Edward Gorey 『The Betrayed Confidence Revisited: Ten Series of Postcards』

Edward Gorey 
『The Betrayed Confidence Revisited:
Ten Series of Postcards』

Essay by Edward Bradford

Pomegranate, Portland, Oregon, 2014
102pp, 28.6x20cm, hardcover, dust jacket
Designed by Stephanie Odeh
Printed in China



『裏切られた信頼ふたたび』、角背紙装上製本、カバー付。
これはどういう本かというと、絵本作家の故エドワード・ゴーリーが「ドッグイアー・ライド(Dogear Wryde)」名義(※)で描いたポストカード9セットと、「National Post Card Week」(1984―1996)用に描いたポストカード13点を原寸大で掲載している本(画集)です。元はゴーリー生前の1992年に『The Betrayed Confidence』としてポストカード7セットを掲載したものが刊行されましたが、今回それを増補して再刊したので「Revisited」なのであります。「Interpretive Series」はゴーリーによる手彩色が施されたヴァージョン(カラー図版)で収録されています。
収録作中、「Scènes de Ballet」「Neglected Murderesses」「Tragédies Topiares」は、ゴーリー作品集成第四巻にあたる『Amphigorey Again』にも収録されています。
※「Dogear Wryde」は「Edward Gorey」のアナグラムです。


gorey - betrayed confidence revisited 01


Contents:

Separate Unity: Edward Gorey's Postcard Sets and Series (Essay by Edward Bradford)

Scènes de Ballet
Alms for Oblivion
Inetrpretive Series
Neglected Murderesses
Menaced Objects
Tragédies Topiares
Whatever Next?
Q.R.V. Unwmkd. Imperf.
Q.R.V. Hikuptah
National Post Card Week



gorey - betrayed confidence revisited 02


「Scènes de Ballet」(バレエ場面集)は、18世紀後半から20世紀半ばにかけての(架空の)バレエの舞台を描いた5枚のポストカードです。
「Alms for Oblivion」(忘却への施物)は、日常的だけどどこか謎めいた情景を描いた16枚セットです。これはたいへんすばらしいです。
「Inetrpretive Series」は、いろいろな字体の「I」と、手袋をはめたトカゲっぽい謎の生物のさまざまな姿態を組み合せた13枚セットです。キャプションは「I」で始まる単語になっています。
「Neglected Murderesses」(なおざりにされた女性殺人者たち)は、12人の(架空の)人殺し女性のポートレート集です。キャプションにはいつどこでだれをどのように殺したかが書かれています。
「Menaced Objects」(おびやかされるオブジェたち)は、クッキーや糸巻など16個の日常的な物体がさまざまな危機的状況に立たされています。モノにどれだけ感情移入できるかが観賞のポイントです。
「Tragédies Topiares」では、12のトピアリー(動物などの形に刈り込んだ庭木)が人間を襲います。
「Whatever Next?」には、バスタブやフライパンなど、日常的なオブジェのある12の場面が描かれています。キャプションはありません。見る人はこの後なにが起こるのかを想像して楽しめばよいです。たとえばロープが一本垂れている絵がありますが、登るか縛るか首をくくるかで精神分析するのもよいです。精神分析されないよう想像力をフル活用して突飛な出来事をイメージするのもよいです。
「Q.R.V. Unwmkd. Imperf.」「Q.R.V. Hikuptah」はそれぞれ12点のコラージュ(エルンストというよりむしろ植草甚一ふうです)に、「Q.R.V.」なる謎の薬物(?)の宣伝文が添えられています。
「National Post Card Week」は、ゴサムブックマートで毎年開かれたポストカードの展示会のために描かれたもので、そのうち2点は青+黒で印刷されています。


gorey - betrayed confidence revisited 03




















































































































関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
ひ-2-改(ひとでなしの猫 2 改訂版)

◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本