FC2ブログ

ダニイル・ハルムス 作/井桁貞義 訳/西岡千晶 絵  『ハルムスの小さな船』

2011年10月23日。


「我々の心には、ただ無意味な行為こそが愛しい」
(ダニイル・ハルムス 「パッサカリア一番」 より)


ダニイル・ハルムス 作
『ハルムスの小さな船』
井桁貞義 訳/西岡千晶 絵


長崎出版 2007年4月25日初版第1刷
120p 19×15cm 並装 筒函 定価1,800円+税
デザイン: 原条令子デザイン室


 
前回紹介した西岡千晶さん(西岡兄妹さんの妹さんのほう)のソロ絵本『そっくり そらに』がすばらしかったので、さらに長崎出版さんの西岡千晶さんの絵本を買ってみました。


ハルムスの小さな船1


ハルムスの小さな船2


本書は、人々が歌声喫茶でロシア民謡を歌っていた昭和の時代の千代紙や包装紙の色合い及意匠を髣髴とさせるノスタルジックな装幀になっています。


ハルムスの小さな船3


著者のハルムスことダニイル・イワーノヴィチ・ユワチョフは、本書奥付の紹介によると、1905年ロシア、ペテルブルグ生まれ。1931年、反ソ的グループ活動の疑いで逮捕、32年釈放。1941年逮捕、42年、刑務所の病院で没。1980年代後半から遺作が相次いで刊行され人気。だそうです。
 

ハルムスの小さな船4


目次:

非いま
アダムとイヴ

ソネット
誰が一番速いか
墜落する老婆たち
ブルーノート No. 10
出来事
小さな船
フェージャ・ダヴィードヴィチ
出会い
衣装箱
天文学者
うさぎとハリネズミ
恐ろしい死
ペトラコーフの出来事
コン!
パッサカリア一番
プーシキンとゴーゴリ
窓辺に
パーキンとラクーキン
失敗した芝居
老婆



ハルムスの小さな船6


本文は緑色インク。


ハルムスの小さな船7


巻末の短篇小説は臙脂色。


ハルムスの小さな船8


本書は、ハルムスの詩や戯曲、短篇小説のアンソロジーに、西岡兄妹の西岡千晶氏がイラストをつけた絵本です。
戯曲は、ダダ演劇を思わせますが、ダダのノンセンスが悪意に満ちて攻撃的なのに比べて、ハルムス作品はひたすら無意味で長閑(のどか)ですらあります。が、その表面的な穏やかさの底には、深い無力感と違和感が横たわっているようです。たとえば「プーシキンとゴーゴリ」は、プーシキンがゴーゴリにつまずいてころび、ゴーゴリがプーシキンにつまずいてころび、互いに相手を罵りあうのをくりかえすだけの話です。
本書の最後に収録されている短篇小説は、部屋にお婆さんが入ってきて死んでしまって、始末に困る話で、ちょっと『罪と罰』のパロディのようでもあり、後のイヨネスコの「アメデ、あるいはどうやって厄介払いするか」を連想させますが、主人公は起きてしまった現象に受動的に関わることしかできないうちに、事態は悪化していきます。しかしほんとうは、なにがどうなろうとおなじことなのです。

そういうわけで、無意味ですばらしい本でした。


ハルムスの小さな船5





























































関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ひとでなしの猫

Author:ひとでなしの猫
 
うまれたときからひとでなし
なぜならわたしはねこだから
 
◆「樽のなかのディオゲネス」から「ねこぢる」まで◆

Koro-pok-Guru
Away with the Fairies

難破した人々の為に。

分野: パタフィジック。

趣味: 図書館ごっこ。

好物: 鉱物。スカシカシパン。タコノマクラ。

将来の夢: 石ころ。

尊敬する人物: ジョゼフ・メリック、ジョゼフ・コーネル、尾形亀之助、森田童子。

すきなことば: 「だれもいない」「ギブアウェイ」「ウポポイ」「隠密」
きらいなことば: 「人と人とのつながり」「キャリアアップ」「ほぼほぼ」「三密」

ハンス・アスペルガー・メモリアル・バーベキュー。
歴史における自閉症の役割。

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
フリーエリア
netakiri nekotaroの最近読んだ本