんの楽しみにしていたのに、あいにくの地下鉄ストで念願果たせず、警官か誘拐魔か奇妙な男につきまとわれたりしながら、なんともおかしな人生体験をする……。
庶民の精神風俗の鋭い観察、言葉の可能性の執拗なまでの探究から生み出された新しい小説形式の秀作(本邦初訳版)。」



内容:

地下鉄のザジ

解説 (生田耕作)



クノー 地下鉄のザジ2



◆本書より◆


「「あたし」ザジは宣言する。「六十五まで学校へいくつもりよ」
 「六十五まで?」いささか驚いてガブリエルは繰り返す。
 「そうよ」とザジ。「あたし小学校の先生になりたいの」
 「悪い商売じゃないわ」マルスリーヌがおしとやかに言う。「恩給がつくものね」
 彼女はそれを機械的につけ加えたのだ。国語に堪能だったから。
 「恩給けつ喰らえ」ザジはやり返す。「あたしはね、先生になりたいのは恩給のためなんかじゃなくってよ」
 「そうだとも」とガブリエル。「そいつはわかるよ」
 「じゃ、なんのため?」
 「それを聞かせてもらいたいのさ」
 「自分でわからないの?」
 「とにかくずるいね今日びの若者は」女房に向かってガブリエルは言う。
 それからザジのほうに向き直り、
 「さあ? どうしてなりたいんかね、学校の先生に?」
 「いじめてやれるからよ」ザジは答える。「十年さきに、二十年さきに、五十年さきに、百年さきに、千年さきにあたしの年になる女の子を。いつの時代だってシゴキ甲斐のあるガキは跡を絶たないもの」
 「なるほど」
 「女の子にめちゃくちゃ意地悪してやるの。床をなめさせてやるわ。黒板拭きを食べさせてやるの。お尻にコンパスを突き立ててやるわ。尻(けつ)の肉に突き刺さる大きな拍車のついた」
 「ねえ」ガブリエルはおだやかに言う。「新聞で読んだがね、これからの教育はまったくそういう方向には向かってないんだよ。いやむしろ逆さ。温和、寛容、親切を目指してるんだ。ちがうかね、マルスリーヌ、新聞じゃそう言ってるね?」
 「ええ」おしとやかにマルスリーヌは答える。「でもねェ、ザジ、あなた学校でひどい目にあわされたの?」
 「見せたくなかったわ」
 「それに」ガブリエルが言う。「二十年もすりゃ、もう先生なんていなくなるさ。映画や、テレビや、電子工学や、そういったものに取って代られるんだ。これもいつか新聞に書いてあったよ。そうだろう、マルスリーヌ?」
 「ええ」マルスリーヌはおしとやかに答える。
 ザジはちょっと間その未来を眺め渡す。
 「じゃ」と彼女は宣言する。「あたし宇宙飛行士になるわ」
 「なるほど」ガブリエルは賛成する。「なるほど、時代にあわさなくちゃ」
 「そうよ」ザジは続ける。「あたし宇宙飛行士になって火星人をいじめに行くんだ」」



クノー 地下鉄のザジ3


「「話し合いけつ喰らえ!」」


























































































関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本