『続 幻影の人 西脇順三郎を語る』

「いつも現実以外のことを考えている。第四次元の世界を考えているような感じでね、何考えているのかは本人しかわからない。西脇先生もそういうところあったわ。本当の詩人というのは無駄口はきかないし人物が大きくて謙虚ですね。それなのに喜劇役者みたいなところもある。人間と言うよりほかの世界から来た人の感じ(笑)。」
(萩原葉子 「萩原朔太郎と西脇順三郎を語る」 より)


『【続】 幻影の人 
西脇順三郎を語る』

編: 西脇順三郎を偲ぶ会

恒文社 
2003年12月10日 第1版第1刷発行
301p 口絵(モノクロ)4p 
四六判 丸背紙装上製本 カバー 
定価2,500円+税
装丁: 本田進
装画: 西脇順三郎「北海道の旅」



小千谷市立図書館における「西脇順三郎先生を偲ぶ会」記念講演集の続編です。
今回はそれぞれの講演者の演壇での写真と「染筆」が掲載されています。


西脇順三郎を語る 続 01


帯文:

「没後20年記念出版
西脇順三郎の世界と魅力とを語る
詩人、英文学者、芸術家、評論家など
西脇順三郎と生前からゆかりの深い
14人の論客の講演を収めた記念講演の続編。
[1994年から2002年までを収録]」



帯背:

「没後二十年記念出版」


目次:

座談会 「幻影の人」 (飯島耕一/飯田善國/那珂太郎/新倉俊一 1994年7月)
西脇先生の思い出 (池田満寿夫 1994年7月)
対談 萩原朔太郎と西脇順三郎を語る (萩原葉子/西岡光秋 1995年7月)
善なる詩――素晴らしい生命 (江森國友 1996年6月)
西脇順三郎と瀧口修造――その詩と絵画をめぐって (鶴岡善久 1997年6月)
私の出会った西脇順三郎――孤独と郷愁の人 (白石かずこ 1998年6月)
西脇順三郎先生の後姿 (藤富保男 1999年6月)
ユーロオヂヤンJ・Nの幻影 (松田幸雄 2000年7月)
西脇先生と良寛 (吉増剛造 2001年6月)
西脇順三郎における反文人性 (海上雅臣 2002年6月)

刊行によせて (新倉俊一)



西脇順三郎を語る 続 02



◆本書より◆


萩原葉子「萩原朔太郎と西脇順三郎を語る」より:

「父はおしゃれで着るものにもこだわるのですが、その一方で仕事のあとなど普段着で外出してしまうところがあって、祖母が困っていましたが西脇先生もやっぱり奥様の世話がないと何もできないところがあるらしいです。」
「父は酔ってくると子供みたいな無頓着になっちゃうのね。だけど、西脇順三郎先生の方は崩さないというか、おしゃれというか、変わらないんじゃないですか。」
「父は霞食べているようでこぼす方が多くほんの一口でしたが、西脇先生もやっぱり似ていて食べるのを見たことがありません。ちょっとつまむぐらいかしら。飲むばかりですね。(中略)大体大食いで太っている詩人というのは大した詩人じゃない(笑)。(中略)繊細で傷つきやすい裸の神経が見えるようでした。」

「私も「お元気ですか」等の挨拶は嫌いです。偉い人は謙虚ですから、向こうが「お元気ですか」と言えば何とか答えて挨拶はするけれど、自分から「お元気ですか?」など世間的なことは言わないと思うわね。父は小さい子供にも挨拶を返していました。でもその一方で私と道で会っても気がつかず、慌てて帽子とっておじぎするんですよ。(中略)いつも現実以外のことを考えている。第四次元の世界を考えているような感じでね、何考えているのかは本人しかわからない。西脇先生もそういうところあったわ。本当の詩人というのは無駄口はきかないし人物が大きくて謙虚ですね。それなのに喜劇役者みたいなところもある。人間と言うよりほかの世界から来た人の感じ(笑)。」

「父は大阪で十二代続いた医者の長男に生まれ、昔は長男は家業を継がなくてはならない鉄則があった。それを継がないで、詩を書いたり、マンドリンやギターを弾いたり、父は一生懸命だったけどアートの世界の分からない普通の親からみれば収入がないのでぶらぶら遊んでいるとしか見えないので両親は怒り、「萩原家の先祖に何の祟りがあって、ばか息子が生まれたのか」と、ののしり、隣村まで評判が立った。それが本当の証拠に私の息子が赤ん坊のとき耳鼻科へ行ったら、「父親のお国はどこだ」と言うから、前橋だと言ったら「前橋には偉いお医者さんの先生がいたけど、気の毒にばか息子がいた。あれはどうしたか知ってますか」と聞くから(笑)、「父なんです」と言ったら気の毒そうな顔をされました。これは本当の話です。室生犀星が隣村の床屋へ入ったら、萩原医院のばか息子のうわさをしていたので、犀星が怒って、床屋の人とけんかしたっていう話もある(笑)。
 祖父は、勤勉努力の人だったもんですから、働かないのならば死んでくれと、ピストル送って来て自決しろとまで言われたほどです。それも四十になってその道では詩人として認められたころです。朔太郎研究家の中には、父は良家のおぼっちゃんでお金の苦労なくすくすく育った羨ましい身分と書いている人が多いけどまちがいで、父も苦しんだのです。」
「父は医者を継がなかったので道を歩いていて、つばをかけられたり、ばか息子と言われました。」
「父はお金のこと分からない人で、戦後、室生犀星の家へ行ったときに、クリーニング屋が来て、室生犀星さんは財布を持って自分で払ったのを見てびっくり仰天してたわ。」
「群馬で若い頃の朔太郎にバカ息子とつばをかけたことのおわびも含めて、「研究会」の発足が起ったのです。そして最初は三好達治さんが会長をして下さった。でも亡くなったので、西脇先生にお願いをして次の会長になってもらって、「会長なんて嫌なんだけど、朔太郎さんのためだから」と受けてくれました。」

「私は詩の本質は「魂の叫び」だと思う。」



鶴岡善久「西脇順三郎と瀧口修造」より:

「さっきもちょっと申しましたが、詩人が本質的に詩人であるかどうかということを確かめるのに一番いいのは、その詩人が大きな権力、あるいは大きな圧迫、そういうものに出会ったときに、一体どういう姿勢をとるかということで決まるように私は考えるわけです。つまりもっと具体的に言いますと、この前の戦争のときに非常に大きな権力や社会など、自分を締めつけてくるものに出会ったときに、どんな姿勢をその詩人がとるかという、これで私はその詩人の本当の価値というのが決まってくるような気がするわけです。
 大分前にその辺に興味を持ちまして、私は戦争中の雑誌や詩集をたくさん集めまして、『太平洋戦争下の詩と思想』という本を出版したことがあるのですが、それは日本の詩人たちが戦争の中へどういうふうに巻き込まれていったか、また私がさらに重要視したのは、巻き込まれるのはやむを得ない、そういう詩を書かなければ、紙も与えられない、それから圧力もかかるわけですから、書くのはやむを得ない、しかし、それらの詩人たちが戦後にどういう姿勢をとったかということです。書いたことについて責任をとったかどうか。それを考えると、ほとんどの日本の詩人というのは、その責任をとっていないということが言えるわけです。」
「そうすると、もうほとんど例外なく激烈な戦争協力詩を書いているのです。しかもそれらの詩人たちはそのことについて戦後何も語っていない。つまり自分がそういう戦争の詩を書いたということについて反省をしていない。せいぜいしようがなくて書かせられたなんていうことをちょこっと言うぐらいで、本当に自分がそういう詩を書いてしまったという責任をとらない。高村光太郎のように、激烈な戦争詩を書いて、戦後岩手県の方に七年間山ごもりをして、自分を島流しにするというような発想をした人もいます。(中略)少なくとも高村光太郎なんかは非常に誠実な心を持っていた人なわけですが、ほかの詩人たちはほとんど全部戦争中の自分の詩を隠したままにする。
 最も抵抗したと言われる金子光晴さんという詩人がおります。(中略)金子さんは自伝を書いて、自伝の中で自分がいかに戦争に抵抗したかというのをずっといろいろな形で書いています。しかし、金子さんの死後、私が発見したのですが金子さんは『マライの健ちゃん』という童話集を昭和十九年に出しているのです。その童話集は、完全に日本が政治的に目指していた大東亜共栄圏、アジアを一つにして、日本語を習わせて、アジアを牛耳るという、大東亜共栄圏の思想にほぼそっくりそのまま沿ったものなのです。ところが、金子さんは亡くなるまでどこにもその絵本を書いたということを書いていないのです。つまりやっぱり一番自分が弱かったところを隠していたわけです。
 小説家もそのほとんどが戦争に協力します。しかし例外的に戦争に協力しなかった作家もいました。例えば、病気で寝たり起きたりの生活をしていた堀辰雄は、戦争についてのアンケートで、ほかの作家たちはみんな日本の戦争を支持するようなメッセージを寄せている中で、自分の大好きなリルケという詩人は、大戦中沈黙を守りました、自分も戦争については沈黙を守りたい、というようなことを書いているわけです。これは、堀辰雄のすばらしいところだと私は思うのです。」
「まず西脇さんですけれども、西脇さんの場合は、戦争について文章や詩を全く書いていらっしゃいません。(中略)西脇さんは完全に戦争を拒否しているというか、戦争に対して沈黙を守っておられたのです。」
「一方、それでは瀧口さんの方は戦争をどういうふうに過ごしたかといいますと、(中略)先ほどお話しした、一九二九年にフランスのシュルレアリスムが共産主義に近づくものですから、その情報を当時日本の官憲の方も手に入れているわけです。ですから、日本のシュルレアリスムの詩人や画家たちについても、非常に厳しい監視がつくわけです。そういう厳しい状況の中で瀧口さんは、非常に頑強に自分の良心に恥じないような闘い方をするのですが、その瀧口さんでさえやはり最後は百パーセンと抵抗し切れなかったところがあるのです。
 昭和十八年に日本文学報国会という文学者が全部集まって戦争に協力するための会ができて、『辻小説集』とか『辻詩集』というのができて、そこへほとんど全部の詩人たちが戦争詩を、書かせられるわけです。ところが、それにも西脇さんは、詩を発表していらっしゃいません。」
「瀧口さんは、「若鷲のみ魂にさゝぐ/春とともに」というタイトルで、(中略)戦死した若い兵士がふるさとへ帰ってくるというテーマの詩を発表しておられます。極端な戦争協力の詩ではないのですけれども、瀧口さんの場合は、ぎりぎり、この辺までシュルレアリスムから後退するわけです。」
「後退したとはいえそれでもやはり瀧口さんはシュルレアリストである。したがって、共産主義に接近しているかもしれぬということで、昭和十六年の春、同日に画家の福沢一郎さんと瀧口修造さんは官憲、つまり特高によって逮捕、拘禁されてしまうわけです。
 非常におもしろいのは、(中略)福沢一郎さんは逮捕されたのは昭和十六年の四月五日であるとおっしゃっていました。(中略)それに対して瀧口さんは、三月五日に逮捕されたというふうに書いています。」
「特高の資料で、戦後内務省警保局編というタイトルで当時の状況を書類にしたものが復刻されたのです。その復刻されたものの中には、四月五日に福沢一郎、瀧口修造両名を逮捕すると書いてあるのです。私はそれを手に入れて、すぐ瀧口さんに、手紙を書いたのです。(中略)すぐ返事が来まして、あなたの見た資料は、復刻であるならば、私にはそれが本当のものであるかどうか信用できない。私は、三月五日に逮捕されたという説を変えないつもりであるということだったのです。その後、私が瀧口さんのお宅に伺って、それは決して変な資料ではなくて、コピーを見せて、ちゃんとこういうふうに書いてあるのだと言ったときに、瀧口さんは一言、「鶴岡さん、僕は国とか政府とか官憲とか、そういうものは一切信用しないのですよ」と言って、ふっと横を向いて、もう五分間ぐらいお話をされないのです。」
「瀧口さんというのはすごい人だと思うのです。資料を突きつけられても、瀧口さんは政府や官憲を信用しない。私などはすぐ信用してしまうわけです。資料が出たのだから、これは正しいと。ところが、瀧口さんは資料が出てきても、自分の記憶、自分の考えている方が正しい、曲げないわけです。」
「マルクス主義を信じていたはずのプロレタリア詩人たちがみんな転向して戦争に協力しているのに、マルクス主義とは関係のなかった西脇順三郎という詩人の完全沈黙、それから瀧口修造さんのぎりぎりの抵抗。これはやはり日本の詩の歴史にとってすばらしい巨大な一ページだなというふうに私は考えるわけです。」



白石かずこ「私の出会った西脇順三郎」より:

「でも、私は緊張の余り全然口がきけなくて、そしたら、私そのとき離婚したばかりで、娘が小学校の一、二年だったのです。その娘を連れていったら、「お嬢さんは愛嬌がいいのに、あなたはちっとも愛嬌がよくない」とおっしゃるのです。だから、私が「先生、私は自分の子どもが生まれたとき、恥ずかしくて丸一ヵ月間彼女の名前を呼ぶことができなかったのです」と御返事したのです。本当に皆さんも不思議に思うかも知れないけれども、私の詩はすごくダイナミックで、大胆で、この人の頭はどうなっているのかとよく思われるくらいなのですけれども、人間というのは振り子のように反対な面がありまして、とってもシャイなところがあって、自分の子どもなのだから初めから「ユウコちゃん」というふうにほかの人が呼ぶみたいに呼べばいいのですけれども、人がいないところでまるで声が出ないのです。一ヵ月目についに物すごく苦しんでやっと「ユウコ……」と声が出てきて呼ぶことができたという話を先生に申し上げたら、やっと私のことを分かってくださったのです。」




こちらもご参照下さい:

『幻影の人 西脇順三郎を語る』










































































































関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助。

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本