Alexander Roob 『Alchemy & Mysticism』 (Taschen)

Alexander Roob
Alchemy & Mysticism:
The Hermetic Museum

 
Taschen, 2001
711pp, 20x14.5cm, hardcover



錬金術・神秘学関連図像集。


alchemy and mysticism 01


alchemy and mysticism 03


alchemy and mysticism 02


本書は、アレクサンダー・ローブ『錬金術と神秘主義――ヘルメス学の博物館』 (クロッツ・シリーズ)として日本語版も出ていたようですが、未見です。

著者は1956年生生まれのドイツの画家・作家。ウィリアム・ブレイクの後期の詩の翻訳に従事しており、ブレイク研究の一環として神秘主義・錬金術関連画像の収集を始めたということです。本書にもブレイクの作品が多数採られています。

本書の構成は以下の通り。括弧内は便宜的につけた訳です。


INTRODUCTION(序文)
 
MACROCOSM (マクロコスモス)
 The World - Ptolemy, Brahe, Copernicus (世界――プトレマイオス、ブラーエ、コペルニクス)
 Sun (太陽)
 Moon (月)
 Cosmic time (宇宙時間)
 Lower astronomy (下位の天文学=錬金術)
 Stars (星座)
 Music of the spheres (天体の音楽)
 Genesis (世界創造)
 Eye (眼球)
 Cosmic egg (宇宙卵)
 
OPUS MAGNUM (大いなる術=錬金術)
 Genesis in the retort - Elementa chemicae (蒸留器のなかの世界創造――『化学の基礎』)
 Purification (浄化)
 Fall of Adam (アダムの堕落)
 Chaos (混沌)
 Saturnine night (サトゥルヌスの夜)
 Torment of the metals (金属の試練)
 Resurrection (復活)
 Aurora (曙光)
 Light & Darkness - Jacob Boehme's system(光と闇――ヤコブ・ベーメの体系)
 Ladder (階梯)
Ramon Lull's system (ライモンドゥス・ルルスの体系)
Philosophical tree (哲学の樹)
 Sephiroth (セフィロート)
 Ab uno (全ては一者より)
 Fortress (砦)
 Animal riddles (動物の寓意)
 Oedipus chimicus (化学のオィディプス)
 Dew - Mute book (露――『沈黙の書』)
 Women's work & child's play ([錬金術の過程における寓意としての]女性の仕事と子供の遊び)
 Vegetable chemistry (菜園の化学)
 Serpent (蛇)
 Return - Theosophical Society (回帰――神智学協会)
 Conjunctio - Rosarium philosophorum (結合――『哲学の薔薇園』)
 Androgyny (アンドロギュノス=両性具有)
 Separatio (分割)
 Hermetic Yantras (ヘルメス学のヤントラ)
 Trinity (三位一体)
 Fire (火)
 Philosophical egg (哲学の卵)
 Matrix (母胎)
 Fountain (泉)
 Christ-Lapis (キリスト=石[ラピス])
 Blood (血)
 
MICROCOSM (ミクロコスモス)
 Human from Divine (人間、神の似姿)
 Brain & memory (脳と記憶)
 Signatures (署名)
 Script & seal (文字と封印)
 Apparitions (アパリション=顕現)
 
RORATION (円環/回転)
 Whirl & magnet (渦と磁気)
 Divine Geometry (『神聖幾何学』)
 Wheel - Winds, Gurdjieff's eneagramm, Colour wheel(輪――風位、グルジェフのエネアグラム、色彩の輪)
 Rose (薔薇)
 Pilgrim (巡礼者)
 
INDEX (索引)


ところで、タッシェンからは『Alchemy & Mysticism』というタイトルの本が三種類出ていて、本書と、2006年に出たタッシェン25周年シリーズの廉価版、そして「ICON」シリーズのダイジェスト版です。25周年廉価版はページ数が本書より少ない575ページになっています。
本書の初版は1997年にペーパーバックとして刊行されたようです。
(さらに2014年に「Bibliotheca Universalis」シリーズで再刊されましたが(ハードカバー)、それは576ページになっています。)


alchemy and mysticism 04


alchemy and mysticism 05


alchemy and mysticism 06


alchemy and mysticism 07




The Splendor Solis by Salomon Trismosin
http://www.hermetics.org/solis.html



























































































関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本