『江戸川乱歩全集 第8巻 目羅博士の不思議な犯罪』

「若し月光の妖術の助けがなかったら、目羅博士の、この幻怪なトリックは、全く無力であったかも知れません。」
(江戸川乱歩 「目羅博士の不思議な犯罪」 より)


『江戸川乱歩全集 
第8巻 
目羅博士の不思議な犯罪』

光文社文庫 え 6-12

光文社
2004年6月20日初版第1刷発行
777p+1p 口絵(カラー/モノクロ)2p
文庫判 並装 カバー
定価1,048円+税
カバーデザイン: 間村俊一
カバーオブジェ・コラージュ: 勝本みつる
オブジェ撮影: 松浦文生



第11回配本。
昭和6年から9年にかけて発表された長篇1篇、中篇3篇、短篇2篇、連作小説の乱歩執筆分1篇、中断した長篇の冒頭部分1篇、計8篇が収録されています。


江戸川乱歩全集08


目次:

目羅博士の不思議な犯罪
 自作解説
地獄風景
 全集の編輯について(抄)
 「地獄風景」もうひとつの結末
 自作解説
恐怖王
 作者の言葉
 自作解説

 自作解説
火繩銃
 作者の言葉
 自作解説
殺人迷路
 ここまでのあらすじ
悪霊
 「悪霊」についてお詫び
 自作解説
妖虫
 自作解説

解題 (新保博久)
註釈 (平山雄一)
解説 (新保博久)
私と乱歩 (上野正彦)




◆本書より◆


「目羅博士の不思議な犯罪」より:

「広い園内はガランとして、人っ子一人いなかった。茂った樹々の下陰には、もう夜の闇が、陰気な隈(くま)を作っていた。私は何となく身内(みうち)がゾクゾクして来た。私の前に立(たっ)ている青白い青年が、普通の人間でなくて、魔法使(まほうつかい)かなんかの様に思われて来た。
 「真似というものの恐ろしさがお分りですか。人間だって同じですよ。人間だって、真似をしないではいられぬ、悲しい恐ろしい宿命を持って生れているのですよ。タルドという社会学者は、人間生活を『模倣』の二字でかたづけようとした程ではありませんか」
 今はもう一々覚えていないけれど、青年はそれから、「模倣」の恐怖について色々と説を吐いた。彼は又、鏡というものに、異常な恐れを抱(いだ)いていた。
 「鏡をじっと見つめていると、怖(こわ)くなりやしませんか。僕はあんな怖いものはないと思いますよ。なぜ怖いか。鏡の向側(むこうがわ)に、もう一人の自分がいて、猿の様に人真似をするからです」
 そんなことを云ったのも、覚えている。
 動物園の閉門の時間が来て、係りの人に追いたてられて、私達はそこを出たが、出てからも別れてしまわず、もう暮れきった上野の森を、話(はな)しながら、肩を並べて歩いた。
 「僕知っているんです。あなた江戸川(えどがわ)さんでしょう。探偵小説の」」

「青年の言葉は、ともすれば急激な飛躍をした。ふと、こいつ気違いではないかと、思われる位であった。
 「今日は十四日でしたかしら。殆(ほとん)ど満月ですね。降り注ぐ様な月光というのは、これでしょうね。月の光て、なんて変なものでしょう。月光が妖術を使うという言葉を、どっかで読みましたが、本当ですね。同じ景色が、昼間とはまるで違って見えるではありませんか。あなたの顔だって、そうですよ。さい前(ぜん)、猿の檻の前に立っていらしったあなたとは、すっかり別の人に見えますよ」
 そう云って、ジロジロ顔を眺められると、私も変な気持になって、相手の顔の、隈になった両眼が、黒ずんだ唇(くちびる)が、何かしら妙な怖いものに見え出したものだ。」

「「若し月光の妖術の助けがなかったら、目羅博士の、この幻怪なトリックは、全く無力であったかも知れません。」」

「「目羅博士の殺人の動機ですか。それは探偵小説家のあなたには、申し上げるまでもないことです。何の動機がなくても、人は殺人の為に殺人を犯すものだということを、知り抜いていらっしゃるあなたにはね」」



「地獄風景」より:

「この世には、時々、何とも解釈のつかぬ、夢の様な、突拍子(とっぴょうし)もない事柄が、ヒョイと起ることがあるものだ。地球の患(わずら)う熱病が、そこへ真赤な腫物(しゅもつ)となって吹き出すのかも知れない。」





















































































関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本